FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

ふたたび日本帰国

この前、ラオスに行ったばかりなのに、今度は日本に一時帰国し、
なんだかんだと忙しい。今回の帰国では、まもなく失効してしまう
タイ航空のマイレージを使って無料で帰国する予定だったが、
最後まで予約がとれず、、結局、有償チケットで前回と同じ、ANA便で
帰国することに。なんだか代わり映えしない帰国経路。

そして、下の写真は、ANA機に搭乗する寸前のバンコク空港での光景。
一昨日のブログではタイ国内でマスクをしているタイ人がいないことを
書いたのだが、日本行きの飛行機を待つ空港の待合ロビーでは、マスクを
している人 (日本人) がチラホラ。 さすが、何かに付け用心深い日本人
だけのことはあると思っていたところ、、 その後、到着した日本では、
街中でマスクをしている人は、いることはいるが、非常に少ない。。
空港という特殊な場所だけの光景のようである、

( ↓ バンコク空港の出発ロビーにて)
1-airport BKK

( ↓ 機内から撮影。名古屋付近、翼の下に見える埋立地は 名古屋空港
    中部国際空港と思われ。)
1-ANA

( ↓ はっきりしないが、望遠で)

1-ANA2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーサイト



きちっと整列する

日本に帰国して、改めて関心することの一つに 「皆、きちっとしている」
ということがある。

特に、順番を待ちの列については、関心させられる。乗り物に乗るとき、
切符を買うときの順番待ちなど。 特に、ラインも引いてなく、ロープも
張っていないのに、誰も横入りすることがなく、整然と並ぶ姿は、
感動に値する。

タイで順番待ちをするときに、誰かに横入りされないかに神経を使う
ことがあるが、ここ日本ではそんな心配は無用である。
先日、酒井法子の裁判を傍聴しようと多くの人が、傍聴券を求めて
長打の列をなす姿が、テレビに映し出されていたが、そこには、
ロープも張られていないのにダンゴになることもなく、整然と列を
なす規律正しい傍聴希望人がいた。 何故、誰も割り込まないのか?
と聞きたい気分になるほどに、皆、秩序正しい。
息苦しくなる程に、素晴らしい光景である。

(↓飛行機の搭乗を待つ企業戦士の方々。皆、きちっとしている。)

1-ANA3

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ダイソーで買い物する

ダイソーという105円ショップ?があるが、日本に帰国したときに
良く利用する。 安いといっても、「物によって」 であり、タイにないモノ、
タイより安いモノに限って購入する。ここで特に安いと思われるものとして、
ポケットティッシュ、靴下の他、箱、容器、袋類なんかも安く、色々な種類
があって良い。

そして、ここで売られる靴下、、最初は、105円の靴下なんて..使い捨て
なのか? と思ったが、値段の割りに品質は悪くない。タイにもこの値段の
靴下はあるが品質がいまいち。

また、今回、下の写真(↓)のマウスパッドも買ったのだが、このマウス
パッドでは、私のマウスがうまく反応せず、使用不能であった。
注意書きに 「光学マウスで一部反応しにくいものがありますが、
御了承下さい」 とある。マウスパッドなのに、マウスパッドとして使用
できないことを了承しろだと?? 
しかも、私のマウスがこれに該当するようで、、トンデモナイ。
誰が了承なんかしてやるもんかっ。 購入するときに、この注意書きを
見落としていたのだが、それ以前に、マウスパッドとして使用できない
恐れのある 「マウスパッド」 を販売することの方が問題だあーっ。 
さっそく返品に行き、一言文句も付け加えておいたのである。

タイでもこのような返品を受け付けるだろうか? と思う人もいる
だろうが、きちっと説明すれば、結構、返品又は交換に応じてくれる。
ただし、タイでは、返品されたものも、何事もなかったかのように再び、
店頭に並ぶことが多く、この点で、タイと日本では違いがあるかも...
という感じ。

(↓これがその問題のマウス。タイにもダイソーはある。ただし、
  105円ではなく、バンコクでは60バーツ均一、チェンマイでは
  65バーツ均一と、輸入・輸送コストの関係からやや高め。)

1-mouse pad

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

鮮明な日本のテレビ

タイで日本のテレビを観ていることを何度か書いているが、
タイでストリーミングで観る日本のテレビ画面と、日本で直接観る
テレビ画面では鮮明度が全然違う。特に、日本の デジタル画像
地上デジタルは、感動に値するほど、素晴らしく鮮明である。

同じ番組を観るにしても、こんなに画像の鮮明度に違いがあると、
テレビ番組を観たときの感動の度合いにも当然、差が出て来る。
日本に住んでいると、こんな鮮明な画面を見て毎日、過ごせるのか..
と思ってしまうほどである。

実際には、テレビの画質だけでどこに住むかを決定することはないが、、、
そんな気にもさせる程、日本で観るテレビの画質は素晴らしいのだ。

(↓以前の韓国ドラマとの鮮明度の差は歴然)

1-Gurunai

(これも(↓)、これも(↑)も、テレビ画面をデジカメ撮影したものだが、
文字までも鮮明)

1-sekai fushigi

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

正確な天気予報

日本の天気予報は実に正確である。
いつ何時に雨が降り、いつ頃から気温が下がって寒くなる、、など。
本当にそうなるのか? と思っては見るものの、予報通りになることが多い。
他の人も天気予報を見ているのだろう、雨が降り出すと、傘を事前に
用意している人もたくさんいる。

タイでは考えられないことである。タイでもテレビで天気予報を
放送しているが、実に大雑把。一応、地域別に天気予測をしているが、
あまりにも大まかで、しかも、相当に早口で話すので、まともに
見聞きしている人もいないであろう。せめて、県別に細かい予想を
してくれれば良いのだけれど、そこまで高い精度の予測ができない
のであろう。

まあ、しかし、タイでは雨の降り方が局所的な豪雨である場合が多く、
仮に天気予報が的中したとしても、ただ雨が降り止むのを待つだけで、
どうすることもできないのだが...

(↓ 雨の御堂筋 in Osaka。 正面の建物は、高島屋・なんば店。 )

1-御堂筋

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

中山美穂かと思ったら..

特に話題もないので、街の写真でも。
これは大阪・なんばにある吉本会館前で撮影したもの。

                            (↓吉本新喜劇、出演者の方々)
1-吉本1a

(↓中山美穂?ではなかった..)

1-吉本2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ウォシュレットは必需品なのか?

NHK・BS、NHKワールドで 「COOLジャパン (かっこいい日本)」
という番組を放送している。 日本の素晴らしい? ものを外国人の
視点から見るという番組で、ときどき観ている。

その番組の100回記念で、外国人出演者が選んだ最も日本のクール
なモノというのが、、下の写真 (↓) のウォシュレットであった。
こんなものが、外国人が選ぶ日本で最もクールなものとは.. 
なんじゃそりゃ、だ。

タイにも、日本のような精巧なモノではないにしても、ホース式の
簡易なお尻洗浄機がある。この便座式のウォシュレットは日本人の
発明品らしいが、発想の原点は、タイのお尻洗浄機ではないのか?
という気がする。

( ↓ 近所のショッピングセンターにある日本のウォシュレット。
    タイでは見たことない。外国人にもおおむね好評なよう。)
1-toilet2

そして、このウォシュレット、日本の一般家庭で使用される他に、
公共のトイレにも結構取り付けられている。デパート、ショッピング
センターの他、空港のトイレにもある。
こんな安くないトイレ機器を、わざわざ公共のトイレに取り付ける
必要があるのかと思うのだが、今は、日本人が用を足すときの必需品
になっている、ということなのか?

(↓タイのホース式お尻洗浄機。タイは南国なので、水で十分。
  これだと安上がりで良い。)

1-toilet

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

新阪急ホテル・アネックスに泊まる

前回の日本帰国では、タイに戻る日の前日、早朝の便に間に合うように、
ニュー大阪ホテルに宿泊したのだが、今回は、阪急・梅田駅に近い
「新阪急ホテル・アネックス」 にした。

最高の立地なのに、宿泊料金は、5300円と格安。でも、部屋は広く、
バスタブも大きく快適。 ただ、壁が薄いのか、隣の部屋の物音が
少し気になる。

ここのホテルで不思議なのは、部屋の料金の支払いがチェックアウト時
だったこと。日本のビジネスホテルに宿泊するのは、たまになので、
記憶にないだけなのか? チェックインの際に支払いするのが、フツーだった
と思ったが..そして、ここでは、チェックインの際に、身分証明書の提示を
求めるでも無し、クレジットカードのギャランティを取るでも無しで、
そのまま支払いをせずに逃げ去ったら、どうするのか?  とこちらの方が
心配になる。それとも、ここのホテルの宿泊者は善人ばかりで、そんな不心得者
はいない、ということなのだろうか?

(↓立地は良いが、早朝は、駅までの道筋に人気が無いので、少々不安な感じ..)
1-Osaka.jpg

(↓部屋から見える阪急・梅田駅。中央にある煙突のようなものは何か??)

1-Osaka2.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

ANAのプレミアムクラスに搭乗する

航空機ファンでなければ興味がないかも知れないが、今回、初めて
伊丹・成田間で、ANAのプレミアムクラスに搭乗した。
プレミアムクラスは、プレミアム運賃で航空券を事前購入していない場合、
当日、空席があれば、アップグレードポイント・4ポイントか、又は追加料金を
払えば、普通席から変更できる。

私は前年度、マイル修行をして、アップグレードポイントを獲得しているので、
これを使って座席変更、つまり、今回は無料のアップグレードをした。
伊丹・成田間のNH2176便は、欧米線に使用される国際線機材を
使用しているために、プレミアムクラスの座席は、国際線で言うところの
“ファーストクラス”。 初めての擬似ファーストクラス体験? となった。

(↓NH2176便に使用されるB777-300型機、国際線の機材だっ。
  伊丹空港にて撮影。)
1-Premium class z

当日の便では、プレミアムクラス8席に対して、乗客はわずか3人..
満席かと思ったのに、ガラガラで、ちょっと拍子抜け。そして、楽しみに
していた朝食は、これ(↓)である。

(↓配膳されたところ。テーブルクロスは無しである。)
1-Premium class  a

(↓蓋を開けると、小さいサンドウィッチと果物、それに、たっぷりのキノコの
  クリームスープが..)
1-Premium class x

余りに質素な食事に、少々驚き.. もっと豪華なものが出てくるのかと
思った..相当に期待していたのだが、裏切られた感じ.. 
シートは “ファーストクラス” であったので、そこそこ快適だが、しかし、
飛行時間が1時間と短く、次回からは、普通席で十分...
何事も体験してみないと分らない、ということである。

(↓お食事の後のコーヒーでございまあーす。 陶器でなくて、紙コップだっ。)

1-Premium class c

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

各駅停車で大阪空港に行く

前回のANA搭乗記とは時間が前後してしまうのだが、
新阪急ホテルから、大阪・伊丹空港までに撮影した公共交通機関の写真
(↓) を掲載する。ホテルは、夜が明けない早朝にチェックアウトし、
いつもの空港バスではなく、阪急電車で空港に向うことにした。
空港近くの蛍池駅で、阪急電車からモノレールに乗り換え、およそ
30分で空港に到着。

以前のブログでも書いているが、
伊丹空港は、関西空港と比較して、距離的には大阪の中心部に近いが、
移動時間で見た場合に、それほど、伊丹空港の立地が良いとは思えない。
10分程度の差であろう。むしろ、移動に要する運賃の方が問題であろう、
という気がする。

(↓早朝、ひっそりとする阪急・梅田駅。なんだかサエナイ色の阪急電車)
1-Hankyu

(↓宝塚行きのもみじ号?。早朝なので各駅停車しかない。)
1-Hankyu2

(↓途中で乗り換えた大阪モノレール。走っている区間がマイナー過ぎて、
  ほとんど役に立たない。今回初めて乗車。)
1-Osaka Airport

(↓モノレールの軌道。終点の大阪空港駅にて撮影。)

1-Osaka Airport2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん