FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

シンガポール旅行 《1》 “バンコク空港になかなか着陸できず”

少し遅くなりましたが、7月上旬にシンガポールに行きましたので、その旅行記です。
シンガポールに行くのは今回が4回目、2年半ぶり。 また、ダラダラとアップする
ことになると思うが... 我慢して読んで下さいね。

まずは、チェンマイ空港から出発です。

( ↓ 17時発の TG115 にて、まずバンコクに向かいます。)
20-Singa 001

( ↓ 機材は、A300-600 型機、ボロボロ機材です。 平日の夕方なのにほぼ満席。
    本日は、残念ながら... 奴隷クラスに搭乗です。)
20-Singa 002

( ↓ チェンマイ空港、まもなく出発。 本日、天気が良いです。)
20-Singa 003

( ↓ ほぼ定刻に出発しました。)
20-Singa 004

( ↓ 南に向けて離陸しました。 左旋回中。)
20-Singa 005

( ↓ 高度を上げて順調に飛行しています。 )
20-Singa 005b

( ↓ エアバス、A300-600 型機の “安全のしおり”。)
20-Singa 006

( ↓ エコノミーの... 機内食でございます。)
20-Singa 006b

( ↓ ここのところ、タイ航空のエコノミーではいつもバナナ・カステラ。)
20-Singa 007

( ↓ 少し雲が多くなってきました。)
20-Singa 008-2

( ↓ そのうち雨雲になり、気流も悪くなって、揺れも激しくなる。)
20-Singa 009

飛行機の揺れが激しくなる中、機長からアナウンスがあり、“バンコク・
スワンナプーム空港の東側滑走路が工事中のために閉鎖されており、西側滑走路
一本のみの運用となっている。 着陸の順番待ちのために、ロブリー (タイ中部)
の上空で20分ほど旋回する”、というのだ。 

今現在、滑走路の工事は終了しているが、このときは滑走路工事の真っ最中で、
飛行機の遅延が続出していたときだった。着陸の順番待ちは仕方ないにしても、
私としては、何も雨雲が立ち込めたこんな気流の悪い場所で旋回しなくても... 
と思うんだけど。

同じところをグルグルと旋回するので、いつも同じ場所で雨雲に突入し、激しく
機体が揺れる。 どうにかしろよ、という感じ。 結局、ここでの旋回は30分にも
及び、このため、通常ならば1時間でバンコクに到着するはずが、1時間半も
かかってしまった。 バンコク・チェンマイではこれまでで最長の飛行時間だ。

( ↓ まもなく、バンコク・スワンナプーム空港に着陸。 雨です。)
20-Singa 010

( ↓ 着陸しました。 かなりドシャ降りの雨。)
20-Singa 011

( ↓ 搭乗機を降りました。 珍しく後ろ側のタラップから降機しました。
    雨降りの暗い中での撮影なので、かなりピンぼけとなってしまい、すまぬ。)
20-Singa 012

( ↓ 本日、スワンナプーム空港に直結したエアポートホテル・ノボテルに宿泊。 
    ここは、空港内にあるノボテルの案内所だが、誰もおらず...)
20-Singa 013

ということで、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



シンガポール旅行 《2》 “MEGAバンナーに行く”

バンコクに到着してそのままシンガポールに行っても良かったのだが、
シンガポールへの到着が深夜になってしまうので、バンコクにて1泊する
ことにした。

宿泊したノボテル・バンコク・スワンナプームエアポートの話は、後でする
にして、ホテルにチェックインした後は、ホテルで食事せず、空港近くの 
“MEGAバンナー” に行くことにした。 “MEGAバンナー” は
空港の裏側に位置しており、空港近くの巨大ショッピングセンターという
ことで、一度行ってみたいと思っていたのだ。

しかし、このMEGAバンナー、地図上では、空港からさほど遠くないように
見えるのだが、実際にタクシーに乗ってみると、かなり大回りするように車が
進み、30分近くもかかってしまった。 空港で時間があるときの 
“時間潰し” にでも使えるか... と思ったのだが、それは、“不可”。 
ちょっと不便で、遠すぎますね。 こんな感じです。

( ↓ 空港から、ノボテルのワゴン車に乗り、ホテルに到着しました。)
19-Singa 001

( ↓ ホテルにチェックインした後、急ぎタクシーでMEGAバンナーに
    向かいました。)
19-Singa 001 b

( ↓ 30分ほどでMEGAバンナーに到着。 すぐに到着すると思ったところ、
    予想外に車が走り続けたので、かなり遠く感じました。 MEGAバンナーの
    駐車場前にあるバンナーくん (←私が命名) です。)
19-Singa 002

( ↓ バンナーくんの正面です。 本当は、“MEGA幸夫” と命名して
    紅白にも出場したかったんだけど...やめました。 )
19-Singa 004

( ↓ MEGAバンナーには、IKEAもあります。)
19-Singa 003

( ↓ 中はキンキラです。 ロビンソンデパートがあります。 大き過ぎて
    全体的にガラ~んとした感じ。)
19-Singa 005

( ↓ ロビンソンデパート、中はあまりお客がおらず。)
19-Singa 006

( ↓ もの凄い店舗の数だけど、お客が少なすぎ。)
19-Singa 006b

( ↓ ここはレストラン街。)
19-Singa 007

( ↓ FUJI レストランもあります。)
19-Singa 008

( ↓ 大戸屋があり、ここで食べようかと思ったのだが、“ご飯がない” と
    言われ、食べるのを断念。 )
19-Singa 009

( ↓ 考えた末、タイスキのMKに入りました。)
19-Singa 010

( ↓ ワンタン鴨肉ラーメンを食べました。 ときどき食べるのだが、
    悪くないですけど... )
19-Singa 011

そして、ここのショッピングセンターの問題は、客待ちしているタクシーが
異常に少ないこと。 下の写真のバンナーくんの左手にあるのが、タクシー
スタンドだが、タクシーがほとんど来ない。 今日は雨降りで余計にタクシー
が少ない。 

私は日頃の行いが良いですから... 帰路のタクシーは難なく捕まりました。。。
しかし、こんな僻地で、タクシーが捕まらない場合、かなり面倒なことになる。 
多くのお客は自家用車で来ているようなので、問題はないだろうが、観光客が
空港での時間潰しにちょっと立ち寄るには、問題ありのショッピングセンター
であろう。 私も、よっぽどのことがないと、ここに来ることもないでしょうね。

( ↓ バンナーくんの左側にあるタクシースタンド。 私はここで15分ほど
    待ちましたが、結局、タクシーは来ず。 別の場所にたまたま流していた
    タクシーを捕まえ、事なきを得ました。)
19-Singa 012

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《3》 “ノボテル・スワンナプームにまた宿泊する”

翌朝、シンガポールに行くために、前日に空港に隣接するノボテル・
スワンナブーム・エアポートホテルに宿泊した。 ここのホテルへは、わずか
7ヶ月前の 香港・マカオ旅行 の際に宿泊したばかりなので、私としては
それ程、新鮮味がない。 再び宿泊したノボテル・スワンナブームは、
こんな感じでございます。

( ↓ ホテルの建物の間に位置する広大なロビー。)
18-Singa 001

( ↓ 宿泊した部屋です。 前回と同じような感じ。 向こうに見えるのは、
    スケスケのバスルームです。)
18-Singa 002

( ↓ 部屋から見たバスルーム。)
18-Singa 002b

( ↓ あまり使い道のない椅子。)
18-Singa 003

( ↓ デスクに、椅子です。 暗くて撮影困難のため、仕方なく “夜景モード”
    により撮影。)
18-Singa 004

( ↓ ホテルのインターネット料金は高額なので、自前の3Gを使用。)
18-Singa 005

( ↓ 翌朝、部屋から見たロビー風景。)
18-Singa 005-2

( ↓ とんがっているところが、レセプションです。)
18-Singa 005-2b

( ↓ ロビーの中央にある装飾。)
18-Singa 005-2bb

( ↓ ビュッフェ付きの宿泊料金だったので、ここで朝食を食べました。 
    エアポートホテルだけあって、早朝3時からオープンしているとのこと。)
18-Singa 005-3

( ↓ 写真では美味しそうに見える... 卵焼き。)
18-Singa 005-4

( ↓ 鯖の照り焼き。)
18-Singa 005-5

( ↓ 関心ないでしょうが... 私の食事。)
18-Singa 005-6

( ↓ ホテルから見た空港正面。)
18-Singa 007

( ↓ 食事の後、早々にチェックアウトして、ホテルのワゴン車で空港に向かいます。
    朝の9時頃です。)
18-Singa 008

( ↓ まもなく空港に到着。)
18-Singa 008b

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《4》 “タイ航空のA340に乗る”

シンガポール行きのタイ航空機に搭乗するためにスワンナプーム空港に
到着した。 本日は平日の日中なので、空港はガラーンとした感じ。
まあ、こんな感じですね。

( ↓ 空港の出発フロアー。 人が団子になっているところもあるが、全体的に
    閑散とした雰囲気。)
17-Singa 001

( ↓ 最近、改装工事が終了して新しくなった出国審査場。 
    2階から入ります。 エスカレータに乗って2階に上がります。)
17-Singa 002

( ↓ 出国審査の前に、荷物チェックがあります。 ここから写真禁止と
    言われ... このため、1階の出国審査場の写真はありません。 
    しかし、実際のところ、改装工事では、出国審査の後に行われていた
    荷物チェックを、2階に新設したフロアーで出国審査前に行うように
    しただけで、1階にある出国審査場はそのままの元の場所にあります。)
17-Singa 003

( ↓ ここはかつての荷物検査場。 今は何もありません。 まあ結局のところ、
    今回の工事は、イミグレの改良というより、荷物検査場の改装工事なので
    あろう。)
17-Singa 004

( ↓ 搭乗までに時間がありますので、タイ航空のラウンジでゆっくりします。
    ここは、コンコースC のロイヤルシルク・ラウンジです。 今の時間、
    あまり人がおらず、ガラーンとした感じ。 )
17-Singa 005

( ↓ あまり大したモノがありません... )
17-Singa 006

( ↓ ラウンジから見たコンコースC。)
17-Singa 007

( ↓ TG413、11:15発のシンガポール行きに乗ります。)
17-Singa 008

( ↓ 搭乗機となるエアバス・A340-600型機。 安心の四発エンジン機
    なのだが、燃費が悪く、メンテナンスコストも高いという悪評ばかりの機体。 
    タイ航空も早く売ってしまいたい、らしい。)
17-Singa 009

( ↓ 悪口ばかり言われて、可哀そうな... エアバス・A340型機、
    正面から撮影。)
17-Singa 010

( ↓ 飛行機に搭乗中です。 前方にあるビジネスクラス。 今回は残念ながら、
    後方の奴隷クラスです... )
17-Singa 011

( ↓ 素晴らしい... ビジネスシートをもっと見ていただきます。)
17-Singa 012

( ↓ エコノミークラスでございます。)
17-Singa 013

( ↓ 本日、ガラガラ。 真ん中の座席はお客がいません。)
17-Singa 014

( ↓ 機内から見たスワンナプーム空港。)
17-Singa 015

( ↓ 出発しました。 滑走路に向け移動中。 まもなく離陸します。)
17-Singa 016

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《5》 “チャンギ空港に着陸する”

バンコク・スワンナプーム空港が工事中で、滑走路が1本しか使えないにも
かかわらず、シンガポール行きタイ航空機はほぼ定刻に出発しました。 
本日、曇り空で、途中の景色は全然だめ。 こんな感じです。

( ↓ 搭乗機のTG413、順番待ちもなく離陸しました。)
16-Singa 001

( ↓ 上昇中です。)
16-Singa 002

( ↓ 途中、ずーっとこんな感じで、景色は全然だめ。)
16-Singa 003

( ↓ 2時間の飛行ですが、結構な食事が出ます。)
16-Singa 004

( ↓ 海老はあまり好きではなく...間違って選んでしまいました。。。)
16-Singa 005

( ↓ 特にシートテレビを観るでもなく、ボーっとしているうちに、
    搭乗機は着陸態勢に入りました。 まだ、マレーシア上空です。)
16-Singa 006

( ↓ 高度下げてます、)
16-Singa 007

( ↓ ジョホール水道、横断中。)
16-Singa 008

( ↓ まもなくチャンギ空港に着陸。)
16-Singa 009

( ↓ 着陸しました。)
16-Singa 010

( ↓ チャンギ空港です。 シンガポール航空の A380が見えます。)
16-Singa 011

( ↓ シンガポール航空出資の格安航空会社、Scoot (スクート)。 
    ボーイング777-200型機です。)
16-Singa 012

( ↓ 搭乗機、第1ターミナルの D34スポットに到着しました。)
16-Singa 013

( ↓ 第1ターミナルの入国審査場。 以前来たときには、ここに人が溢れ返り、
    入国に30分くらいかかったが、本日はガラガラ。)
16-Singa 014

( ↓ 空港で両替をして、急ぎ、タクシーに乗車しました。)
16-Singa 015

( ↓ イーストコースト・パークウェイを走行中のタクシー。 
    ホテルに向けて爆走中です。)
16-Singa 016

続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《6》 “アマラ・サンクチュアリー・リゾートに宿泊する”

空港で乗ったタクシーは、シンガポールの市街を抜け、南へと向かった。
その行先は、セントーサ島である。 セントーサ島に行くのは、前回の
シンガポール旅行で、ソング・オブ・ザ・シー というミュージカルを見るために
行って以来のこと。 空港から30分ほどで到着しました。

( ↓ ラッフルズ・プレイスあたりの高層ビル群が見えてきました。)
15-Singa 001

( ↓ 左手に見えるのがシンガポールフライヤーという大観覧車、その右は
    最近オープンしたマリーナ・ベイサンズというカジノ付き巨大ホテル。)
15-Singa 002

( ↓ マリーナ・ベイサンズの真横を通過。)
15-Singa 003

( ↓ さらに橋を通って、セントーサ島に入ります。)
15-Singa 004

( ↓ セントーサ島のゲート。 島内の宿泊者は無料で通過できます。)
15-Singa 005

( ↓ ホテルにまもなく到着。 ホテルの看板を捜したんだけど、あったのは、
    この小さい案内板だけ... まさに隠れ家的ホテルだ。)
15-Singa 005-2

( ↓ アマラ・サンクチュアリー・リゾートに到着しました。ホテルの
    エントランスです。 中型のホテルなので、こんなもんでしょう。)
15-Singa 006

( ↓ ホテルロビー。 部屋の準備ができてないとのことで、ここで20分ほど
    待ちました。)
15-Singa 007

( ↓ 部屋の用意ができました、とのことで、館内に入ります。 
    水が流れ落ちる壁を見ながら、進みます。)
15-Singa 007-b

( ↓ これがホテルの本館。)
15-Singa 008

( ↓ 建物が湾曲してますので、中の廊下も曲がってます...)
15-Singa 009

( ↓ 宿泊した部屋です。)
15-Singa 010

( ↓ 景色も良いです。)
15-Singa 011

( ↓ 全く使わなかったソファー。)
15-Singa 012

( ↓ ベランダもあります。)
15-Singa 012-2

( ↓ ベランダからの景色。 シービューですが、タンカーがたくさん泊まっている
    だけのパッとしない景色。 部屋は“プレミア” という下から2番目の区分。
    最下位グレードだと、裏側又は下層階のガーデンビューだと思われ。)
15-Singa 012-2b

( ↓ テレビと机まわり。)
15-Singa 012-3

( ↓ バスルーム。 ブラインドを上げると部屋から丸見えになります。)
15-Singa 013

( ↓ 洗面台のあたり。)
15-Singa 014

( ↓ シャワーも別にあります。)
15-Singa 015

ということで続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《7》 “セントーサ島のホテルについて”

今回のシンガポール旅行では、滞在先のホテルをセントーサ島の
アマラ・サンクチュアリー・リゾートにしたのだが、ホテルを決めるに
あたって大変苦労した。

というのは、セントーサ島内のホテルはどこもバカ高いのだ。
Adoda,  Hotels.Com, Hotel Travel.Com などなどから、日本のHIS、
アップル、JHC、楽天トラベル まで調べまくり、値段・場所・宿泊条件・
口コミの評価を参考にしつつ、ここの “アマラ・サンクチュアリー・リゾート” 
とした。 色々調べて分かったのは、最低価格保証を掲げている某ホテル
予約サイトでは、全然、最低価格になっておらず、、、もう嘘つきまくりである。

値段だけ見れば、“シロソ ビーチ リゾート” が断トツで安かったのだが、
場所が悪いのと、口コミの評判が恐ろしく悪いので... 却下しました。
どのくらいの値段で宿泊できるかは、各自で調べてもらうにして...
写真をどーぞ。

( ↓ ウォーターフロント駅近くにある新しいホテル。 手前から、ハードロック・
    ホテル、フェスティブ・ホテル、ホテル・マイケル。 朝食なしで、かつ
    高い値段しかなく、宿泊断念。 ここらのホテルは予算オーバーで
    ちょっと手が出ません...)
14-Singa 010

( ↓ ユニバーサルスタジオに近いホテル・マイケル、裏側から撮影。) 
14-Singa 011

( ↓ これは、宿泊した “アマラ・サンクチュアリー・リゾート” の庭。)
14-Singa 001

( ↓ 宿泊したホテル内に孔雀がいたんだけど、ずーっと、この場所、この姿勢で
    じーっと、しています。)
14-Singa 001-2

( ↓ 中を覗いているのかと思ったら、、、 そうではない。)
14-Singa 002

( ↓ ここでも、じーっとしている孔雀がいました。 その理由は、、、)
14-Singa 003

( ↓ という訳です。)
14-Singa 004

( ↓ こんなこと一日中していて、楽しいのかしらん? )
14-Singa 005

( ↓ セントーサ島内を走る無料バスのイエローライン。 イエローラインに
    乗って、ここまで来たんだけど、ここからブルーラインになりました。)
14-Singa 012

( ↓ バス内です。)
14-Singa 012-2

( ↓ シンガポール本土に通じるセントーサ・エクスプレスの
    ビーチステーション駅。)
14-Singa 012-3

( ↓ セントーサ・エクスプレスの車両です。 )
14-Singa 012-4

( ↓ すれ違いです。)
14-Singa 013

( ↓ 趣味が良いとは言えないオレンジ車両。)
14-Singa 014

( ↓ ブルーもあるでよ。 その他、レッド車両、パープル車両もありんす。)
14-Singa 016

( ↓ 列車内。)
14-Singa 016-2

( ↓ セントーサ島のビーチ間を結ぶトラム。 これはシロソ・ビーチ・トラム。)
14-Singa 017

( ↓ トラム内から撮影。)
14-Singa 017-2

( ↓ これは、パラワン・タンジョン・ビーチトラム。 トラムも全て無料です。)
14-Singa 018

まだまだ、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《8》 “アジア大陸・最南端に行く”

更新が遅れ気味ですまぬ。 セントーサ島に来て初めて知ったのだが、
ここにはアジア大陸・最南端という場所がある。 それが下の写真だ。

( ↓ これが、アジア大陸最南端だっ... といっても、分からないだろうから、、、)
13-Singa 001

( ↓ ちょっと写真を拡大すると、ここです。 下の茶色いツインタワーの
    ようなところがそう。 本当はホテルから歩いて行けたのだが、
    それは後で知ったこと。 バスで大廻りして行きました。)
13-Singa 002

( ↓ この無料のバスで行きました。)
13-Singa 003

( ↓ ここがバス路線終点のパラワンビーチです。)
13-Singa 004

( ↓ あまり人がいない... と思ったら、奥の方が賑わってました。)
13-Singa 005

( ↓ 結構、人がいます。)
13-Singa 006

( ↓ カヌーしてます。)
13-Singa 007

( ↓ 吊り橋を渡って、アジア大陸最南端に行きます。)
13-Singa 008

( ↓ 吊り橋渡り中...)
13-Singa 009

( ↓ 吊り橋の途中から撮影。)
13-Singa 010

( ↓ 島に到着しました。 なんだか自然の島というより、人工の島という感じ。)
13-Singa 010-2

( ↓ こんな人が作った島でも、アジア大陸・最南端が認められるのか? )
13-Singa 011

( ↓ 海の水は濁ってます。)
13-Singa 011-2

( ↓ タワーの上です。)
13-Singa 012

( ↓ 中国の漁業監視船が領海侵犯しています... ではなく、タンカーが
    停泊しています。)
13-Singa 013

( ↓ この突き出たところが、本当の最南端です。)
13-Singa 013-2

( ↓ タワーからパワラン・ビーチを臨みます。)
13-Singa 014

( ↓ さっき渡った吊り橋。)
13-Singa 015

( ↓ 再び吊り橋を渡って、ビーチに戻りました。 本日、雲行きが怪しく
    雨が降りそう、、、 と思ったところ、)
13-Singa 016

( ↓ 土砂降りになりました。)
13-Singa 017


( ↓ 雨宿りしてます...)13-Singa 018

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村


シンガポール旅行 《9》 “アンダー・ウォーター・ワールド に行く”

パラワンビーチにあるアジア大陸最南端に行った後は、シロソビーチにある
アンダー・ウォーター・ワールドに行きました。 こんな感じでございます。

( ↓ シロソビーチへはトラムを乗り継いで行きます。 結構、行列しているが、
    トラムが次々と来るので、そんなに待つことなく乗車できます。)
12-Sin2   01

( ↓ アンダー・ウォーター・ワールドに到着。 チケット売り場です。)
12-Sin2   03
 
( ↓ これがチケット、日本円で1600円くらい。)
12-Sin2   04

( ↓ アンダー・ウォーター・ワールドの入り口。)
12-Sin2   02^2

( ↓ ウミガメです。)
12-Sin2   05

( ↓ なんか知らんけど、魚です...) 
12-Sin2   06

( ↓ アンダー・ウォーター・ワールドとは... 単に、動く歩道に乗って
    自動的に案内される水族館でした。 思った以上に、面白くない施設。)
12-Sin2   07

( ↓ 魚の群れです。 )
12-Sin2   08

( ↓ クエのようだが、確かではない。 これだと、香港の海洋公園 の方のずーっと上。)
12-Sin2   09

( ↓ クラゲのようだが、それが何か...)
12-Sin2   10

( ↓ 動物ショーもあります。)
12-Sin2   11

( ↓ ピンクイルカです。)
12-Sin2   12

( ↓ 泳ぎます。)
12-Sin2   12-2

( ↓ ジャンプだっ!! )
12-Sin2   13

( ↓ アシカが登場。)
12-Sin2   14

( ↓ 頑張ってます。)
12-Sin2   15

( ↓ アシカもジャンプします。)
12-Sin2   17

( ↓ ファランのお客もショーに参加します。)
12-Sin2   18

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《10》 “マウント・フェーバー・ケーブルカーに乗る”

ちょっと日本帰国していて、何だかんだと忙しく、更新が遅れ気味で
すまぬ。 少し言い訳すると... 更新が遅れる理由としては、膨大な
写真の整理が面倒と、言うことがある。 旅行の最中には何も考えずに
シャッターを押しまくっているが、僅か3泊4日で撮影した写真は、
2000枚以上になる。 これらを整理して、“お話” にしなければならず、
憂鬱な気分... でもまあ、それなりの方々が閲覧しているようで、、、
頑張って更新する。

ということでブログ再開だっ。 セントーサ島からシンガポール本土は、
モノレールや、道路でつながっているのだが、それ以外で、ロープ―ウエイ
でも行き来できる。 最近まで改良工事していて運転を中止していたのだが、
それも終り、運行が再開された。 こんな感じですね。

( ↓ ロープウエイに乗るには、まず、マーライオン・タワーの横を
    通って、山の上まで行く必要がある。 これが山に登る途中で
    撮影した風景。)
12-Singa-b  0001

( ↓ ロープウエイの正式名称は分からないが、とりあえず、
    “ジュエル・ケーブルカー” と言うらしい。 ここが
    乗り場となるセントーサ駅。)
12-Singa-b  0002

( ↓ 乗客が並んでいるのかと思ったら、ガラガラ。 すぐに乗れました。
    料金は29シンガポールドル (=1900円くらい)。)
12-Singa-b  0003

( ↓ ゴンドラに乗りました。)
12-Singa-b  0004

( ↓ 途中、ハーバーフロント駅を経由して、マウント・フェーバー駅まで行きます。)
12-Singa-b  0005

( ↓ これが出発したセントーサ駅です。)
12-Singa-b  0006

( ↓ ケーブルから見たセントーサ島。)
12-Singa-b  0006-2

( ↓ 上の写真の左側風景。)
12-Singa-b  0007

( ↓ ハーバーフロント駅との中間にある巨大支柱です。)
12-Singa-b  0008

( ↓ だんだん支柱に近づきます。)
12-Singa-b  0010

( ↓ もっと近づきます。)
12-Singa-b  0011

( ↓ かなり高いです。。。)
12-Singa-b  0012

( ↓ 中間地点の支柱通過中。)
12-Singa-b  0013

( ↓ 通過しました。)
12-Singa-b  0014

( ↓ 支柱の下はこんな感じ。)
12-Singa-b  0015

( ↓  途中のハーバーフロント駅に近づきます。)
12-Singa-b  0016

( ↓ 遠くにセントーサ・エクスプレスが見えます。)
12-Singa-b  0017

( ↓ セントーサ島とシンガポール本土との間の海峡を通過中。)
12-Singa-b  0018

写真が多くなるので、ここで中断。 続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《11》 “マウント・フェーバー駅に到着する”


ロープ―ウエイの続きです。 このロープ―ウエイは前から乗りたいと思って
いたものの、前回のシンガポール旅行では工事中で運行が休止されていて、
今回の旅行で、乗車が実現した。 思ったよりも景色が良くて、乗って損は
ないという感じ。 写真の続きをどーぞ。

( ↓ 引き続き、セントーサ島と、シンガポール本島との間の海峡を通過中。
    シティホール付近の高層ビルが見えます。) 
10-Singa-a 0001-2

( ↓ 上の写真とは反対側の風景。)
10-Singa-a 0001-3

( ↓ 海峡を通過しました。)
10-Singa-a 0001-4

( ↓ まもなく中間駅のハーバーフロント駅に到着。)
10-Singa-a 0002

( ↓ ハーバーフロント駅です。 ここでは降りずに、そのまま通過します。)
10-Singa-a 0003

( ↓ ハーバーフロント駅を通過しました。 駅の中の写真、暗くて撮影できず...)
10-Singa-a 0003-2

( ↓ ハーバーフロント駅~マウント・フェーバー駅間の景色は、こんな感じで、
    全く期待できません... 高速道路ビューです。)
10-Singa-a 0004

( ↓ ここにも支柱があります。何故か、撮影したくなる支柱です。)
10-Singa-a 0005

( ↓ 支柱を通過しました。)
10-Singa-a 0006

( ↓ コンクリート柱との連結部は、こんな感じだが... 
    こんなんで大丈夫か、ちょっと不安。 根元がバキっと、折れてしまいそう。)
10-Singa-a 0007

( ↓ まもなくマウント・フェーバー駅。 後ろ向きに撮影。)
10-Singa-a 0007-b

( ↓ マウント・フェーバー駅に入ります。 このロープ―ウエイは、片道でも
    往復でも値段は同じ。 このため、多くの乗客はここで降りず、そのまま、
    今きた経路を引き返します。 その後、中間のハーバーフロント駅か、
    起点のセントーサ駅まで戻るのでしょう。)
10-Singa-a 0008

( ↓ ここが、終点のマウント・フェーバー駅にある建物です。 あまり人が
    おらず、閑散としています。)
10-Singa-a 0009

( ↓ マウント・フェーバー駅に何があるのかと言えば、ほとんどがレストラン。
    しかも、雰囲気が良くて高いだけのレストラン... という感じ。)
10-Singa-a 0010

マウント・フェーバー駅はちょっと見ただけで終了。 ここから、なかなか来ない
タクシーを待って、新名所の “マリーナ・ベイサンズ” に行きました。
続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《12》 “マリーナ・ベイサンズに行ったのだが...”

ロープ―ウエイに乗った後は、マリーナ・ベイサンズホテルに行った。 
もの凄く大きな建物で、かなりの観光スポットになっているのだが、
ここに行った後の感想は、“別に...” という感じ。 建物はそれなりに
奇妙なので... 外から見ているだけでも、十分だと思いますね。

今回のシンガポール旅行で、ここに宿泊することも考えたが、高い割に、
部屋の設備もそれほどではなく、評判も悪いので、却下した。

( ↓ これは2年前にシンガポール旅行に行ったときのマリーナ・ベイサンズ。
    このときはまだ建設中。)
09-Singa-a 001

( ↓ 完成したマリーナ・ベイサンズ。 これはネット上にあった写真で、
    残念ながら、私が撮影したものではありません。 拝借しました。。。)
09-Singa-a 001-2

( ↓ タクシーに乗車したときに撮影したマリーナ・ベイサンズ。 ホテルとともに
    歩道橋が写っているが、この歩道橋は公共のもので、ホテルを貫通するように
    設置されてます。)
09-Singa-a 002

( ↓ マリーナ・ベイサンズ内です。 上の写真の歩道が見えます。 ホテル内から、
    この歩道に直接行くことはできません。)
09-Singa-a 003

( ↓ マリーナ・ベイサンズ内にある提灯のような巨大照明。)
09-Singa-a 004

( ↓ カジノもありますが、興味ないので、行ってません。)
09-Singa-a 005

( ↓ 最上部にある展望台に行くには、地下に降りる必要があります。)
09-Singa-a 006

( ↓ ハリーポッターの展示会が開かれていたが、料金が高いので入場断念。)
09-Singa-a 007

( ↓ ここで入場券を買います。)
09-Singa-a 008

( ↓ 料金は20シンガポールドル (1300円くらい)と高い。)
09-Singa-a 009

( ↓ フツーのエレベータに乗って展望台に上がります。)
09-Singa-a 010

( ↓ 展望台に到着。 真っ暗な中での撮影なので、ブレブレ。)
09-Singa-a 011

( ↓ この時間、展望台は端の方しか開放されておらず、“えー、これだけー”
    という感じ。 写真は明るくなるように色彩調整しているが、実際は、
    足元が見えない程、真っ暗。)
09-Singa-a 012

( ↓ 結構、観覧客がいます。)
09-Singa-a 013

( ↓ 大観覧車のシンガポール・フライヤー。)
09-Singa-a 014

( ↓ 高級ホテル群。 真ん中の小さい四角い建物が、マンダリン・オリエンタル。)
09-Singa-a 014-2

( ↓ チャイナタウン側です。)
09-Singa-a 015

( ↓ ホテルの横で演じられる、安っぽい光のショー。)
09-Singa-a 016

ということで、マリーナ・ベイサンズの展望台に行ったのだが、費用対効果を
考えれば、展望台に行くのは止めておいた方が良い、という感じ...

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《13》 “ユニバーサルスタジオ・シンガポールに行く”

今回のシンガポール旅行で最大の “見せ場” がやって参りました。
それは、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール (USS) に行ったことで
あります。 それ程、テーマパークに関心がある訳ではないのだが... 
せっかくの機会ですので、行って見ました。

( ↓ ここがUSS前にある、グルグル廻る地球儀です。) 
08c-Singa-01-2

( ↓ 入場チケットの販売所。 昨日、前を通ったときには誰も人が
    いなかったのに、今日はすごい行列。 昨日のうちに、チケットを
    買っておくべきだたったと後悔... チケットを買うだけなのに
    20分近くも並びました。) 
08c-Singa-02

( ↓ やっとこさチケットを買って、入場できました。) 
08c-Singa-03

( ↓ USSに入りました。 ) 
08c-Singa-04

( ↓ 混雑しています。) 
08c-Singa-04-2

( ↓ 記念撮影中。) 
08c-Singa-05

( ↓ お化粧中です。。。) 
08c-Singa-06

( ↓ 新 アトラクション 「トランスフォーマー・ザ・ライド」 に乗ります。 )
08c-Singa-07

( ↓ ポスターです。 どうも恐ろしいアトラクションのよう。) 
08c-Singa-7-2.jpg

( ↓ まだ開演してまもないので、すんなり乗れるのかと思ったら、さにあらず。
    人がかなり並んでます。) 
08c-Singa-09

( ↓ それでも、それ程ではないだろう、と思ったら、それは違いました...
    行列は曲がりくねって、それを過ぎたら、また曲がりくねっての連続。) 
08c-Singa-10

( ↓ 中に入っても、また行列...) 
08c-Singa-11

( ↓ 曲がって見えたのは、また行列... もうたまりません。) 
08c-Singa-12

( ↓ 結局、アトラクションにたどり着くまで、70分もかかりました。
    倒れる人がいてもおかしくない雰囲気なのに、皆、我慢強いです。) 
08c-Singa-13.jpg

   ↓
   ↓
   ↓

(アトラクションに乗車しました。 乗車中は撮影できません。)

   ↓
   ↓
   ↓

( ↓ ということで、外に出ました。 「トランスフォーマー・ザ・ライド」 は、
    シンガポールにしかないらしいので、興味ある方は、ここに遊びに来てね。) 
08c-Singa-14.jpg

( ↓ 記念撮影中。) 
08c-Singa-14-b

( ↓ なんか知らんけど、ついでに撮影しました。) 
08c-Singa-15-2.jpg

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《14》 USS編-2 “ジュラシック・パークに行く”

トランスフォーマー・ザ・ライドの後は、ジュラシック・パークに行きました。
しかし、ここも人気アトラクションで、凄い行列... どこもここも行列で、
USSに、アトラクションに乗りに来たのか、行列しに来たのか分からない、感じ。 

( ↓ ジュラシック・パークの正面です。)
08b-Singa-01

( ↓ ここから中に入ります。)
08b-Singa-02

( ↓ 入ってまもなく行列開始。)
08b-Singa-03

( ↓ 50分待ちの看板を通過して中に入りました。)
08b-Singa-04

( ↓ 途中、座われる場所があるが、ここを通過するときだけ、急に
    列の流れが速くなって、ほとんど座れず...)
08b-Singa-05

( ↓ 思った以上に列の流れが早いです。 途中、ずぶ濡れ防止のカッパ自動販売機
    を通過。 アラブ人の女性が購入しています。 値段は 3 sinドル。 
    私はケチって購入しませんでした。)
08b-Singa-06

( ↓ まもなくボート乗り場に到着。)
08b-Singa-07

( ↓ ボートです。 手前側に向けて進んでいます。)
08b-Singa-08

( ↓ 私が乗る1つ前のボート。)
08b-Singa-09

( ↓ 乗船しました。 が、ここから先、撮影禁止のためにカメラを収納する
    ように係員から指示され、、、 途中の写真はありません。)
08b-Singa-10

   ↓
   ↓
   ↓

途中の風景は全然大したことありません。 
ただ、グルグルと回転しながら殺風景な水路を進むだけ。

   ↓
   ↓
   ↓

このまま、ダラダラと行くのかと思ったところ...
やがて真っ暗闇の空間に入り、、、 最後はこうなりました。

   ↓
   ↓
   ↓

( ↓ 暗闇の中からボートが勢いよく滑り落ちます。 ただ滑り落ちるだけではなく...)
08b-Singa-12

( ↓  最後こうなります。。。 私は水をまともにかぶって全身ずぶ濡れになりました。
    どうりで、係員が “カメラを収納するように”、と言った訳だ。。。)
08b-Singa-12-2

( ↓ 落下するとき、ボートの下側に座ってる乗客が濡れて、上側に座っている
    乗客はほとんど濡れません。 私はちょうど一番下側で、ずぶ濡れ直撃...
    しかし、幸いなことに、係員殿の適切なご指示のお蔭で、、、カメラは
    水害を逃れて無事でした。)
08b-Singa-12-3

( ↓ ここを通過して終了です。)
08b-Singa-12-4

( ↓ 出口のところに、全身ドライヤーがあります。 ちなみに値段は5分で
    5 sinドル。 仕方ないので、私もこのドライヤーの中に入りましたが、
    5分では全く乾きません。 完全な気休めの機械。 こんなことなら、
    素直にカッパを買っておくべきでした...)
08b-Singa-13

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《15》 USS編-3 “ウォーター・ワールドに行く”

迫力満点の水のショーが見れるという “ウォーター・ワールド” に
行きました。 このショーは、本日4回公演で、私は16:30の回で
観ました。 こんな感じ。

( ↓ ウォーター・ワールドの会場。 わざとボロボロにして“感じ” を
    出しているのだが、わざとではなく、本当にボロボロな感じ。)
07c-Singa-01

( ↓ ここでも行列。)
07c-Singa-02

( ↓ ボロボロの雰囲気を盛り上げるオブジェ。)
07c-Singa-03

( ↓ 会場です。 観客入場中。)
07c-Singa-04

( ↓ 満席にはならないが、そこそこの観客。)
07c-Singa-05

( ↓ いまいち乗り切れない... べタなコントが10分ほど続きます。)
07c-Singa-06

( ↓ ショーが始まりました。 突然出現したボート。)
07c-Singa-07

( ↓ その後、水上バイクが出たり、、、)
07c-Singa-08-2

( ↓ 船が出たり、、、)
07c-Singa-09

( ↓ 飛行機が飛んで来たり、、、)
07c-Singa-10

( ↓ 突然、火が引火したりします。)
07c-Singa-11-2

( ↓ そして、その火が石油タンクに引火して... )
07c-Singa-12

( ↓ あーら大変。。。)
07c-Singa-13

( ↓ 爆発だーっ、です。)
07c-Singa-14.jpg

( ↓ といった感じで、終了。)
07c-Singa-15.jpg

まだ、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《16》 USS編-4 “エクスプレス・チケットがあるのだが...”

トランスフォーマー・ザ・ライドと、ジュラシック・パークのアトラクションに
乗るのに長い時間、並んだことを書いたのだが、並ばなくても良い方法がある。 
それは、入場券購入時に、エクスプレスチケットを合わせて購入することだ。
その案内が下の写真 (↓)。 

本日のUSSの入場券は74 Sinドル (4800円) であり、これに対して、
エクスプレスチケットの料金は、50 Sinドル (3300円) と、決して
安くない金額。 このエクスプレスチケットを追加購入すべきかどうかは
微妙なところだ。 というのは、USS入場前にアトラクションに長時間並ぶ
必要があるかどうかを知ることはできず、混雑度は、入場してみないと
分からないからだ。 

事前に、USSを訪問した色々な人のサイトを見ると、“意外と空いていた” 
と書かれていたのがほとんどであった。 ガラガラのUSSで、エクスプレス
チケットを追加購入したら、全くの無駄金となってしまう。

ちなみに、このエクスプレスチケットを使って、優先的にアトラクションに
乗っていた人は、ほとんどがアラブ人。 さすが金満な民族である。

( ↓ エクスプレスチケットのご案内。 一番下の段。
    本日、1-DAYピークです。) 
07aa-Singa-01

( ↓ 暗闇の中をコースターが走る “リベンジ・オブ・ザ・マミー” ) 
07aa-Singa-01-2

( ↓ 古代エジプトエリアにあります。 中の行列は短く、待ち時間15分ほど。
    中は暗くて撮影できません。) 
07aa-Singa-02

( ↓ これは、シンデレラ城ではありません。) 
07aa-Singa-03-2

( ↓ この建物の中に、“シュレック・4Dアドベンチャー” があります。
    劇場内に入って席に座って観賞する着席型アトラクション。 
    ここも待ち時間はほとんどありませんでした。 劇場の中なのに、
    水が噴き出してきて、結構、濡れます。) 
07aa-Singa-04

( ↓ シュレックくんです。) 
07aa-Singa-05

( ↓ 愛想が良いです...) 
07aa-Singa-06

( ↓ これは、マダガスカル・クレート・アドベンチャーです。) 
07aa-Singa-07

( ↓ ほとんど人が並んでいません。 直ぐに乗れました。) 
07aa-Singa-08

( ↓ 中は真っ暗。、全体的にディズニーランドの It's a Small World の
    ような感じ。 ピンボケですまぬ。) 
07aa-Singa-09

( ↓ ジュラシック・パーク近くの食堂でお昼ごはん、食べました。) 
07aa-Singa-09-2

( ↓ 食べ物を買うために、行列してます。) 
07aa-Singa-10

( ↓ ベトナム風のラーメンを注文しました。 フツーの味です。) 
07aa-Singa-11

( ↓ 追加で注文したフルーツ。) 
07aa-Singa-12

( ↓ 宇宙空母ギャラクティカの決闘型ジェットコースターだけど、
    怖そうだったので、、、乗りませんでした。) 
07aa-Singa-12-2

( ↓ 走行するたびに、ギャー... という悲鳴が聞こえます。) 
07aa-Singa-12-3

( ↓ 色々なグッズが販売されてますが、何も買いませんでした。。。) 
07aa-Singa-12-3b.jpg

( ↓ ということで、USSを後にします。) 
07aa-Singa-12-4

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《17》 “クラーク・キーでボートに乗る”

お待たせ。 さっさとシンガポール旅行記を終わらせたいのだが、なかなか
進まない。 あと2~3回で終了なので、皆、我慢して見て欲しい。

( ↓ シンガポール滞在中、一度、クラーク・キーに足を運びました。
    まだ、明るいうちに到着しました。 クラーク・キーはシンガポール川
    の両側にあります。)
06aa-Singa-01

( ↓ 当初の計画では、このスイソテル・マーチャンコート・ホテルに
    宿泊する予定だったのだが、計画変更で宿泊せず。)
06aa-Singa-01c

( ↓ 本日、天気が悪く雨が降って来ました。)
06aa-Singa-01d

( ↓ その後、しばらくして日が沈みました。)
06aa-Singa-02

( ↓ ここでリバー・ルーズに乗ろうかと思ったら、しばらく、マリーナベイが
    閉鎖されているとのことで、1時間半ほど待って乗船することになりました。)
06aa-Singa-02b

( ↓ 結局、夜8時半になって乗船になりました。 リバークルーズは、以前と同じ
     ダックツアー社 の船を利用しました。)
06aa-Singa-03

( ↓ 予定時間よりかなり遅れて... 出港しました。 お姉さんの
    エレクトーン演奏付きです。)
06aa-Singa-04

( ↓ 高層ビルの横を通過します。 まもなく、シンガポール川から
    マリーナベイに出ます。)
06aa-Singa-05

( ↓ マリーナベイに出ました。 マーライオン工事中 (緑のシートで
    囲まれたところ) です。)
06aa-Singa-05b.jpg

( ↓ マーライオン近くにあるフラトンホテルです。)
06aa-Singa-06

( ↓ 雨が激しくなって、エレクトーンの演奏のお姉さんは退散して
    しまいました... マリーナ・ベイサンズが見えて来ました。)
06aa-Singa-07

( ↓ マリーナ・ベイサンズとその左横のミュージアム。 有料展望台は、
    屋上の飛び出た左端の部分。)
06aa-Singa-09

( ↓ マリーナ・ベイサンズの船着き場に立ち寄りました。 ウルサイ日本人が
    同乗していたんだけど、ここで降りました。 静かになって良かったです。)
06aa-Singa-10

( ↓ 船着き場にわずかに停船した後、マリーナ・ベイサンズ、正面を通過して
    元来たクラーク・キーに戻ります。)
06aa-Singa-10-b

( ↓ 正面に見えるのは、リッツカールトン・ミレニアです。)
06aa-Singa-11

( ↓ 綺麗に撮影できましたので、もう少し高層ビル群を見ていただきます。)
06aa-Singa-11b

( ↓ マリーナ・ベイサンズ付近を通過するときには、雨は降り止んでいた
    のだが、直ぐには演奏再開とならず、クラーク・キーの出発地点に
    到着する寸前に、再び演奏が始まりました。なにもこんなところで
    演奏再開しなくてもと思うのだが、関係者にサボっていたと思われたく
    なかったのだろう。)
06aa-Singa-15

まだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《18》 “食事編 in Singapore”

シンガポールでの食事をまとめて掲載することにする。 当たり前の
ことながら、シンガポールの食事代は高い。 タイと同じようにフードコートで
食べれば安上がりなのだろうが、そう至る所にあるものでもない。 
まあ、こんな感じですね。

( ↓ まずは宿泊した アマラ・サンクチュアリー での朝食ビュッフェ。)
05aa-Singa-01

( ↓ さすが 5☆だけあって、それなりの食事です。)
05aa-Singa-02

( ↓ 味も悪くないです。)
05aa-Singa-03

( ↓ 飲茶もあります。)
05aa-Singa-04

( ↓ 私の食事です。)
05aa-Singa-05

( ↓ シティホール駅の近くにある “DIN TAI FUNG”という店で食べました。
    ここはいつも行列しているのだが、もう閉店に近い時間なので、直ぐに入れました。 )
05aa-Singa-06

( ↓ もうすぐ閉店なので、片付けられていない食器がたくさん。)
05aa-Singa-07

( ↓ 小龍包を注文しました。)
05aa-Singa-08

( ↓ チンゲンサイだと思いますが、もう忘れました。。。)
05aa-Singa-09

( ↓ お昼ですが、“ラーメン・プレイ” でも食べました。)
05aa-Singa-10-2

( ↓ 店内です。)
05aa-Singa-11

( ↓ うなぎの柳川風定食を注文しました。 )
05aa-Singa-11-2

( ↓ これが実物です。 税金・サービス料込で1300円... )
05aa-Singa-12

( ↓ クラーク・キーにある日本風居酒屋、“朋友” で食事しました。)
05aa-Singa-13

( ↓ 日本人のおばちゃんが歌ってました。)
05aa-Singa-14

( ↓ ここで、2500円もする... 高い和牛サラダ注文したんだけど... )
05aa-Singa-14-2

( ↓ 値段からすれば、大きなステーキを切ったのが入っていても良いのだが、
    ちょっとしか肉が入ってなくて、あんまりにもヒドイ、ぼったくりサラダ。
    肉もフツーというか、細切れなので、味が良く分かりません。)
05aa-Singa-15

( ↓ 銀ダラです。)
05aa-Singa-16

こんな感じです。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《19》 “一流芸人寄せ集めの三流ショーを観る”

タイに戻る日の前日、ユニバーサル・スタジオ近くにあるフェスティブ・グランド
にて、“Voyage de la Vie (ボヤージ・デ・ラヴィ) ” というショーを観た。
ボヤージ・デ・ラヴィとは、フランス語で 「人生という旅」 という意味らしい。

以前にマカオで観た “Dancing water” が面白かったので、ここシンガポール
でもと思い、鑑賞したのだが、、、まあ、何と言いましょうか... という感じ。

( ↓ 劇場があるフェスティブ・グランドの前です。) 
04xx-Singa-01

( ↓ あと2週間というか、まだ2週間あるというか... ) 
04xx-Singa-02

( ↓ 本物?が中から出てきました。 左の人は看板背負ってます。) 
04xx-Singa-02-3

( ↓ お客さんとの写真撮影にも気軽に応じてます。) 
04xx-Singa-03

( ↓ 劇場の隣にはカジノがあります。 上品な中国人でいっぱい。) 
04xx-Singa-04

( ↓ いよいよ入場します。) 
04xx-Singa-05

( ↓ 中は撮影禁止なので、ショーの内容はこれを読んでもらうとして...
    最初、シルク・ドゥ・ソレイユのショーなのか? とも思ったのだが、
    そうではないよう。 サーカスと演劇を融合した舞台らしい。) 
04xx-Singa-05-2

撮影禁止につき、ショーの写真はありません。
まず、劇場の中に入ってびっくり。 2000人は収容できようかと言う大劇場なのに、
観客がいるのはわずかに前、10列ほど。 ショーの期間も残り僅かでこの客の入り
とは... ショーの良い評判が全く口コミで広まっていない、ということだ。

んで、ショーは、「サーカスと演劇を融合した舞台」 とのことらしいのだが、
一言で言えば、様々な一流ショーを行う大道芸人を寄せ集めて、1つのショーにした
結果、三流ショーになった、という感じ。 それぞれのショーはそこそこ完成していて
見どころもあるのだが、なんでこれらを1つのショーとしてやっているのか... 
と言う感じ。 特に、これらのショーをつなぐストーリーもないし、各自好きなことを
やっているよう。

( ↓ ショーが終了した後の劇場。 一部のショーでは、かなり危険なことも
    やっているのだが、この観客の入りでは、演者は全く報われませんねぇ。) 
04xx-Singa-06

ということで、ショーの話は終り。

長々とシンガポール旅行記を書いているのだが、実際はわずかに3泊4日。
最終日は、ホテルのチェックアウトから飛行機の出発まで4時間もありましたので、
空港にはタクシーで行かず、地下鉄を乗り継ぎました。

( ↓ 空港線への乗り換え駅となるタラメラ駅で撮影したMRTという地下鉄だが、
    今回、地下鉄の写真を撮り忘れましたので、、、、2年前の写真を援用
    しました。。。  今とちょっと違うかも知れません。) 
04xx-Singa-06-2

( ↓ 再び、今回撮影した写真に戻って... チャンギ空港駅の写真です。) 
04xx-Singa-07

( ↓ 地下鉄の駅は、空港第2ターミナルの下にあります。) 
04xx-Singa-08

( ↓ タイ航空は第1ターミナルですので、シャトルで移動します。) 
04xx-Singa-09

( ↓ シャトルに乗車中。 最前部から撮影しています。 シャトルがどちらに
    進むか、興味がある人もいるかも知れませんので...) 
04xx-Singa-10

( ↓ 左に曲がりました。) 
04xx-Singa-11

( ↓ 第1ターミナルに到着です。) 
04xx-Singa-12

( ↓ 第1ターミナルの建物は古く、天井も低いです。) 
04xx-Singa-12-2

( ↓ タイ航空・TG414に搭乗するために行列しています。
    この行列は、奴隷クラスに搭乗の乗客です。) 
04xx-Singa-13

まだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《20》 “タイ航空のA340でタイに戻る”

シンガポール旅行記の最終回であります。
帰路は、シンガポールからバンコクをトランジットして、チェンマイに向かいます。
チェンマイとシンガポールとの間は、以前、LCC のタイガーエアウェイズ、
エアーアジアが、デイリーで直行便を飛ばしていたが、搭乗率が悪いらしく
撤退してしまった。 今は、シンガポール航空の子会社のシルクエアーが週3便
で運航しており、しかし、曜日と、時間帯が合わず、今回もタイ航空の利用と
なりました。

( ↓ チャンギ空港の第1ターミナル。 出国後の制限エリアです。) 
03xx-Singa-01

( ↓ 出発までタイ航空のラウンジでくつろぎます。)
03xx-Singa-02

( ↓ あるのは軽食だけ...)
03xx-Singa-03

( ↓ 帰路も往路と同じ、A340-600型機です。 実のところ、搭乗便が
    たまたまA340になっているのではなく、事前に調べて、A340に
    わざわざ乗っているのだ。 深い理由はないが、、、私はこの飛行機が
    好きなのだ。)
03xx-Singa-04

( ↓ タイ航空・A340の機内から撮影したチャンギ空港。 エミレーツの
    B777型機が2機、駐機しています。)
03xx-Singa-05

( ↓ 行きはガラガラだったが、帰りはアラブ人の団体でいっぱい。 ウルサイし、
    態度悪いし、臭いしで、近寄りたくない。 一人のアラブ人は特別機内食を
    注文しそれが来ないと文句を言っていたのだが、CAが調べると、この人は
    勝手に座席を移動しており、“そんなことをしたら配膳ができる訳
    ねえだろうーっ” と、逆にCAから叱られてました...)
03xx-Singa-06

( ↓ ほぼ定刻に離陸しました。)
03xx-Singa-07

( ↓ もうシンガポールから離れます。)
03xx-Singa-08

( ↓ あっという間にマレーシアに入りました。)
03xx-Singa-09

( ↓ お食事、揚げ魚の甘酢ソースです。)
03xx-Singa-10

( ↓ 途中はずーっとこんなで景色見れません。)
03xx-Singa-10-2

( ↓ 本旅行記の 第1回目 でも書いたけど、旅行した期間にちょうど
   バンコク空港の東側滑走路が工事中で着陸できず、着陸の順番待ち
   のために、チョンブリ上空で旋回することになりました。)
03xx-Singa-11.jpg

( ↓ チョンブリ付近を旋回するタイ航空機。 上の方に見えているのは、
    バンパコン川です。)
03xx-Singa-12.jpg

( ↓ 30分ほど旋回した後、バンコク空港に着陸です。 大きい道路は
    パタヤ方面に通じるモーターウエイ。)
03xx-Singa-13.jpg

( ↓ 着陸しました。)
03xx-Singa-14.jpg

( ↓ 東側滑走路の工事中区間近くを通過する搭乗機。)
03xx-Singa-15.jpg

( ↓ バンコク・スワンナプーム空港に定刻よりかなり遅れて到着しました。
    エアーアジア機が駐機していますが、今はドンムアン空港に移転してしまい、
    今となっては貴重な写真となりました。)
03xx-Singa-16.jpg

この後、タイ航空でバンコクからチェンマイに移動するが、シンガポール旅行記は
ここで終了とします。 4ヶ月遅れてやっと完結しました。 《完》

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

シンガポール旅行 《番外編》  “タイ航空職員を叱りつける”

今回のシンガポール旅行の番外編。 旅行記の中で、バンコク空港の
東側滑走路が工事をしており、便の遅延が発生していることを書いた。

当初、帰路の予定では、シンガポールからのタイ航空・TG414が
17:15にバンコク空港に到着し、1時間25分の待ち時間の後、
チェンマイ行きのTG120 (18:40発) に乗り継ぐつもりだった。

しかし、タイ航空から、バンコク空港で乗り継ぎ遅れが多数発生して
いるので、TG120 (18:40発) ではなく、次のTG122 (21:40発)
に便変更して欲しいと、事前に要請があり、それに従った余裕を持った
スケジュールに変更していた。

ところが、シンガポールからのTG414は予定よりも遅れたものの、
思っていた程の遅れは発生しなかった。 TG414が実際にバンコク
に到着したのは、30分遅れの17:45分くらい。
このまま、チェンマイ行きのTG122 (21:40発) を待ったのでは、
バンコクでの待ち時間が4時間近くになってしまう。

このため、国際線から国内線に乗り継ぐタイ航空のトランジットカウンター
で、一つ早いチェンマイ行きのTG120 (18:40発) (=当初に搭乗
を予定していた便) に変更してもらうように、手続きしようとしたところ...
ここで問題が発生した。

( ↓ 国際線から国内線に乗り継ぐタイ航空のトランジットカウンター
    に通じるコンコース、遥向こうにカウンターがあります)
01xx-Singa-01

( ↓ これが、国際線から国内線に直接乗り継ぐ通路。 イミグレに行く前に、
    書類 (国内線搭乗券、タイ入国書類) のチェックがあります。)
01xx-Singa-02

( ↓ 上のカウンターを通過するためには、出発空港又は下の写真の
    TGカウンターで、搭乗券を事前に発行してもらう必要があります。
    この写真は別の日に撮影したものだが、私が行った当日には、
    女性ではなく.. お釜のTG職員が座っており、応対してくれました。)
01xx-Singa-01-2

んで、私は、上の写真のTGカウンターで、便変更の問い合わせをした。 
TGカウンターにて、“チェンマイ行き、TG122 (21:40発) から、
一便早い TG120 (18:40発) に変更したいが、間に合うか?” と
お釜職員に尋ねたところ、、、、 “OK、できます(=間に合う)” との返事。 

このときの時間は、TG120(18:40発) が出発する40分前
(=18:00くらい)、便変更できるギリギリの時間であった。 
便変更OKとのことなので、TG120 (18:40発) の搭乗券を発行して
もらった。

また、変更手数料かかるとのことで、こちらも了解し、現金を出したところ... 
TG職員は “領収書を発行する必要がある” と言う。 さらにTG職員は 
“出納係を呼ぶので、しばらく待って欲しい” と言い、5分ほどして、
その出納係 (といっても、使いの小僧) がチンタラ歩いてやってきた。

んで、その出納係はこの場で領収書を発行するのではなく、別の場所に
現金を持って手続きした後、領収書を持って来ると言い、現金を持って
再びチンタラ歩いて行ってしまった。

まだ、入国審査場も通過していない中、飛行機の出発時間が30分前近くに
迫っており、“こんな呑気なことをやっていて便に間に合うのか?” 
と聞いたところ、TG職員は、“間に合うかどうかは出納係次第だ。 
私には分からない。” と言ってのけたのだ。 つまり、TG職員は、
便に乗り遅れた場合に、変更手続きを行った自分には何の責任もなく、
領収書を発行する出納係に責任がある、と言うのだ。 
こんな話がまかり通ったら大変だ。

私は、TG職員に対して、何を馬鹿なことを言っているのかこの “ボケ茄子”
と言いたかったが、ここはぐーっとこらえ、、、、 “TG120に乗り遅れた
責任は出納係にあるのではなく、お前にあるのだ。 あんたが間に合うと
言ったからこの変更手続きをしている。 乗り遅れた場合の金銭的責任は全て
お前が負えーっ” と言ったところ、、、、 そのお釜職員はハッと我に返って
立ち上がり、その出納係を追いかけるために走り出し、現金を握りしめて
帰って来た。 そして、特に謝ることなく、“便の変更は間に合いません” 
と言ったのだ。

そう、間に合わければそう言えば良いのだ。だから、こちらも間に合うかどうかを
最初に確認をしているのだ。 ナショナルフラッグと言っても職員のレベルは
こんなものである。 日本だと激しくクレームされても良さそうな職員の失態だが、
ここはタイですから.. こんなのは日常茶飯事だっ。

ちなみに、何の約束もしないままで搭乗券を発行し、その後、搭乗便に
乗り遅れてしまった場合、後でTG職員に文句言っても取り合ってくれない。 
こんなときタイ人は全精力を注ぎ込んで、責任逃れと保身に終始するのだ。

“あなたが乗り遅れたんでしょ” と言われ、その航空券は無効となり、
新たに買い直しとなるのが落ちであろう。 踏んだり蹴ったりなことになるのだ。 
経験のない、間抜けなTG職員の言うことをまともに信じず、常に責任の
所在をはっきりさせて置くことが肝心なのであーる。

私もタイが長いので、もうこんなことには慣れていると言うものの、、、、
疲れますねぇ。

( ↓ チェンマイ行きの最終便、TG122を待つ乗客の皆さま。 結局、
    これに乗ることになりました... )
01xx-Singa-001

( ↓ 光の加減で見にくいが、これが最終便となるA300-600型機。)
01xx-Singa-001-2

ということで、これで本当に “シンガポール旅行記”、終了です。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん