FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

鮮明な日本のテレビ

タイで日本のテレビを観ていることを何度か書いているが、
タイでストリーミングで観る日本のテレビ画面と、日本で直接観る
テレビ画面では鮮明度が全然違う。特に、日本の デジタル画像
地上デジタルは、感動に値するほど、素晴らしく鮮明である。

同じ番組を観るにしても、こんなに画像の鮮明度に違いがあると、
テレビ番組を観たときの感動の度合いにも当然、差が出て来る。
日本に住んでいると、こんな鮮明な画面を見て毎日、過ごせるのか..
と思ってしまうほどである。

実際には、テレビの画質だけでどこに住むかを決定することはないが、、、
そんな気にもさせる程、日本で観るテレビの画質は素晴らしいのだ。

(↓以前の韓国ドラマとの鮮明度の差は歴然)

1-Gurunai

(これも(↓)、これも(↑)も、テレビ画面をデジカメ撮影したものだが、
文字までも鮮明)

1-sekai fushigi

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト



正確な天気予報

日本の天気予報は実に正確である。
いつ何時に雨が降り、いつ頃から気温が下がって寒くなる、、など。
本当にそうなるのか? と思っては見るものの、予報通りになることが多い。
他の人も天気予報を見ているのだろう、雨が降り出すと、傘を事前に
用意している人もたくさんいる。

タイでは考えられないことである。タイでもテレビで天気予報を
放送しているが、実に大雑把。一応、地域別に天気予測をしているが、
あまりにも大まかで、しかも、相当に早口で話すので、まともに
見聞きしている人もいないであろう。せめて、県別に細かい予想を
してくれれば良いのだけれど、そこまで高い精度の予測ができない
のであろう。

まあ、しかし、タイでは雨の降り方が局所的な豪雨である場合が多く、
仮に天気予報が的中したとしても、ただ雨が降り止むのを待つだけで、
どうすることもできないのだが...

(↓ 雨の御堂筋 in Osaka。 正面の建物は、高島屋・なんば店。 )

1-御堂筋

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

中山美穂かと思ったら..

特に話題もないので、街の写真でも。
これは大阪・なんばにある吉本会館前で撮影したもの。

                            (↓吉本新喜劇、出演者の方々)
1-吉本1a

(↓中山美穂?ではなかった..)

1-吉本2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ウォシュレットは必需品なのか?

NHK・BS、NHKワールドで 「COOLジャパン (かっこいい日本)」
という番組を放送している。 日本の素晴らしい? ものを外国人の
視点から見るという番組で、ときどき観ている。

その番組の100回記念で、外国人出演者が選んだ最も日本のクール
なモノというのが、、下の写真 (↓) のウォシュレットであった。
こんなものが、外国人が選ぶ日本で最もクールなものとは.. 
なんじゃそりゃ、だ。

タイにも、日本のような精巧なモノではないにしても、ホース式の
簡易なお尻洗浄機がある。この便座式のウォシュレットは日本人の
発明品らしいが、発想の原点は、タイのお尻洗浄機ではないのか?
という気がする。

( ↓ 近所のショッピングセンターにある日本のウォシュレット。
    タイでは見たことない。外国人にもおおむね好評なよう。)
1-toilet2

そして、このウォシュレット、日本の一般家庭で使用される他に、
公共のトイレにも結構取り付けられている。デパート、ショッピング
センターの他、空港のトイレにもある。
こんな安くないトイレ機器を、わざわざ公共のトイレに取り付ける
必要があるのかと思うのだが、今は、日本人が用を足すときの必需品
になっている、ということなのか?

(↓タイのホース式お尻洗浄機。タイは南国なので、水で十分。
  これだと安上がりで良い。)

1-toilet

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

新阪急ホテル・アネックスに泊まる

前回の日本帰国では、タイに戻る日の前日、早朝の便に間に合うように、
ニュー大阪ホテルに宿泊したのだが、今回は、阪急・梅田駅に近い
「新阪急ホテル・アネックス」 にした。

最高の立地なのに、宿泊料金は、5300円と格安。でも、部屋は広く、
バスタブも大きく快適。 ただ、壁が薄いのか、隣の部屋の物音が
少し気になる。

ここのホテルで不思議なのは、部屋の料金の支払いがチェックアウト時
だったこと。日本のビジネスホテルに宿泊するのは、たまになので、
記憶にないだけなのか? チェックインの際に支払いするのが、フツーだった
と思ったが..そして、ここでは、チェックインの際に、身分証明書の提示を
求めるでも無し、クレジットカードのギャランティを取るでも無しで、
そのまま支払いをせずに逃げ去ったら、どうするのか?  とこちらの方が
心配になる。それとも、ここのホテルの宿泊者は善人ばかりで、そんな不心得者
はいない、ということなのだろうか?

(↓立地は良いが、早朝は、駅までの道筋に人気が無いので、少々不安な感じ..)
1-Osaka.jpg

(↓部屋から見える阪急・梅田駅。中央にある煙突のようなものは何か??)

1-Osaka2.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ANAのプレミアムクラスに搭乗する

航空機ファンでなければ興味がないかも知れないが、今回、初めて
伊丹・成田間で、ANAのプレミアムクラスに搭乗した。
プレミアムクラスは、プレミアム運賃で航空券を事前購入していない場合、
当日、空席があれば、アップグレードポイント・4ポイントか、又は追加料金を
払えば、普通席から変更できる。

私は前年度、マイル修行をして、アップグレードポイントを獲得しているので、
これを使って座席変更、つまり、今回は無料のアップグレードをした。
伊丹・成田間のNH2176便は、欧米線に使用される国際線機材を
使用しているために、プレミアムクラスの座席は、国際線で言うところの
“ファーストクラス”。 初めての擬似ファーストクラス体験? となった。

(↓NH2176便に使用されるB777-300型機、国際線の機材だっ。
  伊丹空港にて撮影。)
1-Premium class z

当日の便では、プレミアムクラス8席に対して、乗客はわずか3人..
満席かと思ったのに、ガラガラで、ちょっと拍子抜け。そして、楽しみに
していた朝食は、これ(↓)である。

(↓配膳されたところ。テーブルクロスは無しである。)
1-Premium class  a

(↓蓋を開けると、小さいサンドウィッチと果物、それに、たっぷりのキノコの
  クリームスープが..)
1-Premium class x

余りに質素な食事に、少々驚き.. もっと豪華なものが出てくるのかと
思った..相当に期待していたのだが、裏切られた感じ.. 
シートは “ファーストクラス” であったので、そこそこ快適だが、しかし、
飛行時間が1時間と短く、次回からは、普通席で十分...
何事も体験してみないと分らない、ということである。

(↓お食事の後のコーヒーでございまあーす。 陶器でなくて、紙コップだっ。)

1-Premium class c

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

各駅停車で大阪空港に行く

前回のANA搭乗記とは時間が前後してしまうのだが、
新阪急ホテルから、大阪・伊丹空港までに撮影した公共交通機関の写真
(↓) を掲載する。ホテルは、夜が明けない早朝にチェックアウトし、
いつもの空港バスではなく、阪急電車で空港に向うことにした。
空港近くの蛍池駅で、阪急電車からモノレールに乗り換え、およそ
30分で空港に到着。

以前のブログでも書いているが、
伊丹空港は、関西空港と比較して、距離的には大阪の中心部に近いが、
移動時間で見た場合に、それほど、伊丹空港の立地が良いとは思えない。
10分程度の差であろう。むしろ、移動に要する運賃の方が問題であろう、
という気がする。

(↓早朝、ひっそりとする阪急・梅田駅。なんだかサエナイ色の阪急電車)
1-Hankyu

(↓宝塚行きのもみじ号?。早朝なので各駅停車しかない。)
1-Hankyu2

(↓途中で乗り換えた大阪モノレール。走っている区間がマイナー過ぎて、
  ほとんど役に立たない。今回初めて乗車。)
1-Osaka Airport

(↓モノレールの軌道。終点の大阪空港駅にて撮影。)

1-Osaka Airport2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ジャンボジェット機を悪く言わないで

先日、日本のテレビ・ニュースを見ていたら、とある解説者が、
JALの経営悪化の原因は、燃費の悪いジャンボジェット機
(ボーイング747型機) を運行していることにある、と言っていたが、
これが原因だとしても、ほーんの極々一部である。

今現在も、世界で多くのジャンボジェット機が現役運行されており、
どこもここも、燃費の悪さ故に赤字で飛ばしてるいるということかのか?? 
そんなことはない。 JALの機材運用に問題があるのに、ジャンボジェット機
の燃費のせいにしないで欲しい、という感じである。

(↓ジャンボジェット機は、(私にとっては・・) 憧れの特別機である。
  成田で撮影。)
1-Jumbo.jpg

(↓ANAの国内線用機体。羽田で撮影)
1-Jumbo2.jpg

(↓タイ航空の機材、国際線&国内線兼用。バンコク・スワンナプーム空港で撮影)

1-Jumbo3.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

凶悪事件がいっぱい

日本では、「一昨日逮捕された市橋容疑者による英会話教師殺人事件」、
「高齢の結婚希望者をターゲットにした結婚詐欺・連続殺人事件」、
「睡眠薬を使った鳥取県の連続不審死・殺人事件」、「島根県の女子大生誘拐
・バラバラ殺人事件」、といった凶悪事件が相次いでいる。

良くもこれだけ凶悪事件が一度に起こるものだと関心する。私としては、
この中で、結婚詐欺・連続殺人事件に関心がある。
この事件、ご存知の通り、容疑者である34歳の女が、結婚をほのめかして
男たちから金銭を騙し取った後、睡眠剤と練炭を使って次々に殺害してしまう、
というもの。6人の死者が出ている。

しかし、この女、テレビでは、名前も公表されておらず、口元だけが写った
感じの良い写真だけが公表されている。しかし、不思議なことに、
先週発売された週間新潮、文春には、しっかり名前も、顔写真も公表されている。
日本からタイに帰国する飛行機の中で、しっかりと記事を読ませてもらった。
容疑者の名前は、「木嶋佳苗」 と言い、記事から読み取れる印象では、
自分本位の傲慢・見栄っ張り女である。写真を見る限り、その容姿は、
ヒドイ限りなのだが、こんな女に多額の金をみつぐとは、、、
いったい世の中、どうなっているのか? という感じ..

色々な事件が連続して起こり、ワイドショーはテンヤワンヤだが、頑張って、
「木嶋佳苗」が起した前代未聞の事件の全容を明らかにして欲しいものだ。

( これは、藤山寛美の娘の 「藤山直美」 であるが、例の容疑者、
  「木嶋佳苗」 は何となく、この人 (↓) に似ている..
  藤山直美も良い迷惑だっ。)

1-jujiyama2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

写真を撮りたいと思っていても..

以前に、一眼レフが欲しいーっ、ということを書き、この前の日本帰国では、
ビッグカメラで展示されていたパナソニックのGF1,オリンパスのPENと
いうデジタル一眼の小型カメラを実際に手にしてみた。 予想通りの小ささで、
大変に素晴らしいのだが、でも、触っただけで、買わずじまい。
小さいと言っても、やはり一眼レフ。持ち運びの不便さを考えると、
やはり使いこなせないと、考えてしまう。

日本では一眼レフ愛好者も多いと思うのだが、街に出て見ると、あまり
一眼レフで撮影している人を見ることがない。携帯電話で撮影している人は、
良く見かけ、また、(コンパクトな)デジカメで撮影している人もたまに
見かける。でも、一眼レフとなると、、道頓堀あたりで、たまに、外国人が
撮影している程度、という感じ。

私も常に、(コンパクトな) デジカメを持ち歩いているが、なかなか、
日本のフツーの街中で、写真撮影することができない。街の何気ない光景を
撮影したいと思っているのだが、しかし、見知らぬ他人を撮影することで、
“盗撮=変態” だと思われ、何か、言いがかりでもつけられたら、嫌だなあ、
と思ってしまう。観光地であれば、写真撮影することにあまり抵抗が
ないが、日本の何もないごくフツーの街で、写真撮影するのは勇気がいる。

その反対に、タイでの写真撮影は、割と平気である。
街中で、写真を撮影されて、怒り出すタイ人など皆無であろう。
タイは写真撮影に適した街、ということもできる、のである。

(↓大阪・道頓堀で撮影。別に盗撮している訳ではない。この近辺は、
  観光名所ということになるのか? 写真撮影する人が多い)

1-kuidaore

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

真似しの店

先月、お魚マッサージ (Fish Spa) のことを書いたのだが、
この店の繁盛ぶりを見て、二匹目のドジョウを狙おうと、近所に
同じような店が、2店もオープンした。

自分達も一儲けしたいと思って、店を開店させたのだが、店の形式は、
元祖の店と全く同じ、全くオリジナリティの無いコピー店である。
そればかりか、雰囲気は悪く、元祖の店が満員で入れなかったお客の
オコボレでも、もらおうかと考えたのか? もう少し、店のオリジナリティ
でも出せば良いと思うのだが、、、、

(↓ここは、元祖の店より、少し離れたナイトバザール中ほどにある。 
  “Fish Spa” という店の名前までもコピー。コピーした店なのに、
  “チェンマイ初” という文字も..)
1-Fish Spa2

(↓店は狭苦しい。それに今、北タイは涼しく、こんな冷水に足をつける人
  の気が知れない。)
1-Fish Spa


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

使い物にならないモバイル通信

ここのところ少しサボリ気味だが、、頑張って更新する。
タイのインターネットについて、何度かこのブログで取り上げている。
現在、自宅では、電話回線によるADSL (TT&TのMAXネット) を
利用しており、たまに切断されるものの、平均すれば、1Mbps程度の
通信速度が維持されている。1Mbpsという速度、日本のインターネットに
比べれば驚くほどに低速だが、普通に使う限りでは、それ程、不便がない。

しかし、外出先でのモバイル通信となるなと、そう簡単には行かない。
外出先で、パソコンを使ってインターネットをする場合、有料又は無料の
無線LANがあればそれを利用するが、それ以外の場所では、自前の
通信機器に頼らざるを得ない。

そして、これまで幾度となく、携帯電話のネットワークを利用した
モバイル通信を試みて来たものの、、、裏切られている。公称の通信速度は、
誇大広告と言わざるを得ない。 一番最初は、3年ほど前、Hutch (ハッチ)
のCDMAを利用したモバイル通信を試みたが、その当時、チェンマイの
かなりの場所が圏外で電波をキャッチすることができず使用を断念。

2回目は、現在、使用している AISの携帯電話を使用したモバイル通信。
これでは一応、ネットに接続することに成功したが、通信速度が、
10Kbps以下とウルトラ低速ネットで全く使い物にならず。

そして、今回、第3回目。以前より気になっていた下 (↓) の写真の
ソロモン、エアーカードを使ってみた。DTACの GRPS・EDGEと
いうシステムを利用したモバイル通信で、下りが最大460Kbps という
速度が出るという優れモノなのだとか。

パンテップ・プラザで、2590バーツという大金? を投じて購入したのだが、
私の部屋では、100Kbps が良いところ。
しかし、体感速度は、100Kbps に遥かに及ばず、なかなか画面
が切り替わらない。 外出時のメールチェックに使えるか? という程度で、
快適なモバイルライフとは程遠い。

これら以外に、AISのSUPER-3Gというのもあるが、これは、
従量制で通信料金が計算され、かなり高額になるようで、最初から問題外。
日本では、最大40Mbpsの Wimaxとかいう無線、ブロードバンド通信も
登場しているらしく、それからすると、タイは (チェンマイは?) 全然ダメ
である。。。

(↓コンピュータショップで販売される各種、エアーカード)
1-solomon.jpg

(↓ソロモンのエアーカードを小型パソコンにUSB接続したところだが、
  その後、がっかりの結果となる。)
1-solomon2.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

Mazda2 はお買い得か?

エアポートプラザ内で、マツダの新車、Mazda2 (日本名はマツダ・
デミオらしい) の展示会が行われている。 日本の自動車メーカー
の久々の新車発表である。

やはり新車だけあって、見ているだけで、購買意欲がそそられる感じ。
数日前に、同じくエアポートプラザ内で、日産車の展示会が行われて
いたが、そのときの閑散とした雰囲気とは打って変わって、このマツダ
の展示会は、かなりの賑わい。

マツダは、タイではどちらかと言えばマイナーなメーカーだが、前作の
Mazda3 の人気が高かっただけに、このMazda2 も、人気が
出そうな感じ。 私の車も既に走行距離が 8万キロを突破しており、
買い替えを検討したいところだが、、検討するだけで、買い替え実行は
少々お預けになる感じ、である。

( ↓ これが赤のMazda2だっ。価格は60万バーツ (=160万円)
    前後で日本より高い。)
1-mazda.jpg

(↓緑も悪くない)
1-mazda2.jpg

(↓上の階から撮影した展示場。かなりの賑わい。)

1-mazda3.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

面倒なコンピュータ・トラブル

ソニーのロケーションフリーを使って、日本のテレビを見ていることを
何度かこのブログで書いているが、そのシステムが、突然、
使えなくなってしまった。

日本の実家で受信したテレビ放送を、インターネットを通じて、
チェンマイにあるパソコンで観ている訳で、相当に長いルートを経由して
テレビ画像が送られている。チェックポイントがたくさんある中で、
トラブルの発生箇所を特定しなければならず、少し気が滅入ってしまう。

でも、最も可能性が高い問題箇所は、日本の自宅に設置してある
「ベースステーション」と呼ばれる、テレビ画像をインターネット内に
取り込むための装置そのものであろうと思い、とりあえず、ソニーの
カスタマーサービスの相談窓口に電話して、事情を説明したところ、、
まず、カスタマーサービスの担当者は、ネットを通じて信号を送り、
日本の自宅の 「ベースステーション」 をチェックした。

しかし、結果は、 「ベースステーション」 が正常に作動している
との判定。 さすが、世界のSONYだっ、マニュアル通りに
チェックを行っているとは言え、
その早ワザに妙に関心してしまった.. タイではこんなことあり得ない...

「ベースステーション」 が正常だとすれば、原因はどこにあるのか? 
この間、カスタマーサービスの指示に従って、色々チェックを
繰り返した結果、原因究明にこぎ着けた。原因は、、、、、、
私のパソコンに蓄積した “静電気” であった。パソコンと、これに接続
されているモデムの静電気を放電することで (単に、アースしただけだが・・)、
ロケーションフリーの動作が正常に戻ったのである。

日本の機器の動作不良の原因が、タイのコンピュータの静電気にあった、
ということである。考えられなーいような因果関係。 静電気が色々な機器の
動作に影響を与えることは聞いてはいたものの、他人事だと思っていた。 
そう言えば、最近コンピュータに触れたときに、ビリビリ来るなとは
思っていたが、これが、日本の機器の動作にまで影響を与えるとは、、
ひとつ勉強になったのである。

(↓日本の無線ブロードバンド。さすが、NIPPONだっ。)

1-Bカメラ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイの優れもの防災機器

ここ数日、涼しい日々が続いている。かなり肌寒く、温度計が無いので
定かではないが、、チェンマイでは早朝、10℃近くまで気温が下がっている
ような気がする。 シャワーは、最高温度にしても熱くならず、このため、
水量を絞って湯温を上げているが、こんなことをすると、出るお湯も少なくなり、
今ひとつ気持ちよくない.. 今年は寒さが少し早いような感じ。

話が変わって、最近、日本で火事が相次いでいる。 色々な火事のニュースを
見ていると、火の回りに伴って、停電が発生し、閉ざされた空間では真っ暗に
なり、避難通路を見失って逃げ遅れる、ことが起こるらしい。

高級なオフィスビルでは、停電と同時に予備電源が作動するかも知れないが、
一般の住宅、雑居ビルではそんな電源を用意していない。

しかし、この点に限って、タイは進んでいる。 タイでは、大雨・電線工事・
トランス爆発などが原因で、日本とは比較にならない程、頻繁に停電が発生する。
このため、アパート・マンションなどでは、停電が発生すると同時に、
自動点灯するというバッテリー内蔵のライトを据え付けているところが多い。
それが、下の写真のモノ、タイでは良く目にする一品である。

これがあると、深夜、突然停電しても明かりが自動的に点灯して、廊下や階段が
真っ暗にならないのだ。停電の少ない日本では不要なものかも知れないが、
一昨日の東京・高円寺の居酒屋火災でも、この一品 (↓) があれば、死者は
もう少し少なかったかも知れない、と思うのである。

( これ(↓)が、停電と同時に点灯する優れもののライト。オートマチック・
  エマージェンシー・ライトだっ。日本では見たことないが、タイ以外の国
  でもあるのだろうか??)

1-emergency

アイデアの無い人たち

以前のブログで、イタリアンジェラートのアイスクリーム屋
何店もできていることを書き、また、お魚マッサージ屋も次々と新しい店が
オープンしていることを書いた。 その後、お魚マッサージ屋はさらに増殖し、
私が知っているだけで、元祖以外に6店にもなる。

タイ人というのは1つ店が流行ると、すぐにそれを真似して、同じ店を出す
傾向にある。 そして、新しく出す店は、最初の店よりも発展・進歩して
優れているか? と言えば、必ずしもそうではなく、元祖の店と全く同じか、
それよりも劣っていることも多々ある。

ただ近くに類似の店を出せば、客が来ると思っている感じ。
日本人ならば、少し改良した店を出すとか、工夫をするだろうし、
また、同じ店を出せば、真似ししたみたいで恥ずかしいと思うかも知れない。
しかし、タイ人には、そんな感情が無いのか、それとも、コピーに慣れている
せいなのか? 割と平気なようである。

何故、タイ人は、こんなにアイデアがないのか? はっきり言えば頭が悪いのだ..
私の知り合いの会社勤めのタイ人も、自分で商売を始めたい言い、それでは、
どんなことがしたいのか? と聞いてみれば、かなりありふれた返事で、
全く斬新なアイデアがないことに驚かされる。 先のお魚マッサージと同じ、
真似れば客が来るだろう、、程度。

どうしてこんなにアイデアがないのだろう? という問いに対する答えとして、
視野が狭いということがある。 チェンマイからほとんど外に出たことが無い、
外の世界を知らないタイ人が多いのだ。そんな人達に、良く考えなさい、
と言うこと自体が無理なのかも知れない。

しかし、反対に私は、、と言えば、色々なアイデアが浮かぶものの、
実行力がないので、ただ見ているだけ.. 結局、どっちもどっち、
かも知れないのだが...

(↓チェンマイ中心部、ターペー門付近)
1-Thape2

(↓ターペー門近くの足マッサージ。どこもここも足マッサージだらけ、
  真似し商売の代表。こんなところのマッサージ師は、腕の無い
  適当マッサージだっ。)
1-Thape

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

気分が悪くなるほどの円高..

昨日から今日26日にかけて大きく円高に進んだ。
米ドルはしばらく続いていた89円台を通り越して、今現在は、86.5円前後。
ユーロも、あっさり130円を突破して129.5円に近づく水準にまで低下した。

下がり続ける毎に、ユーロと米ドルを買い続けたが、それも限界に。これ以上、
買い進むと、レバレッジ倍率が上がり過ぎて危険なので、本日をもって為替市場
からしばらく退場することにする。 2ヶ月前の9/28以来の退場である。
資金力のあるFX投資家ならば円高を恐れずさらに買い進むのであろうが、
私の場合は、安全第一。 リスクを高めてまで勝負するつもりはないのだ。

ところで、日本はデフレが進行している、とのことで、景気に悪影響を
与えることが心配されているが、消費者が安いものを求めるのは自然な
ことであり、ある程度、致し方ないことであろう。 その消費行動について、
私の場合は、タイに住んでいても、数ヶ月毎に日本に帰国するせいで、
買い物をするとき、それぞれの国のモノの値段を比較して、
良い方 (=安い方?) を選ぶことが多々ある。

品物の場合は、モノによってはタイと日本はそれほど価格差がないが、
人件費がからむと途端、物価の差が出てしまう。 昨日写真を掲載した
足マッサージ、普通、チェンマイだと、1時間、150~200バーツ
(=500円くらい) だが、日本だと、その数倍であろう。少し前、
スーツケースのキャスター部分が壊れて、ローラを4つ共、交換したのだが、
その交換代は、800バーツ(=2000円)。
日本だと1つが2000円以上するので、タイで修理した方が全然、安い。

その他、散髪代、縫製代、(フツーの病院の) 医療費もタイの方が
遥かに安い。 変ったところでは、日本で保険のきかない
“セラミックのさし歯” も日本の1/3ほどでできる。 
日本在住者の場合は、モノによっては、飛行機代を支払っても、
元がとれるかも知れず、研究の余地あり、ということで..

(↓タイの10バーツ均一ショップ。モノによっては10バーツ以上だが、
  ロクなものがない。)
1-shop

(↓カバン専門の修理屋さん(黄色の看板)。チェンマイでたぶんココだけ。)
1-shop2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

両替商という商売

だいぶ前に闇両替というか、銀行ではない 両替商 のことを書いたのだが、
最近の円高につられて、ここで、日本円を両替することが多い。

バンコクではどうか知らないが、この両替商は、チェンマイでは
多くの場合、中華系の商店が営んでいる。 そして、何度かここに足を
運んでいるうちに、店の主人と話をする機会があったので、
普段から疑問に思っていることを聞いてみた。

それは、この両替所で得た “外貨” をどうするのか? ということ。
個人的に運用しているのか、それとも、外国為替を専門に扱う金融機関に
でも持ち込むのか? と思っていたところ、答えは、かなりまともなもの
であった。 主人が答えたところでは、“今日手に入れた外貨は、明日、
銀行に持って行ってバーツに両替する” のだと.. 単に、金を右から
左に流しているだけなのか? 

これではまだ疑問が解けないので、さらに私は “明日のレートが、
今日より悪ければ、損をするのではないか?” と聞いてみたところ、
主人は、“そうだ、損する場合もあるし、得する場合もある” との答え。 

銀行は、この両替商のために特別優遇レートを提供しているのかも
知れないが、なんとも、不確かな商売。 さらに私は “損することが
分っていても、明日、銀行で両替するのか?” と聞いたところ、その主人は、
“大きな損が出る場合は、しばらく外貨を保管しておいて、レートが回復した
ときに両替する” のだと.. んん、しかし、こんなことをして保有する
外貨の金額が大きくなると、店のキャッシュフローが悪化するのではないか
とも思うが、まあ、この主人は大金持ちかも知れないので、それは余計な
お世話だろう。

それでも、長く両替商を営んでいるところを見ると、お金を右から左に
流しているだけでも、そこそこの利益になるのかも知れない。しかし、
私からすると、かなりリスクの高い商売のように思えるのだが...である。

(↓11/28、夕方の中華系両替商のレート。街の銀行の両替所と比較しても、
  かなり高いレートを提示する。こんなレートでも、両替商が利益を
  出せるのが驚き..)
1-Rate.jpg

(↓ほぼ同時刻のイスラム銀行のレート。チェンマイで最低のレートを
  出して高い利益を得ようとしている嫌な銀行だっ。中華系の両替商と
  比較した場合、1万円で100バーツ以上も差が出てしまう。)

1-Rate2.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する