FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

観光客が大挙して押し寄せる

新年、あけましておめでとう、だっ。
いつもながらのダラダラ日記で申し訳ない。 でも、期待して...か、
どうか分からんのだが、一定数の人が見てくてれているようなので、、、
頑張って更新したいと思う。

それにしても、年末年始のチェンマイは観光客が大挙して押し寄せている。 
聞くところによれば、対日関係の悪化から、日本に観光旅行に行けなくなった
下品な中国人が、その行き先をタイに変更し、チェンマイにまで押し寄せて
来ていると、言うのだ。 飛行機は連日満席で、飛ばせば飛ばすだけ
お客が乗る、という具合だそうな。

実際、この前、急用でバンコクに行ったのだが、寸前の予約ではどの便も
満席で、予約を入れられない。 僅かに残っていた高い正規運賃のタイ航空、
ビジネスクラスしかなく、しかも、全く希望しない不便な時間帯の便しかなく、
結局、これに乗る羽目になってしまった。 好きでビジネスクラスに乗るのは
良いにしても、仕方なく乗るのは、気分が悪い。 
こんなことは長いチェンマイ生活で初めてだ。 

観光客が多いことはチェンマイ経済にとって良いことだろうが、観光業に
携わる人以外は、迷惑以外の何ものでもない。 早く観光客が去って、
街の混雑が解消すれば良いと願っているのだが...

( ↓ クリスマスと、お正月共用の飾り。)
1-Cnx night 02

( ↓ ナイトバザール付近も、連日、観光客でいっぱい。 こいつらの
    お蔭で、私は高額な航空運賃を支払うことになったのだ。)
1-Cnx night 03

( ↓ 年末の雰囲気を盛り上げる出し物。)
1-Cnx night 04

( ↓ 全くパッとしません。)
1-Cnx night 04-2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



美しい国、NIPPONだっ。

タイに住んでかなりの年月が経つ。 そして、その間、ブログでも紹介している
ように、タイの近隣諸国に旅行に出かけ、日本にも何度か行き来して思うことは、
日本は観光資源にひじょーに恵まれた国、ということだ。今年の正月は
ベトナムのホーチミンに行き、昨年はマカオに行ったが、いずれも、とって付けた
ような観光スポットしかなく、これらの貧弱な観光地を観て、反対に日本の
素晴らしさを見直す結果にもなっている。

日本はと言えば、東京だけみても溢れるほどの歴史的、又は人工的な
観光スポットが存在し、その上、銀座、新宿、渋谷...といった個性的な
繁華街も存在し、東京周辺も含めればその見所は数え切れないほどだ。
それは東京だけでなく、大阪及びその周辺も同じである。

日本に頻繁に観光旅行に行く中国人がインタビューで、“何度、日本に行っても
飽きることがない” と答えていたが、実際、そうであろう。全世界を旅した
訳ではないので、断言はできないが、こんな至近距離、狭いエリアに見所が満載
の国は日本以外にないのではないか、とまで思っている。人は親切で礼儀正しいし、
ボったくられることもなく明朗会計、品物は本物ばかりで偽物を掴ませられること
もない。交通網が整備されていて移動が便利。 食べ物は、ピンからキリまで
多様で美味しいものが選びたい放題。 物価だって、長引くデフレのせいで
それほど高くない。

尖閣問題が発生したことで、日本へ観光しようとする中国人が減少していると
報道されているが、素晴らしい国、NIPPONに行けなくなった中国人は
さぞかし残念な思いをしているだろう。 旅行したい中国人は、日本以外の
外国に行くらしいが、残念ながら日本に取って代わるような素晴らしい国は
(少なくともアジアには) 存在しない。

中国人は、日本に旅行したいと思いながら、腐り切った中国で悶々とした日々
を送れば良いのだ。 日本の観光地も、反日感情丸出しの嫌らしい中国人を
あてにせず、アジア諸国からの観光客を呼び込むように努力すべきだ。
中国以外 (韓国も?) の外国人は、日本に対して非常に親日的である。
また、他人のことは言えないが、、、、日本人も海外旅行ばかり行かないで、
日本の観光地にお金を落とすように、国内観光にもっと目を向けるべきだろう...
と思う。

ということで、今回は少々堅苦しい感じだが、以上であーる。

( ↓ 美しい国、NIPPONだっ。 同じ場所でも、四季折々で多彩な景色が
    見られるのも、日本の魅力だろう。)
10-Fuji A

( ↓ 今年の正月に行ったベトナム・ホーチミン。 年末のホーチミンの道路を埋め尽くす
    バイク。 この道路はバイク専用道ではありません。 ここだけではく、街じゅう
    至るところ、こんな感じ。 ブログでのベトナム編は、他の写真がちょっとたまって
    ますので、、、少し先の紹介になります。  )

1-VND 01

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

パタヤに行く・その1 “サウスパタヤに到着する”

昨年の10月に行ったパタヤ編、また、3ヶ月遅れで開始です。
バンコクに住んでいたときには、幾度となく訪れたパタヤだが、
チェンマイに移り住んでからはなかなか行く機会がない。
パタヤに行くのは恐らく4年ぶりになるだろう、久々の訪問である。

今回のパタヤ訪問は、当地在住の友人、@氏に会うためで、それ以外の
目的はない。  写真は少ししか撮影しておらず、4~5回で終了予定。 
期待せずに見て下さいね。

( ↓ 出発はいつもながら... チェンマイ空港から。 
    搭乗したタイ航空機、チェンマイ空港を離陸しました。 
    搭乗機はボーイング747型機です。)
1- ぱたや01  

( ↓ 下に見える大きな建物は、国立チェンマイ大学附属病院。
    いわゆるマハーラート (スワンドーク) 病院だ。)
1- ぱたや02 

( ↓ スーパーハイウエイに沿うように旋回する搭乗機。)
1- ぱたや03 

( ↓ ピン川と、上に見えるのは先ほど離陸したチェンマイ空港。)
1- ぱたや04 

( ↓ 途中の風景はすっ飛ばして... まもなく、バンコク・スワンナプーム空港に
    到着します。 途中、上空を通過した旧バンコク空港。 現在は、ノックエアー、
    エアーアジアが使用しています。)
1- ぱたや05 

( ↓ 搭乗機は、バンコク・スワンナプーム空港に到着しました。)
1- ぱたや06 

( ↓ 空港の出発フロアー階から、タクシーでパタヤに向かいます。
    以前は、ベルトラベルのバスで行ったのだが、本日は時間優先で、
    タクシーで行きました。 ちなみに、タクシー料金は、運転手の
    言い値通り、高速代込みで1500バーツ。)
1- ぱたや07 

( ↓ 全く待ち時間なしで、出発しました。)
1- ぱたや08 

( ↓ パタヤに向けてモーターウエイを時速120キロで走行中。)
1- ぱたや09 

( ↓ この辺りは、道路沿いに工業団地が多いので、多くのコンテナ車が
    走行していて、鬱陶しい。)
1- ぱたや10 

( ↓ 乗車したタクシーは、天然ガス自動車(NGV)で、途中、ガス充填のために
    燃料スタンドに停止。)
1- ぱたや11 

( ↓ 天然ガス自動車のガス充填はかなりの時間がかかり、前に2台並んでいるだけ
    なのに、終了までに15分を費やす。 結構、面倒な車... )
1- ぱたや12 

( ↓ 結局、2時間近くかかって、サウスパタヤに到着しました。 パタヤは遠い...
    というのが実感ですねぇ。)
1- ぱたや13 

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

パタヤに行く・その2 “ノバ・プラチナムに宿泊する”

今回、パタヤでの宿泊は、ノバ・プラチナムホテルにした。
以前、すぐ近くのサイアム・ベイショアに宿泊したことがあるが、
ノバ・プラチナムはサイアム・ベイショアの半額で宿泊できるので、
節約のために... ここにした。

一応、ホテルは4星とのことがだ、私が査定したところでは、3星半だ。
かなり室内設備は充実しており、豪華さにはやや欠けるが、フツーに
宿泊するには何ら問題のないレベルだ。 こんな感じ。

( ↓ 今回宿泊するノバ・プラチナムの外観です。 道路ギリギリに建物があり、
    車寄せもほとんどありません。)
5- pattya 01 

( ↓ 道ギリギリに建物がある分、中庭はゆったりしています。 中庭のプールを
    挟んで奥に新館があります。)
5- pattya 02 

( ↓ プールサイドで朝食を食べるようなのだが... 朝食代が高かったので、
    ここでは食べませんでした。)
5- pattya 03 

( ↓ 私の宿泊した部屋、新館の2階。)
5- pattya 04 

( ↓ バルコニー付きのプールビューです。)
5- pattya 06 

( ↓ 白と黒を基調にしたシンプルなデザインの部屋です。)
5- pattya 05 

( ↓ 入口の方はこんな感じ。)
5- pattya 05-2 

( ↓ バスルームの 便器&シャワー。)
5- pattya 07 

( ↓ シャワールームとは別にバスタブもあります。 シャワーとバスタブは
    一緒でも良いのだけど... )
5- pattya 08 

( ↓ A4サイズのパソコンが入るセイフティボックス。 以前にも
    書いたけど、これがあることが重要。)
5- pattya 09 

んで、この部屋なのだが、一見すると一流ホテルと見間違えても良いような
雰囲気なのだが、残念ながら、ここは2流ホテルである。
一流ホテルは、アメニティ類が充実しているのは勿論、部屋のメンテナンスが
完全なのである。 部屋の設備に壊れているモノなどない。
しかし、このホテルはこんな感じ...

( ↓ “部屋掃除してボタン” と、“起こさないでボタン” が、陥没して
     使用不能になってました。。。)
5- pattya 10 

( ↓ バスルームのプラスチックタイルが完全に欠落。 修理しろよ、って
    言いたくなるような感じ。)
5- pattya 11 

( ↓ ミニバーでは、こんなモノも販売してました。。。)
5- pattya 12 

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

パタヤに行く・その3 “パタヤ・水上マーケットに行く”

パタヤに到着した当日は、@氏にパタヤ近郊をご案内いただきました。
最初行ったのは、水上マーケット。 いかにも観光客向けに作りました、
と言わんばかりの施設だが、こんな感じです。

( ↓ これがパタヤの水上マーケット。 まずここを見て感じることは、
   “水が汚い” ことだ。)
4- pattya 01 

( ↓ 汚い水の中を乗客をのせて進む手漕ぎ舟。)
4- pattya 02 

( ↓ とってつけたような吊り橋もあります...)
4- pattya 03 

( ↓ 店もたくさんあるのだが、欲しいものはありません。)
4- pattya 04 

( ↓ 何故か、ヤギがいます。)
4- pattya 05 

( ↓ ヤギにミルクを与える@氏。)
4- pattya 06 

( ↓ 正面から。 ほかのヤギにミルクをあげようとしても、この大きいの
   ばかりが前に出てきます。 ちなみに、ヤギの糞尿は水上マーケットの
   水の中に垂れ流しです...)
4- pattya 07 

( ↓ 水上マーケットを後にして、次のところに向かいました。
    その途中で見かけた山肌に描かれた仏像絵。 いまいち
    感動できませんが...)
4- pattya 08 

( ↓ 水上マーケットから30分ほどで到着したシルバーレイク、というところ。
4- pattya 09 

( ↓ ブドウ園で有名らしいが、今、ブドウはありません。)
4- pattya 10 

( ↓ 結構、観光客がいます。)
4- pattya 11 

( ↓ お土産物販売所です。)
4- pattya 12 

( ↓ ブドウのジュースをいただきました。)
4- pattya 13 

こんな感じです。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

パタヤに行く・その4 “パタヤ周辺をドライブする”

水上マーケット&ブドウ園に行った翌日の写真。 
パタヤでは、久々に会った@氏と積もる話をした以外は、特別なことは
何もない。 写真もあまり撮影していないので、たいしたものはなく、
とりあえず、ご覧下さい。

( ↓ 2日目の朝、ホテル周辺を少し歩きました。 これはサウスパタヤの
    ウォーキング・ストリート。)
3- pattya 01 

( ↓ 朝なので、閑散としていますが、朝から音楽をガンガン流して
    営業している店もあります。)
3- pattya 01-2 

( ↓ ほとんど砂浜がないパタヤビーチ。)
3- pattya 02 

( ↓ ロイヤルガーデン・プラザ前のビーチロードです。)
3- pattya 02-2 

( ↓ 朝食はマックで食べました。)
3- pattya 03 

( ↓ 久々に食べるソーセージ・エッグマフィン。)
3- pattya 04 

( ↓ 午後は@氏の車で、パタヤの南にあるサタヒープ岬まで行きました。
    サタヒープはタイの軍港がある街。 ここは海軍の敷地の入り口。
    中に入れないのかと思ったら、“OK” とのことで、中に入りました。)
3- pattya 04-2 

( ↓ 海軍の敷地内から撮影したサタヒープ海岸。 何もありません。
    軍艦も停泊していましたが、当然、撮影禁止。)
3- pattya 05 

( ↓ タツノオトシゴのモニュメント。)
3- pattya 06 

( ↓ 夕方、立ち寄ったパタヤが一望できる展望台。)
3- pattya 07 

( ↓ パタヤの街です。)
3- pattya 07-2 

( ↓ パタヤの街、少し海側。)
3- pattya 08 

( ↓ ディナークルーズ船です。)
3- pattya 10 

パタヤでの写真はこれで終わりですが、まだ続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

パタヤに行く・その5 “ホリデーイン・エクスプレス・サイアムに宿泊する”

パタヤの帰路、ちょっと用事がありましたので、バンコクにて1泊しました。
ここで宿泊したのは、ホリデーイン・エクスプレス・バンコク・サイアム
という、開業して間もないリーズナブルなホテルである。 
日本円で6000円くらいなので、値段からすれば中級クラスであろう。

BTSのナショナルスタジアム駅の真ん前で、マーブンコロンのすぐ近くと
立地が良く、値段も安く、評判も悪くないようなので、泊まってみることにした。
こんな感じですね。

( ↓ モダンな? 外観。 隣の建物にかなり接近しています。)
2- Bangkok 01 

( ↓ ホリデーインのロゴ。)
2- Bangkok 02 

( ↓ フロントです。 ほとんどロビーのスペースがありません。)
2- Bangkok 03 

( ↓ 奇妙な照明の廊下です。 宿泊した部屋は20階でした。)
2- Bangkok 04 

( ↓ 部屋が狭いので写真撮影しずらいのだが、これがほぼ全景です。)
2- Bangkok 0001 

( ↓ 窓は全面ガラスなので、結構、怖いです。)
2- Bangkok 05 

( ↓ ベッドはクイーンサイズ。)
2- Bangkok 06 

( ↓ 国立競技場が見えます。 )
2- Bangkok 07 

( ↓ 国立競技場の反対側はこんな感じ。)
2- Bangkok 08 

( ↓ 中央部の1本脚で支えるガラスのテーブル。 ガラスが落ちそうな
    感じがするので、、、 こんなテーブルは嫌いだ。) 
2- Bangkok 09 

( ↓ シャワーのみ、バスタブなしです。)
2- Bangkok 10 

( ↓ シャンプーはボディソープと兼用。 どっちにも中途半端な代物。)
2- Bangkok 11 

( ↓ 宿泊者全員が利用できる朝食ビュッフェ。 
    食事内容は全く期待できません。 )
2- Bangkok 12 

( ↓ 私の朝食です。)
2- Bangkok 13 

ホテルはまだ新しく悪くはないのだが、私としては、なんかイマイチ気に入らない。
もうここに宿泊することはないと思いますね。 まだ続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん