FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

友愛のせいで何もかも無茶苦茶に

何もここで日本の政治の問題を取り上げることもないのだが、、、
少し書くことにする。 それは、普天間基地問題である。 その基地問題の
決着のために、鳩山首相はまもなく沖縄を訪問して、地元の人たちに
説明するらしい...が、一体何を説明するつもりか。

誰も望んでいない、“徳之島へのヘリ部隊の移転”、“辺野古沖での
杭打ち方式による滑走路建設” を推し進めるために行くのか? 
沖縄住民・徳之島住民・米軍・連立与党、いずれもが納得していない
腐ったプランを、推し進めてどうするのか? 

この案が受け入れられると思っているとすれば、鳩山首相はかなり頭が
オカシイのではないかと、思う。
“友愛” を考える余り、頭が変になったのだろうか。

(↓こんな人が日本の首相だなんて、、、もう少し頭が良い人かと思った。
  私が説明すれば全てが解決すると思っている、ような感じ。 
  もっとマシな人はいないのか?)
Hatoyama

5月末までにこれら問題を決着できると、今でも鳩山氏は本気に考えて
いるのか? もう無理なのは誰の目にも明らかであろう。そして、
約束の5月末の合意に至らない場合に、昔の時代ならば、“切腹” して
お詫びしなければならないだろうが、近代社会では、自殺を強要する訳には
いかない。

そこで、私は、“切腹” に代わる代替案として、鳩山氏に対して、
「国民の前で土下座して謝罪する」 ことと、「出家して仏門に入る」 ことの
双方を提案したい。 前者は日本の習慣、後者はタイの習慣だが、これくらい
しないと、「国民の理解」は得られないと思うのだが、どうだろう...

(↓私が示す代替案が この 「出家案」 だっ。 これで全てが丸く収まるだろう..)

1-Bousan.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
スポンサーサイト



混乱のバンコクに行く・その1 《チェンマイ出発》

次は、「混乱のバンコク」 シリーズだっ。本ブログを改めて読み返してみると、
私はしょっちゅう旅行したり、出歩いているような感じを与えるが、僅かな日数
の旅行記録を引き伸ばして書いているだけで、日々のほとんどは、ごくごく平凡な
ツマラナイ? 日常である..

今回は 5/3の朝に、飛行機でチェンマイを出発して、その日の夜行バスで
チェンマイに戻るという強行スケジュールでバンコクを訪問した。
本業との関係でなかなか時間的な余裕がなく、また、宿泊すると荷物も増える
ので、こんなスケジュールになってしまった。 今回のバンコク行きの目的は、
“街の視察”。 田舎のチェンマイに居るとバンコクの様子がサッパリ分からず、
ちょっと観てみたい、という、相当な興味本位での小旅行である。

ということで、初回は、お馴染みの飛行機写真。
チェンマイ、朝10時45分発、バンコク・ドンムアン空港行きのノックエアーに
搭乗した。 満席と聞いていたが、キャンセル客が出たのか。実際に搭乗してみると、
最後部は少し空席アリだった。ちょうど、私の隣も空席で、かなりウレシイ...

(↓ノックエアー・B737-400型機。 駐機位置の関係で機体の全景撮影できず。)
1-Nok

(↓最先端部だけ撮影。 機体の下で涼んでいる作業員あり。)
1-Nok2

(↓チェンマイ離陸、本日、北に向けて離陸)
1-Nok3

(↓北に向けて離陸した場合は、南に進路を取るために、離陸後すぐ180°旋回。
  旋回中は、市街地が非常に良く見える。)
1-Nok4

(↓チェンマイの中央を流れるピン川。)
1-Nok5

ということで、続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

混乱のバンコクに行く・その2 《シーロム通りに行く》

ノックエアーはほぼ定刻に、バンコク・ドンムアン空港に到着。
その後、空港に隣接しているウィパーワディ・ランシット通りから、路線運行
しているワゴンカー(ロット・トゥー) に乗車して、戦勝記念塔へ向う。

本日、バンコクは雨模様。 雨が降っているなんて予想もしていなかったので、
いきなりの “想定外” だっ。 また、本日はメーデーの振り替え休日であり、
空港前の道路も幾分、交通量が少ない感じ。

ということで写真をどーぞ。

(↓ノックエアー機は、まもなくバンコク・ドンムアン空港に着陸)
1-Bangkok Trip2

(↓無事、着陸しました。)
1-Bangkok Trip7

(↓ドンムアン空港前のウィパーワディ・ランシット通り。 先日、この辺りで銃撃戦が
  あったらしいが、そのような様子もなく、変わりない景色。)
1-Bangkok Trip3

(↓一路、バンコク市内へ。トールウエイを走るロット・トゥー車内から撮影。 ちなみに、
  空港から戦勝記念塔まで 25バーツ。 乗客は私を含めてたった2人、高速料金&
  ガソリン代を支払ったら、完全に赤字..)
1-Bangkok Trip cc

(↓戦勝記念塔付近で撮影、このとき、BTSが通常運行していることを確認。
  BTSが運行中かどうかも、私は知らないのであった..)
1-Bangkok Trip5

(早く家に帰りたい... と話しているのだろうか? 今回初めて軍人さん↓を目撃。
 戦勝記念塔駅下の遊歩道にて撮影。)
1-Bangkok Trip

(↓バンコクの中心、シーロム通りに入るBTS。サラデン駅で撮影。)
1-Bangkok Trip6


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

混乱のバンコクに行く・その3 《シーロム通り平和維持軍》

飛行機、路線ワゴンカー、高架鉄道のBTSを乗り継いで、5/3のPMに、やっと
バンコクの中心地・シーロム通りに到着した。
休日ということもあって人通りは少ないものの、いつもとそれ程、違った雰囲気
ではない。ただ、これまでになかったのは、やたらと武装した警官、それに軍人が
目立ったことだった。
さしずめ、経済の中心地・歓楽地を守ろうとする “シーロム通り平和維持軍”
という感じである。 こんな↓雰囲気。

(↓休日&異常事態なので、車も、人も少なめ)
1-Silom a2

(↓兵隊さん行進中。 日本在住の方のために注釈を付けると、現在、
  このシーロム地域を制圧しているのは、政府軍&政府管理の
  警察である。)
1-Silom a1

(↓タニヤ通り入り口にて。 鉄条網は、赤シャツ隊が雪崩れ込んで
  来たとき用か?)
1-Silom a4

(↓長袖、防弾チョッキ、重い銃をかついで、、、暑いのに重装備で大変..
  いつでも銃撃戦ができる、という緊迫感ありだっ。)
1-Silom a5

(↓こちらは、警官隊。 軍人よりも軽装だが、でも暑そう。 
  警察官は皆さん、サラリーマンなので、徴兵軍人より年齢層が高い。
  体力的にもキツそうー。)
1-Silom a6

                    (↓整列してます。)
1-Silom a3


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

混乱のバンコクに行く・その4 《ルンピニ公園前に行く》

ルンピニ公園と言えば、、 昔、バンコクに住んでいたときに、会社帰りに良く
ランニングをしていたところなのだが、今は、そんなノン気な状況ではない。
今は、反政府派の赤シャツ隊が占拠している治外法権の地域である。 
睨みあいの最前線がどんな状況なのか、少し見たかったので、訪れてみた。 
↓こんな感じ。

(↓昨日掲載のシーロム通り側から、ルンピニ公園を見る)
1-Silom 01

(↓道路を渡ってみました。 これはルンピニ公園前で、公園内の赤シャツ隊を
  監視する政府・警察隊)
1-Silom 02

(↓ラーチャダムリ通り側から、シーロム通りのドゥシットタニ・ホテルを見る)
1-Silom 06

(↓ルンピニ公園前に積まれたタイヤの山。タイヤの向こう側が、
  反政府の赤シャツ隊陣地。もの凄い数のタイヤ。 こんなに
  たくさんのタイヤ、どこから持ってきたのか。)
1-Silom 04

(↓少しアップにして見ました。ルンピニ公園内から外を監視する
  反政府派・戦士が見える。 赤シャツ隊だが、赤いシャツは
  着ていない模様..)
1-Silom 07

(↓黒い筋が、積まれたタイヤの山。 ラーチャダムリ通りは、
  タイヤで途中から閉鎖されて、先に行くことができない。)
1-Silom 05

(↓ ルンピニ公園前のチュラロンコン病院前。病院を警備する警察隊。
  ここでも整列してます。 病院は赤シャツ隊が占拠している? 
  と聞いていたのだが、そうではなかった。)
1-Silom 03


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

混乱のバンコクに行く・その5 《赤シャツ占領地域に入る》

昨夜は、ギリシャ経済破綻の影響で、米ドル、ユーロ、豪ドル...が大幅安。
ユーロを保有している私は、レートの落下を見ているだけ、気分が悪くなる。
リーマンショック以来の急落だったのではないだろうか。

それはともかく、バンコク紀行の続き。
昨日のブログでは、政府軍・警察と、赤シャツ隊が対峙するルンピニ公園付近の
ことを書いた。 危険なので最初はここまでで終りにしようかと思ったのだが、
BTSに乗車してその列車が、赤シャツ隊が占拠するラーチャダムリ通りの中心に
ある“ラーチャダムリ駅” に停車したところ、、、 結構、ここで乗降する人がいる。
中には、OLっぽい人まで降りている。

当初、赤シャツ隊が占拠している ラーチャダムリ通り&ルンピニ公園には、
部外者は入れないものだと思っていたが、そうでもないらしい。
怖い感じがするが、興味の方が先に立って、そこで、私もここで列車を降りて、
駅の真下にある赤シャツ占領地域に入って見ることにした。
中はこんな感じ↓

(↓ラーチャダムリ駅。 乗降客は、赤シャツ隊のメンバーなのか?)
1-Red Shirts 01

(↓駅は直に閉鎖できるように、部分的にシャッターが下ろされている)
1-Red Shirts 03

(↓駅の上から撮影)
1-Red Shirts 02

(↓下に降りると、いきなり赤シャツグッズ販売店が..)
1-Red Shirts 04

(↓思ったより閑散とした感じ。立ち並ぶテントはお店ではなく、宿泊場所のよう。
  ここにいるときに、赤シャツ隊と政府軍との戦闘が発生すると、外に出れなくなる
  のでは... と考えつつも、更に奥に進むことに.. )
1-Red Shirts 05

(↓なにやら人だかりが..)
1-Red Shirts 06

(↓政治番組を見ていた)
1-Red Shirts 07

(↓休業中のフォーシーズン・ホテル (旧リージェント・ホテル))
1-Red Shirts 08

(↓何故か、バイクタクシー営業中。聞いたところ、裏手にあるランスワン通り
  に抜けられる、とのこと。 この近辺には高級マンションがたくさんあり、
  良く見ると、そこの住民であろうファランもフツーに道を歩いている。
  ここは、閉ざされた空間なのかと思ったら、結構、抜け道もあって出入り
  自由な感じ。)
1-Red Shirts 09

(↓救護班だろう。歩く親子連れも赤シャツ隊員なのだろう。)
1-Red Shirts 10

という感じ。 続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

混乱のバンコクに行く・その6 《続・赤シャツ占領地域に入る》

ラーチャダムリ駅近辺の赤シャツ隊占領地域を少し見た後、近くにいた
バイクタクシーに乗って、裏通りのランスワン通りに出ることにした。

この赤シャツ占領地域は、一応、無法地帯なので、突然、政府軍との戦闘でも
始まったら大変.. と思い、もしものために裏道を知っておくためである。
裏道は、車の通行ができない程の細い路地で、本当に “抜け道” という感じ。
長い間、バンコクに住んでいたが、こんな道があったなんて、初めて知った。

そして、ランスワン通りからBTSのチッドロム駅に行き、ここから、再度、
赤シャツ隊の占領地域に入ることに...それから、念を押して言っておくが、
安全第一の方は私の真似をしないようにお願いね。
こんな感じ↓

(↓赤シャツ占領地域、チッドロム側の入り口)
1-AKA Shirts 01

(↓また、中に入ります..)
1-AKA Shirts 0007

(↓ラーチャダムリ側と同じような感じ)
1-AKA Shirts 03

(↓赤シャツ隊員の活躍を報じる写真展・開催中)
1-AKA Shirts 04

(↓休息中の赤シャツ隊員)
1-AKA Shirts 05

(↓インターコンチネンタル・ホテル (休業中) の近く。だんだん人通りが
  多くなってくるのが分かる。)
1-AKA Shirts 06

(↓集会開催中だった.. ゲイソンプラザ近くのラートプラソン交差点にて撮影。)
1-AKA Shirts 07

(↓すごい人..)
1-AKA Shirts 08

(↓壇上の人。誰なのか?)
1-AKA Shirts 09

(↓盛り上がってます。)
1-AKA Shirts 10

(↓特に、コメントなし.. 日本人は見かけないが、ファランの姿はチラホラ)
1-AKA Shirts 11


まだ、続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

混乱のバンコクに行く・その7 《続々・赤シャツ占領地域に入る》

今回も “赤シャツ占領地域に入る”。 またかと思うかも知れないが、現在進行中の
貴重な歴史的画像? なので、皆様に見ていただきたい。
今回のバンコク訪問では実に400枚もの写真を撮影した。 失敗を気にせずに
バシバシとシャッターを切れるデジカメならでは、という感じ。

(↓ゲイソン・プラザ(休業中)前)
1-WTC  01

(↓議会解散を掲げる)
1-WTC  02

(↓セントラル・ワールド前の道路、歩行者天国状態)
1-WTC  03

(↓なにやら行列が..)
1-WTC  05

(↓行列の先頭は “ジュースの無料サービス” だった。 奇妙な緑のジュース...)
1-WTC  04

(↓トイレもあります。)
1-WTC  06

(↓休業中のセントラル・ワールド。)
1-WTC  07

(↓伊勢丹も休業中。不便している日本人も多いことだろう。)
1-WTC  08

ということで、続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

混乱のバンコクに行く・その8 《続々々・赤シャツ占領地域に入る》

この写真を撮影したのは5月3日。 もう1週間前のことがだが、現在も、
赤シャツ隊によるラーチャダムリ通りの占拠は続いている。
政府 VS 赤シャツのどちらが悪いかを語るべきかも知れないが、
これはタイ国民の問題であり、余計なことを語って余計な結果を
招いては何なので、、 部外者の私は、沈黙することとする..  
ということで写真だっ。

(↓バイヨークホテルを背景に撮影。 左右に立ち並ぶのは、赤シャツグッズ
  &食品の販売店)
1-A Shirts 01

(↓ラートプラソン交差点に向けて撮影。こうして見ると、占領地域ではあるが、
  いつもと変らぬタイの日常という感じ。)
1-A Shirts 08

(↓赤シャツ販売。 記念に買っても良いのかも..)
1-A Shirts 03

                     (↓子供、赤シャツ着て、寝てます♪ )
1-A Shirts 02

(↓タクシン氏のCD)
1-A Shirts 04

              (↓アップで)
1-A Shirts 07

(↓一般地域との境界。 タイヤが積まれており、騒動勃発時には閉鎖されるのだろう。
  中に入る人は注意しようーっ。)
1-A Shirts 09

(↓積まれたタイヤ。 プラトゥーナム交差点にて撮影。)
1-A Shirts 06



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

混乱のバンコクに行く・その9 《緊張感の無い風景》

現在も、バンコクでの赤シャツ隊、ラーチャダムリ通り占拠は続いており、
5/13、サラデン交差点では、軍と赤シャツ隊との銃撃戦も行われた模様。
これまで掲載した写真からは想像できないような危険な状況にある。

しかし、私が訪問したときは、“危険” を感じることはなく、どちらかと言えば
平和的ムード。 そのことを示す写真を掲載することにする。

                 (シーロム通りを監視する陸軍兵士↓)
1-BKK Pix2

  (↓良く見ると、緊張感を台無しにするモノが..)
1-BKK Pix

     (↓それがコレ。本当はこれを撮りたかったのだが..)
1-BKK Pix3

(↓銃撃戦があったサラデン交差点にて撮影。 果物を買う警官。別に果物を
  買って悪い、ということはないのだが、何もこんなところで、買わなくても、
  という感じ。)
1-BKK Pix4


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

混乱のバンコクに行く・その10 《フジスーパーに行く》

混乱のバンコクに行く・その7 ” で掲載した写真が正常に表示されない
との指摘がありましたので、調整しました。今度はどうでしょうか?
今もバンコクでは騒乱が拡大しているようだが、本ブログでは一旦、
赤シャツ関連の話題は終了とする。

そして、私はその当日、赤シャツ占領地域から出た後、BTSで
スクムビット33にある日本人御用達のフジ・スーパーへと向った。
折角、バンコクに来たので、日本からの輸入食材でも買って帰ろうかと
思ったためである。

フジ・スーパーに到着して店内を見ていると、気のせいか幾分、混んでいる
ような感じ。 バンコク在住の日本人がスーパーで買い物するとなると、
伊勢丹4階にあるスーパーマーケットか、もしくはこのフジ・スーパーになる
ことが多いであろう。 しかし現在、伊勢丹は、赤シャツ隊の占領により
長期休業状態にあり、このため、かなり多くの日本人客が、このフジ・スーパーに
流れて来ているのだろうな、という感じがする。

赤シャツ隊の占拠のせいで、営業できない店もあれば、反対にその客を
取り込んで繁盛している店もある、ということ。 フジ・スーパーにとっては、
赤シャツ隊の占拠が長引くほど、儲けが増えるのだろう... 
商売繁盛で結構なことだっ。

(↓何もこんな写真を掲載することもないのだが、これがスクムビット33の
  フジ・スーパー。 相変わらず、日本人客で混み合っている。)
1-BKK Pix 1112

(↓フジ・スーパー前の日本食・お惣菜屋さん。 高いのか安いのか?)
1-BKK Pix 1113

(↓このスーパーで売られる日本食材。 桃屋のらっきょう・小瓶が155バーツ、
  日本円で約460円。 何だか凄く高いような..  確かめた訳ではないが、
  チェンマイのリムピン・スーパーの方が安いような気がする。 結局、見ただけで
  何も買わずじまい。携帯電話で撮影したので、少しピンボケですまぬ。)

1-BKK Pix 1114

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

混乱のバンコクに行く・その11 《もうむちゃくちゃ》

本ブログは、現在、タイ・バンコクで発生している動乱を実況中継するための
ものではないが、あまりにもヒドイ状況なので、少しだけ書くことにする。

“ 民主主義を掲げてバンコクの中心部を封鎖してデモを続ける赤シャツ隊 ”
VS “ 赤シャツ隊の排除を図るべく実弾を打ち込んで多数の死傷者を発生
させる政府軍 ”。 どっちもどっちなのだが、もう動乱を通り越して内戦状態
である。 いつからタイはこんな嫌らしい国になったのか? 腹立たしいのを
通り越して悲しい気分である。

チェンマイの今の状況はどうか? と聞かれることもあるのだが、全く平穏。
混乱のカケラも見えない。 チェンマイは、タクシン氏の地元なので、今でも
タクシン支持者だらけ。 皆にインタビューした訳ではないが、チェンマイ県民
の多くが、(口には出さないが) 隠れ赤シャツ派に属するであろう。
言えば、政府派である警官も軍人も、皆、隠れ赤シャツ派である。
一般市民との騒動が起きるはずもなく、平和そのもの。

こんな中、現首相のアピシットが北タイにでも来れば、たちまち騒動が発生する
だろうが、この人が余計な動きをしない限り、チェンマイの平和は保たれるだろう。
↓衝撃の写真は、全てプーチャットカーン誌より拝借した。

             (↓戦いに向うタイ政府軍)
2010-5-16 BKK4a

(↓同じタイ国民に向けて砲撃するタイ政府軍。)
2010-5-16 BKK3

(↓封鎖中の道路。ぺブッリ通り ラマ4世通りだと思われ。)
2010-5-16 BKK4z

            (↓炎上中、もう誰も止められない...)
2010-5-16 BKK2z


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

混乱のバンコクに行く・その12(完) 《チェンマイに戻る》

いよいよ、5/19朝、政府軍は赤シャツ隊の占領地域に侵攻したようである。
その一方で、占領地域以外でも、赤シャツ隊の分子がテロ活動を展開している
ようで、占領地域外に混乱が拡散しただけ、という見方も.. これで一気に
解決なのか?

この “混乱のバンコクに行く” シリーズも、突然に勃発した内戦のために、
なかなか終了できないのだが、今回で一応、完結編とする。
↓ 最後の写真以外は、プーチャットカーン誌より拝借。

      (↓装甲車も出動)
1-AAA3.jpg

                          (赤シャツ陣地に突っ込む装甲車↓)
1-AAA2.jpg

                               (↓燃えるタイヤ)
1-AAA5

(↓煙で前が見えません)
1-AAA7.jpg

          (↓↓↓↓↓↓↓↓↓赤シャツ隊を皆殺しだっ。)
1-AAA4.jpg

         ( 訓練の成果が試される↓ いざ出撃っ!! 命がけだーっ。)
1-AAA6.jpg

( ↓ 日にちがだいぶずれたのだが、一方、私は、タイ輸送公社のバスで
   チェンマイに到着しました。 チェンマイ・アーケードバスターミナルで撮影。
   ということで、とりあえず、バンコク訪問記” は完結です。)
1-Bkk-Cnx5


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

ワートレ炎上

昨夜、バンコク中心部の “セントラル・ワールド” に、赤シャツ隊の
生き残りが放火し、炎上した。 タイに長い人は、“セントラル・ワールド”
よりも “ワールド・トレード・センター”、略して、“ワートレ” と
言った方が馴染みがあるだろう。

その “ワートレ” が激しく炎上し、一部が崩落? したのだが、併設する
日系デパートの伊勢丹には影響が及んでいないらしい。 
しかし、詳細が分からない。

現在、政府がマスコミを統制しているらしく、タイのTVでは、短くサラッと
伝える程度。 タイのTVでは午前中、事件とは関係のないお笑い系の
バラエティ番組の他、国民の一致団結を図る思想番組も放映!! 
惨事へのタイ国民の関心をそむけるかのような、人を馬鹿にした番組を放送。 

昨日のようなリアルタイムの実況中継とは大違い。  こんな中、断続的に
短く流れるタイのTVの報道では、“ワートレ” の被害は一部だけ、、、
と言っているが、本当か?

バンコクに住んでいたときに良く訪れた場所だけに、余りの惨状に、絶句.. 
という感じ。

↓写真はプーチャットカーン誌より拝借。

                       (↓燃えるワートレ)
CW-3.jpg

                   (↓こんなに燃えてどうするの?)
CW-5.jpg

                       (↓すごい煙)
CW-4.jpg

                    (↓伊勢丹は大丈夫?)
CW-14.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

日本帰国する・その1 《タイから逃げる》

かなりブログの日付けと日にちがずれてしまったのだが、セントラル・
ワールドが炎上した直後、私は、タイの混乱を避けるべく日本帰国した..
と言いたいところだが、最初から決まっていた予定なので、バンコクの
混乱とは関係なく “予定通りに日本に帰国した” と言った方が
良いであろう。

帰国日のバンコク発・成田行きANA便は、タイから脱出しようという人が
多く満席。 避難目的なのか、子供連れで搭乗する乗客がやや多いか、
という感じ。 出発当日、チェンマイからバンコクへのタイ航空・国内線が
予定通り運行されるかも心配だったが、これも問題なし。

バンコク空港も正常に機能しており、バンコク中心部の混乱で出された
ばかりの夜間外出禁止令の影響は全くなかった。

(↓ANAのチェックインカウンターは混みあっていたが、それ以外は
  閑散とした雰囲気のバンコク・スワンナプーム空港。 夜間外出禁止令の
  影響か? いつもは長蛇の列の出国審査場も超ガラガラ。)
1-JP01a.jpg

(↓いつものボーイング767-300型機で、早朝に成田空港に到着。 やっと
  平和な日本に帰ってきたという感じ。)
1-JP01.jpg

(↓これもいつものボーイング737-700型機ですぐに関西空港へ、乗り継ぎ
  ばかりで大変。 この便も満席、単通路・小型機での満席はかなり窮屈。)
1-JP02.jpg

(↓国内線の機内で注文したスターバックスのコーヒー。ただ今、キャンペン中に
  つき無料。 このコーヒーについては、飛行機関係の掲示板でずいぶん話題に
  なっていた。 別に、不味いとは思わないが、、お金を出してまで注文する
  かは微妙...)
1-JP03.jpg

続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する