FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

SAME・SAME とは?

大した話でもないのだが、下 (↓) の写真は、チェンマイ・ナイトバザールで
販売されている、“SAME・SAME” Tシャツである。

1-T shirts 001

日本語に訳せば、“同じ・同じ” と言うこのなのだが、ここで
注目しなければならないのは、“SAME” ではなくて、
“SAME・SAME” とプリントされていることである。

何故、“SAME” を2回繰り返すのかと言えば、それは、
タイでは、形容詞/副詞を2回繰り返す習慣があり、タイ語の特性を
真似ているのだ。 

例えば、“良い” をタイ語で “ディー” と言うが、“ディー” だけではなく、
“ディ・ディー” と2回繰り返す。 レック (小さい) であれば、
“レック・レック” と2回繰り返す。 別に1回でも良いのだが、
何故か2回繰り返すのだっ。 

昔々、学校でタイ語を勉強していたとき、タイ人の先生に、
“レック (小さい)” と、“レック・レック (小さい・小さい)” とは、
どちらの方が小さいのか? と質問したことがある。

私としては、2回繰り返す、“レック・レック (小さい・小さい)” 
の方が、1回だけの “レック (小さい)” よりも小さいと
思っていたところ、その先生は、返答に困ってしまい、即答せず、
「次の授業までに調べておきます」、と言って回答はお預けとなった。

が、その先生は、次の授業でも、その次の授業でも答えず、
しかし、このことについて、私が何度も聞くものだから、
最後には怒り出してしまった... このとき、私は、タイ人に、
分からないことを、しつこく聞いてはいけないことを学習したのであーる。

この人は、タイ語を学術的に勉強したかなりハイレベルな先生で、
この先生が答えられないものを、(適当なことばかり言う) 他のタイ人が
分かるはずもなく、それ以来、私はこの疑問を封印している。

この “SAME・SAME” Tシャツを観て、そのときのことを
思い出すのだ。

(↓チェンマイ・ナイトバザールのTシャツ屋さん)
1-T shirts

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト



ゴミを取り合う

だいぶ前に、アパート内で働くメーバーン (掃除婦、お手伝い・女中) が、
ゴミ資源を取り合っている ことを書いたのだが、今日は、そのこと。

ゴミ資源を取り合うのには、それが 「売れる」 という理由がある。
タイ人の中には、道に置かれたゴミの中から、売れるものだけを
選び出して回収することで生計を立てている人もいるくらいだから、
まとまった数量になると、そこそこの収入になるのであろう。
アパートで働くメーバーンも副収入を稼ぐために、このゴミ資源を集め、
売りに行く。 メーバーンは何人もいるので、そのお金になる限られた
ゴミ資源を取り合っているのだ。

どのようなゴミがいくらで売れるのか、詳しくは分からないのだが、
見ていると、明らかに人気のあるゴミがある。 それは、下の写真の
ペットボトル。 私が、中身を飲んだ後のペットボトルをゴミ箱に
入れると、10分もしないうちに、これがなくなる。 
誰が持ち去っているのか、現場で張り込んでいる訳ではないので、
定かではないが、直になくなるのは事実である。

ゴミ箱の中には、空き瓶、空き缶、牛乳・ジュース紙パックなどの
お金になりそうなゴミもあるというのに、これらはあまり見向きもされず、
ペットボトルだけが抜き取られる。

私は、基本的には、ペットボトル入りの飲料水しか飲まないので、
1週間でかなりのペットボトル・ゴミが排出され、これがそんなに
高く売れるのなら、私も売りに行こうか... と考えたくなるのである。

(↓スーパーで売られるシンハーの6リットル・ペットボトル水。
  特に、大きなペットボトル・ゴミは人気が高い。)

1-nam

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ


韓国に負けるなっ

昨夜、暴行事件を起した市川海老蔵の記者会見が行われたが、
その後のNHK・ニュースウオッチ9では、これをトップニュースで放送。
別に放送して悪いわけではないが、NHKが何もこのニュースを
トップで扱うことはないだろう。 いつから、NHKの看板ニュース番組は
3流ワイドショーになったのか、と言いたい。

それはさておき、タイ全土でそうだろうが、チェンマイでも韓国製品が
満ち溢れている。 携帯電話も、TVも、デジカメも、白物家電も、
“サムスン”、“LG” でいっぱいだっ。

SONY、パナソニック、東芝といった日本メーカーのものもあるが、
完全に価格で負けている。 日本ブランドが韓国ブランドの価格を越える
品質があれば、高くても日本メーカーのものを買ってもらえるだろうが、
品物を見る限り、それも感じられない。 それどころが、韓国製のブランド
イメージ&品質は良く、わざわざ割高な日本製を買う理由は見当たらない。
日本びいきの私でさえ、価格の安さに引かれて、韓国ブランドを
選んでしまうほどである。 

いつから、日本企業はこんなにダメになってしまったのか?
私がタイに住み始めた頃、家電と言えば “日本ブランド” 以外、
考えられなかった。 日本以外では、フィリップス製とか、聞いたことない
訳の分からないメーカーが多くあったが、全然ダメ。 
品質は、日本ブランドの足元にも及ばないものだった。

しかし、今、タイの状況は、昔と全く変ってしまった。
店で売られる商品は、明らかに日本企業の怠慢と、韓国企業の努力の結果を
示すものである。 チェンマイで日本企業の凋落を見て、お先真っ暗な気分
になるのであーる。

(↓お堀沿いに移転したチェンマイの大型家電販売店・サイアムTV)
1-Korea 05

(↓サムスンの携帯電話。ノキアがトップシェアだが、これも韓国勢に
  押され気味。 昔、パナソニックの携帯電話もあったが、
  消滅してしまったのか、チェンマイでは全く見ることができない。)
1-Korea 01

(↓デジカメもサムスン。 日本製の3割安といった感じ。)
1-Korea 02

(↓サムスンのプラズマ、LED液晶テレビのコーナー。隣にSONYの
  ブースもあるが、価格が高くて韓国製と勝負できない。
  サムスンの55型・LED液晶テレビで、79990バーツ(約23万円) だが、
  高いのか安いのか? この手のモノは日本で購入した方が安いかも...)
1-Korea 03

(↓お堀沿いにあるLG電子の営業所。)
1-Korea 04

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

韓国に負けるなっ (おまけ編)

昨日は、韓国製品について書いた。 家電では韓国製品が勢いを
増すものの、食品では日本食が圧倒的な優位にある。

日本米、日本のインスタント食品、味噌・醤油などの調味料も、
スーパーでフツーに販売されている。 
しかし、私が良く行くリムピンスーパーでは、日本食品のコーナーの中に、
韓国のインスタントラーメンも混ざって置かれている。

タイ人にしてみれば、日本も、韓国も同じようなものなのかも
知れないが、その中に、特別に注目を引くモノがある。
それが、コレ............           (↓) である。
2-Korea 01

よく分からないかも知れないので、それだけ取り出してみると、
コレ (↓) である。
2-Korea 02

その名を、「スパゲティ・ラーメン」 だっ。 
イタリアのスパゲティと、日本のラーメンの合体品だが、何故か、
ハングル... もう、むちゃくちゃな状況である。
とは言っても、興味があるので、購入して食べてみたが... 
不味くはないが、美味しくもなく、ビミョーな感じ... キムチ味ではない。
もう、これ以上、韓国に先を越されないよう、日本の食品メーカーも
頑張ってもらいたいものであーる。

(↓チェンマイ・ナイトバザールで販売されるサムスン・Tシャツ。
  SONY・Tシャツもあって良さそうだが、見当たらない。)

2-Korea 03

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

高級ホテルの上級メンバーになりたい

個人的な趣味の話だが、私はインターネットのホテルサイト、
旅行・ホテル関係のサイトを見るのが好きである。
適当に宿泊日を入れてみて、意味もなく、その日の宿泊料金を
確認したりしている... 

ホテルと言っても安モンクラスではなく、世界的にチェーン展開
している高級系ホテルであり、また、このような高級ホテルチェーンでは、
メンバーズカードというものがある。

例えば、シェラトン・ウエスティン・メリディアンなどのスターウッド
(SPG)、インターコンチネンタル・ホリデーイン・ANAホテルなど
のプライオリティクラブ (PCR)、ヒルトン・コンラッドなどの
ヒルトンHオーナーズ、シャングリラ・トレーダースなどのゴールデン
サークル、といったのである。

これらホテルのメンバーとなるには基本的には無料であり、宿泊数、
支払い金額に応じたポイントが加算され、そのポイント獲得数により
メンバーのステータスが上がる仕組み。 
しかし、ここでポイントとして加算されるのは、ホテルのウエブサイト
から直接予約した場合などの加算対象の宿泊料金に限り、AGODA,
EXPEDIA などの格安ホテルサイトからの予約は対象外。 

つまり、メンバーになるだけだと簡単なのだが、ポイントを貯めて、
上級会員になるのは、ホテルサイトを経由した割高な宿泊料金を
支払わなければならない。 元々の値段が高い上に、割高な支払い
となって、相当な出費となる。 

そして、世の中には、優雅な人もいるもので、メンバーの上級ステータス
を得るために、わざわざ割高なポイント加算対象料金で宿泊してポイント
を稼いでいる、ことをしているのだ。 また、ホテルが不便な場所にあった
としても、メンバーであるという理由で、わざわざその不便なホテルを
選んだりもしてくれるのだから、上客というのは有難いものだ...

ホテルメンバーの上級会員になれば、部屋のアップグレード、無料宿泊、
レートチェックアウトなどなどの素晴らしい... 特典があって良いのだが、
その特典を得るために (又は、他の理由もあるだろうが)、わざわざ
高い料金を払うなんて... という感じ。

航空会社のマイレージを稼ぐための修行と似ており、これと同じでは
ないかと言われれば、返す言葉もないが、趣味の分野が少々異なっている...  
なんとも大変な趣味だ、と思いつつ、そのような人達のHPを楽しく
覗き見しているのであーる。

ちなみに、私は見ているだけで、どこの高級ホテル系のメンバーに
もなっていない。 ちょっと手が出ない高級な趣味なのであーる。

(↓ヒルトングループに属するバンコクのコンラッドホテル (左の建物)。
  1泊2万円~ くらいだろうが、日本のヒルトンでの宿泊を考えれば
  安いかも...だっ。)
1-Hotel

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

“ダイエットに王道なし” だって...

この前、日本のテレビを観ていたら、作家の林真理子が出演していた。
彼女が言うには、これまで、お金をかけて様々なダイエットをしてきたが、
失敗の連続で、最終的に、“ダイエットに王道なし” との結論に至った、
のだとか。 

私はそれほど、肥っているとも言えないのだが... 体重の増加に対しては、
警戒心を抱いている。

以前のブログにて、8月末の健康診断 で、コレステロールと血糖値が
高いことが分かった、と書いたのだが、このとき以来、サボり気味だった
ランニングを真面目に復活させている。 今も、1週間に3~4回の頻度で、
毎回、5キロのランニングを続けているのだーっ。 
これは生活の一部になりつつあるので、林真理子の 
“ダイエットに王道なし” を今の私は実践している (はず?) だっ。

そして、最近ではさらに加速して、食べ物のカロリーも気にしている。
以前は、カロリーを気にしていなくはないが、それほど、真剣に考えて
いなかった。 しかし...今では、これが何カロリー、これが何カロリーと
いうように食品のカロリー表も見ながら、確認する日々... なのだが、
これで意外なことを発見した。 

それは、タイのお菓子類には、カロリー表示がないのだ。
日本の食品には、カロリー表示が義務付けてられているのか、様々なモノに
示されている。 しかし、タイでは、そんなもんに誰も関心がないのか、
成分表示のみ。 

別になくても、高カロリー食品かどうか、ちょっと考えれば分かるから
良いのだが...  こんな感じだっ ↓

(↓ ロータスエクスプレスの菓子パン売り場)
1-Okashi

(↓ 菓子パンも成分表示のみ、卵28%、砂糖13%、小麦粉11%・・・)
1-Okashi 60

(↓ これも同じく、カロリー表示なし。 ケーキ・ロールレモンだ。 )
1-Okashi 2

(↓ 日本のチョコレートもあります。 リムピンスーパーにて。)
1-Okashi 3

(↓ 森永の板チョコ、さすが日本製。 “ひとかけら20キロカロリー” 
   だって... かなり親切な表示... )
1-Okashi 4

(↓ おまけ画像の “日清天ぷら・どんべい” 1食:466キロカロリーと
   かなり高カロリー... 実は、インスタントラーメン類がこんなに
   高カロリーだなんて、知らなかった... 1日1700キロカロリー
   (=私の場合) なので、これ1つで1日分の3割弱摂取することに... )
1-Okashi 6


それから、2回前のブログで書いた韓国製のスパゲッティ・ラーメンだが、
この袋の裏には、“575キロカロリー” の表示あり。 もの凄い高カロリー。
もう1つあるのだが、食べるのやめようかな... だっ。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

高カロリー食品を食べる

前回は、私が、“ダイエットの王道” を歩んでいることを書いた... 
のだが、実のところ、たびたび踏み外している。
ここのところ、高カロリーのタイ料理を良く食べているのだ。

走ることでカロリーを消費しているという安心感があり、少しくらい
食べても... という欲望に打ち勝つことができない。

その良く食べるタイ料理とは下の写真の2品目。
その① は、“カオマン・ガイヤーン” (↓)である。 
1-TH food 2

フツー良く食べられるのは、鶏がらスープで炊いたご飯の上に蒸し鳥を
載せる、いわゆる “チキンライス” (カオマン・ガイ) だろうが、
これは鶏がヌルヌルしていて、あまり好きではなく、“焼き鳥” にして、
少しカリカリになった、上の写真の “カオマン・ガイヤーン” を好んで
食べている。 ご飯が美味しいので、少し大盛りにしてもらって... 
恐らく800キロカロリーはあるのではないかと推測される...

次に良く食べるのは、下の写真 (↓) の “パッタイ・ホーカイ” だ。
米麺を炒めて卵で巻いただけの単純な料理だが、これが料理人によって
結構、上手い・下手がある。 もちろん、私が食べるのは美味しい店だが...
何度食べても飽きない。 これも勿論、相当な高カロリー食品だが、
身体に悪い料理は美味しいので、なかなか、やめられないのだ。

(↓ これが、“パッタイ・ホーカイ” だ。卵の上に掛かっているのは、
   ピーナッツを潰したモノ)
1-TH food

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

【またラオス・その1】 “寒い北タイ&東北タイ”

タイの滞在期間延長のために、再び、ラオスの首都・ビエンチャンに
行った。 また、ビエンチャンなのか? と思う人もいるだろうが、
それは私も同じである...

それにしても、ここ数日のチェンマイは寒い。 シャワーの温水器は
パワーを最大にしても生ぬるく、シャワーを浴びるのが苦になるほど。
半袖でではとても耐えられず、少し着込んでの外出となった。 
着込むと言っても、長袖シャツ+ウインドブレーカーを着る程度だが...

そして、その 「寒い」 温度は、何度かと言えば、「22℃」 である。
22℃... 何かの間違いではないかと思う人もいるかも知れないが、
間違いではない。 私の持っているデジタル温度計が値を示している。

日本では考えられないような、寒さ... タイに住んで、身体の
温度を感じる感覚が麻痺しているのか...寒いものは仕方がない。

ということで、前回と同じチェンマイ・アーケードバスターミナル発、
ウドンタニ行きの夜行バスで出発しました。

(↓ また、このバス... 定刻より20分遅れの20:20PMに発車。)
1- Bus (cnx-udon)

(↓ 今回は途中で故障せずに、翌朝、無事にウドンタニバスターミナルに
   到着しました。 到着時間は、8:50AM。 12時間以上かかった
   のだが、もうシンドイので、このバスは今回の乗車で最後にするつもり。)
1- Bus (cnx-udon) 2

(↓ 今回は鉄道で、ラオスとの国境の街、ノンカイまで行こうと思い、
   ボロボロの... トゥクトゥクにて、国鉄のウドンタニ駅まで
   移動することに。 ビエンチャンと同じような車体のトゥクトゥクだ。)
1- Bus (cnx-udon) 3

(↓ ウドンタニ・バスターナル出発、トゥクトゥクの中から撮影。)
1- Bus (cnx-udon) 4

(↓ ウドンタニ駅に向かって走ります。 ちなみに、このときの
   ウドンタニの気温は、20℃だ。 チェンマイよりも冷え込んでいて、
   もっと寒い... 運転手も着こんでます。)
1- Bus (cnx-udon) 5

20℃で、「寒い、寒い」 と書いているが、本当に寒い。
このとき、私は、さらにもう1枚、薄いセーターまで着たのだが、
それでもまだ寒い。 トゥクトゥクに乗車中、風が吹き付けるので
余計に寒く感じるのだ。 この前、日本に帰ったときに、ユニクロの
ヒートテックを買っておけば良かったと、少し後悔だ...

続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

【またラオス・その2】 “ウドンタニ駅に行ったのだが...”

トゥクトゥクに乗ってウドンタニ駅に 9時15分AM に到着した。 
列車の発車時間は、8時50分AMであり、既に 30分ほど過ぎているのだが、
タイの長距離列車は時間通りに走ることはなく、必ず遅れるので、
きっと間に合うだろうと思い、駅に向かったのでありました。

しかし、駅員の話によれば、列車は 30分どころの遅れではなく、
2時間遅れの11時AMくらいに到着するだろう... とのこと。
私の予想を遥かに上回る遅れ... タイ国鉄を少し甘く見過ぎていたと、
改めて感心した。

ということで、長距離バスに長らく乗って疲れていたので、列車での移動を
あっさり断念... 11時に来るという保証もないので、車で行くことに。 
今回のラオス旅行の見せ場だったのに... 期待外れですまぬ。 
まあ、タイですので、、、 こんなこともあるでしょう。

ということで、ウドンタニ駅 (↓)を撮影しました。

(↓ 駅正面から撮影)
1- Udon station 01

(↓ 切符売り場)
1- Udon station 03

(↓ 下から4段目の133号列車に乗車する予定だったのだが...)
1- Udon station 02

(↓ 誰もいない寂しい駅)
1- Udon station 04

(↓ 真っ直ぐな哀愁漂う線路)
1- Udon station 05

(↓ 機関車が1台、停車中)
1- Udon station 06

(↓ 駅からウドンタニの街を撮影)

1- Udon station 07

続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

【またラオス・その3】 “仕方なく白タクに乗る”

列車が来ないウドンタニ駅で、さてどうしようかと思っていたところ、
一人の無許可営業の白タク運転手が声をかけてきた。

待ってましたと、近づいてきて、「タイ・ラオス国境橋に行くのなら、
900バーツですよ、ヒヒヒ」 という感じで話しかけて来た。
実際は、“ヒヒヒ” とは言わなかったが、完全に足元を見ている価格だっ。

しかし、ウドンタニはだだっ広い街で、これからバスターミナルに
移動するにしても、費用と時間がかかり、すぐ近くに、ラオス行きの
国際バスがあることも知ってはいたが、これには乗りたくなし... 
タクシーもどこに行けば捕まるのかも分からず... ということで、
私としては選択肢がない。

他にタクシーがあれば値下げ交渉もできるのだが、今あるのは、
この白タク1台だけ。 前回は600バーツで、タイ・ラオス国境橋まで
行ったのだが、今回もこの値段で... と思っていても、この白タク
運転手は全く値下げ交渉には応じない。

なんだかお金に困ってそうな運転手だったので... 仕方なく言い値で、
タイ・ラオス国境橋へと向ったのでありました。 まあ、一度歯車が
狂うとこんなもんなのでしょう。

(↓ タイ・ラオス国境橋があるノンカイへと続く上下4車線の幹線道路)
1- Shro-taku 01

(↓ まもなく、国境橋に到着します。)
1- Shro-taku 02

(↓ 目の前にあるのが、その国境橋のイミグレ&通関ゲート。)
1- Shro-taku 03

(↓ これが、そのボッタクリ白タク。 ホンダ・シティだっ。)
1- Shro-taku 04

そして、この運転手、降りるときに、“戻りは電話くれれば、ここまで
迎えに来ますよ、ヒヒヒ..” と言ったのだが、
誰がオマエなんかに頼むものかと、(口には出さず..) 心に思って、
車を後にしたのでありました。 続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

【またラオス・その4】 “ビエンチャンの国賓級ホテルに泊まる”

国境ゲートから、ビエンチャンまでは前回と同じなので、以前の
ラオス旅行記 を見て下さいね。 ということで、再び、ラオスの首都・
ビエンチャンに到着しました。

ビエンチャンで宿泊したホテルは、“国賓級ホテル” であーる。
どこかと言えば、それは、「ラオプラザ・ホテル」
 のことだっ。 
ビエンチャンに良く行く人からすれば、なーんだっ、という感じかも知れない。

ビエンチャンのど真ん中の目立つ場所にあり、一応、5☆なのだが、
今ひとつ、光輝くような、存在感が感じられないホテル。

そして、宿泊した感想は、ありふれた内装&家具、貧弱なアメニティ、
全体的に古ぼけた雰囲気... なのだが、決して悪くは無い。

部屋の清潔度は高く、部屋にいるときの居心地はとても良い、ものがある。
古ぼけた内装がかえって、落ち着いた雰囲気を出していると言っても良い。
また、泊まりたいと感じるホテルであった (←と、久々の褒め言葉だっ)。


(↓ これが国賓も宿泊するというラオ・プラザだっ。金額からすれば、
   もっと高いホテルもあるが、立地を考えれば、ここが一番だろう。
   ちなみに宿泊料金は、朝食付きで115USドルくらい。)
1- Lao Plaza 01

(↓ エントランスの近くから撮影)
1- Lao Plaza 02

(↓ ちょうどクリスマスの飾りが...)
1- Lao Plaza 03

(↓ ロビーを撮影。 フロントは皆、愛想なしで少々感じ悪し。)
1- Lao Plaza 08

(↓ 部屋はこんな感じ)
1- Lao Plaza 04

(↓ 別角度から撮影)
1- Lao Plaza 05

(↓ NHKの 「坂の上の雲」 も観れます。 主役のもっくん。)
1- Lao Plaza 07

(↓ 部屋からの眺め。全5階なので、部屋からの眺めは期待できない。)
1- Lao Plaza 06

ということで続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

【またラオス・その5】 “ラオス・ラーメン食べる”

ラオスに何度も来ているのだが、ラオス料理を食べることはあまりない。
それは、街の屋台を見ても、タイの屋台系料理とあまり変らず、
食べたいという欲求が全く生じない、からである。

しかし、今回は、ラオス人と同じ食事をしてみることにした。
入った店は、下の写真のバミー屋 (ラーメン屋) さん。
かなり繁盛していて、前から気になっていた店で、今回、お昼を
ここで食べることにした。
こんな (↓) 感じ。

(↓店の外観は、ちょっと汚い感じ... でも、ラオスなので仕方ない。)
1- Lao Raman 03

(↓店の入り口で注文します。 「大か、小か?」 と聞かれ、この店では、
  サイズ指定をするのがフツーのよう。 不味くて食べ切れなかったら
  困るので、小サイズを注文することにした。)
1- Lao Raman 04

(↓店内の座席から撮影。 ごくフツーの庶民的な店。)
1- Lao Raman 02

(↓注文したモノが来ました。 “鴨肉入りのスープ・バミー” です。
  味は、美味しいでもなし、不味いでもなしのフツー。 クセのない
  食べやすい味と言えるかも。 私はスープ入りだったが、汁なし・バミー
  を注文している客も多し。 代金は、カルピコと合わせて、20000キップ
 (=213円) です。)
1- Lao Raman 01

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

【またラオス・その6】 “再び、ラオス・ラーメン食べる”

翌日、ラオ・ホテルで朝食ビュッフェを食べた。
楽しみにしていた朝食なのだが、色々と料理はあるものの、
今ひとつ物足りない感じ。 

ラオ・ホテルの宿泊客の中には日本人も数人いて (女性客)、
自身のブログに掲載するためだろうか、写真を撮りまくっていた。 
私も写真を撮るので、人のことは言えないのだが、他人がレストランの
ビュッフェで並ぶ料理を遠慮なくバシャバシャと撮影する姿は、なんとも下品... 
この下品な... 宿泊客のお蔭で、、私は、少なめの撮影しかできなかった... 
ラオ・ホテルの朝食ブッフェは、↓ こんな感じ。

(↓ レストランです。)
1-BF2

(↓ 多数料理が並ぶが、今ひとつ食欲沸かず)
1-BF.jpg

食事の後、少しビエンチャンの街を散歩したのだが、ここで気づくことが...
それは、非常にバミー屋 (ラーメン屋) が多いことだ。 
朝からラーメン... とは、少々もたれそうだが、ラオス人はこんなに
ラーメン好きだったのか、と改めての発見だ。 

ラーメン屋には、クイティアオ (米麺) もあるが、ほとんどの人はバミーを
注文している感じ。 ホテルでの朝食が物足りなかったので、再び、ラオスバミー
を食べてみました。

(↓ フツーの店だが、ここも商売繁盛)
2- Lao Raman 01

(↓ 次々と注文が入り、忙しそう。)
2- Lao Raman 02

(↓ 店内風景)
2- Lao Raman 03

(↓ 調味料もあります。これはタイと同じ)
2- Lao Raman 05

(↓ ワンタン+焼き豚入りバミーの小サイズ (5000キップ=106 54円)。
 ラオスでは、大小を指定するのがフツーのよう。 ちなみに大サイズは、
 10000キップで倍の値段。 味はかなり薄味で、調味料で調整して
 ちょうどと言う感じ。)
2- Lao Raman 04

まだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する