FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

パタヤに行く・番外編 “プルマン・キングパワー・ホテル に宿泊する”

再び、バンコクのホテル紹介だ。 プルマン・バンコク・キングパワーという
ホテルで、今回のパタヤ旅行の前に宿泊したのだが、なかなか
紹介する機会もないので、ここで書くことにする。

ここのホテルは、キングパワーという免税店に隣接しているのだが、キングパワー
が運営しているのかどうかは不明だ。 免税店に行く人にとっては便利な立地であろう。

料金は格安ホテルサイトで申し込んで、8300円 (朝食付き)。
今は円安が進んでいるので、こんな値段では泊まれないが、私が宿泊したときは、
超円高のときでしたので、かなり安く泊まれました。 
ホテルは5☆とのことで、実際そうであった。

( ↓ ホテルの入口。 結構な敷地があります。)
1-Pullman 01

( ↓ ホテルに隣接する免税店。)
1-Pullman 01-2

( ↓ ホテルの正面入口です。 ホテルはアコーグループだそうな。)
1-Pullman 02

( ↓ ホテルロビーです。)
1-Pullman 03

( ↓ ウエルカムドリンクをいただきました。)
1-Pullman 04

( ↓ 低層階の406号室でした。)
1-Pullman 05 JPG

( ↓ 部屋です。 ホテルはハイグレードですので、部屋の質感も良いです。)
1-Pullman 06 JPG

( ↓ 部屋から丸見えのバスルームです。)
1-Pullman 07 JPG

( ↓ バスルーム側から部屋を見たところ。 扉がありますので、
    隙間は閉められます。)
1-Pullman 7-2 JPG

( ↓ バスと、シャワーは別です。)
1-Pullman 7-3 JPG

( ↓ ソファと、奇妙なデザインのテーブル。 ソファーは全く使いませんでした。)
1-Pullman 09 JPG

( ↓ デスクです。)
1-Pullman 10 JPG

( ↓ NHKプレミアムも見れます。)
1-Pullman 10-2 JPG

( ↓ 部屋から見た中庭。)
1-Pullman 10-3 JPG

( ↓ 中庭を少し歩きました。 こんな感じ。)
1-Pullman 10-4 JPG

( ↓ プールです。)
1-Pullman 10-5 JPG

( ↓ 朝食ビュッフェのレストランです。)
1-Pullman 12 JPG

( ↓ レストランの中です。 中国人の宿泊者が目立ちます。)
1-Pullman 13 JPG

( ↓ 焼きたてのパン。)
1-Pullman 14 JPG

( ↓ いつもながら...私の食事。 )
1-Pullman 15 JPG

そして、結論だが、このホテル、設備も十分、雰囲気も良く、静か。 
BTSの戦勝記念塔駅へのアクセスも良いのだが、ちょっと用事で
バンコクに来た私が宿泊するには、やや “贅沢すぎ” 感がある。

円安が進行して海外のホテル料金 (円換算払い) が高騰する中、
今後は、もう少し安いホテルを利用しなければ... と思う今日この頃
であーる。

ということで、最後はパタヤとは関係なかったが、「パタヤ編」 これで終了。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



駐車スペースが足りない

お待たせだっ。 タイでは、アパート (マンションを含む) に住むときに、
駐車場代がタダであることがほとんどだ。 バンコクでは車が溢れ返って
いるので、月ぎめで駐車場代を取るところも増えてきているが、フツーは
タダであることが多い。

チェンマイはバンコクに比べれば車が少ないので、アパート内での
駐車スペースがそれほど逼迫していない... と言いたいところだが、
必ずしも最近はそうでない。

今、住んでいるアパートは、敷地がゆったりしていて、駐車スペースも
多いのだが、それでも、夜になると車でいっぱい。 停める場所がなくなって
しまう。 アパートによっては、駐車できない車が道に溢れ出し、路上駐車
していることも多々ある。

このため、駐車できない不便を解消するために、大家さんと交渉して、
少し前から、自主的に月ぎめで駐車料金を支払い、私専用の駐車場を作って
もらっている。 私だけ良ければ... という作戦なのだが、そうでも
しないと安心して外出できない事態になっているのだ。

それはさておき、前回のブログで、プルマン・バンコク・キングパワーのことを
書いたのだが、このホテルがあるバンコクの “ラングナム通り” という
ところは、私がタイに来た当初、住み始めた場所でもある。 もう15年前
のことだ。

( ↓ 今のラングナム通り。 乗り合いワゴン車がずらり。 夕方帰宅する
    通勤客のために待機している様子。 いくつか、コンビニが出来ている
    以外は、それほど変わっていない。 )
1-Apt BKK 01

( ↓ セブンイレブンの横を入ったところに、以前、住んでいたアパートがあります。)
1-Apt BKK 02

( ↓ ここがそのアパート。 クルングテープ・アパートメント (=バンコク
    アパートだ)。 今見るとこんなに狭苦しかったか、という感じ。 )
1-Apt BKK 03

( ↓ アパートの敷地内から建物を撮影。 ここの5階に住んでいました。
    当時、私以外に日本人が3~4人住んでいたよう。 そして、ここにも
    狭い駐車場があります。)
1-Apt BKK 04

( ↓ 当時の管理人はおらず、知っている人は誰もいませんでした。
    せっかくなので、料金表をもらって見たところ... 部屋代は5000
    から6000バーツ台で、昔とさほど変わっていないのだが、驚いたのは、
    その駐車場代。)
1-Apt BKK 05

( ↓ なんと車が月2500バーツ、バイクが月500バーツ (右下にある料金)。
    駐車スペースが限られるので仕方ないのだが、これがバンコク価格という
    ものか... 日本の駐車場代と比べれば、屁みたいな値段だろうが、
    でも、ちょっとビックリですねぇ。 )
1-Apt BKK 06

結局、ここに住んだのは2年弱、その後、プラトゥーナムに引っ越した
のであります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

中国正月を見にワローロット市場に行く

“中国” という言葉を聞いただけで、吐き気がする今日この頃だが、
皆さま方もきっとそうであろう。 今、日本人で中国が好きなどと言う人は
皆無である、か、でなければよっぽどの変わり者だ。

それはさておき、本日10日は、タイでも中国正月の本番であった。 
タイが中国正月であると言っても、中国本土とは直接関係ないので、
私の中では、とりあえず、 “良し” としてあげることにしよう。

( ↓ これがワローロット市場近くの中国人街だが、いつもより人が少ない感じ。)
1-CH Year 001

( ↓ いつもながら、屋台がいっぱい。 パッタイの屋台。)
1-CH Year 002

( ↓ 私は、ちまきを買いに来ました。 今年はすんなりと見つかりました。
    1個35バーツ、3個で100バーツです。)
1-CH Year 003

( ↓ サイグアと呼ばれる牛の腸ずめソーセージ。 私は見るだけで十分... )
1-CH Year 004

( ↓ でも、焼いてるところみると美味しそう...)
1-CH Year 005

( ↓ 何の魚が知らんが、干し魚。)
1-CH Year 006

( ↓ 干し魚のフライ。 これもなんだか美味しそう。)
1-CH Year 007

( ↓ お馴染みの天津甘栗かどうかは分からないのだが、とにかく甘栗。)
1-CH Year 000001

( ↓ これを3つ買いました。 )
1-CH Year 009

( ↓ これと言ってもどれか分からないだろうから、左側の緑色のお餅ような
    のです。 何と言う名前かもう忘れました。 1つ10バーツ。 )
1-CH Year 010

( ↓ うどんの提灯だが、寿司屋です。 私は、ちょっと気持ち悪くて...
    こんな寿司は食べれません。)
1-CH Year 011

( ↓ ここは寿司屋の提灯でした。)
1-CH Year 012

( ↓ プラーラ―か、プラーケムか分からないのだが、とにかく魚を発酵させた
    モノです。)
1-CH Year 013

( ↓ 中国様式のお寺もありますが、外の賑わいと比べて閑散としています。)
1-CH Year 014

( ↓ なにかの催しです。)
1-CH Year 0001

こんな感じです。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ビエンチャン再び 《1》 “チェンマイ”からビエンチャンへ

昨年12月の上旬にラオスの首都、ビエンチャンに再び行きましたので、
そのときの写真です。 ビエンチャン写真は何度も載せているので、
今回は、ダラダラせず、ちゃっちゃと進めることにする。

( ↓ チェンマイから、タイ・ラオス国境近くの街・ウドンタニまでは、
    ノックエアーのサーブ340で移動しました。) 
09- VET 01

( ↓ 34人乗りの小型プロペラ機です。) 
09- VET 02

( ↓ 座席は左側1列、右側2列です。 シートはゆったりとしています。) 
09- VET 02-2

( ↓ ウドンタニに向けて飛行中。 積乱雲の横を通過しています。) 
09- VET 03

( ↓ ウドンタニの街が見えてきました。 ) 
09- VET 04

( ↓ ウドンタニ空港に着陸したサーブ340。) 
09- VET 05

( ↓ ウドンタニ空港からメコン川の友好橋までは、乗り合いの空港リムジンで
    行きました。) 
09- VET 06

( ↓ これが “空港リムジン” と言う名のワゴン車です。) 
09- VET 06-2

( ↓ タイ側国境ゲート。 閑散としています。) 
09- VET 07

( ↓ 国境バスで友好橋、通過中。) 
09- VET 08

( ↓ 友好橋がかかるメコン川です。 歩いて橋を渡ることはできません。) 
09- VET 09

( ↓ これが、さきほど乗車した国境バスです。) 
09- VET 10

( ↓ ラオス側の国境ゲート。) 
09- VET 11

( ↓ 国境ゲートから、ビエンチャンまではタクシーで行きました。
    かなりのノロノロ運転で、結構、時間がかかります。) 
09- VET 12

( ↓ ウドンタニ空港からおよそ2時間で、ビエンチャンに到着しました。
    プラトゥーサイと呼ばれる凱旋門です。) 
09- VET 13

( ↓ ラオスが誇る凱旋門、少しアップで。) 
09- VET 14

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ビエンチャン再び 《2》 アヴィラ・パスーク に宿泊する

お待たせ。 今回、ビエンチャンで宿泊したのは、アヴィラ・パスーク・ホテル
というところ、初めて宿泊する。

これまで、ビエンチャンで様々なところに宿泊してきた。
前回は “アンサラ・ホテル”、前々回は “サラナ・ブティック・ホテル”
さらにその前は “ラオプラザ・ホテル”
 に宿泊した。

さらにさらにその前は、あまり詳しく書いていないが、シティインに宿泊。
ネットでの予約が一般的ではなかった昔々には、マリナムプ・ゲストハウスが
定宿であった。 

それはさておき、ここのところ、ホテルを転々とする傾向にあり、今回も
新しいホテルに宿泊だ。

( ↓ 本日宿泊するアヴィラ・パスーク・ホテルです。 2泊しました。) 
08- VET 01

( ↓ ナムプ (噴水広場) からほど近い奥まった場所にあります。)
08- VET 02

( ↓ スタンダードルームとあまり値段が違わなかったので、今回、
    スイートに宿泊しました。 値段は、前回のアンサラホテルの半額、
    1泊、55USドル (込み込み価格)。)
08- VET 03

( ↓ テレビ廻りと、ソファーだが、なんだか殺風景な感じ。)
08- VET 04

( ↓ 部屋が広いんだけど、なんだかアパートのよう。)
08- VET 05

( ↓ いまいち、豪華さに欠けるバスルーム。 お湯は最初、熱いのだが、何も調節して
    ないのに、すぐに水になります...)
08- VET 06

( ↓ 最低のアメニティ。)
08- VET 07

( ↓ トイレはバスルームとは別。 考えてみれば、トイレが独立しているホテルに
    宿泊するのは初めてかも知れない。)
08- VET 08

( ↓ 全体的にホテルではなく、ゲストハウスと言っても良いのかも知れないが、
    一応、セイフティボックスもあります。)
08- VET 09

( ↓ ベランダは、隣の部屋につながっています。 隣の部屋のベランダとの間に
    仕切りとなる植木鉢があります。)
08- VET 10

( ↓ 宿泊した部屋のベランダからの眺め。 3階の正面の部屋に宿泊しました。)
08- VET 11

( ↓ 朝食ビュッフェです。 意外とファランの宿泊客が多いです。)
08- VET 12

( ↓ 一応、ビュッフェ形式だけど、たったこれだけです。
    部屋数21の小さいホテルなので、まあ、こんなもんでしょうか。)
08- VET 13

( ↓ 私のお食事。 お粥が別途注文できました。  コーヒーは挽きたてで
    美味しいです。)
08- VET 14

このホテル、全体的に簡素なのだが、値段も安くて、レセプションも親切で、
悪くなかったです。 ただ料金を吊り上げるために小綺麗にした、感じ悪い
アンサラホテル (前回宿泊のホテル) よりも、よっぽど好感が持てますね。

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ビエンチャン再び 《3》 ビエンチャン写真 (前編)

ビエンチャンは2泊したのだが、特別に観光をした訳ではなく、ただ、
ブラブラして過ごしました。 このため、たいした写真はなく、でも、
何枚か撮影しましたので、無理にでも... 皆さまに見ていただきます。

( ↓ 宿泊したアヴィラ・パスーク・ホテルから撮影したダバラ・ブティック・
    ホテル。 真っ白なホテルです。 最近できたばかりの新しいホテルだが、
    ラオプラザよりも高額。 格安ネット系ホテルサイトでも、1泊140ドル以上
    もする。)
07- VET 01

( ↓ どんなホテルかと見に行ったところ... こんな感じ、 敷地は小さく、
    道にギリギリに建設された建物。 私としては、こんなホテルに140ドルも
    出したくありませんねぇ。)
07- VET 02

( ↓ 建物正面に貼り付けられたホテルのネームプレート。)
07- VET 03

( ↓ ビエンチャンはファランのバックパッカーが多いです。)
07- VET 04

( ↓ ここもバックパッカー。)
07- VET 04-2

( ↓ これは、たまたま撮影した振り分け天秤をかつぐ行商のおばちゃん。
    めちゃくちゃ重いと思うんだけど... 凄い力だっ。)
07- VET 05

( ↓ ビエンチャンの中核病院、国立マホ―ソット病院だそうな。)
07- VET 07

( ↓ 中核病院の割に、閑散としているんですけど... タイの国立病院だと
    曜日に関係なく、どこもここも人でごった返し。)
07- VET 07-2

( ↓ 恐らくここが受付がある中央棟。 中を撮影したかったのだが、
    あまりにも閑散としていて、撮影せず。 私はこんなところで絶対に
    診てもらいたくありません。 )
07- VET 08

( ↓ 別に、どーってことない写真だけど、建物建設現場。 コンクリートを
    硬化&養生中。 )
07- VET 09

( ↓ タイの建設現場も同じような感じ。 こんな風にして階を積み上げて
    行くんだよねぇ-。 気のせいか、柱が曲がっているようだが、
    ラオスですので、少しくらいは大丈夫なんでしょうね。 )
07- VET 09-2

( ↓ 銀行の外貨両替所です。)
07- VET 10

( ↓ まだ、営業時間中のはずなに、閉まってるんですけど... )
07- VET 11

( ↓ 別の両替所、ここは開いていました。 フツーならば紙屑なはずのベトナム・ドン、
    ミャンマー・チャットも両替できます。 でも、貧国通貨はいざ出すと、両替を
    断られるかも知れません。 )
07- VET 11-2

( ↓ 最近。工事が終了したナムプ (噴水) 広場です。)
07- VET 12

( ↓ 夜になるとライトアップされます。)
07- VET 13

( ↓ お洒落な雰囲気のレストランもありますが、私は、こんなところで食事せず、
    通過しただけです。)
07- VET 14

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ビエンチャン再び 《4》 ビエンチャン写真 (中編)

ビエンチャン写真の続きでござる。 特に用事はなかったんだけど、
暇だったので... タラートサオのバスターミナルに行って見ました。 
こんな感じです。

( ↓ タラートサオという市場があるところなんだけど、今は、再開発中と
    言うことで、市場があるのやら、ないのやら、という感じ。 ) 
06- VET 01

( ↓ ここが、タラートサオのバスターミナルです。 バスを待つ一党独裁国家の
    人民の方々です。 スマホ持っている人も見かけます。)
06- VET 02

( ↓ 地方のどこかを結ぶボロボロバスです。)
06- VET 03

( ↓ ボロボロバスばかりかと思ったら、綺麗なバスが...  どこかで見覚えの
    あるバスだと思ったら、中古の都バスでした。)
06- VET 04

( ↓ 車庫には、かなりの台数の都バスが停車。)
06- VET 05

( ↓ 民主主義国家・日本から、独裁国家への贈り物です...)
06- VET 06

( ↓ ラオスは右側通行、左ハンドルなので、バスは全て改造されています。
    車両の改造だけでも、かなりの費用がかかりそう。 でも、もしかしら、
    車というのは、少しの改造でどちら側のハンドルにも変更できるように、
    予め設計されている... という気もしますねぇ。)
06- VET 07

( ↓ ここは漢方薬屋さんのよう。)
06- VET 11-3

( ↓ ビエンチャンのなんということない風景だが、椅子の下にアレがいます。)
06- VET 11-4

( ↓ アレとは、コレのことです。 ラオス人は犬を食べる習慣があるので、
    街中であまり犬を見かけません。 貴重な1枚です。)
06- VET 11-5

( ↓ ビエンチャンでの夕食は、ここのところ、いつも “東京キッチン”
    と言う日本食屋です。 別に美味しくもないんだけど... 
    値段もリーズナブルで、入り易いので、ここに来てしまいます。)
06- VET 12

( ↓ 私のお食事、オムライスです。 かなりの大盛り、不味くないです。)
06- VET 13

( ↓ 餃子です。 期待してなかったけど、かなり美味しかったです。)
06- VET 14

( ↓ 茄子の炭火焼き。 まあまあです。 ちょっと注文し過ぎました。)
06- VET 15

( ↓ 翌日の夕食は、餃子定食にしました。 同じ店)
06- VET 16

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん