FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

何故、この言葉を繰り返すか?

最近、日本のテレビを観ていて、ヒジョーに気になる言葉がある。
その言葉は、皆、特に意識せずに使っているのだが、気になるのは
その使用頻度。 意味も無く、何度も何度も繰り返し、使われるのだっ。
その気になる言葉とは、、、、“やっぱり” という意味不明な用語である。

多くの場合、自身の意見を述べる場合に使われており、人によっては短い文章
の中に5回、6回と発せられることもある。
“やっぱりですねぇ、えーっ、私の考えとしては、やっぱり、○○の方が良いと
思うのですねぇー” と言うような具合だ。 あまりにも、皆、“やっぱり” を
連発するので、話の内容よりも、“やっぱり” という言葉しか頭に残らない
ことも多い。 元々あまり意味の無い言葉で、ただ単に、間を持たせるだけの
ツナギ用語だと思われるのだが、意味無く連発しないで欲しいと思う。

ちなみに、この “やっぱり (=やはり)” という言葉、富田竹次郎氏の辞書に
よれば、タイ語では、“อย่างที่คาดไว้” と訳される。 が、反対に、
この“ อย่างที่คาดไว้ ” を日本語にそのまま訳せば、“予想したように” となる。 
やっぱり、元の “やっぱり” には戻らないようだ..

(↓ やっぱりアナタは猫なのねぇ.. 言葉の使い方は正しいだろうか? )

1-neko

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト



豆乳が好きだっ

個人的な話で何なのだが、私は、豆腐という食べ物が大変に好きである。
というより、豆腐が嫌いな日本人は少ないのかも知れない。

また、豆腐が好きであることと関係しているのかどうか分らないが、
豆乳も好きである。 日本で豆乳を飲むことは少ないのだが、タイでは、
豆乳屋台があるのでここの豆乳を飲む機会が多い。 私の場合は、
1週間に4~5日は屋台で豆乳を買うのではないか、と思う。 
それ程、美味しいものなのだ。

そして、豆乳も美味しいのだが、それより美味しいのが、豆乳が
煮詰まってできる “湯葉”  である。 日本で湯葉となると、なんだか
高級な日本料理の食材という感じがするが、タイでは全然、高級ではない。
場所によってはタダでサービスしてくれるらしいが、私がよく行く店では、
入れる湯葉の分量によって値段が決まる。

湯葉好きな人は多いらしく、タイミングを逃すとなかなか入手することが
できない。 しかし、タイミングが良いとたっぷりの湯葉を豆乳に
混ぜてくれる。この前は、カップにいっぱいの湯葉を入れてくれたが、
そのときの湯葉の値段は5バーツ、豆乳の5バーツと合わせて計10バーツ。

こんなにたくさんの湯葉を食べて大丈夫か? と心配になる程のすごい
分量だったが、、、どれだけ食べても美味しい、という感じである。

(↓豆乳屋さん、どの店も結構、繁盛している。もう残り少ない。ここでも
  食べることができるが、食器が汚い ので、いつもビニール袋に入れて持ち帰る。)
1-tofu2

(↓パートンゴー、サラパオという揚げパンと一緒に食べる)
1-tofu

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く

特に深い理由もないのだが、諸々の用を片付けるために、
バンコクに行くことにした。
以前より、行こう行こうと思いつつ、なかなかその機会がなく、延ばし
延ばしになっていたのだ。日本帰国でバンコクを経由することはあるものの、
空港でのトランジットばかりで、なかなか街にまで足を運ぶ機会がなかった。

思い起こせば、この前に、バンコクに行ったのはもう1年前
眼の検査で、高いだけでどうしようもないバンコク病院を訪れたときであった。
このときは金で雇われたオババ集団が空港を占拠した時期と重なり、
大変な目にあった。

久々のバンコクであるものの、それ程、のんびりしている暇もなく、
行きは飛行機、宿泊は1泊、帰りは節約して夜行バスとした。
小旅行という感じで、すこしワクワクした気分である。

行きの飛行機は、寸前の予約で最安値 (1990バーツ) のノックエアーにした。
ノックエアーは、一時、海外にまで路線を拡大していたが、不況の直撃を
受けて、あえなく撃沈。今は、本数も少なめとなって、タイ国内線を細々と
運行中である。後は写真をどうぞ。

(↓チェンマイ空港に駐機するノックエアーのボーイング737-400型機、
  なかりボロボロ。)
1-Nok2.jpg

(↓離陸前の機内風景、8割ほどの搭乗率)
1-Nok5.jpg

(↓翼の下の陰で休憩する整備員。その後、写真撮影されたことに気づいたのか、
  急に立ち上がって、どこかに行ってしまった。)
1-Nok3.jpg

(↓やっと離陸しました。)
1-Nok4.jpg

(↓サービスされたソーセージパン、悪くない味。でも、飲み物は全て有料。
  せっかくなので30バーツのホットコーヒーを注文した。)
1-Nok6.jpg

(↓雲が多めだが、揺れもなく快適な飛行。)
1-Nok7.jpg

ということで、次回に続く。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

久々にバンコクに行く・その2

更新が遅れ気味だが、、、 搭乗したノックエアーは、ほぼ定刻に、
ドンムアン空港に到着した。
皆様ご存知の通り、ドンムアン空港はかつての “バンコク国際空港” で、
スワンナプーム空港の開港と同時に廃止となったのだが、その後、
スワンナプーム空港の混雑緩和のために、使用が再開された経緯がある。

しかし、かつての賑わいは無く、閑散としており、いつ再び廃港となっても
おかしくない感じ。 大阪の伊丹空港と同様、市街地に近いために、
非常に便利。 一度、廃港になったときには、もうここの空港に来ることも
ないと思ったのだが、再度訪れることができて、飛行機&飛行場ファンの
私としては、嬉しい気分である。

(↓空港の建物外観。現在使用しているのは、国内線の建物のみ。かつての
  国際線の建物は廃墟になって、ひっそりしている。)
1-Don1

(↓空港に到着したノックエアー機)
1-Don2

(↓現在、この空港を使用しているのは、ノックエアーと、オリエントタイ (ワンツーGO) の
  2社だけ。本日の到着予定。そこそこの便数。)
1-Don3

(↓かつての国際線ターミナル)

1-Don4

ということで、次回に続く。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く・その3

バンコクは北タイに比べて相当に暑い。夏のような猛暑ではないが、
北タイのような寒さは全く感じない。やはり、タイは暑い方が良い。
寒いと、普段の動作まで鈍くなってしまう感じ..

バンコクに滞在2日目の12月5日は、国王の御誕生日であった。この日は、
誕生日をお祝いすることを示すピンクシャツを着ている人が目立つ。 それでも、
セントラルワールド付近をざっと見た感じでは、歩く人の1~2割程度、
という感じだろうか。 良く分らないのだが、何故、この日にピンクシャツを
着ることになったのだろうか?  いつもの黄色シャツだと政治色が強すぎる、
ということか?

このことを私の知り合いのタイ人に聞いたところ、、“これは皆、自主的に
ピンクシャツを選んで着ているのだっ” と言っていたが、そんなことは
ないだろう。 この日のために、大量のピンクシャツを用意できたのは、
当局の指導があってこそだ。

(↓国王誕生日に伊勢丹前で撮影)
1-King birthday

(↓相変わらずの渋滞)

1-King birthday2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く・その4

頑張って、2日分更新しました。。
今回は、AGODAで予約した“センターポイント・ワイヤレス” に宿泊した。
いつもバンコクに用事で来るときには、700バーツ (=1800円) ほどの
安宿に宿泊しているが、今回は1泊だけ、ということもあって少し良いところに
した。良いと言っても、朝食込で6000円 (=2300バーツ) ほどだが..

ここのホテルは、掲示板などで評判が良いので、一度宿泊して見たかったのだが、
部屋のグレードはかなり高い。 室内にティッシュが備え付けられていない、
ことくらいしか欠点が見当たらない。こんな部屋が、6000円だなんて、
何かの間違いでは、、と感じるほどだ.. この付近は、ホテルが林立しており、
これくらいの料金にしないと客室が埋まらないのであろう。後は写真をどうぞ。

(↓入り口。本来、センターポイントは長期滞在用のサービスアパートだが、
  日銭をかせぎたい、のであろう、1泊単位のホテルとしても利用できる。)
1-Cp1

(↓31階建の高層ビルだが、宿泊したのは9階..もっと上層の方が良かった
  のだが、、安い料金で宿泊しているので仕方ない..)
1-Cp2

(↓部屋はこんな感じ)
1-Cp3

(↓部屋とバスルームとの間に窓がある。お風呂に入りつつ外を見れる配慮か?)
1-Cp4

(↓かなりピカピカのバスルーム。写真を撮り忘れたが、キッチンもあり。)
1-Cp5

(↓部屋のベランダより撮影。左の建物はプラザアテネホテル、尖った建物の横は
  コンラッドホテル。)
1-Cp6

(↓朝食ビュッフェ、ファラン多し。こんなときの写真撮影は、ヒジョ~に
  恥ずかしい。。)
1-Cp74

まだ、バンコク滞在記は続く。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く・その5

ご存知の通り、バンコクにはBTSと呼ばれる高架鉄道があり、
私がバンコクに在住しているときからあったのだが、久々に乗ろうとすると、
切符の買い方が分らず、一瞬戸惑ってしまう。。。

それにしても、BTSは混んでいる。昼間からかなりの満員で、
扉が開いた途端、列車の中から人が溢れ出すような感じ。何度か乗車したが、
いつも混んでいるのは何故なのか? 列車は相変わらず、3両編成での運行で、
もう少し車両の数を増やしても良いのではないかと思うが、詰め込んだ方が、
利益がたくさん出るので、そのまま運行し続けているのだろう。
でも、もうそろそろ3両編成では限界という感じだが..

(↓これがご存知BTSだ。プロムポン駅で撮影。少し小さいが、ここ (↓) に列車あり。)
1-BTS2

(↓ 列車写真・その2)                  ( 列車はここ (↓) ですね )
1-BTS1

(↓本当は、列車は近づいているのではなく、遠ざかっているのだが、写真の配置上、
  こちらの方が良いであろう。)

1-BTS

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く・その6

バンコクで便利と感じるのは、日系の大規模書店の
“紀伊国屋” があることだ。 チェンマイにも、東京堂という日本の書籍を
扱う店があるが、何年も前の古びたガイドブック、数ヶ月前の雑誌を定価以上
の高価格で販売しており、全く訳に立たないどころか、客を馬鹿に
しているのかっ、誰がこんな本を買うのか? というような感じである。

それに比べて紀伊国屋は、本・雑誌類の品揃えも良く、最新刊の並びも早い。
毎日来ても飽きることはなく、実際、バンコクに住んでいたときには、
暇があれば良くここに立ち寄っていた。

そして、ここの本屋に来て、不思議なのは、来るたびにいつも見かける人が
いる、ことだ。私がここに来ると言っても、今は、年に1回か、多くて2回来る
だけで、立ち寄る時間もマチマチなのだが、いつも “この人” がいる。 
“この人”は、かなり小汚い貧乏臭いオジサンで、かなり近寄り難い感じ。
バンコク在住者の中では、有名なのかも知れない。 きっと1日中、ここにいるの
だろう、本屋もいい迷惑だろうが、「来るなっ」 とも言えず、有効な対策ナシと
いう感じ。。

(↓バンコク在住の人には当たり前の光景だが、素晴らしい紀伊国屋の品揃え。
  携帯電話での撮影なので、少しピンボケですまぬ。 例のオジサンの写真は
  ちょっと撮れませんね...)

1-kinokuniya.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く・その7

伊勢丹は、日本人の在住者、観光客にとって便利な場所であり、偶然、知り合いに
会う確立も高い。
何年か前は、たまたま旅行に来ていた、(鈴)さんと (河)さんにバッタリ会い、また、
今回は伊勢丹スーパーで、以前の会社の同僚、(花)さんに遭遇することになった。
ちょうど食事した後だったので、(花)さんとは少し立ち話しだけだったが、次回の
バンコク行きの際には、改めて連絡します、ということで、メールではなく、ブログ上
での連絡で申し訳ない..

そして、今回のバンコク訪問で、唯一、事前アポでお会いしたのが、バンコクの超有名
ブロガー(増)さんでありました。 エンポリウムの感じの良い店で、(増)さんご推薦
のケーキをいただきました。 チェンマイには無い素晴らしいスイーツで、一気に食べて
しまったので、写真を撮り忘れ.. とても美味しゅうございました。 お忙しい中、
有難うございました、と、こちらもメールではなく、相当遅れてのブログでのご挨拶で
申し訳ない..

ということで、今回は、ご挨拶特集、ということで。。

(↓まだクリスマスでもないのに、クリスマス気分を盛り上げるような飾りつけ。
  セントラルワールド前にて、12/4に撮影。)
1-Central World

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

久々にバンコクに行く・その8 (完)

バンコク訪問記が、なんだか、気力がなくて更新が進まないが、、、、
もう年末も押し迫ってケジメが付かないので、一気に更新することにする。
遅ればせながら、過去に遡って4日分アップしましたので、読んで下さいね...

バンコクからチェンマイへの帰路は、タイ輸送公社 (ボー・コー・ソー) の
VIPバスだっ。数日にわたり、バンコク訪問記を買いているので、日にちが、
むちゃくちゃになっているのだが、実際に乗車したのは、国王の誕生日の
12月5日である。

この日に合わせて、バンコクに上京していたタイ国民が多かったのだろう、
モーチットにある北バスターミナルはなかりの混雑模様。 それにしても、
ここのバスターミナルでバスを待つ人達は、全体的に、“田舎” の
雰囲気が漂う。バンコクの中心部を散策するタイ人とは、別の人種か? 
と思える程の違いを感じる。

それだけ、田舎臭い人たちが、バスを待っているのだが、私としては、
反対に少し落ち着くような気がする。普段から田舎に住んでいるせいかも
知れず、また、バスターミナルという特殊な場所のせいかも知れないが、
この雰囲気の方が、妙にタイらしいと思えるのだが..

(↓北バスターミナル内の風景。バスを待つ田舎の人々。)  1-VIP2

(↓これがチェンマイ行きのVIPバス、3列仕様のゆったりシートだ。 
  チェンマイまでの運賃は、803バーツ。車内で質素な食事サービスあり。
  途中はかなりの爆走..)

1-VIP

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん