FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

《ラオス紀行再び・その1》 またラオスに行く 

ペナン旅行記がやっと終わったところで、次は “ラオス紀行・再び” だ。
なんでそんなに旅行するのかと言う人もいるが、タイの滞在許可を得る
ためには、仕方ないのだ。 

こんなに毎月、出国しなければならなくなったのには、それ相応の理由があり、
しかし、説明すると非常に嫌らしくなるので、ブログでは説明省略とする。

ということで、ペナンから1ヶ月後の “ラオス旅行” です。
前回のペナン行きは、全てLCCのエアーアジアを利用したが、今回の
ラオスでは、全てナショナルフラッグのタイ航空を利用した。 
エアーアジアに押されてばかりのタイ航空だが、3月は格安のプロモーション
チケットが発売され、これを利用しての空路移動となった。

こんな感じですね。

(↓ 昼間のTG111でバンコクに向いました。 チェンマイ空港の
   出発ゲートにて撮影。)
1-2011 Mar. Laos 01

(↓ 搭乗機のA330‐300型機です。 エアーアジアでは小型機だが、
   タイ航空では、チェンマイ・バンコク間は、A300以上の中型機、
   大型機ばかり)
1-2011 Mar. Laos 02

(↓ チェンマイ空港離陸します。)
1-2011 Mar. Laos 07

(↓ 離陸しました。)
1-2011 Mar. Laos 04

(↓ 本日曇り空。)
1-2011 Mar. Laos 06

(↓ ほぼ満席です。 なんか嫌がらせか...と思うほど、私の隣・周囲は
   アラブ人ばかり。 肘掛を占領した上、さらに、肘が私の方にはみ出て
   来るので、かなり鬱陶しい... )
1-2011 Mar. Laos 05

(↓ お菓子が出ます。 かなりズッシリして重い。 別に、こんなの
   食べたくないのだが、残すと勿体ないので、仕方なく食べることに...)
1-2011 Mar. Laos 08

(↓ 本日、3/25です。 タイ航空では読売新聞があります。
   福島第一原発の記事。 )
1-2011 Mar. Laos 03

(↓ 原発から避難した南相馬市民の方々。 皆、マスクをしているが、
   これは放射能の内部被曝防止のためにしているもので、花粉対策ではない。 
   外国メディアが、日本人のマスク着用について花粉対策と放射能対策とを
   ごっちゃにしているとの報道があるが、これは、間違いなく 
   “放射能対策のためのマスク” だ。)
1-2011 Mar. Laos 03-2

(↓ まもなく、バンコク・スワンナプーム空港に到着します。)
1-2011 Mar. Laos 09

(↓ 着陸です。)
1-2011 Mar. Laos 10

ということで、今回もバンコクで1泊し、翌日、ラオスの首都・ビエンチャン
に向います。 続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



《ラオス紀行再び・その2》 パヤタイ駅で乗り換える 

前回のペナンと同じく、今回のラオス行きでもバンコクで一泊することにした。
バンコク・スワンナプーム空港からエアポートリンクにて終点の “パヤタイ駅”
まで行き、ここから、BTSに乗り継いで “チッドロム駅” に向った。

BTSでは “パヤタイ駅” を何度も通過したことがあるが、エアポートリンクから
の乗り継ぎで、この駅を利用したのは初めて。

タイでは、このような乗り換え駅のことを “インターチェンジ・ステーション” 
と呼んでおり... なんだか、大げさが言い方だが... 正しい表現なのか??
“インターチェンジ・ステーション” のパヤタイ駅は、こんな感じです。

(↓ エアポートリンクの終点、パヤタイ駅に到着しました。)
1-2011 Mar phayatai  01

(↓ エアポートリンクでは、ここから先の線路はありません。 しかし、BTSを
   跨いで先に延長できる構造であり、そんな計画があるのだろうか??)
1-2011 Mar phayatai  02

(↓ エアポートリンクと、BTSのパヤタイ駅を接続する通路。)
1-2011 Mar phayatai  03

(↓ BTSのパヤタイ駅とその周辺のビルを撮影。)
1-2011 Mar phayatai  08

(↓ エアポートリンク下の地べたには、タイ国鉄の路線があります。
   この路線はカンボジア国境の街、アランヤプラテートまで通じてます。
   ちょうど列車が来ました。)
1-2011 Mar phayatai  04

(↓ 列車通過中。 この路線は三等車しか走ってません。)
1-2011 Mar phayatai  05

(↓ 通過しました。)
1-2011 Mar phayatai  06

(↓ BTSのパヤタイ駅のキップ売り場。 エアポートリンクから乗り継ぐ乗客で
   長い列ができてます。 券売機は2台しかなく、もっと台数を増やせば良いと
   思うのだが... )
1-2011 Mar phayatai  07

(↓ BTS・パヤタイ駅から見たエアポートリンク。)
1-2011 Mar phayatai  09

(↓ BTSに乗ってチッドロムに到着しました。 チッドロム駅から、
   BTSの列車を撮影。)
1-2011 Mar phayatai  10

(↓ チッドロム駅から撮影した高層ガラス張りの “インターコンチネンタル・ホテル” 
   と、その手前にある “ホリデーイン・ホテル (旧プレジデント・ホテル)”。 
   写真撮影しただけで...  いずれも今回宿泊のホテルではない。 )
1-2011 Mar phayatai  11

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

《ラオス紀行再び・その3》 アノーマホテルに泊まる 

昨日、都知事選が行われ、大方の予想通り、石原くんが当選した。
宮崎を捨てた節操の無い “そのまんま” が、第2位の得票を得たのは
意外だが... 都民はとりあえず正しい選択をしたと思う。 

今のご時勢、一番マトモなことを言っている、真っ赤な小池くんが
もう少し頑張るかと思ったら、驚くほど、人気ないねぇ。
ドクター中松にもう少し同情票が集まるかとも思ったけど... 
でも、サクラ陣営の中では、4万8千票でトップの得票だ。 

今回の都知事選の結果は別にして、有権者がいつも正しい選択をするとは
限らないよねーっ。 今の表に出せない恥ずかしーいウンコ総理を選んだのも
国民だしーっ、名古屋では、アホの一つ覚えのように “減税・ゲンゼー”
と叫ぶ嫌らしいのが市長だし、千葉県ではあの森田くんがまだいるようだし、、、 
という状況だ。 

国政のように、“政治主導だっ”、“改革だっ” と叫んで、その結果、
取り返しがつかないほど、むちゃくちゃになるくらいなら、現状維持の方が
マシという人々の思いが、今回の都知事選の結果になっている、ような気も
しますねぇ。 石原くんも相当な年だが、都民の期待に応えるよう、
頑張ってくれたまえ。


話を旅行記に戻して、、、 今回、バンコクでは、アノーマホテルに宿泊した。
アノーマホテルは、セントラルワールド/伊勢丹のまん前にあって、もの凄く
便利な立地なのだが、その存在を無視されているかのように...全く目立たない。
建物が古いために、良い立地の割りに宿泊料金がかなり割安に感じるような、
まあまあの... ホテルである。
こんな感じだ。

(↓ アノーマホテル正面。)
1-Armoma 01

(↓ 上を見上げるとこんな感じ。 たぶん、22階建て)
1-Armoma 02

(↓ ロビーです。 4☆ホテルのとの評価をそのまま信じて良いだろう。
   ANAのクルーも、ここに宿泊するらしい。)
1-Armoma 03

(↓ 部屋はかなり狭いが、不便はない。)
1-Armoma 04

(↓ 液晶テレビです。)
1-Armoma 05

(↓ バスルームはこんな感じ。)
1-Armoma 06

(↓ 部屋の窓からの景色。 ホテルはビックCの隣です。
   窓ガラスが汚れているので、景色もくすんでいます...)
1-Armoma 07

(↓ 大通りの反対側のセントラルワールドから撮影したアノーマホテル夜景。)
1-Armoma 09

(↓ ライトアップされたアノーマホテル。)
1-Armoma 08

(↓ 夜のセントラルワールド。)
1-Armoma 10

(↓ 伊勢丹スーパー前で食べた “イカ玉・お好み焼き”。 凄く小さくて
   200バーツもするのだが、この店構え・雰囲気・大きさ・味で、
   この値段は高すぎ...)
1-Armoma 11

(↓ この店のメニューです。)
1-anoma 12

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

《ラオス紀行再び・その4》 エアポート特急に乗る 

タイ正月のソンクラーンで、ちょと出掛けていたので... 
更新が遅れてすまぬ。 “ラオス旅行記・再び” の続き。 
アノーマホテルで1泊した後は、スワンナプーム・バンコク空港に行くのに
エアポートリンクを利用した。

エアポートリンクについては、各駅停車のシティライン に乗った話は聞くが、
“エクスプレス” のことはほとんど聞いたことがない。 このため、私が実際に
どんなもんか確かめるために今回、乗ることにした。

そして、その感想は... あまり乗る価値がない列車という感じ。
わざわざ (ホテルから) マッカサン駅まで行くのにタクシーで60バーツを使い、
それプラス、エクスプレスの料金が150バーツで、合計210バーツも必要。 
タクシーで直接、空港まで行っても300バーツほどなので、2人以上になると、
完全にタクシーの方が安くなってしまう。

しかも、マッカサンという中途半端な駅に発着し、その上、荷物を抱えて
乗り換えることを考えると、最初から利用しない方がマシ、という感じ。
まあ結局、エクスプレスは利用価値の無い列車であり、やがては消え去る
運命であろう... 

(↓ マッカサン駅。 左矢印のエクスプレスと、右矢印のシティライン (各駅)
   は列車が停車する場所が違います。 互いのホームを行き来することは
   できない。)
1-2011 Express 02

(↓ 閑散とするエクスプレス列車の乗り場に通じる通路。 ずーっと先に
   エクスプレス列車の乗り場があります。 乗り場を全く別にしたのが、
   間違いの始まり。)
1-2011 Express 01

(↓ タイ航空、バンコクエアウエイズはここでチェックインできるが、
   そんな人もおらず、閑散としています。 ここもまもなく閉鎖されるだろう。)
1-2011 Express 03

(↓ エクスプレスの切符売り場。 切符売リ場の係員に、「後何分で
   列車が来るか?」 と聞いたところ、後5分で来るとの返事。
   切符を買ったのは、朝の 8:44。)
1-2011 Express 04

(↓ ここから空港までシティラインだと35バーツだが、エクスプレスだと
   4倍以上の150バーツ...)
1-2011 Express 05

(↓ 切符を買ってマッカサン駅のホームに上がりました。)
1-2011 Express 06

(↓ 閑散とするエクスプレスのホーム。)
1-2011 Express 07

(↓ 後でわかったのだが、時計の右側にエクスプレスが来るまでの時間が、
   表示されています。 後09分で列車が来る、とのこと。)
1-2011 Express 08

(↓ 切符売りの係員が言った5分どころか... 30分待って、
   やっと列車が来ました。)
1-2011 Express 09

(↓ 中はこんな感じで、ガラガラ。)
1-2011 Express 10

(↓ 結局、エクスプレスが発車したのは、9:23。 切符を買ってから、
   列車が発車するまで、ほぼ40分近くもかかったことになる。
   シティラインは20分おきに走っており、40分も待ってエクスプレスに
   乗る意味などない。 エクスプレスがシティラインを追い越すことはなく、
   シティラインが先に来れば、この列車が空港に先着する。 結局、このときの
   エクスプレスの乗客は私を含め全部で9人。 気の毒になるほどの... 
   オドロキの利用者数。)
1-2011 Express 11

(↓ とは言っても、ガラガラ&ノンストップで空港まで行くので、快適。
   スワンナプーム空港近くのカーブを通過中。 窓ガラスがかなり
   汚いです。)
1-2011 Express 12

(↓ 結局、タクシーで直接行くより遥かに時間がかかって空港に到着しました。 
   空港で、この折り返しの列車を待っていた乗客は僅かに2人... 
   利用者に見放された気の毒なエクスプレス... という感じ。)
1-2011 Express 13

(↓ 空港駅に表示してあった 「エクスプレス、本日、40分おきに運転」 
   との案内。 空港駅に到着して初めてそのことを知った。 結局、
   私がマッカサン駅で切符買ったときに、列車は出たばかりであり、
   「後5分で来る」 と言った切符売リ場の係員は嘘つきだった、ということ。 
   今回はまだ時間があるから良いが、急いでいるときには、乗れない 
   “エクスプレス” であろう。)
1-2011 Express 14

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

《ラオス紀行再び・その5》 タイ航空・ロイヤルシルククラスに搭乗する

今回のラオス行きでは、タイ航空のビジネスクラスである “ロイヤルシルク・
クラス” を利用した。 わざわざ、ビエンチャンまでの超短距離路線で、
ビジネスクラスを利用することもないのだが、3月は、安いプロモーション
チケットが多く発売されており、通常のエコノミーより 2500バーツほど
しか違わなかったので、購入することにした。

さらに言えば、タイからの、東南アジアではない中距離路線以上のビジネス
クラスになると、安いプロモーションチケットがあったとしても、それ相応の
値段になるので、なかなかもったいなくて... 購入することができない。 
自分でお金を出して乗るとすれば、ビエンチャン ~ シンガポールくらいの
短距離路線・ビジネスしか手が出ないのだ... 

でも、短距離とは言え、ビジネスクラスには違いない。
私にとって、久々、3年ぶりのタイ航空のビジネスクラス。
まずは、チェックインから... 始まりまーす。

以前、バンコク・スワンナプーム空港の イミグレは混雑している と書いたのだが、
これは、タイ航空・ファーストクラス&ビジネスクラスといった上級クラス以外
出国するときの話である。 この空港では、タイ航空の上級クラスには、
特別の出国ルートが用意されている。 ここは、タイ航空の上級クラス利用者
のために便利に設計された空港、といっても良いのだ。 こんな感じです。

(↓ ずらりと並ぶタイ航空のビジネスクラス・チェックインカウンター。
   カウンター前に椅子もあり。 ファーストクラスは奥の個室でチェックイン
   します。 混雑する時間帯ではないので、乗客は、少なくガラガラです...)
1-Royal Silk 01

(↓ 搭乗券をもらった後は、奥のイミグレカウンターに行きます。
   ここが、タイ航空・上級クラス利用者のための専用出国ルートです。)
1-Royal Silk 02

(↓ ここで、出国手続します。 見事に誰もいません...)
1-Royal Silk 03

(↓ 出国・手荷物検査の後は、専用のエスカレータで下ります。 
   動線も短く、出国時に全くストレスを感じないように設計されている。)
1-Royal Silk 04

(↓ コンコースD、免税店が並ぶエリアの下に広大な...ビジネスクラス利用客の
   ロイヤルシルク・ラウンジがあります。 ファーストクラス利用客は、電動カートで
   少し離れたロイヤルファースト・ラウンジに案内してもらえます。)
1-Royal Silk 09

(↓ ここは、タイ航空&スターアライアンスのビジネスクラス客が利用できます。 
   スターアライアンス・ゴールドのエコノミー客は利用不可です。)
1-Royal Silk 05

(↓ ゆったりした広い空間... 素晴らしいラウンジだ... と思う。
   昼間は空いているが、深夜便が集中する時間帯では、広いラウンジも混雑して、
   ザワザワした雰囲気になる。)
1-Royal Silk 06

(↓ エグゼクティブな人々...)
1-Royal Silk 10

(↓ 軽食&飲み物中心で、重い食事はありません。)
1-Royal Silk 07

(↓ 肉まん・シューマイもあります。)
1-Royal Silk 08

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

《ラオス紀行再び・その6》 いよいよ、ロイヤルシルククラスに搭乗する

お待たせしました (誰も、待ってないかも知れないけど...)
いよいよ、タイ航空のロイヤルシルク・クラスに搭乗します... と言っても、
超短距離路線なので、全然、大したことないけどね...
どーそご覧下さい。

(↓ 11:45発のTG570に搭乗しました。)
1-2011 R-silk 01

(↓ 日によってA300-600のときもあるらしいが、本日は小型ジェットの
   B737型機です。)
1-2011 R-silk 02

(↓ B737のビジネスなので、座席は狭いです。 ビジネスの座席は
   前方3列、12席のみ。 空席は1席のみ。)
1-2011 R-silk 03

(↓ エアーアジアは、ほとんど 最新鋭のA320-200型機 に更新されたと言うのに
   タイ航空はいつまでもこのボロボロ機...)
1-2011 R-silk 12

(↓ ほぼ定刻に出発しました。 バンコク・スワンナプーム空港です。
   上手に... 撮影できました。 機能は別にして、見た目は綺麗な
   空港です。)
1-2011 R-silk 04

(↓ 空港ターミナルビルに通じる道路です。)
1-2011 R-silk 05

(↓ エアーリンクと、モーターウエイです。 )
1-2011 R-silk 06

(↓ 本日、曇り空。 B737-400は、おむすび型エンジンが特徴です。
   レンズの曲率で画像が歪んでいるではありません。)
1-2011 R-silk 07

(↓ 更新が1ヶ月ほど遅れているが、搭乗日の日本はこんな状況でした。)
1-2011 R-silk 08

(↓ お楽しみのお食事メニューです。 チョイスはできません。)
1-2011 R-silk 09

(↓ クリームソースのパスタ (ホットミール)、生春巻き、ケーキです。
   飛行時間が55分しかないのに、こんなボリュームある食事が出てきて...
   ちょっとびっくり。
1-2011 R-silk 10

(↓ ケーキ、美味しかったです。)
1-2011 R-silk 11

食事を食べ終えると同時に、すぐに片付けが始まり、かなり慌しい。
まもなくビエンチャン・ワッタイ空港に着陸します。 続く...

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

《ラオス紀行再び・その7》 ビエンチャン・ワッタイ空港に着陸する

食事を終えて、しばらくして、搭乗機は着陸態勢に入った。
食事の片付けが終わって数分しか経っていないのに、もう着陸である。

私の隣に座っている大柄ファランは、もうすぐ着陸だというのに、
また、ウイスキーをおかわりし、食事が始まってから何杯酒を飲んだか
分からないほど... なんと言うか、色んな人がいるようで...
ビエンチャン・ワッタイ空港への着陸風景です。

(↓ メコン大河を渡ってラオス領に入ります。 川の右側がラオス。)
1-2011-3 VET 01

(↓ ラオスに入りました。)
1-2011-3 VET 02

(↓ ビエンチャン近郊のナムグムダムが見えます。)
1-2011-3 VET 03

(↓ ダムの横を通過。)
1-2011-3 VET 04

(↓ 着陸はビエンチャンの街の郊外から回りこむように入るので、空から、
   ビエンチャン市街地を見ることができません。 気流が悪く、
   機体がかなり揺れます。)
1-2011-3 VET 05

(↓ まもなく着陸。)
1-2011-3 VET 06

(↓ 無事、着陸しました。)
1-2011-3 VET 07

(↓ 搭乗機です。)
1-2011-3 VET 08+

(↓ 空港からホテルまでは空港タクシーで行きます。 料金先払いです。)
1-2011-3 VET 09

(↓ 料金は、米ドルで払うと “6ドル”、ラオスキップで払うと “54000キップ”、
   さーっ、どちらで払えば得か?? FXトレーダーの私は、どんなときも、
   為替差損を発生させる訳にいかない。 以前の教訓 から、米ドルで
   支払った方が有利であることを素早く計算しました...  ちなみに、
   1米ドル=8000キップ、です )
1-2011-3 VET 10

(↓ 空港タクシーは、パークビューホテルの横を通過中です。)
1-2011-3 VET 11

(↓ 今回のホテルも、この前と同じラオ・プラザ。 全く代わり映えしないので... 
   次回は違うホテルに泊まることにします。)
1-2011-3 VET 12

まだ、続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

《ラオス紀行再び・その8》 ビエンチャンで偉大な指導者に出会う

民主党政権になって期待の大きかった鳩山は バカ山 だったし、
菅はもう顔を見るのも嫌だし... もう、日本は指導者不在の状態に
なっていることは、皆、ご承知の通りである。

地震・津波・原発事故と国難が次々と訪れ、今こそ、実力ある指導者が
求められていると言うのに、今の日本は一体なんだっ、と叫び声を上げたく
なるほどだ。

そんな中、ビエンチャンに来て、はっとする光景に出くわした。
以前は近づくのも嫌なほどの荒地だったのに、そんな中、突然に偉大な
指導者が出現した...  一体、何を言っているのかとお思いの方に、
ぜひ写真を見ていただきたい。 どーぞ。

(↓ 以前は、ゴミだらけの 荒れ放題の空き地 だったのに、いつのまに
   こんな綺麗な公園が出来たのだろう。 メコンに沈む夕日、というには
   少し時間が早すぎたが... 雄大な景色だ。)
1-Ousama 00

(↓ この公園はメコン河の川べりにあり、かなり広大です。 そして... 
   偉大な指導者が、遠くに見えるのが分かるだろうか?)
1-Ousama 01

(↓ 少し近づいてみよう。)
1-Ousama 02

(↓ もっと近づこう...)
1-Ousama 03a

(↓ さーどぉーだ... その名は、ビエンチャン王国、最後の王様
  “チャオ・アヌウォン王” だっー... 誰それ?? って言うかも
   知れないが... 実は私も良く知らない...  シーサケート寺を
   建立した王様であるとのことだが、こんなもの凄い銅像が建つのだから、
   偉大な指導者に違いない... そのどでかさだけで十分だ。)
1-Ousama 04a

(↓ きっと本ブログの読者は、この偉大な指導者のご尊顔を拝したいと
   思っているに違いない。 そのご期待に応えよう。 どーぞ ↓↓↓ )
1-Ousama 05

(↓ あまりの素晴らしさに、感動の涙を流している方も多いことだろう...
   さらに素晴らしい画像をお見せしよう。 どーだっ↓↓↓ )
1-Ousama 06

(↓ 親愛なる偉大な指導者に祈りを捧げるビエンチャン市民。
   偉大な指導者は、国民が進むべき道筋を力強く指し示しています。
   メコン河を挟んで対岸のタイを指しているのが、少々気になるが...
   細かいことは考えなくてもよろしい。)
1-Ousama 08

(↓ 多くの市民が銅像を取り囲んでいます。)
1-Ousama 07

(↓ 銅像からコメン河を臨む。)
1-Ousama 09

ここは新たなビエンチャンの観光名所ともなっており、多くのビエンチャン市民で
賑わっています。 興味のある方は、ぜひ訪れてみてね。 ということで... 
ラオスを宣伝しておきます。 続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

《ラオス紀行再び・その9》 ビエンチャン写真

ビエンチャンの街を歩くときにはいつもカメラを手に持っているのだが、
それでもなかなか決定的瞬間を撮影することは難しい。
今回のビエンチャン訪問でも、数百枚の写真を撮影しており、その中の
何枚かを載せることにする。 見て下さいね。

(↓ 昨日掲載した偉大なる指導者像の後姿だ。 銅像の後ろ側に
   広大な公園がある。)
1-VET-Pic  01a

(↓ 巨木があります。)
1-VET-Pic  02a

(↓ 木の下で子供が寝てます。)
1-VET-Pic  03

(↓ そーっと撮影しました。)
1-VET-Pic  04

(↓ よくこんな写真を撮影している人がいるが、私は、この手の写真に
   全然興味がない。 でも、せっかく撮影したので... )
1-VET-Pic  05

(↓ 福島第一原発の建屋が強度不足で倒壊する恐れがあり、補強工事を行う
   必要があるのだとか。 その補強工事の “ヒント” がこの写真に
   示されている。)
1-VET-Pic  06

(↓ これがそうーだ... 素晴らしい補強工事であろう。 補強部分の方が
   先に倒壊してしまいそうだが... 東京電力の関係者は、このラオス式の
   補強技術を参考にして、原子炉建屋の補修にあたってもらいたい。)
1-VET-Pic  07

(↓ 長さが足りないときは、、、こうすれば大丈夫...)
laos ccc pix

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

《ラオス紀行再び・その10》 「お店番ネコ」 の撮影に成功

ビエンチャン写真の後半です。 
ご覧下さい。

(↓ これは単なるコンビニだが、最近できたばかり。 このような形態の店は、
   ビエンチャンでは珍しい。 私としては、コンビニがあれば便利だが、
   別になくても支障はないような感じ。)
1-AA pix 002

(↓ 牛乳・ヨーグルト類は全てタイからの輸入品。 タイで20バーツで販売
   されているヨーグルト飲料も、ここでは、輸入関税がかかっているのか、
   10000キップ (=40バーツ) と倍の値段。)
1-AA pix 003

(↓ ハイスピード・インターネットの看板。 さぞかし、高速なことだろう。)
1-AA pix 001

(↓ 通りで呆然とする犬... )
1-AA pix 004

           (↓ 小さな台の上に座っている 「お店番ネコ」 だ。)
1-AA pix 005

              (↓ 少し近づいてみます... 三毛猫です。)
1-AA pix 006

              (↓ これが、「お店番ネコ」 の正面写真だっ。
                 じーとしています。 )
1-AA pix 007

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

《ラオス紀行再び・その11》 TGビジネスクラス・帰路編

ビエンチャンからの帰路編である。 
帰路は往路の逆、タイ航空機で、「ビエンチャン→ バンコク→ チェンマイ」
という経路で移動した。 特に珍しい話もないが、こんな感じ。

(↓ ビエンチャン・ワッタイ空港の出発ロビーにあるビジネスクラス・ラウンジ。
   TG便に搭乗する場合、スラーアライアンス・ゴールド保有者も入室できます。)
1- VET-BKK 01

(↓ 中は薄暗く、古ぼけた雰囲気...)
1- VET-BKK 02b

(↓ 軽食があります。 虫が来ないように、プラスチックケースの中に
   入っています。)
1- VET-BKK 02c

(↓ 別に見たくないかも知れないが... そのときの私がチョイスした軽食。
   ロールケーキ、揚げ春巻きに、スイカ、それに、かなり生の葉が匂う...
   ラオス茶です。)
1- VET-BKK 02d

(↓ 往路と同じく、B737-400型のボロボロ機です。)
1- VET-BKK 03

(↓ 本日、日曜日ということもあり、ビジネスクラス満席です。)
1- VET-BKK 04

(↓ ビエンチャン・ワッタイ空港を定刻で離陸しました。)
1- VET-BKK 05

(↓ 再び、メコン河を渡ってタイに入ります。 河の右側がタイ領。)
1- VET-BKK 06

(↓ メコン河横断中。)
1- VET-BKK 07

(↓ 雲の上に出ました。)
1- VET-BKK 08

(↓ ビエンチャン→バンコクのお食事メニューです。 往路はホットミール だった
   のに... 何故か、復路はコールドミール。 どーうして?)
1- VET-BKK 09

(↓ 往路に比べてかなり質素な食事... デザートも有り合わせで
   済ませたようで、なんだか貧弱...)
1- VET-BKK 10

(↓ メインディッシュをアップで...  冷たいチキンです。)
1- VET-BKK 11

まだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

《ラオス紀行再び・完結編》 スワンナプーム空港に着陸する

食事が終わりしばらくして、搭乗機は着陸態勢に入った。 チェンマイ空港は、
飛行機が着陸する方向は常に同じだが、バンコク・スワンナプーム空港では
その日の風向きによって、海側 (南側) から着陸したり、陸側 (北側) から
着陸したりする。

この日は海側からの着陸であった。 ビエンチャンからの飛行機が海側から
着陸する場合、飛行機は一旦、海上に出た後、左旋回して再び、陸へと向う。
こんな感じ (↓) ですね。

(↓ 飛行機は、一旦、陸から海上に出ます。)
1- BKK着陸-001

(↓ 左旋回した後、しばらく海岸線に沿って飛行。 この辺りの海岸線は、 
   綺麗な砂浜ではなく、チャオプラヤ河から流れ出したデルタ地帯の泥で、
   ドロドロ... )
1- BKK着陸-002

(↓ その後、飛行機は再び左旋回して、陸に入ります。 
   上の方に見えているのは、チャオプラヤ川の河口です。)
1- BKK着陸-003

(↓ 陸地に入った後、一気に滑走路に向けて降下します。)
1- BKK着陸-004

(↓ バンナートラート通り上空を通過。)
1- BKK着陸-004b

(↓ バンナートラート通り、通過しました。)
1- BKK着陸-005

(↓ 空港の敷地内に入りました。)
1- BKK着陸-006

(↓ 着陸しました。)
1- BKK着陸-007

(↓ その後は、タイ航空・国内線にてチェンマイに向います。 今回は、
   エアーアジアではありません... スワンナプーム空港に駐機中の
   タイ航空機。 綺麗に並んでます。)
1- BKK着陸-008

(↓ 17:20発のTG116便に搭乗しました。 本日のチェンマイへの
   飛行機は、大型のボーイング777-200型機です。)
1- BKK着陸-009

(↓ 雲海の上を飛行中。 ボーイング777-200型に搭載されている
   ロールス・ロイス社のトレントエンジン。 )
1- BKK着陸-010

(↓ ロールス・ロイス社のロゴです。 夕日が反射しています。)
1- BKK着陸-011

まもなくチェンマイに到着です。
ということで、“ラオス紀行・再び”、完結しました。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん