FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

奈良観光する・その4 “東大寺・大仏殿に行く (後編)”

いよいよ大仏殿の中に入ります。 大仏殿の中は薄暗く、ところどころ陽が
差し込むところもあって、撮影条件は相当に悪い。 こんな感じです。

( ↓ 大仏殿の前の、国宝・八角灯篭だとか。 この辺りは、どこもここも
    国宝だらけ。)
06-Nara- 01

( ↓ いよいよ大仏殿の中に入ります。)
06-Nara- 02

( ↓ ここで線香の煙、浴びます...)
06-Nara- 03

( ↓ じゃじゃじゃーん。 いよいよ、大仏さんの登場でーす... )
06-Nara- 04

( ↓ 薄暗く、柱も邪魔で、撮影困難。)
06-Nara- 05

( ↓ 少しアップで。)
06-Nara- 06

( ↓ ここも、遠足・修学旅行の学生でいっぱい。)
06-Nara- 07

( ↓ 大仏さん、斜めから撮影。 右手の中指が少し折れ曲がっているのね。)
06-Nara- 08

( ↓ 大仏の裏側です。)
06-Nara- 08b

( ↓ 後ろの支えは、こんな風です。)
06-Nara- 08c

( ↓ 大仏殿の中にある、広目天像 (こうもくてんぞう) 。)
06-Nara- 09

( ↓ 、広目天像の反対側にある多聞天像 (たもんてんぞう) 。)
06-Nara- 10

( ↓ 大仏さんの右側にご鎮座あそばします... にょい・りんかんのん・
    ぼさつぞう。 漢字で書くと、如意輪観音菩薩像です。 )
06-Nara- 11

( ↓ 大仏さんの左側にご鎮座あそばしまぁーす... こくうぞう・ぼさつぞう、 
    漢字で書くと、、、虚空蔵菩薩像です。  慎重に撮影したが、ピンボケ。。。)
06-Nara- 12

( ↓ 通り抜けできる柱です。)
06-Nara- 13

( ↓ 私も子供の頃、通り抜けた記憶があります。)
06-Nara- 14

( ↓ 大仏殿の出口近くで撮影。)
06-Nara- 15

( ↓ 大仏殿から中門を撮影。)
06-Nara- 16

ということで、大仏殿の見学でございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



奈良観光する・その5 “大阪で鰻食べる”

奈良観光は、写真の大量掲載により、僅か4回で終了しました。。。 
後は、大阪での食事編と、その他、諸々です。 ということで、写真をぞーど。

( ↓ 奈良の鹿の自然の姿をどーぞ。 ここの鹿は、普段は、何を食べている
    のでしょうかね? せんべいが主食なんだろうか? ) 
05-Nara- 01

( ↓ 川で水を飲む鹿。) 
05-Nara- 02

( ↓ 大仏殿の後は、春日大社、若草山にも行こうかと思ったけど、思いの他、
    疲れたので、もう、バスに乗って近鉄奈良駅まで行き、帰りました...
    ということで、奈良観光は終了どえーす。) 
05-Nara- 03

( ↓ これは、大阪空港で買った、奈良名物の “柿の葉寿司”。別に奈良観光
    したから、買ったのではなく、実は、大阪空港に行くといつも買ってます。) 
05-Nara- 04

( ↓ 柿の葉寿司というだけあって、柿の葉で包まれてます。) 
05-Nara- 05

( ↓ 鯖です。 ) 
05-Nara- 06

( ↓ 鮭です。 どちらも、すごく美味しい。 “日本ならでは” という感じ。) 
05-Nara- 07

( ↓ 奈良観光とは別の日ですが、、、 大阪・淀屋橋にある創業300年の老舗、
    鰻屋さんに行きました。 行ったのは、“本家柴藤”。 思い起こせば、
    東京では良く鰻屋に行ったが、大阪の店で鰻を食べた記憶がない。
    ということで、ここの鰻屋に行きました。) 
05-Nara- 08

( ↓ 店の中です。 雰囲気からして、安モンの店ではない、という感じ。) 
05-Nara- 09

( ↓ お品書き。 大阪では鰻のことを、“まむし” というが、実のところ、
    あまりに聞かない言葉。 私自身も普段の会話で、鰻のことを “まむし” 
    と言ったことはない。 ここでは、大阪まむし (=うな重)の “桜” 
    を注文しました。) 
05-Nara- 10

( ↓ 焼きあがるまでに相当に待つのかと思ったら、既に、下準備しているのか、
    10分も経たずに出てきました。 ) 
05-Nara- 11

( ↓ これが、4095円の鰻。 どんな味なのか...  肝吸いは嫌いなので、
    赤だしにしてもらいました。) 
05-Nara- 12

( ↓ 高級な鰻をご覧下さいませ。) 
05-Nara- 13

( ↓ アップです。) 
05-Nara- 14

( ↓ ただ今、食事中。 鰻はご飯の中にも埋まっていて、二重になってました。) 
05-Nara- 15

そして、肝心の大阪鰻の味なんだけど、別に... という感じ。 全体的に
あっさりしていて、何もここでなくても良いかも。 ちょっと期待外れ。
また今度、美味しい大阪鰻を求めて、別の店も捜してみます、ということで。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

奈良観光する・その6 “B787・ドリームライナーに乗る”

バンコク行の便に搭乗するために、大阪 (伊丹) 空港から羽田に向かった。
本日の羽田行の搭乗機は、ボーイング787・ドリームライナーである。

ボーイング787とは... 説明が面倒なので、ここ を見てね。 
ANAにとっては、老朽化したボーイング767の後継機種となる待ちに
待った新型機。 私も、この日の搭乗を長い間、待ち望んでいました。

( ↓ 東京から大阪空港に到着したB787。 着陸後、滑走路を滑走中。)
04-B787- 01

( ↓ 滑走路から誘導路に入ります。)
04-B787- 02

( ↓ 9番スポットに向け、誘導路を走行中のB787。)
04-B787- 03

( ↓ 9番スポットに到着したB787。 )
04-B787- 04

( ↓ 787のペイントが美しいです。)
04-B787- 05

( ↓ ロールス・ロイスのトレント1000型エンジン。 開発中、なにかと
    トラブルが多かった新型エンジンだ。)
04-B787- 06

( ↓ B787の向こうに見えるのは、ボンバルディアの 「エコボン」。)
04-B787- 07

( ↓ 9番スポットで搭乗を待つお客。)
04-B787- 07b

( ↓ まもなく機内への搭乗が始まります。 まずは、プレミアム会員から
    優先搭乗します。)
04-B787- 08

( ↓ 搭乗しました。 B787の普通席です。 この機体は国際線仕様なので、
    シートテレビ付きの Fixed Back Shell シートが採用されています。
    要は、背もたれが後ろに倒れないシートになってます。)
04-B787- 09

( ↓ 前方のプレミアムクラス (ビジネスクラス) は、CRADLE シート。)
04-B787- 10

( ↓ まだ。真新しいB787の安全のしおり。)
04-B787- 11

( ↓ 10.6インチの大型シートテレビですが、国内線でこれがある機材に
     乗れるのは、今だけ。)
04-B787- 13

( ↓ 座席から見た大阪 (伊丹) 空港。)
04-B787- 12

まもなく離陸します。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

奈良観光する・その7 “(続) B787・ドリームライナーに乗る”

B787の搭乗記の続き。 初めて乗ったB787だが、当初、色々なサイトで
紹介されていた利点は、静か、速い、機内湿度・気圧が高くなって快適、
キャビンに解放感がある、、、ということだった。 しかし、実際にそれらを
体感することもなく、従来からの飛行機と特に違いはない... という感じ。

( ↓ B787、離陸しました。 日本は離着陸時の撮影はウルサイので、
    シートベルト着用サインが消えた後の撮影。 下に見えてるのは、淀川。
    ただ今、搭乗機、上昇中。)
03-B787- 01

( ↓ 他の機種よりも大きくなった窓。 でも、昔のDC10の窓も、この位の大きさ
    だったような気がするが... この窓、シェード板を開け閉めするのではなく、
    電動式で、透過光量を段階的に調整できる方式。)
03-B787- 02-2

( ↓ これが一番、窓を閉めた状態。 確かに光は遮断されるが、もう少し窓が
    暗くなった方が良いかも。)
aaaabjbjbj

( ↓ これが、窓の透過光量を調整するボタン。)
03-B787- 04

( ↓ 機内サービスのアップルジュースです。 なんだか寂しいサービス。)
03-B787- 05

( ↓ まもなく静岡県に入ります。)
03-B787- 06

( ↓ 外は雲が多いです。)
03-B787- 06a

( ↓ 結構、厚い雲に覆われています。)
03-B787- 06b

( ↓ 富士山の山頂が見えました。 良く見なければ分かりませんが...)
03-B787- 08

( ↓ 房総半島を越えて、太平洋側に出ます。)
03-B787- 09

( ↓ 房総半島を回り込むように進みます。)
03-B787- 10

( ↓ ルートマップではこんな感じです。)
03-B787- 11

( ↓ 房総半島沖をさらに進みます。)
03-B787- 12

( ↓ その後、左に旋回し、千葉県を横断して、羽田空港に向います。 
    着陸のため、これ以上の撮影は断念。)
03-B787- 13

( ↓ ということで、羽田空港に到着しました。 かなりの衝撃で着陸しました。)
03-B787- 14

( ↓ 搭乗したB787です。)
03-B787- 15

その後、成田空港に移動し、バンコク行きに搭乗します。 続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

奈良観光する・完結編 “ビジネスクラスでチェンマイに帰る”

ロンドン・オリンピックは、日本が大量のメダル獲得という結果で無事終了したが、
今回のロンドンに限らず、オリンピック参加選手を、飛行機のビジネスクラスに
乗せるかどうかで、議論になることがある。

そりゃ、ビジネスクラスの方が疲労が少なく、快適であることは、誰でも承知する
ところだが、簡単にそうできない理由がある。 その理由とは、皆さまご存知の通り、
お値段がヒジョーに... 高いことだ。

ANAの成田・バンコク線であれば、搭乗クラス/チケットを購入する国にもよるが、
ビジネスの料金は、エコノミーのおよそ3倍~4倍であろう。 JRのグリーン車
とは比べものにならないほど、高価なもの。 桁が違うのだ。

そして、私はそのビジネスクラスに頻繁に乗っているのだが、こちらが乗るビジネスは、
ほとんどがアップグレード、場合によってはマイルで獲得した無料航空券。 
しかし、アップグレードするにしても、何だかんだと条件があり、面倒。
詳細は省くが... 肝心なことだけ言えば、座席数に制限があることが問題になる。

バンコク線に使用されるB767型機の場合、ビジネスの座席は35席あるが、当初、
アップグレード又は無料航空券に割り当てられるのは、僅か1席だけ。 
この1席が予約されてしまうと、それ以降の表示は、“空席待ち” となり、直ぐには
予約確定とならない。 かなりの狭き門なのだ。

その後は、予約状況に応じて、アップグレード又は無料航空券に割り当てられる
座席数は増えることもあり、しかし、これも有償客の状況次第なのではっきりしない。
最近のバンコク線は混雑しており、空席待ちからの座席確保は大変だ。

結局、アップグレード又は無料航空券でビジネスに確実に座ろうと思えば、かなり
以前の半年~1年近く前から予約を入れる必要があり、それなりに苦労する、という
ことなのである。 正規の値段を払っていないので、仕方ないけど...

そんな大変なビジネスクラスだが... 今回はちょっとマイルに余裕がありましたので、
スターアライアンスの無料航空券で取得しました。 写真は、成田~バンコク~チェンマイ
での “食事編” 。 こんな感じ。 

( ↓ バンコク行きのB767、旧型のボロボロ機材。 ちなみに、無料航空券
    といっても、燃油サーチャージ、空港使用料は別途、3万円ほど必要で、
    全く無料ではない。)
02-B787GG- 01

( ↓ ビジネス座席の横の配列は、2-1-2。 今回は景色が見えないけど、
    中央の1人座席にしました。 両側が通路なので、快適です。)
02-B787GG- 02

( ↓ 離陸後のお食事です。 まずは前菜。)
02-B787GG- 03

( ↓ 弁当形式に変更された小鉢。)
02-B787GG- 04

( ↓ アップで。)
02-B787GG- 05

( ↓ メインです。)
02-B787GG- 06

( ↓ 赤魚鯛の味噌漬けだったと思うが。 安モンの魚も、このように出されると、
    豪華な感じ... )
02-B787GG- 07

( ↓ 食後のアイスクリーム。 まあまあの味。)
02-B787GG- 08

( ↓ 食後に見た映画、“ティファニーで朝食を” のオードリー・ヘップバーンです。 
    50年前の映画なのだが、今見ると、(当然ながら) ちょっと古臭いかな...だ。)
02-B787GG- 11

( ↓ 映画を観た後、お腹が減ったので、カレーライスを注文しました。 
    よねむら特製の伊勢海老カレーと、チーズケーキ。 カレーはいまいち、
    素材との相性悪しだ。)
02-B787GG- 09

( ↓ これも “よねむら特製”。チーズケーキは美味しかったが、ものすごく小さい。)
02-B787GG- 10

( ↓ ということで、バンコク・スワンナプーム空港に到着しました。 
    空港に沖止めされた搭乗機。 日本への折り返しまで7時間ありますので、
    しばらくここで駐機します。)
02-B787GG- 12

( ↓ 次に搭乗したチェンマイ行のタイ航空機、B747です。)
02-B787GG- 13

( ↓ タイ航空機、バンコク空港を離陸しました。)
02-B787GG- 14

( ↓ チャオプラヤ川の河口付近です。)
02-B787GG- 15

( ↓ タイ航空、B747のビジネスクラスです。)
02-B787GG- 16

( ↓ 僅か1時間の飛行時間だけど、お食事が出ます。 練った海老の揚げ物と、
    甘酢漬けの野菜。 日本風に言えば、“海老しんじょうと、なます” でしょうか?)
02-B787GG- 17

( ↓ あっと言う間に到着、まもなくチェンマイ空港に着陸です。)
02-B787GG- 18

後半は、奈良とは関係なかったが、これにて“奈良観光する” 全8回完結です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

タイの高金利貸し

一般の外国人には目に付きにくいが、タイには個人営業の “高金利貸し” が
少なからず存在している。 田舎の村では、村落の有力者、警察官などがこれを
営んでおり、暴利を貪っている。

私のタイ人の知り合いも、急遽、多額の現金が必要になったとのことで、このような
ところからお金を借りた。 金利は驚くなかれ、月10%である。 年ではない、
1ヶ月10%の金利である。

しかも、無担保では貸してくれず、不動産の登記簿原本、車の登録証などを
担保として預け、これらのモノの評価額から、貸付金額を決める仕組みだ。

高金利貸しは、担保を取り、自身は絶対に損をしない安全な状態にした上で、さらに
月10%の金利支払いを要求するのだ。 ここで、私の知り合いは、車の登録証を
担保に、5万バーツを借り、月々、金利を5千バーツ払い続けているとのこと。 
金利は半年も支払っており (金利だけで3万バーツ支払い済)、未だ元金の返済には
は至っていないとのこと。

話を聞いているだけで、具合が悪くなってきそうだが、、、 しかし、このケースでは、
まだ金利を支払えているだけ良い。 仮に、金利を全く支払えないとすると、元本の
5万バーツは、半年後には8万8千バーツになり、1年後には13万バーツにも
膨れ上がって、返済不能な状態に陥ってしまいかねない。

高金利貸しは、僅か5万バーツを貸し付けただけで、(恐らく) 1年半後くらい
経った後には、20万バーツ以上の価値のある車を、自身の所有にしてしまうことが
可能となるのだ。 結局、金持ちはますます金持ちになり、貧乏人はますます貧乏に
なる... という図式。 最初から車を売っておけば、それなりの現金を手に入れる
ことができたものを、下手なことをすると、僅かなお金で車を巻き上げられてしまう、
ということなのだ。

まあ、この手の話は、外国人は近寄らない方が、無難なのかも... であーる。

( ↓ 特に上の話とは関係ないが、チェンマイのチャイナタウン。)
1-金行 2

( ↓ これはチャイナタウンにある金行だが、金行でも、“金” を担保にお金を
    貸し付けてくれるところがある。 間接的に聞いたところでは... 
    月6%くらいの金利らしい。)
1-金行 1

本当は、チャイナタウンで、上の話に相応しい “質屋” があればと、写真の撮影に
出かけたのだが、全く見当たらない。 以前は、“質屋” の看板は良く見かけたのに、 
最近では、流行らないのか、見当たらない。 店じまいしたのだろうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村


お祈りする、について

タイに住んでいると、タイ人が事あるごとに神仏に祈りをささげる姿を見かける
ことが多い。 神仏に対して、何を拝んでいるのか? と思うのが、それは
人それぞれ、想いは様々だろう。

例えば、家族の健康であったり、世界平和であったりと、様々なことを祈って
いるであろうが、私が思うのは、恐らく、この人達は “自身へのご利益” を
一番に祈っているのではないか、という気がしてならない。

宝くじが当たりますようにとか、今日、自身に良いことがありますように、、、
とかだ。 逆の言い方をすれば、今日、自身に良いことがなかったのであれば、
それは、神仏への祈りが足りなかった、又はそれに付随する “たんぶん (=寄進)” 
が不十分だったから、である。

また、別の見方をすれば、私が、タイ人に対して、(私の好意で) 金銭的な援助、
又は特別な施しをした場合、タイ人は私に対して、“ワイ” をして、感謝の意を
表するであろうが、その一方で、そのタイ人は、自身が良い目にあったことを、
自身が行った神仏への祈り、又は “たんぶん” の成果と見ている (に違いない)。

つまり、私は、神仏の力によってあやつられ、そのタイ人に対して、金銭的な援助、
又は特別な施しを行ったと、見ることもできるのだ。 
そう、タイでは、外国人がタイ人に対して、進んで金銭的援助を行う姿を良く耳にし、
目撃するが、それは、タイ人が祈願した “神仏” に外国人が遠隔操作された結果、
なのだ。

別に、これについては、正しい答えがある訳ではないのだが、タイ人が神仏に
祈りを捧げる姿を見るにつけ、こんなことを考えてしまう、今日この頃である。
今日のお話、分かった?

( ↓ バンコク伊勢丹前の祠。 祈りを捧げる人でいっぱい。 そう皆々、
    神仏のパワーを信じているのだ。)
1-祈り1

( ↓ 何をお祈りしているのでしょうか? )
1-祈り3

( ↓ 世界平和を祈っていることは、絶対にないと思う。 皆、仏教徒なので、
    輪廻転生で生まれ変わったときの “来世の幸せ” を祈っている人も
    多いらしい。)
1-祈り4

( ↓ おかまの仏像?  こんなものを製作して、バチが当たらないのだろうか?? )
1-祈り5


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《1》 “バンコク空港になかなか着陸できず”

少し遅くなりましたが、7月上旬にシンガポールに行きましたので、その旅行記です。
シンガポールに行くのは今回が4回目、2年半ぶり。 また、ダラダラとアップする
ことになると思うが... 我慢して読んで下さいね。

まずは、チェンマイ空港から出発です。

( ↓ 17時発の TG115 にて、まずバンコクに向かいます。)
20-Singa 001

( ↓ 機材は、A300-600 型機、ボロボロ機材です。 平日の夕方なのにほぼ満席。
    本日は、残念ながら... 奴隷クラスに搭乗です。)
20-Singa 002

( ↓ チェンマイ空港、まもなく出発。 本日、天気が良いです。)
20-Singa 003

( ↓ ほぼ定刻に出発しました。)
20-Singa 004

( ↓ 南に向けて離陸しました。 左旋回中。)
20-Singa 005

( ↓ 高度を上げて順調に飛行しています。 )
20-Singa 005b

( ↓ エアバス、A300-600 型機の “安全のしおり”。)
20-Singa 006

( ↓ エコノミーの... 機内食でございます。)
20-Singa 006b

( ↓ ここのところ、タイ航空のエコノミーではいつもバナナ・カステラ。)
20-Singa 007

( ↓ 少し雲が多くなってきました。)
20-Singa 008-2

( ↓ そのうち雨雲になり、気流も悪くなって、揺れも激しくなる。)
20-Singa 009

飛行機の揺れが激しくなる中、機長からアナウンスがあり、“バンコク・
スワンナプーム空港の東側滑走路が工事中のために閉鎖されており、西側滑走路
一本のみの運用となっている。 着陸の順番待ちのために、ロブリー (タイ中部)
の上空で20分ほど旋回する”、というのだ。 

今現在、滑走路の工事は終了しているが、このときは滑走路工事の真っ最中で、
飛行機の遅延が続出していたときだった。着陸の順番待ちは仕方ないにしても、
私としては、何も雨雲が立ち込めたこんな気流の悪い場所で旋回しなくても... 
と思うんだけど。

同じところをグルグルと旋回するので、いつも同じ場所で雨雲に突入し、激しく
機体が揺れる。 どうにかしろよ、という感じ。 結局、ここでの旋回は30分にも
及び、このため、通常ならば1時間でバンコクに到着するはずが、1時間半も
かかってしまった。 バンコク・チェンマイではこれまでで最長の飛行時間だ。

( ↓ まもなく、バンコク・スワンナプーム空港に着陸。 雨です。)
20-Singa 010

( ↓ 着陸しました。 かなりドシャ降りの雨。)
20-Singa 011

( ↓ 搭乗機を降りました。 珍しく後ろ側のタラップから降機しました。
    雨降りの暗い中での撮影なので、かなりピンぼけとなってしまい、すまぬ。)
20-Singa 012

( ↓ 本日、スワンナプーム空港に直結したエアポートホテル・ノボテルに宿泊。 
    ここは、空港内にあるノボテルの案内所だが、誰もおらず...)
20-Singa 013

ということで、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《2》 “MEGAバンナーに行く”

バンコクに到着してそのままシンガポールに行っても良かったのだが、
シンガポールへの到着が深夜になってしまうので、バンコクにて1泊する
ことにした。

宿泊したノボテル・バンコク・スワンナプームエアポートの話は、後でする
にして、ホテルにチェックインした後は、ホテルで食事せず、空港近くの 
“MEGAバンナー” に行くことにした。 “MEGAバンナー” は
空港の裏側に位置しており、空港近くの巨大ショッピングセンターという
ことで、一度行ってみたいと思っていたのだ。

しかし、このMEGAバンナー、地図上では、空港からさほど遠くないように
見えるのだが、実際にタクシーに乗ってみると、かなり大回りするように車が
進み、30分近くもかかってしまった。 空港で時間があるときの 
“時間潰し” にでも使えるか... と思ったのだが、それは、“不可”。 
ちょっと不便で、遠すぎますね。 こんな感じです。

( ↓ 空港から、ノボテルのワゴン車に乗り、ホテルに到着しました。)
19-Singa 001

( ↓ ホテルにチェックインした後、急ぎタクシーでMEGAバンナーに
    向かいました。)
19-Singa 001 b

( ↓ 30分ほどでMEGAバンナーに到着。 すぐに到着すると思ったところ、
    予想外に車が走り続けたので、かなり遠く感じました。 MEGAバンナーの
    駐車場前にあるバンナーくん (←私が命名) です。)
19-Singa 002

( ↓ バンナーくんの正面です。 本当は、“MEGA幸夫” と命名して
    紅白にも出場したかったんだけど...やめました。 )
19-Singa 004

( ↓ MEGAバンナーには、IKEAもあります。)
19-Singa 003

( ↓ 中はキンキラです。 ロビンソンデパートがあります。 大き過ぎて
    全体的にガラ~んとした感じ。)
19-Singa 005

( ↓ ロビンソンデパート、中はあまりお客がおらず。)
19-Singa 006

( ↓ もの凄い店舗の数だけど、お客が少なすぎ。)
19-Singa 006b

( ↓ ここはレストラン街。)
19-Singa 007

( ↓ FUJI レストランもあります。)
19-Singa 008

( ↓ 大戸屋があり、ここで食べようかと思ったのだが、“ご飯がない” と
    言われ、食べるのを断念。 )
19-Singa 009

( ↓ 考えた末、タイスキのMKに入りました。)
19-Singa 010

( ↓ ワンタン鴨肉ラーメンを食べました。 ときどき食べるのだが、
    悪くないですけど... )
19-Singa 011

そして、ここのショッピングセンターの問題は、客待ちしているタクシーが
異常に少ないこと。 下の写真のバンナーくんの左手にあるのが、タクシー
スタンドだが、タクシーがほとんど来ない。 今日は雨降りで余計にタクシー
が少ない。 

私は日頃の行いが良いですから... 帰路のタクシーは難なく捕まりました。。。
しかし、こんな僻地で、タクシーが捕まらない場合、かなり面倒なことになる。 
多くのお客は自家用車で来ているようなので、問題はないだろうが、観光客が
空港での時間潰しにちょっと立ち寄るには、問題ありのショッピングセンター
であろう。 私も、よっぽどのことがないと、ここに来ることもないでしょうね。

( ↓ バンナーくんの左側にあるタクシースタンド。 私はここで15分ほど
    待ちましたが、結局、タクシーは来ず。 別の場所にたまたま流していた
    タクシーを捕まえ、事なきを得ました。)
19-Singa 012

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん