FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

サブウエイで初めてサンドイッチ食べる

全世界のサブウエイの店舗数が、マクドナルドを抜いて世界一になった、との
ニュースを聞いた。 チェンマイでも、ナイトバザールのマクドナルド裏に店舗
があり、しかし、いつもガラーンとしていて、店舗数世界一の面影は全くない。
マクドナルドの繁盛ぶりとは対照的である。

日本でもサブウエイのサンドイッチは美味しいとの話を、ときどき聞いてはいたが、
これまで一度も入ったことがなかった。 しかし、食べないことには、ここの評価
もできないので、昨日、(思い切って...) 入ってみることにした。
こんな感じ。

( ↓ チェンマイ・ナイトバザールのマクドナルド横にあるSUBWAYの案内。)
1-Subway 000

( ↓ マクドナルド裏にある小さな店舗です。)
1-Subway 001

( ↓ 注文の仕方が書いてあります。 パンを選んで、具を選んで...
    という手順らしい。)
1-Subway 002

( ↓ イタリアンというパンを選び、照り焼きチキンをメインに、
    全ての野菜を入れることにした。 初めての利用者である私の
    問いに、店員は嫌々返答しているようで、非常に感じが悪い。 
    これが、感じ悪い店員だっ。)
1-Subway 003

( ↓ サンドイッチ調理中だが、非常に雑な作業。 ドレッシングの味を
    聞こうとしたところ、それにはまともに答えず、いきなりサンドイッチ
    にかけだす始末。 マックの接客態度を見習うべき。)
1-Subway 004

( ↓ サンドイッチが出来上がりました。 ハーフサイズで、オレンジジュース
    を付けて、157バーツ。 ちょっと高いんじゃない?? )
1-Subway 005

( ↓ これが、そのサンドイッチです。 ドレッシングで、べちょべちょ。)
1-Subway 006

( ↓ 半分たべたところ。 見た目も不味そうだが、実際の味もなってない。
    まるでゲロのような食べ物。 繊細さのカケラも感じない適当に
    作ったサンドイッチ、という感じ。 こんなヒドイ料理を出す店の
    店舗数が世界一だなんて、信じられなぁーい。)
1-Subway 007

( ↓ 店内風景、古ぼけた感じの店。 こんな不味い店なのに、
    お客がいるなんて、、、 という感じ。)
1-Subway 00000

( ↓ こんなことならマクドナルドの新メニューにすれば良かったと後悔。)
1-Subway 008

結論、初めて入ったサブウエイだが、『不味い、高い、接客態度最悪』 
という三拍子揃った店だった。 タイでも日本でも、よっぽどのことがないと、
この店を訪れることは無いだろう、ということで、私の評価は 『最低最悪!』 
となりました。 ☆は1つもあげられませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



再びのラオス 《1》  “ラオス航空に乗ってルアンプラバンに行く”

昨年中頃に “最後のラオス” というラオス紀行を書いたのだが、
3月末再び、ラオスに行くことになった。 前回の “最後のラオス” は
最後ではなかった。。。

ラオスに行く深い理由は特にない。 2月~3月と色々忙しかったので、
少し休養を兼ねて行ったのだが、いつものように移動・移動ばかりで、
全くのんびりせず...  こんな感じです。
  
( ↓ チェンマイ空港・15時発のルアンプラバン行きラオス航空に
    搭乗します。)
20-Langbraban 001

( ↓ 搭乗客はこの小さいバス1台で飛行機に向かいます。)
20-Langbraban 002

( ↓ バスが小さく、混雑気味。)
20-Langbraban 002-2

( ↓ バスの車内から、搭乗予定のラオス航空・ATR-72を撮影。)
20-Langbraban 003

( ↓ 飛行機近くにバスが到着しましたが、バスが搭乗機に近づき過ぎで
    機体の全景撮影できず。)
20-Langbraban 004

( ↓ 搭乗客にご挨拶中... です。)
20-Langbraban 005

( ↓ 機内です。 6~7割くらいの搭乗率。)
20-Langbraban 006

( ↓ 機内から撮影したチェンマイ空港。)
20-Langbraban 007

( ↓ ほぼ定刻に出発しました。)
20-Langbraban 008

( ↓ 焼畑による煙害の影響で、景色がくすんでます。 チェンマイの
    中心を貫くピン川です。)
20-Langbraban 009

( ↓ お約束の機内食です。)
20-Langbraban 010

( ↓ バサバサのパンです。。。)
20-Langbraban 011

( ↓ 積乱雲も発生して、夏らしい天気。)
20-Langbraban 012

( ↓ ルアンプラバン空港に向けて降下中。 ラオスも北タイと同じく、
    煙害発生中で、景色がぼや~っとしています。)
20-Langbraban 013

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《2》  “煙の中、ルアンプラバン空港に着陸”

このラオス紀行はほぼ1ヶ月遅れで書いているが、毎年、冬が終わる
3月頃は、北タイで大規模な山焼きが行われ、その煙の影響で空気が
よどみ、視界が悪くなる。 ラオスでも山焼きが行われているらしく、
北タイと同じく、煙のため視界が悪い。

視界が悪い中、搭乗したラオス航空はまもなく、ルアンプラバン空港に
着陸します。 チェンマイからの飛行時間は55分でした。 
こんな感じです。

( ↓ メコン河を左手に見ながら、搭乗機は降下中です。 くすんでます。)
18-Langbraban 001

( ↓ ルアンプラバンの街を横断しながら、滑走路に向かいます。)
18-Langbraban 002

( ↓ メコン河の支流、カーン川の上空を通過。)
18-Langbraban 003

( ↓ 空港の敷地内に入りました。  )
18-Langbraban 004

( ↓ まもなく、着陸です。 もう1本滑走路を建設中のよう。)
18-Langbraban 005

( ↓ 着陸しました。)
18-Langbraban 006

( ↓ 着陸後、空港ターミナルに向かうため、180°方向転換します。
    この空港に誘導路はありません。 このような滑走路上での
    方向転換は、日本では見られないが、タイの地方空港でも
    しばしば見られる光景。)
18-Langbraban 007

( ↓ まだ、方向転換中です。)
18-Langbraban 008

( ↓ ルアンプラバン空港のターミナルが見えて来ました。)
18-Langbraban 008-2

( ↓ やっと到着です。 飛行機に近づく空港職員。)
18-Langbraban 009

( ↓ 搭乗したATR-72です。)
18-Langbraban 010

( ↓ ちょっと引いて撮影。)
18-Langbraban 011

( ↓ 前方から飛行機を撮影。)
18-Langbraban 012

( ↓ 田舎の空港という感じ。 駐機しているのはこの飛行機だけ。)
18-Langbraban 012-2

( ↓ 空港ターミナルです。)
18-Langbraban 013

( ↓ イミグレを通り抜けたところ。 振り返って撮影。 私は1番で
    イミグレ&税関を通過しました。。。)
18-Langbraban 014

( ↓ ルアンプラバン空港内、平屋の空港です。 ガランとしています。)
18-Langbraban 015

( ↓ 外から撮影したルアンプラバン空港。)
18-Langbraban 016

ここから、空港タクシーでルアンプラバンの市街に向かいます。
長くなるので、ここで中断。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《3》  “ルアンプラバン市街に入る”

ルアンプラバンに到着したが、ここに来るのは実のところ3回目。
しかし、過去2回 は、ラオス航空で、ビエンチャンからチェンマイに
移動する際のトランジットで通過しただけで、街までは行ったことが
なかった。 今回、初のルアンプラバン宿泊である。 こんな感じ。

( ↓ 空港から市街までは、50000キップか、6ドルか、200バーツの
    いずれかで支払います。 とっさに計算しずらいが、ドル払いが
    一番お得です。)
16-Langbraban 001

( ↓ これがタクシーです。 見た目もそうだが、中もボロボロです。)
16-Langbraban 002

( ↓ 滑走路の横の田舎道を進みます。)
16-Langbraban 003

( ↓ 飛行機着陸の際、機内から見えたカーン川を通過して市街に入ります。)
16-Langbraban 003-2

( ↓ 15分ほど走って市街地です。 なにやら人だかりが...)
16-Langbraban 004

( ↓ 人だかりの中は喧嘩でした。 なんとタクシー運転手は車から
    降りて喧嘩を見に行っていましました。 仕事中なのに...)
16-Langbraban 005

( ↓ ホテル前の道は細いので、ここから歩いて欲しいとのことで、
    車を降りました。 ここはまもなくナイトバザールになるらしく、
    店の準備をしていました。)
16-Langbraban 006

( ↓ 店が組み上がると、こんな風になります。 1時間ほど後に
    同じ場所から撮影。)
16-Langbraban 006-2

( ↓ ホテルに通じる路地。 細い道とは言え、車が入るだけの幅は
    十分にあると思うのだが...)
16-Langbraban 007

( ↓ 路地の途中にある “本格的ラオス建築”。。。)
16-Langbraban 008

( ↓ 結構、歩きます。 路地で一人で遊ぶ子供...
    今来た道を振り返って撮影。)
16-Langbraban 008-2

( ↓ やっと到着しました。 本日宿泊のルアンプラバン・レジデンスです。 
    たった7室しかない小さなホテル。 一応、3☆らしい。)
16-Langbraban 009

( ↓ ルアンプラバン・レジデンスの看板。)
16-Langbraban 009-2

( ↓ ホテルの正面。)
16-Langbraban 010

( ↓ ホテル横の小さな庭です。)
16-Langbraban 010-2

( ↓ 2階の廊下から撮影。)
16-Langbraban 011

( ↓ 本日宿泊は203号になります。 部屋の扉です。)
16-Langbraban 012

長くなるので、部屋の中の写真は次回に。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《4》  “ルアンプラバン・レジデンスに宿泊する”

お待たせです。 ルアンプラバン・レジデンス、203号室に入ります。
高級材の花梨 (かりん) を多用したラオス式の寝室、です。

しかし、全体の感じの良い雰囲気とは反対に、居心地は良いとは言えない。
部屋は、まず、全体的に薄暗い、部屋が広いのは良いが家具の配置も
今ひとつで使い勝手が悪い、網戸がなく窓を開けると虫が入って来そう、、、
と色々気になる点があるが、ラオスの田舎にしては、これでも頑張っている
のだろう。 こんな感じですね。

( ↓ 結構広いです。 昼間でも薄暗く、夜はかなり真っ暗。)
15-Langbraban 001

( ↓ 出入口側の屋根は、傾斜して低くなってます。)
15-Langbraban 002

( ↓ 全く使用しなかったソファー。)
15-Langbraban 002-2

( ↓ 机とテレビ、そして、バスルームの扉です。)
15-Langbraban 003

( ↓ 清潔なバスルーム。 )
15-Langbraban 004

( ↓ シャワーのみで、バスタブはありません。)
15-Langbraban 005

( ↓ アメニティです。)
15-Langbraban 006

( ↓ ラオスの山奥なのに、487Kもありネット速度は十分。)
15-Langbraban 006-2

( ↓ ホテル、チェックイン後、ちょっと外をぶらぶらしました。
    ホテルからほど近いナイトバザールだが、まだ、陽が沈んでません。)
15-Langbraban 007

( ↓ ナイトバザールの長さは200~300mくらいあり、かなりの
    店舗数。 でも、観光客よりも売り子の方が多く、閑散とした雰囲気。)
15-Langbraban 007-2

( ↓ 売っているモノと言えば、、、 こんな変なデザインの袋とか、)
15-Langbraban 008

( ↓ かなりデカい、イヤリングとか、、、)
15-Langbraban 009

( ↓ これもまた奇妙なデザインのスリッパとか、、、)
15-Langbraban 010

( ↓ 手を入れて、お人形ごっこするためのグッズとか... )
15-Langbraban 010-2

( ↓ あまり飲みたくないラオス・コーヒーもあります。。。
    売ってる人には悪いんだけど... 欲しいモノは何もありません。)
15-Langbraban 010-3

( ↓ ナイトバザールの端の方です。)
15-Langbraban 010-4

( ↓ ナイトバザール内にトゥクトゥクは入れないので、外で客待ち
    してます。)
15-Langbraban 010-5

続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《5》  “ルアンプラバンの街を歩く”

再び更新が遅れてすまぬ。 本日より再開だっ。

ホテルに到着した後、ルアンプラバンの街を散策したのだが、ホテル到着が、
もう日暮の寸前だったので、わずか1時間ほどの散歩でありました。

ルアンプラバンは、ざーっと見た限りでは、3~4万人ほどの小さな町。
ほとんどの人は観光で生計を立てていると思われるが、観光客はまばらで
閑散としている。 良く街の経済が成り立っているなぁ、という感じだ。

( ↓ メコン河沿いの道路だが、がらーんとしています。)
15-Langbraban 011

( ↓ 急斜面の階段を降りて、川べりに行きます。) 
15-Langbraban 011-2

( ↓ 階段です。)
15-Langbraban 011-2a

( ↓ もうすぐメコン河です。) 
15-Langbraban 011-3

( ↓ 川べりです。)
15-Langbraban 012

( ↓ 水は汚くありません...)
15-Langbraban 012-2

( ↓ “船に乗らないか” と言ってくるかと思ったけど、誰も声を
    掛けてきませんでした。)
15-Langbraban 013

( ↓ 日暮のメコン河です。)
15-Langbraban 014

( ↓ メコン河の傾斜に立つレストランです。 今にも崩れ落ちそうですが...)
15-Langbraban 016

( ↓ メコン河沿いの道の路地で撮影。 おばちゃんが犬の世話をしています。)
14-Langbraban 002

( ↓ おばちゃんは、犬のノミ取りをしているのだろうか?)
14-Langbraban 003

( ↓ 完全におまかせ状態です。。。)
14-Langbraban 004

( ↓ 日本語の看板を掲げるラオス・マッサージ屋さん。)
14-Langbraban 005

( ↓ バナナ専門店です。)
14-Langbraban 005-2

( ↓ 地元民のための市場のようです。)
14-Langbraban 006

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《6》  “ルアンプラバンでの夕食”

市場の中に入ります。 市場は地元民のために開かれているのだが、
観光客の姿もチラホラ。 こんな感じですね。

( ↓ 市場の入り口にあるのは豚肉屋さん、なんだけど...)
12-Langbraban 001

( ↓ 黒い点々は、、、そう、蠅です。 潔癖症の人は卒倒するような光景。) 
12-Langbraban 002

( ↓ 手羽先だと思いますが、もしかすると、コウモリかも知れません...)
12-Langbraban 004

( ↓ プラニンの焼魚。)
12-Langbraban 005

( ↓ ウズラの卵です。 これはタイでもよく見かけます。)
12-Langbraban 006

( ↓ 地元料理のおかず屋さん。)
12-Langbraban 007b

( ↓ 川蟹のカレー。 私は、お腹を壊したら嫌なので、ちょっと、
    遠慮しておきます。)
12-Langbraban 008

( ↓ ナムプリックと呼ばれる唐辛子ペーストです。 これは北タイの人たちも
    よく食べます。)
12-Langbraban 008b

( ↓ バケツの中はカオ二アオ (もち米)。 ここで私は、これだけ買いました。)
12-Langbraban 001jjj

( ↓ 市場の中にあるビュッフェ形式の食堂です。 1皿に取り放題で、
    10000キップ (100円くらい) 。 ここで、ファランが
    食事してましたが、私は、ちょっと見ただけです。)
12-Langbraban 008c

( ↓ サンカヤーと呼ばれるカボチャのお菓子。 タイにもあります。)
12-Langbraban 008d

( ↓ 客の前で、手作りしている餃子屋さん )
12-Langbraban 009

( ↓ 焼き餃子です。)
12-Langbraban 010

( ↓ 宿泊したホテルに通じるソイの入り口にあるビュッフェ。)
12-Langbraban 011

( ↓ 見方によっては美味しそうに見える。 私は食べていなが...
    経験上、これが美味しいはずがない。)
12-Langbraban 011b

( ↓ 市場と同じく、1皿取り放題で、10000キップです。)
12-Langbraban 012

( ↓ 結局、私の夕食は、市場で買った焼き餃子と、カオ二アオ (もち米) と、
    何故か、こんな僻地でも売られていたカルピコ。 これだけです。
    これらを買ってホテルで食べました。 せっかくの初・ルアンプラバン
    なのに、こんな質素な... 食事になりました。)
12-Langbraban 013

( ↓ 焼き餃子、12個のアップです。)
12-Langbraban 013b

続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《7》  “早起きして僧侶の托鉢を見る”

ルアンプラバン2日目は早起きして、お坊さんの托鉢を見ることにした。
托鉢はチェンマイでも見ることができるが、これを見るためにわざわざ
早起きしたことは一度もない。

ルアンプラバンは托鉢の本場? ということもあって、せっかくの機会
なので、朝6時にホテルから飛び出し、托鉢見学をしたのでありました。

( ↓ この時期、ルアンプラバンの朝6時はまだ薄暗い。 写真は感度が
    上がっているので、明るく見えるが、実際はかなり薄暗い。 
    大通りは誰も人がいません... )
11-Langbraban 001

( ↓ このとき朝6:15、まだ僧侶の姿は見えません。 
    托鉢を見学しようとする観光客の姿がチラホラ。)
11-Langbraban 002

( ↓ 突然、出現したと思ったら、いきなり遠ざかる僧侶集団。 
    追いかけようかと思ったのだが、その歩くスピードは相当に速い。 
    あっと言う間にいなくなってしまいました。 暗いので、かなり
    ピンボケですまぬ。)
11-Langbraban 003

( ↓ どんどん遠ざかる僧侶集団。 信じられないほどの高速歩行だ。)
11-Langbraban 004

( ↓ ホテル横のお寺前で托鉢の準備をしている住人がいたので、
    その近くで私も待機していると... 突然、僧侶集団が現れました。)
11-Langbraban 005

( ↓ 感動の托鉢風景です...)
11-Langbraban 005c

( ↓ このときの托鉢も、相当に高速スピードで行われる。 一見のんびり
    しているような感じだが、実際は、セワシない。)
11-Langbraban 005d

( ↓ 15人ほどの僧侶集団です。)
11-Langbraban 005e

( ↓ 反対側から撮影。)
11-Langbraban 006

( ↓ アップで。)
11-Langbraban 007

( ↓ 最後尾は少年僧 (ネーン) です。)
11-Langbraban 008

( ↓ 托鉢が終わると、すごいスピードで去って行きました。 後ろの
    お坊さんは、列から外れないように、小走りです。 )
11-Langbraban 009

( ↓ これは、次に来た僧侶集団です。)
11-Langbraban 010

(  突然、私の前に出現した無礼なファラン女 ↓)
11-Langbraban 011

( ↓ このお寺に所属する僧侶の集団が帰還しました。)
11-Langbraban 012

( ↓ 列の後ろの僧侶。)
11-Langbraban 013

( ↓ かなり子供のネーンです。)
11-Langbraban 014

( ↓ お寺に戻って終了です。)
11-Langbraban 015

こんなことを言ってはいけないのかも知れないのだが、ルアンプラバンで
行われている、このような僧侶集団の托鉢は、観光客向けのパフォーマンス
ではないか、というような気がする。 

托鉢している住民は公務員か、それとも当局から委託を受けた人たち...
観光資源を守るために大変な努力が行われている、と思うのは勘ぐりすぎ、
だろうか?? 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

再びのラオス 《8》  “プーシーの丘に登る”

お坊さんの托鉢を見た後、ホテルからほど近いプーシ―と呼ばれる丘に
登ることにした。 150m程の高さで、頂上にタート・チョムシーと言う
パゴダがある、らしい。

以前、クラビ―で何気なく登った山 でエライ目にあっているので、
今回はやや警戒しつつ山登りに挑んだのである。 こんな感じだ。

( ↓ これがプーシ―の山頂にあるタート・チョムシーだ。)
9a-Langbraban 001

( ↓ ちょっとアップで。)
9a-Langbraban 002

( ↓ 頂上に通じる階段、328段あります。)
9a-Langbraban 003

( ↓ これから登ります。)
9a-Langbraban 004

( ↓ 少し登って、後ろを振り返ったところ。)
9a-Langbraban 005

( ↓ 途中の小屋で、拝観料を支払います。)
9a-Langbraban 006

( ↓ 20000キップです。 日本円で200円くらい。)
9a-Langbraban 007

( ↓ 階段の段数は328段なのだが、1段の高さが低いので、
    全くしんどくありません。 まだ190段です。)
9a-Langbraban 008

( ↓ 緩やかな登りです。)
9a-Langbraban 009

( ↓ 山頂が見えてきました。)
9a-Langbraban 010

( ↓ ここが山頂です。 お姉さんが掃除してます。)
9a-Langbraban 010-1

( ↓ 黙々と掃除中。)
9a-Langbraban 011

( ↓ 山頂にあるタート・チョムシーという金のパゴダです。)
9a-Langbraban 012

( ↓ 1段高いところから、景色を見ると、、、)
9a-Langbraban 013

( ↓ こんな感じ。 煙害のため景色がはっきりしません...)
9a-Langbraban 014

( ↓ メコン河ですが、曇ってます。)
9a-Langbraban 015

( ↓ メコン河のアップですが、ぼ~んやりです。)
9a-Langbraban 015-2

( ↓ 右側の筋は、ルアンプラバンの真ん中にある大通りだけど、ここも
    ボンヤリ... 左側の筋は、メコン河支流のカーン川です。)
9a-Langbraban 016

絶景が見られるはずが...煙害のためパッとしない景色でございました。
人生で一度きり、もう2度と来ることはないであろう場所なのに... 
もっと素晴らしいルアンプラバンの景色を見たかった。 続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん