FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

部屋の中にいるチンチョ

以前、トッケーという中型トカゲについて書いたのだが、一般的には、
このトッケーよりもチンチョという小型トカゲの方が有名だ。
このチンチョ、普通は外にいて、夜、電灯の付近で見かけることが多い。
電灯の明かりに群がる虫を食べるためであるが、聞くところによれば、
生きた虫しか食べないらしく、でも、本当だろうか?

このチンチョであるが、ときどき、部屋の中に入り込むことがある。
扉の隙間から入ると思われるのだが、私の部屋にも一匹いる。
小さいときに扉の隙間から入ったのだろう、しかし、時間が経つに連れて
成長して、今はだいぶ大きくなってきている。
このため、もう扉の隙間からは出られず、この部屋で一生過ごさなければ
ならないのだろう。

部屋にいても、ときどき泣き声が聞こえるだけで、特に、ワルサをする
訳ではない。 それどころか、最近、蟻を見なくなったのは、このチンチョが
食べているためではないか、とも思う。 
しかし、今はその蟻もいなくなり、食べ物の生餌もなくなった訳で、
一体何を食べているのだろうか? と余計な心配までしてしまう。 
本当は捕まえて外に出したいところだが、そう簡単に捕まるのなら、
苦労しないのである。。

(↓チンチョを撮影しようと思ったのだが、意外と難しくうまく行かない。
この写真は、某写真掲示板に掲載されていたもので、ちょっと拝借させて頂く。
こうやってアップで見ると、気持ち悪い。 イメージとしては、日本のカナヘビ
のような感じ。)

1-chincho

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



厳しい日本の取り締まり

任天堂ゲーム機のゲームソフトをインターネット上で無断配信したとして、
著作権法違反により、大阪府の男性が懲役2年6ヶ月と、
罰金200万円、追徴金713万円の判決を受けた
ことが報じられているが、著作権違反に対する刑罰を世間に
強く認識させる、いわゆる見せしめの判決であろう。

このような著作権違反に対する厳罰は、世界的な流れであろうが、
ここタイでは相当に軽く扱われている。タイで日常的にコンピュータを
使用している個人・会社のかなり多く?? が違法ソフトを使用していると
思われるのである。

進歩的な国々から来た外国人であれば、このようなソフトを使用することに
ウシロメタさを感じることもあろう、というものだが、タイに住んでみると、
街の中の店舗で、ごくごく普通にコピーソフトが販売されているものだから、
これが当然の光景とも写ってしまう。

タイ人であればなお更であろう。以前より、これがあまりにも普通の
光景なので、違法ソフト使用に対する罪悪感などカケラもないのではないのか、
と思われるのだ。

タイで不思議なのは、何故に、このような違法ソフトが堂々と販売できるか? 
である。 ナイトバザールで販売されている映画のコピーDVDは、
法律を遵守すべき警察官の近くで販売されている。

以前に紹介したタイと国境を接するミャンマーのタチレックでは、
タイ以上に安い価格でコピーVCD・DVDが販売されており、
しかし、タイへの入国時に、これらコピーソフトは、税関検査で見つかれば
違法品として直ちに没収される。 そう、タイでもコピーソフトは、
法律に違反するもの、との理由からなのだが... 
しかし、その税関検査のすぐ近く (タイ側の店舗) では、チェンマイの
ナイトバザールと同じように、その違法なはずのコピーソフトを堂々と販売する店が
あるのだが..

聞くところによれば、国境の税関職員は自分達がそのコピーソフトを欲しいために、
熱心に荷物検査に励むのだ、との噂もあるが、、、あくまで噂であって、
真偽の程は分らない。。

(↓ナイトバザールで販売される映画のコピーDVD、ファイルを見て注文すると、
どこからか持ってきてくれる。一応、取り締まりを恐れてか、コピーDVDの現物は
ここにはない。)
1-Copy Soft2

(↓某所のコンピュータプラザで堂々と店を構えるコピーソフト屋さん。
有名コンピュータソフトがずらりと並ぶ。1枚100バーツくらい。コンピュータソフト、
音楽、映画、ゲーム、何でもあり。)

1-Copy Soft22

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

バンコク・エアウェイズ機、着陸失敗

今日の午後3時20分、サムイ空港にてバンコク・エアウェイズ社の
ATR-72型機が着陸に失敗した。悪天候の中で着陸し、滑走路を大きく外れて
機首が管制塔に激突、機体の前部が大破して停止した。
しかし、こんな事故にもかかわらず、死亡したのは機長一人だけで、着陸後、
機体が“制御不能に陥った” ということだろう。機首が、管制塔に突っ込み、
機長一人のみ死亡したことがそれを物語っている。

タイでは、2007年9月、プーケット空港にてオリエント・タイ航空の
“ One-Two-Go機 ” が着陸に失敗して以来の航空機事故であり、
バンコク・エアウェイズでは初めての事故だろう、と思う。

オリエント・タイ航空の場合は、それ以前より、“世界で危険な航空会社” 
のリストに加えられており、いつかは大事故が起きるのではないか、
と予想されていた中での着陸失敗、ああやっぱり、という感じだったが、
バンコク・エアウェイズの場合は、その反対。 新しい機体を次々と導入し、
安全なイメージであった。

このバンコク・エアウェイズで使用しているATR-72型機は、
70人乗りのプロペラ機であり、私も、バンコク・チェンマイ間にて以前、
幾度となく利用している。その特徴は、速度がヒジョウーに遅いことである.. 
ジェット機ならば、バンコク・チェンマイ間は55分だが、ATR-72では
1時間半、一体いつまで飛んでいるのか? という感じ。

また、以前にこの飛行機に搭乗したときには、悪天候の中を飛行し、
機体が大揺れしたことがあった。小型機が揺れるというのは非常に怖いもので、
子供は叫び出し、女性のすすり泣く声があちらこちらから聞こえ、
恐ろしい~ぃ 雰囲気であった。 飛行機好きの私だが、、、できれば、
揺れる飛行機には乗りたくないものである。

(↓これが着陸に失敗したバンコク・エアウェイズ機、某ニュースサイト
から拝借。サムイ空港はサムイ島にある、バンコク・エアウェイズ所有の
私営空港。 )
1-Bangkok airways1

(↓管制塔にわざわざ激突しなくても・・ )
1-Bangkok airways2

(↓もう大変なことに。。)

1-Bangkok airways3

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイのトイレットペーパー事情

こんなことを話題に取り上げるのも気が引けるが、書くことにする。
日本に住んでいるのであれば、あまり関心を持たなかったかも知れないが、
ここタイでは、トイレットペーパーについて無視する訳にはいかない
であろう.. と、意味ありげな出だし。

それは、タイのトイレットペーパーというのは、日本と比べてかなり値段が
高い上に、1つのロールの巻きの長さが短いことに原因がある。
あまりに巻いてないものだから頻繁に購入する必要があり、また、
紙箱に入ったティッシュペーパー(ボックスティッシュというらしい) は
高いために一般的ではなく、普段の生活で、トイレ以外でもトイレットぺーパー
を使用することが多く、なおさらなのである。

日本だと、1ロール、100m以上の長さというものあるらしいが
(1-PLYのシングルタイプらしい) 、タイでは、私の知っている限りでは、
ワトソンの1ロール、60m巻き (2-PLYのダブルタイプ、6ロール入り)
が最長である。 この最長ロールの価格は 、99バーツ(=280円) と
安くないものの、普段はこれを使用している。

タイにも、色々な長さのトイレットペーパーがあり、普通にスーパーで
販売されているものだと、1ロール20~25m巻きが良いところであろう。
とにかく、スカスカでフワフワの巻き具合。 

こんな巻いていないトイレットペーパーだと輸送のコストも掛かり、
不経済であるが、それは、タイ人が、ロールの長さではなく、ロールの数で、
商品を選ぶことが原因だっ。

「 こっちの方が、ロール数が多くて安いので、それにしましょうぅ。」 
という感じ。 ロールの数しか見ていないのだ。 このような計算のできない
アホなタイ人のために、メーカーも、あまりギューギューに巻いた
トイレットペーパーを生産したがらない。 ロールの数を増やすために、
スカスカ巻きにするのだが、このため、スカスカ巻き24ロール入りパック
などという、嵩張る商品となり、不便極まりない、、、
が、タイ人がそれで良いのなら、問題はない。

また、私は、シングルタイプのものを使いたいのに、タイには一部の粗悪品
(ロータスにあり)を除いて、このシングルタイプは存在せず、ほとんど
全てがダブルタイプ 。 一度、日本に帰国した折に、日本のシングル巻きの
長大トイレットペーパーを持って来ようかとも考えたが、入国時に税関で
余計な質問をされても、ヤヤコシクなるので、断念した経緯もある... 
たかがトイレットペーパーだが、、気になるものは仕方がない。

(↓これがワトソンの60m巻きトイレットペーパーだっ。
携帯電話撮影なので少しピンボケ。)
1-Tissue

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

(続) タイのソフトウエアー

今日、行方不明になっている “のりピー” こと酒井法子に、
覚醒剤所持容疑で逮捕状が出たらしい。 覚醒剤所持で夫が逮捕されて、
昨日まで、失意の思いで失踪していた可愛そうな元アイドルが、いきなり
“犯罪容疑者” に転げ落ちてしまった。

何のことはない、自身の容疑が公になることを恐れて逃げ回っていた
だけなのだ。 しかし、こんなどうでも良いような話が、本日お昼の
NHKニュースでは、トップで報道されていた。酒井法子と同じように、
NHKもどうかしているのではないか、という感じだ。

話は変わって、数日前に、タイのコピーソフトのことについて書いた
のだが、タイ以外に在住の方は、もしかしたらタイには正規のソフトなど
存在しないのか?と思っている人もいるかも知れない。
が、そんなことはない。ウインドウズの正規品も販売されている。

しかし、コンピュータ販売店でOSを無料でインストールしてくれることから、
こんな正規品を誰も買わないだけである (ただし、コピー品はアップデート
できないが・・)。

また、音楽・映像ソフトでは正規品のみ取り扱う店がある。下の写真は、
バンコクにも多くの店舗があるメンポーンというCD屋さんで、チェンマイでは
エアポートプラザ内にある。 この他に、有名デパート系の店舗では、
訴えられたら大変だと思うのだろう、、正規品のみの販売 (たぶん・・)
である。

しかし、正規品だけを取り扱う店であれば良いのだが、中には、正規品と
コピー品を共に販売する店もあり、こんな店は、少々ヤヤコシイ。
以前に、このような店で、“MR,BEAN” を買い、そのパッケージから
てっきり正規品だと思ったところが、、、コピー。 1枚199バーツという
中途半端な値段だったのだが、コピー品を、高い金を払って買った訳で、
なんのことはない、ダマサレタ...
油断もスキもないのである。。

(↓これが、エアポートプラザ内にあるメンポーンという由緒正しい...
CD屋さん。)
1-Copy CD 001

(↓マイケル・ジャクソンもあるが、、ちょっと高いね。)

1-Copy CD 002

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

市場写真

何もこのブログでいちいち取り上げることもないのだが、昨日、
酒井法子が逮捕された。 こんな大騒ぎになって本人が一番、
驚いていることだろう。それにしても、今回の件で思うのは、
狭い日本の多くの人が注目している中なのに、逃走すると、
なかなか見つからない、ということ。

そして、個人的な感想からすれば、もっと逃走して、楽しい芸能の話題を
提供し続けて欲しかったのだが...自ら出頭して、逃走劇を終了させるとは、、
面白くない結末。。

特に話題もないので、最近の市場の写真でも。これは、ピン川近くにある
ワローロット市場の果物屋が多く集まるところで撮影したもの。
今、季節の果物は、ラムヤイ (龍眼) のハズなのだが、、
そのラムヤイは少なく、何故か、柿と、ドラゴンフルーツが目に付く。
柿は中国からの輸入品なのか? タイではとれないはずなのだが...
どうしてこんなにもあるのか?

ドラゴンフルーツも最近、多く出回り始めた果物。以前からあることは
あったが、チェンライ付近の道路でも、このドラゴンフルーツを販売する出店が
あるところを見ると、この辺りで多く栽培されているということなのだろう。 
タイは、いつからベトナムになったのか? 市場も、利益が取れる果物を
販売したいのだろうが、何だか、今ひとつ、タイの市場らしくない感じ。

(↓市場写真。何故、柿があるのか?)
1-warorot 1

(↓本日、柿は買わず、バナナを買って帰った。。 右下にあるのは
ザクロか?)
1-warorot 2

(↓ドラゴンフルーツもいっぱい。この果物、外見の鮮やかさに反して、
全然美味しくないと思うのだが、、他の人も同じ感想だろうか?)

1-warorot 3

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

釣銭に注意

以前、(一部の) タイ人は計算に弱いことを書いたのだが、計算に弱い
のではなく、ワザと間違った計算をする人もいる。
ワザとかどうか聞いた訳ではないので、確かめようもないが、
そうであろう。

私自身、覚えているだけで 3回あるので、注意を喚起する意味で
ここに書くことにする。 一度は、ウドンタニという地方都市での
日本食レストラン、二度目はチェンマイのガートスワンゲオという
ショッピングセンター内の映画館、三度目は近所のセブンイレブン。

状況はいつも同じ、支払い金額が100バーツ台で、500バーツ紙幣を
出したときの釣銭である。以前、ショッピングセンターの映画館では、
支払い金額が180バーツであった (と思う) が、そのとき出した
500バーツ紙幣からの釣銭が220バーツだった。

正しくは、当然 “320バーツ” であり、100バーツ足りない。
ボーっとしていれば、そのまま受け取って立ち去ってしまいそうだが、
私は、すぐにこれに気づき、受け取った釣銭を差し出したまま、
“100バーツ足りない” ことを告げた。

チケットを販売するオババは、一瞬、ハッと驚いた様子で、謝るでもなく
無言で100バーツを出し、私はタイの習慣に従い、特に文句を言わず、
そのまま立ち去ったのだが、、、 このような100バーツのごまかしは、
ワザとである。1回のゴマカシで、100バーツも儲かる訳でチケット売り
のオババは、その機会をうかがっているのだ。
ババアの写真を撮影して全世界に公開すれば良かったと思うが、
そのときにはそこまで気が回らなかった。

また、同じことが起こったセブンイレブンでは、大手スーパーと同様、
客から受け取った金額をレジスターに入力するので、釣銭など間違うハズが
ないのに、釣銭が足りない...
このようなことが起るので、釣銭受け取り時には、意識をはっきり持つことが
大切、、ですね。

(↓香港のシャングリラホテル横のセブンイレブン、ここでも釣銭ゴマカシが
あるのか??)

1-711 hongkong

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

天災多発

日本では、台風の大雨による河川氾濫、地震による東名高速道の
崩落などで大きな被害が出ているらしい。お盆の最中の天災で、
何だか大変そう。 台風、地震で被害が出ているというものの、
日本の建物、インフラというのは、非常に頑丈にできている、と感じる。
タイで同じような天災が発生すれば、相当な被害が発生することだろう。

タイでは、台風は来ないものの、地震は発生する。
地震は、バンコクでもある (らしい) が、以前、住んでいたときには
一度も感じたことはなかった。しかし、チェンマイでは数回、揺れを感じた
ことがある。以前、高層の建物に住んでいたことがあるが、そこでの地震は、
結構な揺れであった。それでも、震度にすれば 3程度であろう、と思う。

しかし、震度3の弱い揺れであるのだが、チェンマイで地震によって建物が
潰れたのを見たことはない。レンガ、ブロックを積み上げたような建物が、
耐震構造になっているとも思えないが、そこそこの強さはあるのだろう。

下の写真は、建築中のアパートである。基本的にタイのコンクリート建築物
というのは、柱と、フツーの床面とが交互に積み重なる構造で、
前から不思議に思っているのだが、、何故か、“梁” がない。梁がないと、
床が撓み、横揺れにも弱いような気がするが、これまでに問題がないところを
見ると、これでも良いのであろう、、、か?

(↓建築中のアパート、梁なし構造である。上の階はブロックが積まれていて
見えないが、全階、“梁” がないのだ。)
1-建築物2

(↓柱は細く、数も少ない。大きな地震が来たときに、折れないか心配.. 
1階部分は、駐車場にするために、壁がないことが多い。 このため、
細い柱がいっそう目立つ。)

1-建築物3

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

本日、タイは祝日

本日、タイはシリキット王妃77歳の御誕生日であり、祝日である。
街は、ところどころお祝いの看板が目立つものの、
いたって静かな雰囲気。

祝日であることは、以前より分ってはいたのだが、本日早朝より、
円が 1ドル95円台にまで上昇していることから、この機会に少しでも
良いレートで、円をバーツに両替しようと、銀行の両替所 (年中無休) に
行ったところ、、、そこでの交換レートは本日のものではなく、
昨日の悪いレートのままであった... 

世界の為替変動が、本日のバーツの交換レートに全く反映されていなかった
のだが、これは、タイの為替市場が、祝日により休みとなって、
世界の為替市場から切り離されている、からなのだ.. 

こんなこと当たり前だと思うかも知れないが、普通、日本が祝日であっても、
ほぼ同時刻のオセアニアでも円取引が行われることから、対円のレートは
刻々と変化する。 そう、円はグローバルな通貨で、バーツはローカルな
通貨であったのだ。タイの金融市場が閉まってしまうと、市中のバーツレートは、
全く変動しないことを本日、初めて知った。。。
ちょっと気づくのが遅かったですね。

(↓某所に飾られたシリキット王妃の写真)

1-王妃

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ソンテオという乗り物

チェンマイの街の主要な公共交通機関は、ソンテオという
乗り合い車である。 ソンテオにも色々あって、タクシーのように
お客の言った先に行くものもあれば、行き先表示を掲げて、決まった区間を
往復しているものもある。

そして、このソンテオであるが、私は大変に嫌いである。
自分の車があるので、どこに行くのも不便はないが、仕方なく利用せざるを
得ないときでも、できるだけソンテオではなく、多少高くついても
トゥクトゥクという三輪タクシー、場合によってはメータータクシーを
利用することが多い。

それは、このソンテオが嫌い、、というよりも、ソンテオの運転手が
嫌いなのだ。 車を運転していると分るのだが、非常に運転マナーが悪い。
無理な進入、横は入りの他、道路のど真ん中で、後方を確認しない
停止・発進など、危険運転の数々。  

信号で直進するレーンが渋滞しているときなど、空いている左折専用の
レーンを進み、先頭で停止して、(青になったときに) 直進レーンに
割り込んでそのまま進んで行く、こともしょちゅうである。
このようなとき左折専用のレーンで停止するソンテオが、後方の車の進行を
妨げるので、渋滞がもっとひどくなることも、良くある。

このようなソンテオの無謀な運転に対して、タイ人の対応は、何故か
非常に寛大。 そのまま割り込みを許すことも多いのだが、、、私は、
クラクションを鳴らして激しく抗議する。こんなソンテオの交通ルールを
無視した運転に、普段から頭に来ているためなのだが、このような私の
クラクションの抗議に対して、ソンテオからもクラクションを鳴らし返される
ことがある。 泥棒から泥棒呼ばわりされているようで、私としては
ヒジョウーに気分が悪い。

以前の本屋のババアの割り込みと同じく、割り込みを許す理由など
何もない。大多数の車はきちっと運転しているのだ。私としては、
タイの行政に対して、チェンマイに来る観光客のためにも、ソンテオの
運転手の (小学生レベルの?) マナー教育を行うように要請したい
気分である。

(↓これがそのソンテオ。)
1-Sontew

(↓中は鬱陶しいので、外のステップに立つ乗客も多いが、アブナイ。。)

1-Sontew2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

美味しい炒飯が食べたーい

この出だし文句は、電波少年風にお願いしますね...
以前、これと同じタイトルで、オムライスうどん について書いたことがあるが、
今回はチャーハンだっ。

炊きたての白いご飯も美味しいが、炒めたご飯、炊き込みご飯と
いうのも、また、美味しい。しかし、本当に美味しいと思う炒めご飯、
炊き込みご飯を食べるのは、これまた難しい。
変な店で食べるのであれば、出来合いのインスタント調味料を使って
自分で作った方が美味しい程である。

一般的にタイ米はチャーハンに向いていると、言われているようで、、、
確かに、炒めればパラパラになるが、それが美味しいか? と問われれば、
それ程、美味しいとも思えない。 私の感想としては、日本の王将の
チャーハンの方がよぽっど美味しいのではないか、と思うのである。

4月の中旬に行った香港で食べた金賞受賞のチャーハンも、
さほど美味しいとは感じなかった。 そんな中で、チェンマイで
まだマシなチャーハンが食べれるのは、エアポートプラザ内にある
八番ラーメンであろう。具にチャーシューが使われており、
日本のチャーハンに近い味。
たかがチャーハンなのだが、美味しいものに巡り合うのは大変である。

(↓これが八番ラーメンのチャーハン。八番ラーメンとは、、勿論、
日本のラーメンチェーン (北陸地方にあるらしい) のこと。)
1-Fried Rice2

(↓ロータスの蟹チャーハン、不味いとは言えないが、、味は今ひとつ・・・ 
タイ・チャーハンの美味しい店は、いったいどこにあるのか? 
どんなタイ・チャーハンが美味しいと言えるのか? ということですね。)

1-Fried Rice

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

クレジットカードを使う

私は、昔から、支払いの際にクレジットカードを使うのが大好きである。
以前のブログにも書いたが、その目的は、航空会社のマイルを貯めて、
ビジネスクラスに乗ることにある...
日本では、クレジットカードが使えないコンビニ、スーパーでは買い物せず、
また、タイでは、200バーツを越える支払いは、カードが使えれば、
カード払いとしている。

そして、クレジットの使用に際して、当然に注意しなければならないのは、
不正使用、二重請求されていないかどうかを常に監視することである。
他の人のブログを読んでいると、ときどき、海外で買った覚えのない品物の
請求が来た、ということが書かれているものの、私に限れば、
タイ国内だけで合計すれば数千回は使用したと思うが、今のところそのような
(悪質な) 不正請求が来たことはない。

しかし、問題がなかった訳ではない。これまで起きている問題とは、
カードリーダーが故障して、、というか、読み取り機と一体になっているプリンタの
用紙が紙詰まりを起こし、複数回操作した結果、その全てが請求書に載ってしまった、
ことである。過去に2回発生している。

クレジットカードの使用履歴は、常にネットで確認しており、早いときには、
2~3日で支払いのリストに加えられるため、そのとき発生した誤請求については、
直にクレジット会社に電話して事情を説明し、重複分は削除してもらった。

しかし、これも、キャッシャーの目の前で、プリンタが実際に紙詰まりを起すのを
見ているから、誤った請求であると分る訳で、この現場を見ていなければ、
悪意ある不正請求であるとして、クレジット会社に強く抗議したかも知れない。

いすれにしても、いつどこで不正使用されるか分らないので、使用履歴は常に
ネットで確認する、ことが肝心である。

(↓クレジットカード使えます、のステッカー。タイに限って言えば、これまでの
使用経験から、普通 (←これが大切) の店が、わざと悪質な不正請求をする
ことは無い、ように思う。 であるから、皆、タイでも、安心して
クレジットカードを使いましょう、ということで。。)

1-Credit2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

チェンマイ写真

色々と書きたいことはたくさんあるのだが、今ひとつ気力がないので、写真特集だっ。
昨日は、夕方、大雨が振り、道路は洪水状態。幸い短時間で降り止んだので、この
程度で済んだが、もう少し長引くと、かなりの洪水になってしまう。。

(↓少しの雨でも水浸し...)
1-Ame

下の写真 (↓) は、チェンマイ門の近くにあるジェットリン寺で撮影したもの。以前、
NHKで放送された紀行番組 “世界ふれあい街歩き、チェンマイ編” で紹介されて、
一体どこにあるのかと疑問に思っていたのだが、先日、やっと発見。
他の寺とは違う雰囲気、こんな感じである。

(↓アユタヤにもこんなのがあったような...“世界ふれあい街歩き” とは、
あたかも自分で街を歩いているような雰囲気でカメラ撮影し、これに合わせて、
矢崎滋 中嶋朋子、桂文珍らのナレーターが、語りを入れる少し変った番組である。)
1-Jetlin3

(↓これは何? パゴダ建設中なのか?)
1-Jetlin4

(↓寺の中に蓮の池がある。橋の向こうは、お坊さんの宿舎(庫裡?)だと思うが、、
橋は竹を編んで作られており、かなりしなる。竹の床面を突き破って、足がずぼっと
入ってしまいそう。)
1-Jetlin

(↓雰囲気は良いですね。)
1-Jetlin2


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

日本は大丈夫か?

政権交代をかけた衆院選の投票を8月30日に控え、
日本は盛り上がっているようだが、今回の選挙で、いよいよ、自民党政権は
崩壊してしまうのだろうか?
そして、この選挙を前にして、各党、マニフェストなるものを発表しており、
しかし、どれもこれも生活を守るという名目で、金のばら撒きばかり。

昨年、日本の一般会計の歳入は 53兆円、これに対して歳出は、83兆円。
これでも凄いのに、“100年に一度の経済危機” とやらで大騒ぎし、
今年の歳出は、補正予算で追加されて 100兆円を突破するらしい..
実に、収入に対して倍の支出。。 信じられない..メチャクチャな予算。

各党は色々なプランを発表し、国民と “お約束” をするのは結構だが、
その多くは、選挙での人気取りのためのウケ狙いばかり、、こんな厳しい
財政状況なのに、さらにお金をばら撒こうとする神経が信じられない。
日本の政治家は頭がオカシイのではないか??
少々節約すればどうにかなる、というものではないぞーっ。 

麻生も鳩山も、ついでに福島もだっ、一度、病院で頭を見てもらった方が
良いだろう。もう何年もしないうちに、日本の国家財政が破綻するのではないか、
という気さえする。

国家の借金返済のために、日本の領土を外国に切り売りしながら
財政再建を図る、という案はどうだろうか? タコが自分の足を食べながら
生き永らえるのと同じ理屈だっ。 売国奴ではないぞ。
昔、ロシアは国家財政破綻の危機を回避するために、自国領土のアラスカを
米国に売却した、という歴史もあるのだーっ。

国家の破綻で、円が紙くずになっていない今のうちに、金か、不動産、
もしくは米ドル (タイバーツはどう?) にでも替えておいた方が良いのかも
知れない、ですね。

( ライス長官も消えたことだし、この品のない人 (↓) も・・・。)
Aso_and_Rice

(↓この人は誰でしょう? 正解はタイのアピシット首相です。超エリートの首相、
バンコクではどうか知らないが、北タイでは全然、人気ないですねぇ。)

apisit

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

注文していない “うな重” が出てくる

先日、某日本食レストランで、注文していない “うな重” がテーブルに
運ばれてきた。サービスで “うな重” を食べてくれと言うのなら
嬉しいのだが、そうではない。従業員が、注文を受け間違えたのだ。

私が注文したのは、下 (↓) の写真の “とり重” であり、“うな重”
ではない。 メニューの中で、“とり重” と “うな重” は並んで
掲載されており、しかも、同じ“重 (じゅう) ” で音が似ている.. 

ここのレストランでは、注文時に、客から受けたオーダーを、従業員が復唱する
マニュアルになっており、そのときの復唱で、間違い無く “とり重” と言った
ことを確認している。 だいたい、“とり重” も “うな重” も日本語であり、
私が聞き違える筈もない。従業員が厨房に間違った注文を出したのだ。

この2つのメニュー、値段が全然違う。“とり重” が100バーツなのに
“うな重” は、ほぼ4倍の390バーツ。 一般的に、タイでは、従業員が客からの
注文を間違えて受けてしまって、客が受け取りを拒否した場合、その従業員が自腹で
責任を負うことになる。 
つまり、間違って注文された “うな重” の代金390バーツは、従業員が支払う
ことになる。 このケースでは、従業員のほぼ2日分の収入が、この “うな重”の
支払いに消えることになるのだ。

これでは、あまりにも気の毒なので、、、今回は、“うな重” でOKとしたのだが、
ちょっと高いねぇ.. でも、久々の “うなぎ” なので、美味しかったけどね。

(↓“とり重” でも十分、美味しい。)

1-Toriju

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ボーっとする人々

今日は、眼の定期健診のために午前中、病院に行った。
疾患は完全に治っているのだが、念のために、医者の指定した日に出向いたのだ。 
チェンマイでは一応、一流の私立病院ということになるのだろうが、
本日の診察料は実費で330バーツ。 日本円で千円にもならない額で、
やはり相当に安い。日本で同じような診療をした場合に、保険を使わず
全額実費で支払えば、6千円ほどになることを考えると、タイの医療費は
日本の 1/6以下、ということだろうか?

話は変わって、先日、ショッピングセンター内を歩いていたところ、
突然、タイ人女性がぶつかって来た。ワザとぶつかって来たのではない、
よそ見をしていたのだ。

これまでも、ぶつからないにしても、ボーっとよそ見をしながら歩く
タイ人が急接近して来たことが何度かある。

前から思っているのだが、タイ人は日本人と比べて、視野が狭いのではないか?
心の視野ではない。目で見える範囲の実際の視野のことある。
レストランなどで、ウエイトレスを呼ぶ際に、こちらを向いているにも係らず、
手を上げても、気づいてくれないことが多々ある。
この前は、余りにも気づいてくれないものだから、立ち上がって、
そのウエイトレスの目の前まで行って、声を掛けた程である。
その間、ウエイトレスは、ボぉーっと、突っ立っており、私が声を掛けた途端、
ハッと我に返った感じであった。 日本ではあまり観られない光景だが、
タイでは良くある。 気もそぞろで仕事している人が多いのである。 
まあ、こんな国民性ということだろう..

(↓エアポートプラザ内の巨大水槽付近を撮影。本当は館内撮影禁止なのだが..)

1-AP plaza

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

G.I.ジョーを観る

なんだかんだ忙しくて、こんなのを観ている暇もないのだが、先日、
エアポートプラザ内のシネプレックスで、世界同時公開の 「G.I.ジョー」 という
映画を観た。

先月の ハリー・ポッター 以来の映画鑑賞。 この 「G.I.ジョー」、日本では、
人気韓流俳優のイ・ビョンホンが出ているというので、オババ連中が映画館に
大挙して押し寄せている、という話題の映画 (らしい)。

ストーリーは、悪の組織 「コブラ」 の世界征服に対抗して、アメリカ政府軍の
エキスパートチーム 「G.I.ジョー」 がこれに立ち向う、、という単純な内容。
特撮だらけのチャンチャン・バラバラの映画で、街はむちゃくちゃに破壊され、
ナノマイトという新兵器で、パリのエッフェル塔までも破壊されてしまう..

これでもか、という程のアクションシーンの連続で、、、この手の映画は悪くは
ないが、観ていて疲れる。 特に、この映画で新しいと感じるものは何もなく、
これまで上映された昔の作品を寄せ集めて、いいとこ取りした感じの全く
オリジナリティの無い内容。

後半にある、パリのエッフェル塔の破壊シーンは、実際にエッフェル塔を壊す
ことができないので、当然に特撮なのだが、余りにもお粗末な出来。いかにも
取って付けたようなトクサツで、話題作りのために、このシーンを設けました、
という感じ。

同じ非現実的なシーンでも、キングコングが、女性を抱えながらエンパイヤ
ステート・ビルに登る場面の方が、ずーっとリアルだ。

チェンマイで観る限りは、観客の入りは今ひとつという感じ。
終わり方からして、続編もあるようだが、もう結構..今回だけで十分。

(↓これがその G.I.ジョーだっ..)

1-GI.Joe

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

日本人多し

それにしても、何がどうして、チェンマイに日本人の老人が
こんなにもたくさん住んでいるのであろうか? 私が居住する地区にはあまりいない
ようだが、チェンマイ大学正門に通じるフェケオ通りには、かなりの数の日本人が
住んでいるよう。 通りを歩いている日本人を良く見かける。

先日、夕方頃、この通り近くにある日本食堂に行ったところ、次から次に高齢の
日本人が入って来て、あっと言う間に、店が日本人の老人でいっぱいになって
しまった。 人が人を呼ぶのか、どこの旅行会社が斡旋しているのか知らないが、
ここはそんなに老人の住み易い街なのか?

そして、チェンマイに住んでいる老人の中には、タイ語も英語もできない人が多く、
このため、日本人同士タムロして、余計に目だってしまうのである。
中には、“タイ語も、英語もできなくても、全く不便がない” と言い張っている
日本人老人もおり、きっとタイに来て、頭がオカシくなってしまったのだろう。。

何か理由があって、タイに住むことになったのだろうが、タイ語も、英語も
できないで、外国に住んで何が面白いか? と思う。語学は難しいかも知れないが、
現地人とコミュニケーションがとれて、海外生活の楽しさが分る、と言っても良い
ほどである。

昔、私がタイに来た13年前には、バンコクにも既に相当数の日本人が住んでおり、
しかし、今のような状況ではなかった。かなりの変人も多かったが、老後をタイで
過ごすという目的で、自ら来た日本人・老人は、(私の周囲では) 見たことが
なかった。

インターネットの悪影響とも言えなくもないが、もうこれ以上、日本人・老人が
増えなければ良いと (勝手に・・) 思っているのだが..

(↓静かな?チェンマイの街、旧市街を取り囲むお堀。)

1-お堀

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


美味しいパンが食べたーい

なんだか最近、サボり気味だが、頑張って更新だーっ。
前回の炒飯に続いての話だが、不味いパンが好きな人はいないであろう。

以前、日本のミスタードーナツについて書いたが、タイでは、ドーナツと
同じようにパンも不味い。使用している小麦粉が違うのか、水が違うのか
分らないが、今ひとつ “ふっくら”していない。パサパサとまでは
言えないのだが、全体的に硬いのだ。

チェンマイのエアポートプラザ内には、日本のヤマザキパン (↓) もあり、
しかし、日本のものとは似ても似つかないようなもの。 全体的に比重が大きい
というか、食べた後の満足感がない。 もの凄くマズイとまでは言えないまでも、
ちょっとねぇ..と言う感じ...

そんな中で、まだマシなものは、セブンイレブンなどでフツーに売っている
“ファーム・ハウス”の食パン。 バンコクでも同じものがあるのかは分らないのだが、
余りにも身近で売っているパンが一番マシだなんて、、、 これが、まだ、ふっくら
していて美味しいと思うのだが、、
どうだろうか?

( ↓ これが、まだマシと思われるなファーム・ハウスの食パン。薄い10斤で
   17バーツ (=50円)。)
1-Bread

(↓これが、チェンマイのヤマザキパンだ。確認した訳ではないが、一応、本物だと思う。)
1-Bread2

(↓今年4月のイチゴ祭りのときに撮影。全く食欲をそそらない、どぎつい色・・・。
  舌が真っ赤になりそう。。)

1-Bread3

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

医療保険について

先日、米国の医療保険をレポートする番組が放送されていた。
米国は国民皆保険ではなく、会社組織に属さない人が、病院に行った場合、
もの凄い金額の実費を支払う必要があるという、番組だった。 しかし、
少し調べてみると、米国では会社に属さない自営業者であっても、
民間医療保険に入れば保険が適用されるものの、その保険料が非常に高い、
というのが問題なのだろう。

タイでも国民医療保険というものが存在する。以前、私が会社勤務していた
ときには、(一定規模以上の会社の) 会社員が加入できる公的な医療保険に
加入していたことがある。

月々の保険料は、外国人の場合、一律、750バーツであり、雇用者も同額
支払うことで、毎月、1500バーツもの保険料が強制徴収されていたが、
しかし、実際に病院に行ったときには、この保険証を使ったことがなかった。

それは、この保険証を使った場合、ロクな治療が受けられないという話を
聞いていたからである。一度、指定病院 (私立の総合病院) に行ったとき、
私が会社の制服を着ていたからであろうか、

まず、受付で、“会社の保険使いますか?” と聞かれ、その後、同じことを
看護婦にも聞かれ、最後に、医師にも聞かれた。
医者を含めて3回も、“公的保険使いますか?” と聞かれた訳で、まるで、
自腹と、公的保険とでは、医療の質に差が出ます、と言っているようである。 

タイでは、公的保険を使用する場合、最低の医療を行うようにと、当局から
指導されているのであろうか?

また、タイでは、会社に属さない一般国民のために、“30バーツ医療保険”
というものがある。いわゆるゴールドカードと呼ばれるもので、30バーツの
支払いだけで、一定金額(年間、1100バーツ?) までの医療を受けられる
という制度。

しかし、これは本当に本当の最低医療である。以前、私の知り合いが背中の
痛みを訴え、この “30バーツ医療保険” で診断してもらったところ、医師は、
レントゲンを撮ることも無く、少し触っただけで、“何ともありません” と結論
を出した。しかし、後日、別の病院で実費でレントゲン撮影したところ、骨がずれる
異常が見つかった。

最初の医師の診断は一体なんなのか? この “30バーツ医療保険” は、
単に医師から、“何ともありません” と言ってもらえるだけの保険、と考えた方が
良いであろう。 なかなかタイで高度医療を受けるのは大変である。

( ↓ 某病院内。看護婦もインフルエンザ予防のためにマスクをしているが、
   効果あるのか?)

1-hospital

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

フュージョン料理とは、

フュージョン (Fusion) 料理と呼ばれるカテゴリーがある。訳せば、
創作料理ということになるのだろうが、場合によっては、“和洋折衷料理”
などと呼ばれている。

別に “和洋” とは限らず、おおまかには、日本料理とか、フランス料理、
イタリア料理とかのベースとなる料理があり、それを多少アレンジしたものを
言うのであろう。

チェンマイにもそのような日本料理をアレンジした “フュージョン料理”
を出す店がある。しかし、その店は、何もフュージョン料理であることを
宣伝しているわけではなく、私が勝手にフュージョン料理と言っているだけ
なのだが、、料理全体にそのような雰囲気が漂っている。

狭いチェンマイなので、“その店” の料理について、とやかく批評するのは
気が引けるのだが、せっかく訪れたので、ここに書くことにする。

その店は、綺麗なカフェや、レストランが立ち並ぶ某通り近くにあり、私が
行ったときには、かなりのお客で賑わっていた。 そこで、メニューにある、
“肉団子” “カレーペースト(ドライカレー)” “前菜の盛り合わせ”
“唐揚げ” それに “オムライス” などを注文して食べてみたが、、、
どれもこれも味付けが悪い。 はっきり言えば “不味い” のである。

努力しているのは理解できるのだが、、、私が思うのには、基本となる料理を
アレンジして不味くなるのであれば、最初から、基本に忠実な料理を出した方が
マシと、いうことである。 何のためのアレンジなのか分らないのだ。 そして、
私が勝手に思うのには、ここで出されているものは、あまり経験の無い人が
作った料理という感じ。。

何かのことで関係者がこのブログを読んだらショックを受けるだろうから、
批評はこれで終りだっ。今回は、少々歯切れが悪くてすまぬ。

( ↓ これは上の話とは関係のない富士レストランのフュージョン料理?。
    ジャガイモと、キノコ、ベーコンの炒めもの、という変な料理、、、
    でも味は、“合格” )
1-fuji

( ↓ 上の話とは関係ない、これはギガンティアという日本料理レストラン
    の餃子。とても美味しい。)

1-gyoza

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

シンナー中毒に注意

日本在住のM (も) さんからメールをいただき、昨日の
“ヒュージョン料理” は、日本では “無国籍料理” ということを初めて
認識しました。それに日本の洋食も今は日本料理に溶け込んでいるが、
昔は、“ヒュージョン料理” であったことも..料理のことは、
なかなか知ったかぶりして書けない、という感じですね。
メール、どうも有難うございます。

話が変わって、日本のワイドショーでは、これでもかと言わんばかりに、
連日、覚醒剤を所持していた酒井法子のことを、話題に取り上げている。
毎日、警察から少しずつ発表されるニュースを思いっきり膨らませ、
ある番組では、心理学の先生まで登場して、このとき、酒井法子は
どういう心境であったか?、ということを時間毎に分析する、ことまで
行っている。

まるで、心理学の先生が、酒井法子の気持ちを全て代弁しているようで、
ヒジョウーにバカバカしくて面白い。。

ところで、タイでは、ヤーバー (直訳すれば、馬鹿薬) と呼ばれる覚醒剤が
蔓延している。実物は見たことがないので、“蔓延しているらしい” 
としておこう。

タイ人と話していると、このヤーバーの話は良く出て来る。
国外逃亡したタクシン元首相の時代には、厳しいヤーバーの取締りが
行われて、北タイでも消滅したが、全くやる気と力の無い現政権に
なってからは、再びタイ国内に広がっているらしい。 

このヤーバー、1錠100バーツ~ と、日本で販売される覚醒剤と
比較して格段に値段が安いものであるが、タイ一般庶民の感覚からすると
かなり高価。

そこで、どうしても幻覚を味わいたいタイの貧乏人は、シンナーに走る
のである。以前、ナイトバザールの近くで、一人のシンナー中毒の男性を
良く見かけた。近くを通るだけでシンナーの臭いがぷんぷんするので、
異常者であることがすぐに分った。

20歳半ばの男性で、いつも同じところをウロツいているのだが、
日に日に痩せて、頬もコケて行った。最後には死相が出ているような感じ。
この人は、もうこの世にいないと想像されるが、身近で、このような人を
目の当たりにすると、ぞーっとする。 酒井法子も夫と一緒に一度、
見学にくれば良かったのに、、 と思ったりするのである。

(↓酒井法子なので、白いうさぎである。)

1-Usagi

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

民主党圧勝で円上昇

今日は早朝から円が高騰、再び、手持ちの米ドル、ユーロの含み損が拡大した。
日本の将来への期待感に対して、為替市場が素直に反応しただけなのだが、
そのおかげで、私の含み損は大幅に拡大、暫くは我慢、ガマンの日々...
民主党圧勝の影響は、私については、まず、マイナスに働いたのである。

選挙については色々なところで分析されているので、私が見解を述べることもないが、
でも一言、些細なことを言えば、、、何故、鈴木宗男が当選したか?、である。
しかも比例で。そんなに北海道民はこんな人に期待するものがあるのか?

それから、大阪10区の辻本清美も。 福島みずほ 以上に生理的に受け付けない議員
の一人であるが、こいつだけは当選して欲しくなかった。 選挙に出る前にまず、あの
みっともない大阪弁を矯正して欲しい、と言いたい。
それから、あの田中康夫もだっ。 地元と関係の無い兵庫8区 (尼崎)で出馬し、何故、
そこで当選するのか? 理由が分らない。 兵庫県民は、皆、なんとなくクリスタルの
愛読者か?

今、関東地方に向けて台風が接近しているらしいが、この台風も1日早かったら、
投票率が下がって、公明党の太田代表は落選しなかったかも知れない。
風が吹くのが1日遅かった感じ。。。

(↓タイの某ニュースサイトに掲載されていた写真)
選挙-2

(↓日本の実態。。。 ジジババ、ばっかし、、)

選挙 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん