FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

クラビ旅行記・最終回 “プーケットからチェンマイへ”

今回でクラビ旅行記は最終回となる。
クラビ旅行では、2000枚以上という膨大な数の写真を撮影し、
このため、本ブログでも多くの写真を掲載することになった。

ブログ掲載用とするために写真加工に要した手間も相当なものなのだが、
それなりに読者の皆様には、旅行気分を味わってもらえたのではないか...
と思っている。 そして、今回の旅行を総括すれば、クラビは素晴らしい
ところだと言える。 プーケットとは比べものにならないほど知名度は
低いが、プーケット以上の “自然の観光資源” があり、どれもこれも
素晴らしい、、、と思う。

最終回のクラビ旅行記では、クラビ → プーケット空港 →チェンマイへと
移動するだけで、大した話もなく... こんな感じだ。

( ↓ 往路と同じく帰路もレンタカーでの移動です。 クラビから一路、
    プーケットへ向かうはずか... 途中、少し道に迷って時間を
    少しロスすることに。 でも大方、順調。)
1-Go back to Phuket 001

( ↓ プーケット空港まで残り15キロ地点。 ここは、プーケット島と
    タイ本土を結ぶサラシン橋を渡ったところ、です。)
1-Go back to Phuket 002

( ↓ 橋を渡ってしばらく行くと何故か、車の検問所があります。
    検問所を通過するために、少し渋滞しています。)
1-Go back to Phuket 003

( ↓ これが検問所の建物。 プーケット・チェックポイントと書いて
    あります。 税関でもあるまいし、一体何を検査しているのかと思うが、
    多分、ミャンマーからの不法入国者の摘発であろう。)
1-Go back to Phuket 004

( ↓ 少し早く到着し過ぎたので、空港から2キロほど離れたナイヤン・
    ビーチにて時間つぶし。)
1-Go back to Phuket 005a

( ↓ プーケット空港から離陸する飛行機が見えます。)
1-Go back to Phuket 005b

( ↓ 同じくナイヤン・ビーチ。 綺麗なビーチだが、空港から近過ぎて、
    全く人気なし。 綺麗な海と砂浜だけでは、観光地にはなれないよう。)
1-Go back to Phuket 005bb

( ↓ ビーチの駐車場も閑散としています。 食堂も何軒かあるが、
    食事したくなるような雰囲気にあらず。 腹が減っていたのだが、
    ここではなく、空港で食べることにした。)
1-Go back to Phuket 005c

( ↓ 空港に通じる裏通りです。 右側のフェンスの向こうは滑走路。
    タイミングが合えば、飛行機の離着陸が見えます。)
1-Go back to Phuket 006

( ↓ 18:30にプーケット空港に到着。 空港のAVISにて
    レンタカーを返し、タイ航空のレストランで慌ただしく食事した後、
    19:50発のエアーアジア・FD3976に搭乗します。)
1-Go back to Phuket 007

( ↓ これがエアーアジアの搭乗機、エアバス・A320型機です。)
1-Go back to Phuket 008

( ↓ 帰路も機内食を注文しました。 ベジタブル・フライドライスです。
    フツーの味。 ちなみにPETボトルの水は30バーツです。)
1-Go back to Phuket 009

( ↓ ほぼ定刻の22時、チェンマイ空港に到着しました。 隣に駐機しているのは、
    バンコク・エアー・ウエイズのエアバス・A319型機です。)
1-Go back to Phuket 011

最後の写真は駆け足だったが、、、実際の日付より40日ほど遅れて... 
クラビ旅行記、完了しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コンピュータを買い替える

旅行記がしばらく続いていたので、書く機会を逸していたのだが、
2ヶ月ほど前に、メインで使用しているデスクトップのコンピュータを
買い替えた。 タイに住み始めてから、4台目のデスクトップとなる。
前のコンピュータに不具合があった訳でもないのだが、使用して4年が
経過し、ときに重く感じることもあるので、一新することにしたのだ。

私は、(少し小さい声で言うと...) 知的所有権を順守する姿勢を
取っているので... OSとなるウインドウズは正規品でなければならない。 
日本在住の方は、そんなの当然であろうと思うだろうが、タイでは全く
当然ではない。 この話は以前に書いたので、この記事 を読んでほしい。

そして、バンコクの事情は分からないが、ここチェンマイで日本語版・
正規ウインドウズの入ったパソコンを入手することは非常に困難である。 
コンピュータに詳しい人に頼んで、ウインドウズをインストールして
もらえば良いだろうが、あいにく私にはそのような便利な友達もいない。
自分でやれば良いのかも知れないが、失敗すれば面倒なことになる。
以前、日本で購入したウインドウズ2000を、タイに持ち込み自分で
インストールしたことがあるが、えらい目にあった...

このため、今回は、友人から紹介された、バンコクにある日系の某M社にて
ウインドウズ7がインストールされたコンピュータを購入することにした。

まあ、結局、言いたいことは、コピーソフトをインストールしたアングラ・
パソコンだと15000バーツほどで済むものが、正規のウインドウズ&
オフィスを入れると、その3倍の45000バーツ、それにバンコクまでの
往復の飛行機代を加算すると、50000バーツ... という莫大な
金額になってしまう、ということ。

知的所有権を順守する...私くらいしか、タイでは、こんな出費をしない
だろうな、と思いつつ、コンピュータを買い替えたのでした...
でも、正規版だと、アップデートも問題なく、非常に快適でございます。
少し中途半端だが、バンコクに行った時の写真を少し掲載します。

( ↓ タイで販売されるコピーソフト。 正規版だと数千~万バーツする
    ところが、コピーだと100~150バーツ。 こんな凄い価格差が
    あるのに、誰が正規版のソフトを買うか?)
1-pc bkk 00

( ↓ お馴染みのノックエアーでバンコクに行きました♪ )
1-pc bkk 01

( ↓ 機体の正面写真です。)
1-pc bkk 02

( ↓ チェンマイ空港を離陸しました。 上に見えるのが滑走路、
    下のカーブした道路はスーパー・ハイウエイです。)
1-pc bkk 03

( ↓ チェンマイの中心部です。 天気が良いので、ピン川もくっきり。)
1-pc bkk 04

( ↓ Auntie Anne's (アンティ・アンズ) のお菓子がサービスされます。)
1-pc bkk 05

( ↓ 中に入っているのは、そのときによって違っていて... 本日は、
    チョコレートです。)
1-pc bkk 06

( ↓ まもなく、旧バンコク空港のドンムアンに着陸します。)
1-pc bkk 07

( ↓ 着陸しました。)
1-pc bkk 07b

( ↓ 少し時間があったので、シーロム通りに行きました。)
1-pc bkk 09

( ↓ 綺麗どころの方々が何か宣伝しています。)
1-pc bkk 09b

( ↓ この建物の中にあるM社にてコンピュータを購入しました。)
1-pc bkk 10

コンピュータを受領した後は、重い荷物のため、撮影どころではないので、
写真はありません... 

帰路も同じくノックエアーに搭乗。 バンコクでは宿泊せず、そのまま
チェンマイにトンボ帰りです。 帰路便では、大きなパソコンを機内に
持ち込むことはできないと、搭乗寸前に空港スタッフから (強く) 言われ、
仕方なくかさばる外箱を搭乗口で捨て、中身の本体だけを機内に持ち込む
ことで決着。 大変な思いをしてチェンマイに持ち帰ったのでありました。 
(一話完結です)


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

ついでにモニターも買い替える

日本は菅直人が辞める、辞めないでもめているようだが、
もう、みっともなくて見ていられない。 

昨年、政治家を辞めると言って退陣したのに、未だに政治家をやり続けている、
大嘘つきのバカ山から、“ペテン師” 呼ばわりされるのだから、どうしようもない。 
首相は大勢の前で辞めると発言したのだから、さっさと辞めるべきだろう。 
潔さが全く感じられない。 

周囲から無能で何もできないと言われている人が、さらに混乱した今の状況で
何ができると言うのか。 何か道筋をなどと考えること自体、迷惑な話だ。
首相は、なにか一つでも功績を残したい... とでも思っているのだろうが、
もう何もしてくれなくて結構だ。 周囲から信頼を得られないウンコ首相に
期待するものはなにもない。 

( ↓ 一定のメドなどと、訳の分からないことを言わずさっさと辞めてもらいたい。 
    それが国民のためだ。 TVで顔を見るだけで吐き気がする。)
1-間抜け1

( ↓ 大嘘つきのバカ山から、ペテン師呼ばわりされるとは... アンタが
    動き回ると、余計に混乱する。 家で寝てなさい。)
1-間抜け2

話は全然違うが... コンピュータを買い替えたついでにモニターも
買い替えた。 今回、購入したコンピュータはヒューレット・パッカード(HP)、
モニターはサムスン製で、いずれも日本製ではない、

日本人の私としては、できれば日本企業に利益をもたらすような製品選びを
したいのだが、肝心の製品が市場になければ選びようもない。
日本企業は、コンピュータとか、モニターとかの利益の薄い製品に関心がない、
と言うのかも知れないが、私には日本企業の怠慢としか思えない。
躍進する韓国企業 とは対照的である。

タイは人口6600万人の巨大市場である。 こんなに人口がある有望な
成長市場に関心がない、、、なんて、私にはちょっと信じられないのだが...

( ↓ モニターはサムスン、ACER、BEN-Qの製品が支配。)
1-さむすん1

( ↓ 私は、(もちろん...) サムスン製を買いました。 私が購入したのも、
    このSA300です。 1万円ちょっとの価格、こんな値段では日本企業は
    やる気が起きないのかしらん??? )
1-さむすん2


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

乗りたくない航空会社

これまでチェンマイ・バンコク間を飛行機で何度か行き来し、そのときに
撮影した写真を本ブログでも多く掲載してきた。

チェンマイ・バンコク間では、タイ航空、エアーアジア、ときにノックエアーを
利用しているのだが、“絶対に利用したくない航空会社” というのがある。
それが下の写真に掲載したオリエント・タイ航空、いわゆる 
“ワン・ツー・ゴー” だ。

以前は価格の安さに引かれて何度か利用したことがあるのだが、もう今は、
利用することはない。 使用している機体は25年を軽く越えているだろう、
年代モノの中古機を使用。 メンテナンスも行き届いていないのか、塗装も
剥げ落ち... 見るも悲惨な状況。 

( ↓ 2ヶ月ほど前、チェンマイ空港で撮影したワン・ツー・ゴー機。
    機体はMD82、超高齢の機体だ。)
1-Orient Thai 001

( ↓ 先端部を拡大すると、、こんな感じ。 “ワン・ツー・ゴー” の文字
    の塗装は剥げ落ち、古い機体がさらにボロボロに見える。 エンジンが
    良ければ、塗装なんてどうでも良いのかも知れないが、、、でもねぇ...
    まるで機体をどこかにぶつけて擦ったような... 感じ。 少し凹んで
    いるようにも見えるが、、、気のせい?? )
1-Orient Thai 002

( ↓ チェンマイ空港内、オリエント・タイのチケット販売所。
    バンコクまで1450バーツと格安。 日付変更も可能な均一料金。 
    最近、1090バーツの超格安プロモーションチケットまで登場しているが、
    私は絶対に買いません、乗りません。)
1-Orient Thai 003

( ↓ 以前、タイ国内線・幹線はタイ航空の独占状態だったのだが、
    自由化された後、バンコク・チェンマイ直行便にいち早く参入したのが、
    このオリエント・タイだ。 もう無くなってしまったが、MD82を使用する
    以前は、トライスター他、B727、B757という、今となってはとても
    貴重な... 骨董機を運行していた。 下の写真は、ロッキード社の
    トライスターだ。)
1-Orient Thai 004

( ↓↑ 上の写真と同じく、2003年当時バンコク・チェンマイ間を飛行していた
     オリエント・タイのトライスター。 この飛行機には2度、搭乗したことがある。 
     ANAからの払い下げ機で、内装もボロボロ。 これら貴重な写真は、
     当時、バンコク・ドンムアン空港にて私が撮影。)
1-Orient Thai 005

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

タイの省エネ電球

日本は、電力供給不足から省電力家電の売れ行きが好調なようで、
その中でも、白熱電球をLED電球に交換することが一つのブームに
なっている (らしい)。

タイでは、探せばあるだろうが、未だLED電球を見たことがない。
仮に販売したとしても、タイの生活水準からすれば、ちょっと手が出ない
価格になってしまうであろう。

LED電球ではないのだが、タイでは、昔から省エネ電球が販売されている。
それが下の写真のもの。 10年ほど前から販売されているのではないかと
思われ、結構、家庭や街中に浸透している。

( ↓ これがタイの省エネ電球だ。)
1-省エネ電球 01

( ↓ フツーのスーパーの省エネ電球コーナー。 結構、たくさん
    売られてます。)
1-省エネ電球 02

この省エネ電球は、電球型蛍光灯と呼ばれるもので、蛍光灯をコンパクトに
したものだ。 日本でもあるかも知れないが、日本に帰国しても電気屋さん
の電球コーナーに長らく行ってないため、、、 記憶にない。

下の写真の省エネ電球 (電球型蛍光灯) は、1万時間使え、白熱電球の
1/5の消費電力で、100バーツ前後の価格。 
 
これに対して、日本のLED電球は、4~5万時間使え、白熱電球の1/8~1/9
の消費電力で、価格は数千円。 LED電球の方が、どの程度の節約効果が
あるのか、計算がややこしいので、各自行ってもらうとして、、、
とにかくタイの省エネ電球は価格が安いので、買い易いのは確か。
このため、かなりの場所に浸透しているのだ。

( ↓ もちろん、私は日本ブランドのパナソニック製を購入しています... 
    白い光と、黄色い光の2種類あります。 14W消費するタイプで
    95バーツ (=260円くらい)。)
1-省エネ電球 03cc

( ↓ 14W消費して、白熱電球75Wの明るさ、だそうな。)
1-省エネ電球 04

ちなみに、私の部屋でも、何年も前からこの省エネ電球を使っています。
日本よりも進んでいる... のかも?? だ。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ル・メリディアン・チェンマイを見学しに行く

何回か前のブログで、正規ウインドウズが入ったパソコンを購入した話を書いた
のだが、そのときにお世話になったM社のNさんが、チェンマイに来ることになり、
宿泊ホテルとなるメリディアンホテルにてお会いした。 
といっても、ブログの更新が遅れ、もう2ヶ月ほど前のことになるのだが...

Nさんとは、パソコン購入のことでメールのやり取りは幾度となくしており、
しかし、会うのはこれで2度目。 実際に会ってみて、色々と話をして分かった
ことは、相当なメリディアン好き... 現在、スターウッド・ホテル&リゾート
向けの会員プログラム、スターウッド・プリファード・ゲスト (SPG)
のプラチナメンバーだ、とのこと。

興味のない人にとっては、、、何のこと?? かも知れないが、SPGのプラチナ
ステータスを獲得するには、メリディアン、シェラトンといったグループ内の
ホテルを年間25回以上 (もしくは50泊以上) しなければならず、かなり
ハードルが高い。

私も以前、ブログで、高級ホテル のメンバーカードのことを書いており、
上級メンバーになれれば良い... とは思っているが、飛行機関係の出費
だけで、(金銭的に...) 手一杯で、ホテルにまで手が回らないのが現状。

ホテルについては色々なコダワリがあるだろうが、今の私としては、
ネット系格安ホテルサイトで、その都度、予算と場所を見比べながら...
泊まりたいホテルを選ぶしか仕方ないのだ。

ということで、私が宿泊したのではないのだが... Nさんが宿泊した
メリディアン・チェンマイのホテル写真です。

( ↓ ナイトバザールに隣接するル・メリディアン・チェンマイ。 )
1-メリディアン・チェンマイ 000a

( ↓ 正面から撮影。)
1-メリディアン・チェンマイ 000b

( ↓ クラブルーム宿泊者&上級メンバー? が利用できるラウンジ。)
1-メリディアン・チェンマイ 001

( ↓ ここでいただきました無料の... アフタヌーン・ティ。
    ごちそう様です。)
1-メリディアン・チェンマイ 002

( ↓ Nさんは上級メンバー特権でアップグレードされて、ロイヤルクラブ
    ルームに宿泊されました。 )
1-メリディアン・チェンマイ 003

( ↓ 部屋に通じる廊下。)
1-メリディアン・チェンマイ 004

( ↓ これがロイヤルクラブルームの角部屋です。)
1-メリディアン・チェンマイ 005a

( ↓ 別角度で撮影。 図々しく... 何枚も撮影させてもらいました。
    メリディアンだけあって、ブラウン系で統一された上品な色使いの
    部屋です。)
1-メリディアン・チェンマイ 005b

( ↓ 実際の撮影日は4/12なのだが、この日、日本の東北地方では未だ
    大きな余震が起きていました。 大画面でNHKプレミアム観れます。)
1-メリディアン・チェンマイ 005c

( ↓ 部屋からの眺望です。 ドーイステープ・ビューです。)
1-メリディアン・チェンマイ 005d

( ↓ ベッドルームです。 ソファーがたくさんあります。)
1-メリディアン・チェンマイ 006

( ↓ お風呂からもチェンマイの景色が観れます。)
1-メリディアン・チェンマイ 007

( ↓ コーヒーメーカーもあります。)
1-メリディアン・チェンマイ 009

( ↓ エレベータフロアーからの風景。 近くにあるロイヤルランナー・ホテル。)
1-メリディアン・チェンマイ 011

このル・メリディアン・チェンマイだが、オープン当初はかなり強気で、
現地の旅行代理店でも1泊・8000バーツという値段がついていた。
しかし、チェンマイのホテルは供給過剰であり、市場原理に従って徐々に
価格が下落。 色々なサイトで検索して見ると分かるが、、それほど、
めちゃくちゃ高価なホテル、という訳ではない。

でも、写真のロイヤルクラブルームだと、無料でアップグレードして
もらえれば良いが、ちょっと自腹ではキツイかな~、という感じですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

もうすぐタイで総選挙

タイでは、約3年半ぶりの総選挙が来月7月3日に行われる。 このため、
チェンマイの街中では多くの候補者の選挙看板が目立っている。
今回の選挙は、現政権のアピシット首相率いる “民主党 (พรรคประชาธิปัตย์)” と、
野党・タクシン元首相派の “タイ貢献党 (พรรคเพื่อไทย)” との戦い。

事前の世論調査では、野党・タイ貢献党の優勢が伝えられ、現政権の与党を
支持するデモ団体 「民主主義のための市民同盟(PAD)」(=黄色シャツ隊)
では、(勝ち目がないとして?) 選挙のボイコットを呼びかけているのだとか。 
選挙をボイコットして、民主主義を訴えるとは、、、 進歩的社会人の考えは
良くわからない。

タイの政治の話は微妙なので... このくらいにして、後は写真をどうぞ。

( ↓ おまけ画像。 2008年にバンコク・スワンナプーム国際空港を
    占拠する、「民主主義のための市民同盟(PAD)」 のご婦人方 )
1-選挙 77

( ↓ 昨日のチェンマイ市内。 道路沿いに選挙ポスターがずらり。)
1-選挙 0

( ↓ 投票番号1番・野党 「タイ貢献党」 の党首であるタクシン氏の実妹・
    インラック・シナワット女史 (左側) とともに並ぶ、候補者の
    タッサニー女史。 )
1-選挙 1

( ↓ 右側に少し小さく見えるのが、投票番号10番・政権与党 「民主党」 の
    候補者・ウィパーワン女史の選挙看板です。)
1-選挙 2

( ↓ 「民主党」 の候補者・ウィパーワン女史の右隣に並ぶのが、
    あのアピシット首相です。 そして、この政権与党の候補者の看板だが、
    ここだけではなく、あちらこちらで引き裂かれてボロボロに... 
    ここでは、10番の投票番号が見えなくなってます。)
1-選挙 4

( ↓ どうも攻撃の矛先は、民主党候補者ではなく、首相のよう。
    アピシット首相の顔がえらいことに... ちなみに、投票番号1番
    のタイ貢献党の看板が破られているのは1枚もありません。 
    チェンマイの有権者の意向が反映されているような光景?? )
1-選挙 5

( ↓ バンコクで風俗店経営のチューウィット氏・投票番号5番です。 
    この人、チェンマイとは何の関係もありません。)
1-選挙 6

( ↓ 投票番号21番・プラディット氏は、1台目の車購入に10万バーツの
    値引きを約束...  すごい公約だこと...)
1-選挙 7

なんだかんだで、選挙の後、ひと騒動起きなければ良いのだが...


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

日本帰国 (1) “北海道に行く”

先月5月の下旬に、日本帰国しましたので、そのときの写真です。
期待しないで読んで欲しい。

フツーならば、バンコク~成田/羽田経由で、いきなり大阪に行くのだが、
そのまま行ったのでは、なんだか面白くないので... 北海道の千歳を
経由して、大阪に行くことにした。

なんで、千歳経由で大阪なのか?? と思うだろうが、深く考えなくてもよろしい。
一言で言えば、マイルとのためと、期限切れが近いANAのeクーポンを使って
しまうためだ。 

ということで、代わり映えしない 「チェンマイ~バンコク~羽田」 は
省略して、いきなり、羽田空港から、はじまりです。

( ↓ 羽田~北海道・千歳までは、エアードゥーで行きました。 エアードゥーに
    搭乗するのは今回が初めて。 機体はB767-300型機、かなりの
    経年機でボロボロ。 )
1-北海道1

( ↓ タイでは、昔から使用可だけど... 日本では、規制が緩和されて、
    搭乗時、扉が閉まるまで、カメラ・携帯電話使用可となりました。 
    エアードゥーの搭乗時の機内風景です。 実は、この日、ANA便が満席
    だったので、 エアードゥーにしたのだが、この便はかなりの空席があり、
    人気なしのよう。)
1-北海道2

( ↓ 飛行中です。 事前に飛行ルートを確かめ、天気が良ければ、福島原発を
    空から眺めることができるか... と、わざわざ右の窓側に座ったのだが、
    本日、薄曇りで何も見えず。 ) 
1-北海道3

( ↓ その後、本曇りで雲しか見えず。 窓ガラス汚いです。 結局、
    千歳までずーっと曇り空で景色は、全然ダメ。)
1-北海道4

( ↓ 天候が悪く、外の景色が撮影できないので...  RAPORA という
    機内誌でもどーぞ。 少しパラパラと見ただけで、、、終了。 )
1-北海道6

( ↓ ボーイング767-300です。)
1-北海道5

( ↓ オニオンスープです。 特に美味しいでもなし...)
1-北海道7

( ↓ 搭乗中、特に、面白いこともなく、、、ほぼ定刻に千歳空港に到着。)
1-北海道8

( ↓ 空港は現在、改装工事中で、迷惑を詫びることなく、こんな宣伝を...
    北海道は25年ぶりだが、千歳空港は、今回が初めて。 初めて見る
    千歳空港は、狭くて、古くて、、、 少々時代遅れ感が漂う感じ。)
1-北海道9

( ↓ 北海道民の誇り、“白い恋人” )
1-北海道10

続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

日本帰国 (2) “ホテルコムズ新千歳” に泊まる

今回の日本帰国・北海道編は何もなく、あっと言う間に終わるので、
期待しないように... クラビ旅行記とは違うのだ。

エアードゥーが到着し、ホテルのチェックインまでに少々時間が
あったので、空港内のレストランで食事をした。 その食事と、
ホテルで撮影した写真をどーぞ。

( ↓ 新千歳空港ターミナルビルの外です。)
1-Chitose 001

( ↓ ターミナルビルから見た駐機場、ANAのB747-400型機です。)
1-Chitose 001a

( ↓ 飛行機の離着陸が頻繁です。 JAL3機、ANA1機、スカイマーク1機です。)
1-Chitose 001b

( ↓ 空港内のレストランです。)
1-Chitose 002

( ↓ この店にしました。)
1-Chitose 003

( ↓ かにちらしです。 後でわかったのだが、カニはロシア産です...
    でも結構なお味です。)
1-Chitose 004

( ↓ 他人が食ったモノなんて見たくないかも知れないが... 
    蟹のアップです。)
1-Chitose 004c

( ↓ 空港内にあるホテルコムズ新千歳です。 エスカレータの上が
    ホテルです。)
1-Chitose 005

( ↓ なんだか圧迫感のあるホテルのフロント。)
1-Chitose 006

( ↓ 部屋に続く廊下。)
1-Chitose 007

( ↓ これが宿泊した部屋です。)
1-Chitose 008

( ↓ 飾り気のないビジネスホテルだが、少し広めのゆったり仕様。
    建物が全体的に湾曲した弓型形状なので、部屋の形もイビツ。)
1-Chitose 009

( ↓ 部屋の窓からの景色は、JALの駐機場ビューです。)
1-Chitose 010

( ↓ JAL3機です。)
1-Chitose 011

( ↓ 飛行機の離陸も見えます。)
1-Chitose 012

このホテル、飛行機が間近に見えるので良いのだが、かなり古く、
フロント前を通過せずに部屋に入れるなど... セキュリティが
悪い印象。 でも、空港内にあるので、早朝出発便を利用する場合など、
便利かも、ですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

日本帰国 (3) “北海道を去る”

ホテルにチェックインした後、しばらくして雨が降り出してきた。
到着していたときから寒いとは思っていたが、夕方になって雨が降り出し、
めちゃくちゃ寒い。

気温はおそらく10℃かそれ以下だと思われ、札幌か、近くの千歳にでも
行こうかとも思ったものの、防寒着も傘もなく、結局、空港から出ず仕舞い...

それに、札幌市街は空港からかなり遠く、JRの運賃が1040円もかかって
しまう。 広い土地がたくさんある北海道で、なんで、こんな辺鄙な場所に
空港があるのかと思いつつ、ホテルに籠ったのでした... 
ブログ読者の方は、なんてツマラナイ旅行って、思うでしょうねぇ。

( ↓ 冷たい雨が降り出してきました。 放射能は含まれているのでしょうか?
    空港の駐車場です。)
1-ちとせくうこう 0

( ↓ 夜9時頃、食事をしようと空港内のレストランに行ったところ、どこも
    閉まっていて、閑散としている。 羽田・成田に次いで、日本で第3位の
    乗降客がある新千歳空港内の店舗がこんなも早く店じまいしてしまうとは... 
    おまけに1階にあったローソンまで閉まっている...信じられない空港。
    結局、唯一開いていたラーメン屋で、食べたくないラーメン・チャーハン
    を食べたのでした。)
1-ちとせくうこう 1

( ↓ 一夜開けた翌日の空港。 部屋から撮影、かなりの雨模様です。 
    昨日より、もっと天気が悪くなっていました。)
1-ちとせくうこう 2

( ↓ ホテル・朝食ビュッフェのレストランです。 宿泊客は日本人だけのよう。)
1-ちとせくうこう 3

( ↓ 私のお食事...)
1-ちとせくうこう 4

( ↓ これもです。 洋食と和食、ごっちゃ混ぜ...)
1-ちとせくうこう 4b

( ↓ 空港内のお土産屋さん。)
1-ちとせくうこう 5

( ↓ 北海道の物産かと思ったら...)
1-ちとせくうこう 5b

( ↓ ロシア産の蟹を使って、札幌で加工しているよう... 
    加工場所が日本なので、日本産ということなのか?? 
    この商品だけでなく、蟹はどれもこれもロシア産です。 
    ちょっとピンぼけ。)
1-ちとせくうこう 5c

( ↓ 10:30AM発の関西空港行・ANA1712に搭乗します。
    何故か、マカオ航空とのコードシェア便です。)
1-ちとせくうこう 6

( ↓ 往路のエアードゥと同じく、搭乗機となるボーイング767です。)
1-ちとせくうこう 7

( ↓ 何故か満席です。)
1-ちとせくうこう 8

( ↓ 雨が激しく振っており、うまく離陸できるか少し心配...
    機内から撮影した、隣に駐機するエアードゥー機。 機体が濡れた
    地面に写し出されて面白い写真かも... この手の写真は窓ガラスに
    ピントがあってしまうことがあるので、少々撮影難し。 )
1-ちとせくうこう 9

( ↓ 定刻で離陸したが、ずーっと曇りで地上が見えず全然面白くない。 
    天気が良ければ、日本海側の海岸線が見えたはずなのだが...)
1-ちとせくうこう 10

( ↓ 普通席だったのだが、プレミアムクラスの“匠味” を予め予約して
    おきました。 きんきん亭の二段重ね弁当です。)
1-ちとせくうこう 11

( ↓ メニュー。 丁度、いい具合のカロリーです。)
1-ちとせくうこう 12

( ↓ 中はこんな感じ。)
1-ちとせくうこう 13

( ↓ おかずをアップで...)
1-ちとせくうこう 14

( ↓ やっと雲が切れて、地上が見えたかと思ったら、もう着陸です。
    写真は徳島付近です。 飛行機は日本海沿岸を南下、岡山・徳島付近
    を通過し、大阪市街を避けるように関空に着陸します。)
1-ちとせくうこう 15

結局、北海道の滞在時間は20時間ほど、こんなのではなく、次回は、
ゆっくりと訪問したいと思いつつ、いつになることやら...
ということで、旅行記にもなってないのだが、北海道編はこれで終り。

でも、日本帰国編はまだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

日本帰国 (4) “阪堺電気軌道・上町線を撮る (前編)”  

日本の一部の都市には 昔懐かしい路面電車が未だ残っている。 
いわゆる “市電” と呼ばれるものだが、大阪では市電ではなく、
南海電鉄の子会社となる、阪堺電気軌道の路面電車がある。

沿線の近くに行く機会があったので、撮影してみた。こんな感じ。

( ↓ これが大阪の路面電車です。 阪堺電気軌道“上町線”・
    帝塚山4丁目付近。 上町線は、天王寺と住吉公園の間
    を走っています。)
1-上町線 01

( ↓ 公共の道路上を走っていますが、ここの交通量は少ないです。
    住吉公園行きです。)
1-上町線 02

( ↓ 南海・高野線を跨ぐために、軌道を登ります。)
1-上町線 03

( ↓ 天王寺方面を撮影。 赤信号で停まってます。)
1-上町線 05

( ↓ 紅白塗装のレトロな車両が来ました。)
1-上町線 05b

( ↓ 阪堺線の浜寺公園行き、かなり遠くまで行きます。 
    車両は広告だらけ。)
1-上町線 05c

( ↓ 上の写真の列車と同じ紅白車両だが、赤白反転バージョン。
    姫松駅にて撮影。 左側にかなりレトロな駅舎あり。)
1-上町線 07

( ↓ 姫松駅のなんか感じの良い駅舎。)
1-上町線 07b

( ↓ 紅白列車行ってしまいました。 代わって紫車両が来ました。)
1-上町線 08

( ↓ 紫車両が通過しました。 天王寺行きです。)
1-上町線 09

( ↓ 天王寺行の車両が、道路上の軌道から、専用軌道に入るところ。)
1-上町線 10

( ↓ 専用軌道に入りました。)
1-上町線 11

( ↓ 黄/青塗装の車両とすれ違います。)
1-上町線 12

( ↓ 黄/青塗装の車両が来ました。)
1-上町線 13

次々と電車が来て、きりがないので... 続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

日本帰国 (5) “阪堺電気軌道・上町線を撮る (後編)”

電車に興味のない人は、今回の話題はいまいちなのだが、
せっかく写真を撮ったので、見て下さいね。

帝塚山近辺の写真を撮影した後、北畠駅から、電車に乗り、
天王寺駅前に向かった。 こんな感じです。

( ↓ 北畠駅から乗りました。)
1-Uemachi 002

( ↓ 日中は6分おきに運行されており、ほとんど待ち時間なしで、
    乗ることができます。)
1-Uemachi 003

( ↓ ただ今、接近中のこの紫車両に乗りました。)
1-Uemachi 001

( ↓ 社内風景です。 本当は前方の景色を撮影したかったのだが、
    おばちゃんが陣取って... 仕方なく後方からの風景を
    楽しむことに。)
1-Uemachi 004

( ↓ 後ろからの撮影です。 ただ今、専用軌道を走行中。)
1-Uemachi 005

( ↓ 再び、通りに出ました。 ここの辺りの交通量はかなり多いです。)
1-Uemachi 006

( ↓ 終点の1つ手前の阿倍野駅を通過しました。車は線路内に
    侵入禁止なので、電車はスムースに走行できます。)
1-Uemachi 007

( ↓ まもなく終着駅の天王寺駅です。)
1-Uemachi 009

( ↓ 最後、線路は1本になります。)
1-Uemachi 010

( ↓ ただ今、乗車した紫車両です。)
1-Uemachi 011

( ↓ 終点駅を上から見るとこんな感じ。 この駅の名称は、なんか変だが...
    「天王寺駅前」 駅と言い、JR天王寺駅の前にある駅と言う意味だ。)
1-Uemachi 012

( ↓ 先ほどの紫電車、出発しました。)
1-Uemachi 013

( ↓ 続いてやって来た紅白列車とすれ違います。)
1-Uemachi 014

( ↓ 紅白列車、終着駅に接近中です。)
1-Uemachi 015

( ↓ しかし、、、赤信号に引っ掛かり、停車中...)
1-Uemachi 016

( ↓ 徐々に、終着の天王寺駅前に接近...)
1-Uemachi 017

( ↓ ポイント通過中... 感動の瞬間です。)
1-Uemachi 018

( ↓ ポイントを通過し、天王寺駅前に入線します。)
1-Uemachi 019

( ↓ 無事、入線完了でーす。)
1-Uemachi 020

( ↓ 天王寺駅前駅の正面です。 地下につながってます。)
1-Uemachi 021

ということで、阪堺電気軌道・上町線を撮る、2話完結です。
でも、日本帰国編はまだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

日本帰国 (6) “なんばグランド花月前を通過する”

今回の日本帰国は帰省であるので、特にこれと言った話題もない。
前回掲載した上町線に乗ったことと、その後、大阪ミナミの難波に行ったくらい。
その難波で撮影した写真がこれだ。

( ↓ 大阪難波にある、吉本興業のなんばグランド花月。 この前は良く通り、
    通る度に、出演者のパネルを眺めるのだが、一度も中に入ったことなし。
    お客は、大阪観光の団体さんが多い、感じ。)
1-yoshimoto 01

( ↓ ゆるキャラもいます。 池乃めだか、かも...)
1-yoshimoto 02

( ↓ 桂三枝かも...)
1-yoshimoto 03

( ↓ 出演者の紹介パネルです。 大御所が多数出演。)
1-yoshimoto 04

( ↓ はんにゃ、しずるも出演するよう。)
1-yoshimoto 05

( ↓ お馴染みのたこ焼きだが、ソースのぬりが足りません。 でも、
    美味しいです。)
1-yoshimoto 06

( ↓ ケーキ類は大好きなのだが、タイでは、どこも不味いので、ほとんど
    食べることがない。 日本のケーキはどこで食べても美味しい。
    これはサンマルクカフェの安もんシュークリームだが、こんなんでも、
    凄く美味しい。 それに、タイのコーヒーは、めちゃくちゃ不味いのに、、 
    日本のコーヒーは、どうしてこんなにも美味しいのか... )
1-yoshimoto 07

何も話題がないけど、、、まだ、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する