FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

またもラオス・その4 “サラナ・ブティックホテルに宿泊する”

ほとんど待ち時間もなく、順調に移動できたというものの、
ウドンタニ空港から2時間近くかかってビエンチャンに到着した。

今回宿泊するホテルは、“サラナ・ブティックホテル”。
実のところ、ここにするのは2回目。 1回目の印象が良かったので、
再度、宿泊することにした。 

ビエンチャンでの宿泊はいつも1泊ばかりで慌ただしいので、今回は
特別に... 2泊にした。 せっかく遥々ビエンチャンまで来たので、
できれば少し市内観光もできればと思い、2泊にしたのだが... 
残念な結果に。 追々書くとして、まずはホテルの写真をどーぞ。

( ↓ これが今回宿泊するサラナ・ブティックホテルだ。40室ほどの
    小さなホテルだが、スタッフの愛想も良く、感じが良い。)
5-Laos 001

( ↓ オーナーの趣味なのか? こまごましたところまで行き届いた
    デザイン。 なんだかラオスらしくない??)
5-Laos 002

( ↓ レセプションと、小さなロビーです。)
5-Laos 003

( ↓ 同じくロビー。 左側は鏡です。)
5-Laos 004

( ↓ 今回は少し奮発して... デラックスにしました。
    1泊80USドルです。 デラックスの部屋は全て建物の
    正面側に位置してます。 )
5-Laos 005

( ↓ 木を多用したラオスを感じさせる? 部屋)
5-Laos 006

( ↓ さり気なく飾られた芸術性に欠ける... 絵画 )
5-Laos 001vv

( ↓ NHKプレミアム、“スタジオパークからこんにちは” も観れます。
    テレビは、ここでもサムスン製です...)
5-Laos 001vvv

( ↓ ミニバーです。)
5-Laos 007

( ↓ 変わったデザインのスタンド、さすがデラックスだっ。)
5-Laos 009

( ↓ 上から降り注ぐシャワーです。 バスタブはなく、この点だけが不満。)
5-Laos 010

( ↓ 部屋からの眺め。 相変わらず、雨降りが続いてます。)
5-Laos 011

( ↓ ホテルの正面は、オントゥ寺。 かなり大きなお寺です。)
5-Laos 013

( ↓ ホテル前の道を進むと、すぐメコン河に出ます。 道の先に
    メコン河が少し見えているのだが、はっきりせず...)
5-Laos 012

まあ1泊80ドルと、ラオスにしては結構な値段だが、でも、かなり感じが
良いです。 以前に宿泊した国賓級の ラオプラザ よりも、今回宿泊の
サラナ・ブティックホテルの方が良いと思う程、でしたねぇ。 
続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



またもラオス・その5 “雨降って、騒音発生して、停電する”

ビエンチャンに到着しても、雨は止まず、降り続いた。
夜になって小降りになるどころが、激しくなるばかり。

そして、降り続く雨のため、夜の9時過ぎになって、とうとう
停電になってしまった。 ビエンチャンのインフラは貧弱なので、
当然の成り行きであろう。 結局、停電は1時間ほど続いたのだが、
その間も、雨は降り続いている。

昼間は気づかなかったのだが、正面にあるお寺の屋根には樋がなく、
大きな屋根から落ちた大量の雨水が、真下にあるトタン屋根にまともに
落下・衝突して、もの凄い音がしている。 ダダン・ダダン...
という感じで、トタン屋根に雨水が当たる音が鳴り響き、最初、
この近くにミシンを使用する縫製工場でもあるのか??  と思ったほど
騒音を発している。

たまたま本日、雨降りで... たまたま屋根に樋がなく...
たまたま大屋根の下にトタン屋根があり... と、偶然のたまたまが
3つ重なったために、騒音が発生したのだ。
 
ホテルを選ぶときに “静かであること” を重要な選択基準として
いるのに、まさか、雨水の流れる音が騒音源になるとは... 
世の中、何があるか分からないものだ、という感じ。

でも、こんなウルサイ音なんだけど、気にならない人は気にならない
のだろうなー、という感じですねぇ。

( ↓ 夜の9時に停電が発生しました。 停電時に外を撮影。
    停電で真っ暗のビエンチャンです。 明かりが無い中での
    撮影なので、ピントが合わず。 左側の光は、車のライトです。)
4-Laos 003

( ↓ 翌日、部屋から撮影したお寺。 )
4-Laos 001

( ↓ 寺の大きな屋根から落ちた大量の雨水が、真下にあるトタン屋根に
    降り注ぎ、ダダン・ダダン...と、もの凄い音が...)
4-Laos 002

( ↓ 停電のときに役に立った、部屋に備え付けの懐中電灯。)
4-Laos 004

( ↓ 充電式のLED懐中電灯でした。 初めて見ました。)
4-Laos 005

( ↓ 中国製です。)
4-Laos 006

( ↓ 結局、2泊目となる翌日、表側から裏側に部屋を変えてもらいました。
    予約したのはデラックスで、裏側はスーペリアしかない、とのこと
    だったのだが、“それでも構わぬ” といって部屋変更しました。)
4-Laos 007

( ↓ デラックスもスーペリアも広さは同じ。 どこが違うのか? と
    思うほどだが、家具調度類が微妙に... 違う。)
4-Laos 008

( ↓ 絵も違いますが... これは騒音を発さないので...
    全く気になりません。)
4-Laos 010

( ↓ ミニバーはありませんが、これも全く気になりません。
    奇妙なデザインのスタンドもありませんが、問題ありません。)
4-Laos 009

( ↓ 部屋からの眺めは、隣のお寺のガーデンビューです。)
4-Laos 011


正面の方が景色は良いが、でも、雨のダダン・ダダン...がねぇ。
晴れの日だと、全然、問題ないんだけど。

ちなみに、レセプションから、“何故、正面のデラックスが気に入らないのか?”
と聞かれたけど、いちいち説明するのも面倒だったので... 適当にお茶を
濁しておきました。 続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

またもラオス・その6 “雨降って、どこにも行かず”

1泊した翌日も雨... 激しく降る雨ではなく、日本の梅雨のように、
シトシト降る、鬱陶しい雨である。 タイではどちらかと言えば1日じゅう
シトシト降る雨は少なく、ビエンチャンでも同じだと思うのだが、
昨日及び本日は特別な日なのであろうか?? 珍しいシトシト雨である。

せっかく丸1日ある本日は、自転車でも借りてビエンチャンの郊外に
でも行こうかと思っていたのだが、それも中止となった。
結局、ホテルでぶらぶらと過ごしたのでありました。 
ということで、本日は、こんな感じですねぇ。

( ↓ ホテルの朝食ビュッフェ。 40室の小さなホテルなので、
    レストランも、こじんまりしてます。 少しピンボケ...
    お客は、ファラン&ベトナム人多し。)
3-Laos 001

( ↓ 料理も少ないとは言え、頑張ってます。)
3-Laos 002

( ↓ これはベトナム料理でしょうか?)
3-Laos 003

( ↓ 私のお食事です。)
3-Laos 004

( ↓ ホテルの自転車を借りる予定が... 雨で断念。)
3-Laos 005

( ↓ ラオスのお坊さんです。 傘さしてます。)
3-Laos 009

( ↓ 雨なのに、僧衣を干してます。 晴れてから干せば良いのに...)
3-Laos 00222

( ↓ 雨の中、メコン川の川べりまで来ました。)
3-Laos 006

( ↓ 怪しい船... 北朝鮮の工作船かと思ったが、韓国の船でした。
    何のための船?)
3-Laos 007

( ↓ 偉大な指導者の像 です。 少し距離があって行くのが面倒なので...
    望遠で撮影しました。)
3-Laos 008

( ↓ 少し遅い昼食は、ホテルのレストランで食べました。
    朝食ビュッフェと同じ場所です。 注文したのは、オニオンスープと...)
3-Laos 010

( ↓ クラブハウス・サンドイッチです。 結構、量があって、
    もうお腹いっぱい。)
3-Laos 011

( ↓ それと、北ラオスのルアンプラバンの海苔をサービスで
    持って来てくれました。 油で揚げた海苔で、味は×××です。
    良く分からないのだが、ラオスの川では海苔が取れるのか??
    無料だから良いけど、有明海の海苔の方がずーっと美味しいです。)
3-Laos 012

( ↓ 後、コーヒーも注文して、お会計は、97000キップ。 
    日本円で、930円くらい。 ラオスキップの他、タイバーツ、USドル、
    ユーロでも支払できます。 私は、もちろん レートの良いラオスキップ 
    で支払いました。 実際の日付とは1ヶ月半もずれているが、
    本日、6/25です。)
3-Laos 013

何もないけど、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

またもラオス・その7 “ラオスのテレビを観る”

雨でどこにも行けないので、ホテルの部屋でTVを観ました。
ブログ読者の方々は、私がどこにも行けなくて、さぞかしツマラナイ
思いをしている... と想像するかも知れないが、私はぼーっとしたり、
何もせず怠惰にテレビを観たりするのも大好きなので、さほど苦には
ならない。 

折角なので、ラオスのテレビ番組を少し撮影しました。 
こんな感じです。

( ↓ ラオスなのにほとんどタイの番組です。 NHKの大河ドラマ、
    篤姫 (主役の宮崎あおい) を放送してます。 デラックスルーム
    のテレビはサムスン製だったのに、スーペリアはパナソニック製...
    えらく、日本が低く見られたものだこと...)
1-TV Laos 01

( ↓ 日本でお馴染みのテレビショッピング、ラオス版が放映されてます。。
    これは以前、私も買ったことがある 回転モップ です...)
1-TV Laos 04

( ↓ モップの部分は、脚で踏んで簡単に取り外せます。 回転盤が
    バキっと割れないのだろうか?)
1-TV Laos 03

( ↓ そのお値段はと言えば、79万キップ... 日本円に直せば、
    7700円くらいだが、それでも高い。 一般のラオス人の月給が
    80万キップくらいと言われているので、モップ1本を買うのに
    1ヶ月も働かなければならないとは... どんな価格設定なの?)
1-TV Laos 02c

( ↓ しかし、さすが79万キップは高いのか、いきなり、49万9千キップ
    にディスカウントされました。 ううん~、これならお買い得か?? 
    の訳ない。)
1-TV Laos 02

( ↓ ラオスのテレビ局は、2人だけの出演者がただ延々と話すトーク番組
    も良くやっているのだが、それ以外はミュージックVDOが流れている
    ことが多い。 それがコレ ↓↓ です。 恋人がいたのに、親から
    命ぜられて、嫌々、金持ちの男と結婚する可哀そうな花嫁... 
    日本の戦国時代のような光景です。 とても悲しい感じの曲です。)
3-Laos TV 005

( ↓ 右側がお金持ちの花婿。 花嫁に笑顔はありません。)
3-Laos TV 006

( ↓ 女が去ってしまったために、飲んだくれる元恋人... 
    花嫁はこんな男と別れて、金持ちと幸せに暮らしたことだろう。 )
3-Laos TV 007

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

またもラオス・その8 “お店番ネコの撮影に失敗する”

以前のラオス紀行では、お店番ネコ の写真を掲載した。
このときの最後に掲載した台の上に座ってるネコ写真は、これまでで、
最高の傑作と言っても良いだろう (→私が勝手に思っているのだが...)。

犬・猫の写真は面白いので、近くにいれば直ぐにカメラを向けるものの、
じっとしていないので、思うようには撮影できない。
今回もビエンチャンで、犬・猫写真を撮影したのだが、どれもこれも、
イマイチ。 でもせっかく撮影したので、、、見て下さいね。。

( ↓ 再び、雑貨屋さんにて、お店番ネコの撮影に挑みます...)
2-Laos 001

( ↓ でも、いきなりこちらに、やって来て、撮影失敗...)
2-Laos 002

( ↓ じっとしていて欲しいのだが...撮影準備ができない状態で、
    急に動き出して、ピンボケ。   )
2-Laos 003

( ↓ 雨の中、公園にネコがいました。)
2-Laos 004

( ↓ でも、逃げの姿勢なので、これもダメ。)
2-Laos 005

( ↓ 宿泊したサラナ・ブティックホテル前にあるお寺での撮影です。
    後ろにある5階建ての建物がホテルです。)
2-Laos 006

( ↓ お寺に犬がいます。 犬は突然、吠え出すこともあるので、
    注意が必要。 フレンドリーな犬かどうか良く見なければ...)
2-Laos 007

( ↓ 大丈夫なよう。 人に興味あるようだが、近寄って来ません。)
2-Laos 008

( ↓ と思ったら、いきなり近寄ってきて... こんなことに。
    これも撮影失敗。)
2-Laos 009

( ↓ では、どう言う写真が理想かと言えば、こんな感じ ↓↓ がベスト。
    これはビエンチャンではなく、チェンマイで撮影した写真だが、
    できれば、じーっとしていて欲しい。)
2-Laos 010

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

またもラオス・その9 “ラオス料理は口にせず”

本当は楽しみとなるべきなのだが... ラオスに来て困ること
の一つに 『食事』 がある。 ラオス料理を食べたいという欲求が
全く起きないのだ。 今回のラオス旅行記・その6で、“ホテルで
お昼を食べた” と書いたのだが、これも、外でラオス料理を
食べたくない、との理由からである。

ラオス料理とタイ料理は非常に似ており、タイと同じように食事を
すれば良いと思うだろうが、タイ料理と違い、ラオス料理は全く
美味しそうに見えないのだ。 困ったものだと思いつつ写真を
撮ってみました。 こんな感じ。

( ↓ 宿泊したホテルの近くで撮影、揚げ物の屋台。)
1-Laos 食事 01

( ↓ コロッケのようなだが... ちょっと食べてみたいと
    思いつつ、撮影しただけ。 たぶん、揚げパンだと思う。 
    今度ビエンチャンに行ったときに食べてみます。)
1-Laos 食事 02

( ↓ メコン河沿いの道路で、魚焼いてます。)
1-Laos 食事 12

( ↓ この塩まみれの焼き魚は、タイ・バンコクの屋台では良く
    見かけるが、チェンマイではあまり見かけない。)
1-Laos 食事 13

( ↓ たぶん、ブラブックという大ナマズの子供。 こんなの
    食べたくない。)
1-Laos 食事 04

( ↓ タイでもお馴染みのぶっかけ飯屋だが、どれも不味そう。)
1-Laos 食事 05

( ↓ 外国人にも、入り易そうな雰囲気のラオス食堂。)
1-Laos 食事 14

( ↓ どれもこれも、なんだかなぁー、というような料理の数々...)
1-Laos 食事 15555

( ↓ サンドウッチ屋。 1万キップを2万キップに書き換えた模様...
    一気に倍に値上げするなんて... )
1-Laos 食事 11

( ↓ ウロウロした末、結局、ホテルから200mほどのところにある
    東京キッチンで、串カツ定食を食べました。 まあまあの味、と
    しておきましょう...)
1-Laos 食事 06

( ↓ 東京キッチンのメニュー。)
1-Laos 食事 07

( ↓ これはホテルからほど近い、チャンタ・ゲストハウスの日本食屋。
    日本人が調理しているらしく、以前、一度 カレーライス を食べたが、
    全然だめ。)
1-Laos 食事 09

( ↓ 日本食にしては、頑張ってる値段だが、これくらいでないと、
    誰も来ないのだろう。)
1-Laos 食事 10

( ↓ 別の日、ホテルから徒歩数分の “大阪ハックチャオ” という店
    で食べた そばメシ。 実は初めて、そばメシという料理を食べたが、
    信じられない程、不味い。 まるで、ゲロのような食べ物。
    これが料理と言えるかという代物。 少し食べただけで、ほとんど
    残してしまった。 長い人生で、食べた食事の中で、間違いなく、
    最低ランクの料理。 そばメシが不味いというより、店の味付けが
    なってないのだろう。 もうこの店には行かない。)
1-Laos 食事 08

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

またもラオス・その10 “雨のビエンチャンから晴れのバンコクへ行く”

結局、2泊3日で滞在したビエンチャンは、ずーっと雨。
それもシトシトと降りっぱなしで、一度も降り止むことはなかった。
日頃の行いが天気に現れたような感じで... まあ、仕方ないねぇ。
ということで、もう、タイに戻ります。

( ↓ ビエンチャン・ワッタイ空港から、いつものタイ航空機に
    搭乗します。)
1-Laos~Bkk 01

( ↓ 機内の座席から撮影したワッタイ空港。 窓が雨でずぶ濡れ、
    ホースで、水を撒いたのではありません。)
1-Laos~Bkk 02

( ↓ タイ・バンコクに向けて離陸します。 おそらく時速300キロほど
    出てるはずなんだけど、まだ、窓ガラスの水滴は吹き飛ばされません...)
1-Laos~Bkk 03

( ↓ ビエンチャン近郊、田園風景です。)
1-Laos~Bkk 04

( ↓ メコン河を横断します。 左側がタイ、右側がラオス。)
1-Laos~Bkk 05

( ↓ 機内、混み合ってます。)
1-Laos~Bkk 06

( ↓ 高脂肪の機内食です。)
1-Laos~Bkk 07

( ↓ めちゃくちゃブログの更新が遅れてるけど... 本日、6/26です。
    まだ、タイの総選挙前です。)
1-Laos~Bkk 08

( ↓ タイに入ってしばらく飛行すると、雲が切れて、晴れになりました。
    どうも、雨雲は、ラオス付近に停滞している、感じ。)
1-Laos~Bkk 09

( ↓ バンコク・スワンナプーム空港に着陸するために高度、下げてます。)
1-Laos~Bkk 10

( ↓ チョンブリ、ラヨーンに通じるモーターウエイ、その左側にあるのは、
    エアポート・リンクです。)
1-Laos~Bkk 11

( ↓ エアポート・リンクのラートクラバン駅上を通過します。)
1-Laos~Bkk 12

( ↓ 空港敷地内に入りました。)
1-Laos~Bkk 13

( ↓ 着陸しました。 逆噴射中です。)
1-Laos~Bkk 14

( ↓ ようこそ、スワンナプーム空港へ... です。)
1-Laos~Bkk 15

ということで、少し薄曇りだが... 一応、晴れてるバンコクに
到着しました。 何で雨降りではないのか... 

まだ、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

またもラオス・その11 “バンコク空港で走る”

ビエンチャンからのタイ航空機は、バンコク空港にやや遅れて到着した。
通常、国際線でバンコク空港に到着した後、タイ国内線に乗り継ぐ場合、
“入国審査 → 通関 (2階) → 出発フロアー (4階) に移動
→ 国内線チェックイン” というルートで進むのだが、こんなルートを
進まなくても良い別のルートがある。

それは、国際線ターミナルと国内線ターミナルの間にある、乗り継ぎ客の
ために専用のトランスファー・ゲートを通過することであり、ここを
通るならば、かなり時間の短縮になる。

しかし、このトランスファー・ゲートを通るためには、出発空港で事前に
国内線の搭乗券を取得しておくか、でなければ、トランスファー・ゲート前
の国内線チェックインカウンターで、搭乗券を発行してもらう必要がある。

今回の出発空港であるビエンチャンで、国内線の搭乗券を発行してもらえない
訳ではないが、これは、ビエンチャン→バンコクの国際線フライトと、
バンコク→チェンマイの国内線フライトが同じ “タイ航空” の場合に限る。 

しかし、今回のバンコクからチェンマイまでの国内線は、“バンコク
エアーウエーズ” であり、タイ航空ではないために、ビエンチャンにて
搭乗券を事前に取得することはできなかった。 このため、トランスファー・
ゲート前の国内線チェックインカウンターで、搭乗券を発行してもらうと、
急ぎ向かったのだが... 

( ↓ ビエンチャンからのタイ航空機は遅れて到着した上に、バス移動
    なので、余計に時間がかかる。)
1-Bkk Ap 01

( ↓ 移動するバスから撮影。 広いスワンナプーム空港。)
1-Bkk Ap 01b

( ↓ バスに乗ってイミグレ近くに降ろされたのだが、イミグレには
    行かず、トランスファー・ゲートに向かうことに。 その案内を
    示す看板。)
1-Bkk Ap 02

( ↓ トランスファー・ゲートは、コンコースDの端にあり、定かではないが、
    目測400mほど離れているのではないか... と思われ。)
1-Bkk Ap 03

( ↓ 動く歩道があるものの、遥か向こうのトランスファー・ゲート
    に向けて、一路進みます。)
1-Bkk Ap 04

( ↓ これが、今回通過予定のトランスファー・ゲートです。 ゲートの
    向こうに乗継ぎ客用のイミグレがあります。 やっと到着しました。。。
    でも、その前に、バンコクエアーの搭乗券を発行してもらわなければ... )
1-Bkk Ap 06b

( ↓ ということで、バンコクエアーのチェックインカウンター(左の2つ)
    に行ったところ... あれ? 係員がおらず... )
1-Bkk Ap 05

( ↓ むむむ...良く見ると、、、 意味不明の案内が... 
    とりあえず、ここでは搭乗券がもらえないことだけは即刻、
    理解できた。)
1-Bkk Ap 06

( ↓ 結局、元来たルートを逆走して、普段通りの入国をすることに。
    時間が迫る中で、カウンターに係員がおらずで... 
    まあ腹立たしいが、でも、タイとはこんな国である。 )
1-Bkk Ap 07

( ↓ こんな時間がないときに限って、イミグレカウンターは長蛇の列。
    このため、初めて優先ゲートのファーストトラックを利用する
    ことにした。 ファーストトラックを通過するには、クーポンが必要だが、
    以前にANAからもらった モノ があったので、これを使うことにした。 
    こんなこともあろうかと思い、予め用意しておいたのだ。 )
1-Bkk Ap 08

( ↓ ファーストトラックのイミグレは誰も入国者がおらず。 一気に通過する
    ことできた。)
1-Bkk Ap 09

( ↓ ファーストトラックではない、一般の窓口で並ぶ平民の方々...を激写。)
1-Bkk Ap 10

( ↓ 急いで4階の出発フロアーに向かう。 )
1-Bkk Ap 11

( ↓ バンコクエアーのチェックインカウンター、人はそれほど多くはないが、
    また行列。)
1-Bkk Ap 12

( ↓ 一応、間に合いました。 5時発のチェンマイ行に搭乗します。)
1-Bkk Ap 13

なんだか空港内を1キロほど移動したのではないかという気分だが、
バンコクエアーの場合、トランスファー・ゲートを利用できない、か、
又は、利用しない方が無難であることを、今回、お勉強しました。

まだ、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

またもラオス・その12 《完》 “バンコクエアーでチェンマイに戻る”

バンコクからチェンマイまではバンコク・エアーウエーズに
搭乗した。 バンコクエアーは サムイ島 に行って以来の利用である。

バンコクエアーは、エアーアジア、ノックエアーなどの格安航空会社
ではなく、タイ航空と同じ、まともな... 航空会社である。 

しかし、チケットは、高く販売していたのでは競争にならないので、
かなり頑張った値段を出している。 今回は、全て込で1790バーツ
というお得な料金で搭乗することができた。 こんな感じですね。

( ↓ バンコクエアー利用者は、全員、空港でラウンジ使用できます。)
1-Bkk Airways 001

( ↓ たいしたモノはないが、ラウンジがあるだけ、良いとしょう。)
1-Bkk Airways 002

( ↓ おもちゃの家具が並んでいるかのようなラウンジ。)
1-Bkk Airways 003

( ↓ A3ゲート、17時発の便に乗ります。)
1-Bkk Airways 004

( ↓ 搭乗機のエアバス・A319型機です。)
1-Bkk Airways 005

( ↓ アップで。 シー・サッチャナライ号です。 広島号というのもあります。)
1-Bkk Airways 006

( ↓ 機内風景。 機内のモニターで緊急時の安全について説明してます。
    座席はかなり後方、後ろから2番目です。 ほぼ満席です。)
1-Bkk Airways 007

( ↓ 離陸しました。)
1-Bkk Airways 008

( ↓ 本日、曇り空で、途中全く景色楽しめず。)
1-Bkk Airways 009

( ↓ 全員に... 機内食あります。 後ろの座席だったので、
    食事が来るまで、相当に時間がかかり、全く落ち着かない。
    タイ航空の方が、ずーっと食事を配る際の手際が良いです。)
1-Bkk Airways 010

( ↓ 食事が終わると、もう着陸態勢です。 ビエンチャン近郊に
    似たような田園風景。 )
1-Bkk Airways 01111

( ↓ まもなくチェンマイ空港に着陸します。 )
1-Bkk Airways 012

( ↓ チェンマイ空港に着陸しました。 逆噴射中です。
    今にも雨が降り出しそうな天気。 )
1-Bkk Airways 013

( ↓ 搭乗機が、滑走路から誘導路に入ったところです。)
1-Bkk Airways 014

やっとチェンマイに戻りました。
ということで、ラオス紀行・全12回、完結しました。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

車、買い替える

北タイに住み始めて8年目に突入したことを記念して...
という訳でもないのだが、車を買い替えた。 本ブログでもときどき
書いていると思うが、以前の車は、1トンのピックアップトラックであった。

北タイに来た当初、ランプーンにある北部工業団地に勤務していたので、
車は、主に会社への通勤に使用していた。また、車は車高を高くした
4WDでもあったので、チェンマイ近郊の険しい山中を走るのに、
ヒジョーに便利... となるはずだったのだが、実際にはオフロードを
走る機会は少なく、車の機能が存分に生かされたとは言い難い。

でも、凸凹の道でも車の底が地面に摺れることなく、また、2005年に
チェンマイに 大洪水 が発生したときにも、故障車が多く発生する中、
私の車は、水の中でエンジンが停止することなく、無事に帰宅することが
できた。

色々と思い出深い車なのだが、走行距離も10万キロに迫り、8年目に
突入して故障の機会も増えて (しかし一度も故障したことなしだが...)、
メンテナンス費用も掛かることが予想されるので、まあまあ高く売れる
今のうちに売却して、新車に乗り替えることにした。

タイは部品の輸入関税が高いからなのだろうか、理由が良くわからない
のだが、新車価格がヒジョーに高い。 しかし、そのせいで中古車価格
も高く、実際、私が7年乗った10万キロ近い走行距離の車の売却代金で、
新車代金のおよそ半分をまかなうことができた。

詳しい数字は言わないが、新車を半額で買うことができ、日本では
考えられないことだろう。 そして、新たに購入した車だが、以前の
ピックアップトラックと同じくTOYOTAである。 

TOYOTAの何の車を買ったのか? 興味があるかも知れないが、、、
狭いチェンマイなので黙っておく。 とりあえず、レクサスを買ったと
言うことにしておこう。。。 車のことは追々話すとして、長くなるので
今日はサワリだけ、ということで。

( ↓ トヨタの販売店。)
1-Toyota car 01

( ↓ プリウスの試乗車です。)
1-Toyota car 02

( ↓ ショールーム。 左はプリウス、右はカムリだ。)
1-Toyota car 03


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

おバカ判定試験を実施せよ。

日本では、菅直人の後継となる首相が誰になるかとのニュースが
流れているが、私としては、投げやりな気持ちで... もう誰でも良い。

1年以上前の 6月2日 に、本ブログにて、菅直人が首相になる際に
その人が適正かどうかテストすべき、ということを書いたのだが、
1年後、もう一度、同じことを書くことになるとは思わなかった。

このときには、“日本をむちゃくちゃにする間抜けな総理は、バカ山で
最後にしてもらいたい” と書いたのだが、これよりもっとヒドイ、
バカ菅が総理になって、沈みゆく日本の最期を見ているようだ。

鳩山、菅... と間抜けが2人も続き、次も同じような... のが
首相になったらどうしよう、という悪夢さえ感じる。

もうこうなったら、次期首相になる人には、就任前に、おバカ判定の
ストレステストを義務づけるしかない。 
テストをパスしない者は、浪人になり、受験勉強をしてもらいたい。
試験問題を作成するのは、もちろん、優秀な日本の官僚たちだっ。
政治主導はやめてもらいたい。

次期首相は、このまま行くと前原氏になりそうな気配で... 
選出される前から言っては何だが、、、 もっとマシなのはいないのかねぇー、
という感じだ。

( ↓ チェンマイのナイトバザールで撮影したお釜ショーのPRに
    訪れたダンサー。 奇声を上げて頑張ってます。 
    掲載写真は、上の文章とは全く関係ありません。)
1-Okama 02

( ↓ ポーズとってます...)
1-Okama 01


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

新車がブツカル。。。

前々回のブログで、新車を購入したことを書いた。 新車に乗り換えて
まだ1ヶ月ほどしか経っておらず、しかし、信じられないことに、、、
既に2回もぶつけている...

以前のピックアップ車と違い、今回購入した乗用車は、当然のことながら
車高が低く、以前とは比較にならないほど視界が悪い。
以前のピックアップ車に比べて、今の乗用車は、感覚的には座席の高さが
半分くらいになったのではないかと思う程に低く、このため、地面が良く
見えないのだ。 こんなにも乗用車は、視界が悪いのか?? と改めて
知ることになった。

そのせいだと思うのだが、先日は左前輪が、ちょうど蓋がなかった排水溝に
嵌ってしまい、車の底をコンクリートの地面にドスンと、強打した...
一瞬、何が起こったか分からなかったが... 幸いこのとき、地面に
接触した車の底のところに、ジャッキアップするための突起があり、
その突起が支えとなって、幸い、ボディに全く損傷はなかった。 
危ないから、溝に蓋くらいしとてけよっ、と言いたいところだが、ここは
タイなので仕方ない。

そして、今後は事故が起きないようにと、気を付けて運転していたのだが、、、
3日ほど前に、ショッピングセンターの駐車場で、後ろ向きに徐々にバック
していたところ、ちょうど死角になって飛び出した柱に、バンパーが...
ぶつかった。。。

“えー、また、なのーぉ” という感じで、一瞬、目の前が真っ黒になったが... 
結構、激突した割に、プラスチック製のリアバンパーに5センチほどの小さな
凹み跡が付いただけで、見た目にはほとんど分からない。 

んん、最新の車のバンパーは、素晴らしい... ぶつかっても僅かな
凹み跡ができるだけなのか~、と改めて感心だ。 以前のピックアップ車
だったら、鋼鉄製バンパーには、大きな凹み跡が残るところだった。

まだ、700キロほどしか運転していない新車が2度の災難に合い、
3度目がないよう、運転に注意する日々なのである。

( ↓ これは以前、ビエンチャンで撮影した写真。 右側の黒い乗用車だが、
    フツーに駐車しているのかと思ったら... )
1-Laos car 01

( ↓ 車の前部が、支柱に接触して停車してます...  すごい停め方。
    バンパーの性能の高さが分かる光景だっ。)
1-Laos car 02

( ↓ これも同じくビエンチャンで撮影。 右側の黒い車は、トヨタの
    フォーチュナーというSUV。 たぶん3000ccのディーゼル車。)
1-Laos car 04

( ↓ その車を後ろから撮影すると、土を跳ね上げて、大変なことに...
    どこを走ると、こんなことになるのか?? )
1-Laos car 03


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

スポイラーとは?

また、車の話。 と言っても、実のところ “車という乗り物” にそれほど、
興味はなく、今更ながらに知ったことがある。

それは、アクセサリーの “(リアウイング) スポイラー” という部品。 
スポイラーは車体の後部上側に装着される部品で、車の後方にできる
渦の発生を抑え、スムーズに気流を受け流す整風効果がある、のだとか。

このスポイラー、チェンマイの街を走る車に装着されているのを良く
見かける。 トヨタの純正アクセサリーとしても販売されており、雰囲気に
流されやすい... 私は、見た目にも良いような気がするので、、、
今回購入した車にも装着することにした。

しかし、実際に装着して見ると、後方の視界の一部が、スポイラーで
遮られるという不具合が発生した。 スポイラーを装着したことで後方の
視界が悪くなったのだ。 まさか、トヨタの純正アクセサリーを装着して、
安全性が低下するとは思っても見なかった。 それでなくても、以前の
ピックアップ車と比べて格段に視界が悪いのに、スポイラー装着でさらに
悪くなった。

スポイラーを装着して、後方視界が悪くなることは、車好きの人なら当然
なのかも知れないが、私はそんな常識を持っていない。
アクセサリーのカタログにも、このことは記されておらず、トヨタ販売員
からも説明を受けていない。 日本の自動車メーカーが、ユーザーへの
説明を行うことなく、こんな危険物を純正アクセサリーとして販売したこと
が信じられない。 

実際、前回書いたリアバンパーの凹み事故も、この純正アクセサリーの
装着による後方視界の不良で発生した、かも知れないのだーっ。
今後、後方視界の不良で発生する事故の損害は、トヨタに支払ってもらう
ことにする。

スポイラーの装着で走行時の空力特性が改善されるにしても、
時速200キロで...高速走行する機会もなく... 普段の運転で
燃費が改善されるとも思えない。 車の安全性を低下させるような意味
のないアクセサリーを、高い代金払って装着するんじゃなかったと、
腹立たしい気分だっ。

( ↓ ホンダのシビックに装着されているスポイラー。 )
1-すぽいらー01

( ↓ ラオスのビエンチャンで撮影したホンダ・シティ。
    タイでは良く見かけるが、ビエンチャンではスポイラー装着
    の車はほとんどない。 唯一見かけたのが、この車。)
1-すぽいらー03

( ↓ 全然関係ないが、チェンマイのツーリストポリスの
    トヨタ・カローラ。 この車にスポイラーはありせん。)
1-すぽいらー02


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

民主党代表選について

ご存じのとおり、民主党代表選にて、当初の予想に反して “野田佳彦氏”
が選ばれた。 民主党代表選の結果について、私がいちいち意見を述べる
こともないのだが...  まあ、最良の結果だと思う。 

少なくとも、決戦投票で敗れた元・三流経済評論家の海江田万里よりも
数万倍もよかったと思う。 このオッサン、バブル時代にどれだけ誤った
メッセージを発してきたことか。 こいつのせいで、大損をした投資家は
山のようにいることだろう。 先を見通す能力がなく、古ダヌキの顔色
ばかりをうかがう、無節操な海江田が総理大臣になるなんて、考えただけで、
ぞーっとしていたのだ。 だいたい、こんな奴は、総理大臣候補に名前が
上がるようなタマではない。 決戦投票でよく177票も集まったものだ、
と思う。
 
民主党議員は皆、馬鹿ばかりかと思っていたが、最後に良い選択をした。
野田氏は、“見た感じが、ちょっと...” なのが、不安材料だが、、、
日本はもうそんなことを言っている余裕などない。 

もし、民主党代表選で海江田万里が総理大臣になったならば、本ブログにて 
“馬鹿につける薬の開発を急げ” とでも表題を付けて意見を述べようか
と思ったが、とりあえず、その必要もなく安心した。 
野田氏には、失敗を恐れず、思いっきり手腕を発揮してもらいたい。

( ↓ 私も野田氏を応援しています...タイ東北部のウドンタニで撮影。 )
Noda san


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん