FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

サワディ・ピーマイだっ

かなり遅くなったのだが、“新年あけましておめでとうございます
(サワディ・ピーマイ) ” です。

昨年12月より、少しブログの更新が停滞気味で、病気ではないか? と
心配してメールを下さった方もいましたが、一応...元気です。
ブログの更新というのは、結構、手間がかかって面倒であり、このまま
放置してしまおうかと思ったのだが、1年以上にわたって続けてきたものを
中断するのも、なんだかモッタイナイので、このまま、続けることにした。 
ということで、これからもヨロピクです。

年末年始は、シンガポールに行きました。ブログの日にちとはズレますが、
これから数回にわたってシンガポール紀行になりますので、読んで下さいね。 
ということで明日以降、お楽しみに。 

(↓ バンコク・スワンナプーム空港にあるオブジェ。)

1-BKK airport

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



中国正月・写真

一昨日の14日は、中国旧正月であり、チェンマイの中国人街ではいつものように
祭りが開催されていた。 昨年の旧正月に比べて少し規模が縮小しているような
気がするが、それでも結構な人出である。

そして、何のために、ここに来たかと言えば、それは昨年と同じく “ちまき” を買う
ためである。 中国人からは、“ちまきは自分の家で作るもので、買うものではない”
と言われそうだが、、、私は、買わないと食することができないので、致し方ない...

そのために、ここに来たのだが、その “ちまき” が見当たらない。昨年もあまり
販売していなかったが、今年は全く販売していない。 どうしてか? と思いつつ、
ちまきを求めて歩き続けたのだが..
後は写真をどうぞ。

(↓食べ物を求めて人がいっぱい。)
中国正月

           (↓お馴染みの竜)
中国正月2 

(↓フカひれスープ)
中国正月3 

(↓タプティムという川魚の塩焼きだが、これが一番人気のよう。買うために
  長い行列ができていた。)
中国正月7 

(↓混雑の中、2往復してやっと見つけた“ちまき”。目立たないところで
  ひっっそり販売されている感じ、1つ25バーツ。)
中国正月6 

           (↓中はこんな感じ。。)
中国正月5 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

動物のかぶりモノ流行る?

タイの某日本語ニュースサイトによれば、北タイで、動物の顔を模した帽子が
流行っている、とのことが書かれていた。 1ヶ月前くらいの記事で、これを読んで
からは、本当かどうか? と思い、少し気にかけて街行く人を眺めていたが、、、
一度も見たことがない。 ニュースの記者は、たまたまそのような帽子を被っていた人
を見ただけだろう。

こんな中、ナイトバザールで、そのような動物帽子を販売している店を見かけた。
たった1軒だけで、数も少なく、質も悪そう。 愛好者はいるかも知れないが、
こんなものが流行るような気は全くしないのだが...

(↓某日本語ニュースサイトで使用されていた写真。拝借する。)
1-kaburimono33.jpg

(↓チェンマイのナイトバザールで販売されている動物帽子)
1-kaburimono.jpg

(↓先日、旅行したシンガポールのナイトサファリで販売されている動物帽子。
  こちらの方がずーっと質が良さそう、、 でも、あまりリアル過ぎると、
  野良犬にほえらるかも。)

1-kaburimono2.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

歌手か、それとも..

だいぶ前に 乞食 のことを書き、今回もこの話題、と言いたいところだが、
この人を乞食と呼んで良いかどうか?? 判断に迷うところである。 というのは、
今回、取り上げる人は、下の写真 (↓) のように、ただ、金銭をもらうために
あちらこちら歩き回っているのではなく、「歌」 というサービスを提供しながら
歩き回っているのだっ。 職業のジャンルとしては、「歌手」 かも知れない。

このような方々のパターンは皆、同じで、「目が見えない」&「音響設備を担ぎながら
カラオケで歌を歌いながら歩き回る」 のである。日本で言えば、“盲目の流し” と
言えなくもない。 バンコクでも見かけるが、同じようなパターンである。
歌の内容までは聞き取れないが、悲哀に溢れたメロディー、、生活に困窮している
ことを見せ付ける雰囲気、、である。
それにしても、こんな大きいスピーカーを担ぎながら、人ごみの中を歩き回るなんて、
凄い体力..普段から相当に身体を鍛えているのだろう..

このような人を見ると、周囲のタイ人は、じっとしていられないのだろう。 次々と
お金をあげて行く。もの凄い儲かる商売、、、もうやめられない、、と言っては
不謹慎だが、そう感じさせる光景だっ。
(本当にその人が困窮しているかどうかは別にして)、困っているように見える人を
助けようとする行為は良いことで、慈悲の心を持つタイ人の優しい一面であろう、
と言うことができるかも、、である。

               (ちょっと写真は小さめで.. ↓歌手かそれとも..)

1-singer.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

煙がすごい

昨年の 3月14日 にも同じことを書いているが、今年も同じ状況が発生..
ここ1~2週間、煙がものすごい。煙で空がどんよりしているのだ。最初はただ単に
天気が悪いだけかと思ったが、そうではなかった。 野焼きで発生した煙で、空全体が
灰色になっているのだ。

なんだか空気全体が煙臭く、少し咳っぽい感じもして、身体の呼吸器官が変になりそう
である。 このような煙が大量発生したことによる視界不良で、ミャンマー国境に近い
メーホンソンでは飛行機が離発着できず、便の欠航が相次いでいるらしい。

北タイが野焼きの煙で覆われるのは今年に限ったことで無い。
毎年2月後半から3月にかけて、年中行事のように北タイ全体が煙で覆われる。
毎年、同じ事の繰り返しで、タイの方々は何故、何の対策も講じないのか?
よく平気でいられるものだ。 それとも、なーんにも考えてないのか?

こんな野焼きによって一部の山岳民俗は肥沃な農地を手に入れることができるのかも
知れないが、病気になるのでは、と感じる程のヒドイ大気汚染を発生させてまで、
野を焼き続けなければならないのか? とも思うのだが.. 

(現在、エアポートプラザの駐車場からドーイステープを撮影すると↓
 こんな感じで、煙害で見事に何にも見えない。天気が悪いのではない。)
Doi Sutep2

(↓これは以前、同じくエアポートプラザの駐車場から、やや天気が
  悪い日に撮影した写真。本当はこんな風に見えるのだが...)

Doi Sutep

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

日産のエコカー展示会

エアポートプラザで、日産自動車の新型コンパクトカー 「マーチ」 の
展示会が開かれていた。日産マーチは、日本ではお馴染みの車だが、
タイでは初登場。日本に合わせたのかも知れないが、タイ用の名称は
なかったのか? とも思う。

以前の マツダ2 でもそうだが、今回の 「マーチ」 の塗装も、これでもかと
言わんばかりの 「どぎついグリーン」。 エコをイメージしている
のだろうが、まだ、こんな展示会では良いものの、実際に外を走っている
のを見ると、ちょっとねぇーという感じ。

そして、この日産マーチだが、下の写真 (↓) にあるように “エコカー”
と称している。 わざわざエコカーであることを強調しているのだが、、
エコカーとは何か? 

ウィキペディアで調べたところ、エコカーとは、 “低公害車” なのだとか。 
電気自動車、メタノール自動車、圧縮天然ガス自動車、圧縮空気車及び
ハイブリッド自動車の5車種を指す、らしい。 誰がこんな定義をしたのか
知らぬが、、そうらしい。

では、この日産マーチはこの中の何なのかと言えば、、、
「メタノール自動車」 に該当するらしい。 
「エタノール自動車」 ではないか? と思うのだが、同じアルコールなので、
細かいことは気にしなくて良いのだろう... 

よくよく仕様を見てみると、確かに燃料は、ガソリン91 (=レギュラー)、
ガソリン95 (=ハイオク) とともに、ガスホール91・95
(=バイオエタノール混合ガソリン)、E20 (=バイオエタノール
20%混合ガソリン) が使用可と書いてある。

特に、E20ガソリンが使用できるところが、ミソらしい。 それならそうと、
もっと、このことが分かるようにしても良いと思うが、タイでは、バイオ燃料が
割と定着しているので、いちいち説明しなくとも、タイ人の方が私よりも
ずーっと詳しいのかも知れない..

(↓エコカーの日産マーチだっ。)
1-Eco Car 01

(↓皆、関心がおありのようで..)
1-Eco Car 02

(↓上の階から撮影。)
1-Eco Car 03

(↓一番安いのは37.5万バーツで、100万円少しというタイでは
  破格の値段。先日のマツダ2よりも20万バーツも安い。マレーシアの
  プロトン、インドのタタ自動車と対決だっ。)
1-Eco Car 04

(↓エコカーである証、E20燃料使用可と小さく表示。)

1-Eco Car 04c

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

チェンマイの中の 「チェンマイ」 とは?

たいしたことではないのだが、「チェンマイまで1キロ」 という標識が
立っている。 民間の広告のようなものではなく、正式に役所が立てた
看板である。

この看板があるところは、チェンマイ市外ではなく、チェンマイ市内にある
チェンマイ駅の近く。 市外からチェンマイ市の境界まで1キロというのなら
分かるのだが、そうではなく、チェンマイ市内にあるチェンマイ駅近くから
1キロのところが、「チェンマイ」 だと言っているのだ。

しかし、チェンマイ駅と言っても、街外れにあって市の中心からは、ほど遠い
場所にあるのだ。

(↓これが噂の?「チェンマイまで1キロ」 の表示だっ。)
1-cnx002.jpg

前から気になっていたのだが、ここから1キロ先にある 「チェンマイ」
とは、いったい何なのか? 何があるのか? 車のメーターで正確に1キロを
測ってみたところ、ちょうど1キロのところにある建物が、下 (↓) の写真。
単なるクイティアオ屋さん、つまり、タイのラーメン屋であった。

特に、歴史的な建造物、重要な役所の建物には見えないが、きっと、何かの間違い
であろう、ということで.. タイの標識なので、こんなもんだろう。

(↓ここが、チェンマイの中の 「チェンマイ」 とは。 今ひとつ、、ですねぇ..)
1-cnx2.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

クム・カントーク全焼する..

だいぶ前に カントーク という、食事をしながら北タイの伝統芸能を
鑑賞するレストランのことを書いた。

このレストランはチェンマイ郊外、カールフールの裏にある
クム・カントークのことだったのだが、25日朝、そのクム・カントークの
木造建造物が不審火のために全焼した。

600人を収容できるという巨大な建物で、それが見事に丸焼けに.. 
この建物は、チーク材を多用した北タイの伝統様式を模したものだった
だけに、こんなことになって、かなりもったいない。 
でも、かなり商売繁盛で儲かっていたようなので、すぐに再建できると思うが..

(↓在りし日のクム・カントークの木造建造物。 樹木の向こう側にあるのが
  その建物。高感度撮影だが、ちょっとピンボケ)
1-カントーク01

(↓その中の北タイ伝統芸能ショー)
1-カントーク01x

                   (↓それがこんなことに。)
1-カントーク02

                 (↓本当に丸焼け)

1-カントーク03

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

チェンマイの赤シャツ事情

現在、バンコクでは、タクシン派の赤シャツ隊と、政府側の軍隊とが
睨み合いを続け、一部に負傷者も出ているようだが、チェンマイでは、
何事もないかのように平穏である。 

TVなどの報道では、バンコクの赤シャツ隊の姿が多く報道されている
ものの、私は、今回の騒動に関し、チェンマイで赤シャツを着ている人を、
いまだ見たことがない。

しかし、チェンマイの人々は、赤シャツを着ていないからと言って、
タクシン元首相を支持していない、のではない。 チェンマイがタクシン氏
の地元である、という理由もあるのであろう、チェンマイの人々の多く
(=私が接した少ないタイ人だが・・・) は、タクシン支持派、それも
かなり強烈な支持者である。 皆さん、タクシン氏が北タイにどれほど
貢献したか、そして、現政権がいかに堕落しているかを、熱く語って
くれるのだ.. 

タクシン氏について、“あなたの考えはどうなのか?” と聞かれることも
あるのだが、少し相手に話を合わせる程度で、保留としている。 その理由は、、
外国人が政治集会に参加したことが確認された場合に、国外追放の上、
タイへの再入国を無期限に禁止する、などの報道もあり、とりあえず、
我が身を守るため、である..

( ↓ バンコクに集結している赤シャツ隊。某ニュースサイトより拝借)
553000004574018.jpg

( ↓ 現タイ首相のアピシット氏、同じく、某ニュースサイトより拝借)
553000004585203.jpg

( ↓ 白シャツの政府側、赤シャツ側、各3人ずつ参加して会談。29日夕刻に
    再度、会談を開催する予定。 なんだかニコニコしていて和やかな感じ..)
553000004585204.jpg

( ↓ チェンマイ駅前に設置された赤シャツ隊のステージ。 スピーカーから
    タクシン氏の演説が流されるものの、誰も人がいない.. 
    皆、バンコクに行ってしまったのか? )
1-cnx station2

( ↓ おまけ画像。チェンマイ駅前に展示されている蒸気機関車だが、あまり興味が
    ないので、何という型か、、、分からない。)

1-cnx station32

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

地元の病院に行く

1ヶ月ほど前、日本に行った際に、久々に靴を長期間 (といっても5日
ほどだが..) 履いていたために、靴ずれが発生して、足の親指の爪が
割れてしまった。 信じられないような事態だが、本当のことである。

普段のタイ生活では、靴を履くこともなく、もっぱら、サンダルである。
ずーっとサンダル生活なので、もしかして、足の形が微妙に変ってしまった
のかも知れない。 履いていた靴は、少し前に、日本で購入したもので、
しかし、私の足の形は、もう、日本人用の靴には合わなくなってしまった
のかも知れない...

爪が割れたと言っても、日本帰国してからだいぶ時間が経っているので、
炎症はなく、割れ始めた爪が浮いているような感じ。でも、気持ちが
悪いので、これを取ってもらおうと、近所の病院に行くことに。

行った先は、マコーミック病院。 この病院はキリスト教系で、かなり古い。
地元のタイ人が多く利用する病院であり、チェンマイの有名私立病院
(チェンマイラム病院、ラーチャヴェート病院など) のような、外国人患者
のための余計な通訳者もいない。 なので、チェンマイの街で目に付く、
日本人老人の姿を見かけることもない。

そして、ここの病院で剥がれかかった爪を取ってもらったのだが、
ちょっとした手術であった。 足の親指に部分麻酔を注射して、、、、
その後の説明省略。看護婦・看護師も暇なのか5~6人ほど寄ってきて、
医者とともに色々と雑談しながら、手術を受けることに... 
日本ではない光景。

そして、言いたいことはここの病院の治療費の安さである。この手術は
1週間前のことなのだが、保険なしの実費支払いは、以下の通り。

初日の手術 + 炎症を抑える飲み薬・2種類 : 1300バーツ
2日目の患部消毒 (医者の診断なし) : 50バーツ
3日目の患部消毒 (医者の診断なし) : 50バーツ
1週間後の医者の診断 : 185バーツ

これで全てである。 4日間通って総額 1585バーツ
(=4700円ほど) 。仮にこれがチェンマイラム病院ならその2~4倍、
バンコク病院なら10倍以上かかるのではないか、という感じ。
何を比較の対象とするかで安さの感じが変るだろうが、地元価格とは
こんなものである。

(↓マコーミック病院外観)
1-Hospital

(↓ただ今、改装工事中)
1-Hospital2

(↓信じられないのだが、こんな中でも診療実施中。右側が診察室)

1-Hospital3

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

破綻企業JALが競争して良いか?

ここ最近、JALとANAのマイレージ提供合戦が凄い。

どちらが先に始めたのが知らぬが、一方がボーナスマイルの
キャンペーンを行えば、他方がそれに追随する、という具合。 
搭乗クラス、ステータスにより異なるものの、本来、区間マイル
の搭乗マイル及びプラスアルファのボーナスマイルしかもらえない
ところ、今回のキャンペーンにより、場合によっては3倍、4倍
の大量マイルが獲得できてしまう。 もう大盤振る舞いを通り越して、
気が狂っているのか、という感じ。

例えば、バンコク・東京線 (=2,869マイル) の場合、
JALのサファイア 、及びANAのプラチナ ステータスであれば、
通常、100%のボーナスマイルしかもらえないところ、
現在は、その3倍の300%のボーナスマイルが加算されて、
最終的に合計で11,476マイルが獲得できる。 

往復すれば、22,952マイルとなる。実際のマイル計算はもう少し
複雑だが、おおよそはこんなところ。 つまり、JALのサファイア
会員が、バンコク・東京を1往復するだけで、東京・香港往復の
特典航空券 (通常レート:2万マイル)が無料で獲得できる計算。

航空会社がキャンペン競争を展開することは、普通、利用者に
とって良いことだろう。 しかし、JALは、公的資金が投入された
破綻企業、自社の株券を紙屑にした最低の企業である。 政府の
管理下に置かれたJALが、公的資金である税金を、マイレージ
という景品に注ぎ込みつつ、正面切ってANAと競争しているのだ。

ANAの社長が、会社更生手続き中の日本航空に対し、「値引きに
公的資金が使われると、公平な競争環境が担保されない」 と不満を
述べるのは当然である。 ANAと競争する資格のない破綻企業が、
何事もなかったかのように、競争を繰り広げ、ANAの経営に被害
を及ぼしているので、社長が怒っているのだっ。 

ここまでJALがマイレージの提供にこだわるのは、多頻度利用客
である上級会員の流出防止にあることは理解できるが、そのために、
税金をばら撒くとは何事か。公的資金が投入された没落企業には、
それらしく振舞う態度があるだろう、と言いたい。

(↓没落企業JALの機体だっ。嫌悪感を感じる嫌らしいデザイン。
  そのまま地面を走り続けた方が良い。 成田空港にて撮影)
1-JL

(↓今も健在なバンコク空港のJAL自社ラウンジ。朝と夜しか
  オープンしない低い稼働率。 何度も言うが、、公的資金投入
  の破綻企業なのに、こんなものを今も維持できることが不思議。
  日本国民の税金でバンコクのラウンジを維持しているのか? 
  と言われても仕方ない。 ちなみに、ANAはバンコク空港に
  自社ラウンジなどない。)

1-JL2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

暑すぎの日々

なんだか知らないが、ここ数日、もの凄い暑い。
ちょっと暑いのではない、もの凄くアツイ。 「暑い」 ではなく、
「熱い」 という言葉を使った方が良いかも知れない。

今日の昼過ぎには、部屋の温度は34℃になった。
もう耐えられない暑さ、、、もう体温とそれ程、変らない。
今のアパートに引っ越して、10ヶ月ほど経つが、これまで一度も
クーラーを使ったことがなかった。 しかし、本日、暑さに耐え切れず、
初めてスイッチをONにしてみたところ、吹き出す空気はずーっと温風で、
全然、涼しくない。冷媒が抜けてしまったのだろうか、役に立たない..

まもなく、タイは、水掛祭りのソンクラーンとなる。これに合わせるかの
ように気温がMAXになっているようで、タイの天気は、ちゃんと心得て
いるようである..

(↓本日 4/6 PM、私の部屋の気温、34℃だっ )
1-hot

(↓ここの床は冷たいのでしょうか? )

1-hot2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

暑すぎの日々 その2 (+猫写真)

昨日は、部屋の気温が 34℃まで上昇したことを書いたのだが、
4/7は 35℃まで上昇した。凄まじい温度...
相変わらず、クーラーは壊れたままなので、仕方なく扇風機を
使用しているのだが、吹き付ける風は完全に熱風で、気持ち悪い。
まあ、こんな感じである。 後は写真をどーぞ。

(↓35℃。ちなみに私の部屋は、日当たりがそれほど良くない、
  北東向きの部屋。それでこの温度。日当たりが良い南向きの
  部屋だと、40℃突破かも...)
1-hot3

(↓昨日は犬だったので、今日は猫。 某古本屋さんにて。)
1-hot33

(↓少しアップ)
1-hot333

(↓揺すっても、全然起きない... 警戒感もなく、
  完全に熟睡モード。)

1-hot3333

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

友愛のせいで何もかも無茶苦茶に

何もここで日本の政治の問題を取り上げることもないのだが、、、
少し書くことにする。 それは、普天間基地問題である。 その基地問題の
決着のために、鳩山首相はまもなく沖縄を訪問して、地元の人たちに
説明するらしい...が、一体何を説明するつもりか。

誰も望んでいない、“徳之島へのヘリ部隊の移転”、“辺野古沖での
杭打ち方式による滑走路建設” を推し進めるために行くのか? 
沖縄住民・徳之島住民・米軍・連立与党、いずれもが納得していない
腐ったプランを、推し進めてどうするのか? 

この案が受け入れられると思っているとすれば、鳩山首相はかなり頭が
オカシイのではないかと、思う。
“友愛” を考える余り、頭が変になったのだろうか。

(↓こんな人が日本の首相だなんて、、、もう少し頭が良い人かと思った。
  私が説明すれば全てが解決すると思っている、ような感じ。 
  もっとマシな人はいないのか?)
Hatoyama

5月末までにこれら問題を決着できると、今でも鳩山氏は本気に考えて
いるのか? もう無理なのは誰の目にも明らかであろう。そして、
約束の5月末の合意に至らない場合に、昔の時代ならば、“切腹” して
お詫びしなければならないだろうが、近代社会では、自殺を強要する訳には
いかない。

そこで、私は、“切腹” に代わる代替案として、鳩山氏に対して、
「国民の前で土下座して謝罪する」 ことと、「出家して仏門に入る」 ことの
双方を提案したい。 前者は日本の習慣、後者はタイの習慣だが、これくらい
しないと、「国民の理解」は得られないと思うのだが、どうだろう...

(↓私が示す代替案が この 「出家案」 だっ。 これで全てが丸く収まるだろう..)

1-Bousan.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

ワートレ炎上

昨夜、バンコク中心部の “セントラル・ワールド” に、赤シャツ隊の
生き残りが放火し、炎上した。 タイに長い人は、“セントラル・ワールド”
よりも “ワールド・トレード・センター”、略して、“ワートレ” と
言った方が馴染みがあるだろう。

その “ワートレ” が激しく炎上し、一部が崩落? したのだが、併設する
日系デパートの伊勢丹には影響が及んでいないらしい。 
しかし、詳細が分からない。

現在、政府がマスコミを統制しているらしく、タイのTVでは、短くサラッと
伝える程度。 タイのTVでは午前中、事件とは関係のないお笑い系の
バラエティ番組の他、国民の一致団結を図る思想番組も放映!! 
惨事へのタイ国民の関心をそむけるかのような、人を馬鹿にした番組を放送。 

昨日のようなリアルタイムの実況中継とは大違い。  こんな中、断続的に
短く流れるタイのTVの報道では、“ワートレ” の被害は一部だけ、、、
と言っているが、本当か?

バンコクに住んでいたときに良く訪れた場所だけに、余りの惨状に、絶句.. 
という感じ。

↓写真はプーチャットカーン誌より拝借。

                       (↓燃えるワートレ)
CW-3.jpg

                   (↓こんなに燃えてどうするの?)
CW-5.jpg

                       (↓すごい煙)
CW-4.jpg

                    (↓伊勢丹は大丈夫?)
CW-14.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

“口蹄疫” について

“口蹄疫” とは、ご存知のように “こうていえき” と読むのだが、
半年前にこの病原体のことを知っている人は少なかっただろう。
私も、ここ最近のニュースで、こんな病原体があることを初めて
知ったのである。

口蹄疫とは、牛・豚などの家畜に伝染する伝染病のことがだが、
日本では今年4月に宮崎県で感染報告があり、一旦、終息したように
見えたが、最近になって再び、広がりを見せている。
感染力は非常に強く、このため、口蹄疫が発生した自治体の周辺では、
病原菌を運ぶ可能性のある車両などを洗浄スプレー、石灰などで
消毒している様子が報じられている。

そして、この強い感染力の口蹄疫を広めているモノだが、私は、
“間違いなく鳥だっ”と思っている。それも、スズメが怪しいのでは
ないか、と思っている。

私の住んでいるアパートでもスズメが良く見られる。 アパート周辺に
樹木・植物が多いためだと思うが、午前中などはかなりの数のスズメが
飛び交い、チュンチュンという泣き声がウルサイほどである。

そして、このスズメ、ただ鳴きながら飛んでいるのなら良いのだが、
こいつらは、いつもいつも糞尿を撒き散らしながら、飛んでいるのだ。

何故、それが分かるかと言えば、近くに駐車している私の車が、いつも
鳥の糞まみれになるからだ。 洗っても洗っても、すぐに糞まみれになると
言っても良い。大きな糞の塊ばかりではなく、小さな糞尿のシズクが、
無数に付いている。 まるでスプレーのように糞尿を噴射しながら、
飛んでいるのだと思う。

そして、もしこの糞尿の中に感染力の強い病原菌が混ざっているとすれば、
それを周囲に伝播させる力は絶大であろう、と思うのである。

恐らく、宮崎県では、このスズメが牛舎に入って餌をついばみ、このときに
感染した口蹄疫が糞尿を媒体として、他の地域に広がったのだろうと、
近所のスズメを眺めながら私は推測しているのだっ。

結局、車両の足回りを洗浄することも良いが、それより牛舎内にスズメを
はじめとする野鳥が入り込まない対策を講じる方が有用ではないか、
と思うのだが、どうだろうか?

( ↓ 牛や、スズメの写真がないので、ウサギの写真でもどーぞ。 何故、
    こんなところにウサギがいるのか?)
1-うさぎ

                   (↓アップで。何か変な感じ。)
1-うさぎ2

                   (↓1匹ではなく、2匹だった。)
1-うさぎ3

              (↓あなた方、口蹄疫は大丈夫?)

1-うさぎ5

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

サッカーに関心ないのだが...

日本では、大方の予想に反して、ワールドカップのカメルーン戦で
勝利したとかで相当に盛り上がっているようだが、私は、全く関心がない。
サッカーに興味がない。スポーツニュースなどで結果を見ることは見るが、
中継されている試合をわざわざ実況で見たい、と思うことも無い。

少し話はそれるが、私は外国に住んでいるものの、NHKで夜9時から
放送されている “ニュースウオッチ9” を見ることを日課にしている。
日本の一日の出来事をまとめて見ることができ、キャスターもまともなので、
そこそこ楽しみにしている番組である。

そして、その “ニュースウオッチ9” がワールドカップの試合のために
今週3回も休止される。 1回目はこの前の “日本VSカメルーン戦”、
2回目は17日の “アルゼンチンVS韓国戦”、 3回目は18日の
“ドイツVSセルビア戦” の実況放送のために休止されるらしい。

なんじゃそりゃだ。 日本が関係する試合だと仕方ないかとも思うが、、、
なんで他国のわけの分からん試合のために、ニュースの看板番組を
休止しなければならないのか?? 皆、そんなにサッカーの試合を
見たいのか??  そこまでサッカーに肩入れするNHKに抗議の電話
をしたい気分だっ。

( ↓ マクドナルドの店内ではサッカーの試合が放映され、ワールドカップを
    盛り上げているようだが、お客反応は今ひとつ。)
1-Mac.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

ダイエットに挑む

別に今に始まったことではないが、最近、太り気味である... 
しかし、最近、太り始めたのではなく、加齢に伴ない徐々に体重が
増加し続けているのだ。  体重の増加が蓄積された結果、20歳の
ときと比較すれば、15キロ近く体重がアップしているのではないか、
と思う。

これはいけないと思い、何度か減量に挑戦しているが、どれも長続き
した試しがない。しかし、最近そうも言ってられない状況になりつつある。 
それは、これ以上、体重が増加すると、衣料品店で売られているズボンの
普通サイズを越える恐れさえあるからだっー。ちょっとこれは大げさだが、
「品薄サイズに突入する」、と言った方が良いかも、だっ。

先日、日本帰国した際に、ユニクロでズボンを買おうと思い、店員に
ウエストのサイズを測ってもらったところ、、、 たまたまご飯を腹いっぱい
食べた後でもあったのだが、そのサイズに自分でも驚いてしまった 
(ここで公表しませんが..)

このため、最近夕方、再び、「走る」 ことを始めた。 それとともに、
これ以上、ウエストが大きくならないように、朝と夜の2回、メジャーで
「ウエストのサイズ」 を測って監視することにした。 

何故、ウエストのサイズを測るのか? と言えば、だいぶ前にNHKの 
“ためしてガッテン” で、「減量のためには、毎日、体重を計測して
記録すること、それだけで減量できる」 と言っていたからである。

しかし、私は、どちらかと言えば、体重を減らしたいというよりも、
ウエストを小さくしたいのであり、このため、同じことかも知れないが、
体重ではなく、直接、ウエストを測るという方式に自主変更して.. 
日の経過を観察するようにしたのだ。 どうだ、完璧だろうー。
何ヶ月か後で、本ブログで良い結果を公表できれば良いと思っているが、、
どうだろうか?

(↓チェンマイ・チャンプアック競技場)
1-Sport02.jpg

(↓夕方には、ランニングする人も多い)
1-Sport.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

チェンマイの超豪華ホテルはどこか?

今週のはじめ、昔、日本で働いていたときの上司であるM氏とその奥さんが
チェンマイを訪問されました。 M氏がチェンマイに来るのは初めてで、
色々と案内しようかと考えていたものの、結局、有名観光地のステープ山と
そのお寺に行っただけで、それ以外は自力で観光されました... 
それなりに楽しめたようで、私としても少しホッとしています。

そして、今回、M氏が宿泊されたホテルが、下の写真↓の 「マンダリン・
オリエンタル ダラデヴィホテル・チェンマイ」、 長い名前だが、要は、
「オリエンタルホテル」。ホテルの外観は寺院そのもの。 タイのキンキラ寺院と、
自然との融合というイメージ..か? 

広大な敷地/少ない部屋数/多くの従業員で、それなりの値段がするのも
仕方がないという感じ。

(↓とりあえず掲載する写真は、ホテル正面の写真のみ。何度も言うが、
  これは寺院ではなくホテルですね。 広大すぎて全景がわからず、
  興味ある方は宿泊してみてね)
1-Cnx Hotel5

このオリエンタルホテルと対抗するもう一つのチェンマイの豪華ホテル
が下(↓)の「フォーシーズン・リゾート・チェンマイ」 、
旧リージェントホテル。

M氏がぜひ見てみたいというので訪問してみた。 
こちらは、オリエンタルホテルと違って、完全に自然&田園のイメージ。
豊かな自然の中にホテルがあるだけに、その場所も相当に田舎... 
チェンマイ市街から車で30分もかかる距離である。 オリエンタルホテルと
同じく、こちらのお値段も相当なもので... 庶民にとっては一生に一度の
贅沢、という気持ちで泊まるようなホテルである。

(↓フォーシーズンズ・ホテルのレストランからの風景。)
1-Cnx Hotel4

(↓こちらも、フォーシーズンズ。人工に造られた棚田を囲むように
  コテージが点在する。 都会の人向けホテルだろう。こちらのホテルも
  大きすぎて全景がわからず。)
1-Cnx Hotel1

(↓チェンマイ近郊のステープ山から観たチェンマイ市街、雲が低い。)
1-Cnx Hotel33


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

テレビが突然、観れなくなる・その1 《3BBトラブル発生》

タイでは、ネット回線を通じて日本のテレビを観ていることを何度か
書いているが、今日はその話題。

日本のテレビは、SONYのロケーションフリーという画像転送システム
により、ネット回線を通じて、タイの自宅のパソコンに送信されるように
なっているのだが、何らかの不具合により、7/28の午後から画像が
全く送信されなくなった。

以前にも同様の不具合が発生しており、そのときの原因は、静電気
にあった。 今回も同じ原因かと思い、何度か、静電気除去を行ったが、
全く回復せず。このときのタイ・日本間のネット速度は2M以上あり、
ネット速度に問題はない。

原因追求のため、今回、ありとあらゆることをテストした、と言って良い。
長くなるので、チェックの経緯は省略するが、分ったことは、日本に
設置してあるSONYの機器、タイ側の私のパソコン、サーバー&ルータ
には問題なし。 静電気も問題なしである。

結局のところ問題は、タイのプロバイダ (3BBという会社) が
ネット回線に、何らかのセキュリティを掛けてしまった、ことにあった。
その間、日本のSONYカスタマーサービス、それに、タイのネット会社
のカスタマーサービスに何度も電話、先週だけで20回以上は電話した
のではないか思う。 

タイの技術担当者も最初は、丁寧に対応するものの、だんだん投げやり
になって来るのが分るほど。 もう、私には分かりません、と言い出して
しまった。 最後は、SONYのロケーションフリーというシステムに
ついて、少し勉強して欲しい、と言って、私の方から電話を切った。
もう、お手上げの状態である。

SONYのロケーションフリーを導入してほぼ1年が経ち、タイで日本の
テレビを観ることが生活の一部になっており、私としてもう、NHK
ワールドという腐ったTV番組しか観れない
過去の生活に逆戻りすることはできない。

日本のテレビが観れない不便さを今さらながら、実感することになった
のである。 長くなるので、続きます...

( ↓ これが、私が加入している3BB (スリー・ブロードバンドと
    発音しますね) というプロバイダの営業カウンターだっ。 
    携帯電話撮影なので、ちょっとポンボケ..)
1-3BB

(↓3BBの広告。5Mの速度で、590バーツ/月とニコヤカに宣伝しているが...)

1-3BB-2

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

テレビが突然、観れなくなる・その2 《代替の通信手段を考える》

3BBのネット障害により、ロケーションフリーが使用できなくなり、
3BBに代わる通信手段を捜す必要が出てきた。 ネット障害と
言っても、ロケーションフリー以外は、正常に機能している。 
メール送信、日本のウエブサイト閲覧も何ら問題がない。
ロケーションフリーによるTV視聴だけが支障を来たして
いるのだっ。

そして、トラブル解決のために3BBに何度も連絡し、その後、
一時的に使用可となることもあるが、それも断続的で、すぐに
駄目になってしまう。 もう、この3BBは、私にとっては
用なしのプロバイダーになってしまった。

これまで、メインの3BBが不通になった場合に備えて、代替の
ネット通信手段も用意していた。 それは、電話回線を利用した
ダイヤルアップ、携帯電話の通信網を利用した EDGE であるが、
どちらも恐ろしく低速... 実用的であらず。 
通信速度も、100Kbps以下で、ちょっとメール送信するくらい
だと良いが、これでTV観るなんてとんでもない、という感じ。

そこで、今回は、携帯電話会社・AISの 3Gネットを使ったネット通信
を試してみた。 2年程前からチェンマイでもネットワークが整備され、
普及が図られているのだが... 問題は、その通信費の高さである。
3690バーツのUSB通信端子 (エアーカード) を購入すれば、
6ヶ月間は、毎月、500MB分だけ無料で通信できるが、これを越えた
場合は、その都度、500MB単位の従量制で、通信量をプリペイド購入
しなければならない。 その値段は、500MBで150バーツ、1GBで
350バーツ、、、、とバカ高い。

しかし、1ヶ月の無料通信・500MB でどのくらいの通信ができるのか、
今ひとつ分からないので、今回、このUSB通信端末を購入して、テストして
みることにした。  それがこれ↓である。

( ↓ 期待の3G・無線ブロードバンドだーっ。最大7.2Mbpsの高速通信が
    できるらしいが..)
1-3G net2

( ↓ スピードテストの結果は約1Mbps、7.2Mbpsが出ないことは分かって
    いたが、でも、そこそこのスピード)
1-3G net3

結局、このAISの3G で、ロケーションフリーを観ることができた
のだが、TVを観るために必要なデータ量は大きく、500MBは
僅か1日で使い切ってしまった。

この3G はパソコンでフツーにウエブサイトの閲覧をするのは良いが、
TVを観るには、費用が掛かり過ぎて、実用的にあらず、ということが
分かったのである... TVを観るための通信費に1日、150バーツ。 
ちょっと高額過ぎますねぇ。

有用な実験だったのだが、、、しかし、日本のTVが視聴できない
という問題は、まだ、解決していない、ということですね。 

( ↓ これは携帯電話会社・AISのチェンマイ電波塔だっ。3Gの電波も
    ここから発信されているのだろう。)
1-3G net

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

テレビが突然、観れなくなる・その4 《業者の訪問パターン》

“True Move” が設置されて、さらに数日経つのだが、極めて好調だ。
うんこ 3BB で、頻発していた数秒間・数分間の一時中断も全く起こらない。
このような一時中断もフツーのことと思っていたが、3BBだけ 
(又は私のところだけ?)に限った現象のよう。

その True Move であるが、エアポートプラザの営業所で申し込んで
3日後に、これを取り付けるための作業員がやって来た。 
しかし、その 「訪問パターン」 は、「突然にやって来るパターン」。 

申し込みの際に、“何日と何日はいないので、訪問前には必ず事前連絡
するように”、と念を押し、申し込みを受けた担当者は、
「事前に連絡して行きますから..」 と返答するものの、いつも同じ。 
事前の連絡を守らず、突然にやって来る。

これは True Move だけでなく、このような業者全般に言えることである。
True Move の場合、配線の工事担当者と、その後のコンピュータへのネットの
設定担当者は別で、立て続けに2組の訪問があったのだが、2組ともほぼ同じ。
最初の組は、“アパートの近くまで来ているのだが、詳しい場所が分からない”、
2組目は、“今、アパートの前にいるが、どの室か?” であった。 

電話連絡が来たときには、もう、アパートに到着しそう、又は
既に到着しているのだっ。 私としては、事前に連絡して欲しいの意味は、
私の都合もあるので、“少なくとも前日、又は数日までには訪問時間を
連絡して欲しい”、ということなのに、タイでは、“訪問直前、ぎりぎりの連絡” 
を事前連絡と言うらしい。

たまたま部屋にいたから良いものの、無駄足になるのは、訪問者の方なので
私としては、構わないのだが、どうにかならないのか、と思うのである。

(↓True Move の工事担当者は、メインケーブルの中継器から、何本かの
  電柱を経由して、私専用の400メートルものケーブルを設置した。
  もの凄い作業だったが、慣れた調子で配線完了。 このようなタコ足配線を
  行った結果、多くのネットユーザーの配線が入り乱れ、電柱はもう
  ぐちゃぐちゃ。 タイならではの光景なのか?)
1-配線2

ということで、“テレビが突然、観れなくなる” 完了。
明日から、“格安航空会社で行くクアラルンプール” です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

巨大魚はどこへ行った?

チェンマイの大型ショッピングセンターであるエアポートプラザには、大きな水槽があり、
その中に、色々な海の魚が入っている。 

(↓その水槽がこれ。)
1-AP Fish 001

この水槽にいる多くは綺麗な小魚だが、その中にひときわ目立つ大型魚がいる。
それが、この↓である。 体長2m近くあるかも知れない。 恐らくここに水槽が
出来てから、ずーっといたと思われる。 

栄養が良いのか、丸々と太っていて、コロコロの体型である。 ここの人気魚で、
水槽を眺めている人のほとんどが、この魚を見ていると言って良い。

                   (↓その太った巨大魚がこれ。)
1-AP Fish 002

(↓案内によれば、魚は、プラー・モーと言い、和名は分からないが、
  恐らくクエの一種であろう。)
1-AP Fish 005

この巨大魚であるが、突然、いなくなってしまった... 一体、どこへ? 
しかし、暫くして次の魚が運び込まれた。

(↓次に入れられた魚がこれ。写真では分かり難いが、同じくプラー・モー。 
  ずいぶんと小さくなってしまった。 体長は50cmくらいであろうか。)
1-AP Fish 004

(↓泳いでいるところ。)
1-AP Fish 003

私が推測するのには、2mもあろうかという巨大魚は自然死したのではなく、
きっと食べられてしまったのだろう、と思う。 元気で、とても死期が近づいている
ような感じではなかった。 

生きているうちに捕獲してしまえば、切り身を売るなり、食べるなりできるが、
衰弱して死んでしまっては、価値のないタダの腐った魚である。 
真相の程は分からぬが、私の推測は、タイでは十分に考えられることだと思うのだが..


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

健康診断を受ける

ちょっと更新に間が空いてすまぬ。
2週間ほど前、約3年ぶりに、チェンマイラム病院で健康診断を受けた。
診断結果は、3年前とほぼ同じく、ややメタボ気味との診断。
コレステロールの値が高く、今回、血糖値も基準値を僅かに上回った。

最近、太り気味なので、たぶん、良からぬ結果が出るのではないかと思って
いたところが、、、 全くの予想通り。
しかし、私もこれまで手をこまねいて来た訳ではない。
以前のブログでも書いたように “ためしてガッテン” の教えにも従い、
ダイエット にも励んで来たのだが、これまでのところ成功とは程遠い。

健康診断の結果を受けて、数日前より、夕方に6キロのランニングをし、
お菓子類を一切止め、青魚&野菜中心の食事に変更した。 
検査結果を見て、医者が “粉モノもダメです” と言ったので、ここのところ、
好きな菓子パンも控えている。 メタボになると、粉モノもダメだとは初耳だが、
真面目そうな医者が、真面目に対応してくれたので、一応その助言に従う
ことにした。 これでメタボが改善しなければ、どうしようもないという程の
食生活&日常生活の改善をしているのだが、、、問題はいつまでモツかだっ。

ちなみに、今回の健康診断、胃カメラこそ無かったが、一通りの診断をして、
6180バーツ (=16600円)、まあまあ安い値段?である。
日本で健康診断 (人間ドッグ) すると高いので、日本にお住まいの方は、
タイに旅行に来たついでに健康診断を受けるのも良いのでないだろうか。

(↓高級私立病院?のチェンマイラム病院。 最新の医療機器が揃っている (らしい)。
  屋上の駐車場から撮影。)
3-hospital 02

(↓チェンマイラム病院の駐車場から撮影したスワンドーク病院、いわゆる
  チェンマイ大学付属病院である。 北タイ医療の中心だけあって、どでかい建物。)
3-hospital.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

使い物にならない優れものグッズ

この前、とあるショッピングセンター内で、掃除用具を買った。
それが↓の写真のモップである。

このモップ、日本在住の方は見たことがあるかも知れない。
そう、良くテレビショッピングで宣伝している “回転モップ” と呼ばれる商品。
私もテレビを見て、以前より便利なモノだなあーっ、と思っており、
この商品がタイでも販売されていたので、早速に購入してみたのである。

使い方は、簡単。 柄の先端にあるモップヘッドをバケツの中で水洗いした後、
その横の白くて丸いカゴのようなところ (足踏み脱水機) に入れて、回転させると
瞬く間に水切りができ、また、床掃除の際には、モップヘッドの部分を前後に
移動させると、そのモップヘッドが回転して、綺麗に床掃除ができる、
という優れモノ...のハズ。

しかし、実際の商品は思っていたのとは違うものであった。
まず、モップヘッドが、柄の先端のプラスチックの円盤部分に嵌まらない。 
このため、店に持って行って、商品交換。

交換した商品は、モップヘッドの取り付けは問題なかったが、今度は、水切りが
うまくできない。 足踏み脱水機を高速回転させても、モップヘッドの水が切れず、
その結果、床を拭いても、水でべちょべちょ。
また、床掃除の際、モップヘッドの部分を前後に移動させてもモップヘッドが
うまく回転しない。 はっきり言えば使い物にならない。

さらに、モップヘッドが回転しないものだから、力を入れて柄を前後させたところ、
無理な力がかかったのか、絵の先端のプラスチックの円盤が割れてしまった。
ということで、この “回転モップ”、僅か1日で使い物にならなくなってしまった。

この商品、日本のモノと似ているが恐らく違うものだろう。
日本で販売したら、たちまちクレーム殺到となるのは目に見えている。

ちなみに、この商品の価格は580バーツ(=1500円)。
日本のテレビショッピングでは、4980円。
この価格の違いが品質の差ということだろう。
もう、余計な商品は買わないでおこう、という感じ...

(↓これが優れモノの回転モップのハズだが...)

1-Mop pix

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

羽田・新国際線ターミナルがオープンするらしいが...

まもなく、羽田空港に新国際線ターミナルがオープンするとのことで
盛り上がっているようで、結構なことである。

羽田空港に国際線の定期便が多く就航して、便利になることは良いのだが、
その一方で、一向に改善されないというか、誰も関心を示さない
不便なことがある。

それは、羽田空港に早朝に到着した乗客 (観光客・ビジネスマン...) が、
ホテルにすぐにチェックインできない、ことだ。 
バンコク・シンガポールなどの東南アジアからの便は、早朝6時頃に到着する
ものがあり、(私が使用することになるであろう) バンコクからのANA便も、
朝6:30に羽田に到着する。 
しかし、日本のホテルのチェックイン時間は、14:00以降である場合が多く、
夜が明けたばかりの早朝の羽田に到着した乗客は、どうすれば良いのか?

ホテルのフロントで、チェックインの時間まで荷物だけ預かりますという
サービスはあるが、こんなのではなく、ホテルの部屋でひと眠りするなり、
シャワーを浴びるなりして、ゆっくりしたいと思うのがフツーではないか。

羽田に到着してすぐに国内線に乗り継ぎ、地方へ行ってしまうのならば、
便利であろうが、東京に住居を持たない人、外国人観光客などが、
早朝、羽田に到着した後、すぐに近くのホテルにチェックインできないのは、
かなり不便なことだ。

色々調べてみると、ホテルの中には、アーリー・チェックイン、デイユースと
称するサービスを提供しているところもあるが、ごく僅かなホテルだけ。 
値段が高かったり、気が進まないホテルだったりして、全然だめ。
はっきり言えば、ロクなところが無い。
例えば、羽田空港内の羽田エクセルホテル東急では、朝6時~正午だけ
使える リフレッシュプラン というのがあるが、その料金は、最低でも
11000円 (しかも、宿泊税別)。 
大したホテルでない上に、たった6時間しか使用しない部屋にこんな高額な
料金を請求するなんて、ボッタクリ商法と言われても仕方ないだろう。

ちなみに、タイでは、早朝に到着しても、追加料金なしで、アーリー・
チェックンできるホテルがほとんど。 
国際化と叫んでお祭り気分になるのは結構だが、もうすこし、現実的な
対応ができないかと、思うのだっ。

(↓ニュースサイトから写真を拝借。 まもなく開業の東京モノレール、
  羽田空港国際線ビル駅。)
1-haneda2

(↓以前、羽田空港で撮影したボーイング747型機。 これは私が撮影)
1-haneda


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

コムローイをやめて欲しい

何日か前に ラオスのローイクラトン のことについて書いたが、タイでは、
今がローイクラトンである。 本当のロークラトンは、11/21 のはずだが、
できるだけ長くお祭りをしたいのか、11/22 も盛り上がっている。

毎年そうなのだが、ローイクラトンでは紙やバナナの葉で作った灯篭を
川に流し、しかし、実際には、これだけではなく、あちらこちらで、
花火が打ちあがり、爆竹が鳴り響き、ウルサイ&危険である。 
ローイクラトンではなく、「爆竹祭り」 と言った方が良いだろう。

そして、爆竹・花火だけではなく、この時期になると、下の写真のような
“コムローイ” と呼ばれる、紙で作ったバルーンが多く空中に漂う。
川に流すクラトーンと同じように、何か願いを込めて空中に飛ばす
のであろうが、これが結構、高くまで上がる。

やがて燃料が尽きて落ちることになるものの、それでも20~30分は
上昇し続け、恐らく数百メートルの高さまで上がるのだと思う。
この時期には、何百ものコムローイが上がり、幻想的な感じで
綺麗なことは綺麗なのだが、これが航空機の飛行ルートにあると
危険極まりない。

何しろ火のついた灯篭が空中に浮かんでいるので、もし、これを
飛行機のジェットエンジンが吸い込んだりすると、墜落する危険もある。
当局は、飛行ルートに沿った地域では、コムローイを飛ばしてはいけないと、
告知を出すものの、タイ人がこんな決まりを守るはずがない。
だいたい、チェンマイ空港からの飛行機がどのようなルートで発着して
いるのか、知らない人がほとんどであろう。

ときに夜間、飛行機に乗っていると、このコムローイが見えることもあり、
私としては、自身が乗った飛行機がコムローイが原因で墜落しないように、
タイのお祭り日には、夜間、飛行機に乗らないようにしている...

こんなことをしているのは、ごく少数派か、私だけかもしれないが、
嫌なものは嫌なのだっ。

(↓これが、噂のコムローイだっ。 某サイトから拝借。こんな綺麗な写真を
  撮るのは、相当に大変。 高性能なカメラ&腕が必要で、私にはちょっと
  無理...)

1-loy krathong

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

乞食は乞食らしく

北朝鮮が23日に韓国・延坪島を砲撃したとのことで、衝撃が走っている。 
砲撃の理由として、北朝鮮が挑発行為を起すことで、米国を北朝鮮との
対話のテーブルにつかせ、巨額の援助を引き出したいとの思惑がある、
とのことらしい。

援助が欲しいために隣国に砲弾を撃ち込み、恫喝しているのだ。
まあ、非常識な国家権力者が考えそうなことだが、普通に考えるならば、
援助が欲しいのであれば、それなりの態度を取るべきである。

↓は以前に掲載した写真の焼き直し版だが、援助を求める人たちというのは、
他人から同情を買うように、哀れみを前面に出すものである。
咽から手が出るほど援助が欲しい 乞食国家 北朝鮮が、支援国の韓国に
に対して砲弾を撃ち込んでどうするのかっ。 
乞食には乞食の取るべき態度があるだろうと言いたい。 以上だっ。

(↓タイの乞食)
1-North Korea 03

(↓タイ・ミャンマー国境の乞食)
1-North Korea 02

(↓マレーシア・クアラルンプールの乞食)

1-North Korea

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

“ハリー・ポッターと死の秘宝” を観る

何日か前に、エアポートプラザ内の映画館で、“ハリー・ポッターと死の秘宝
(パート1)” を観た。

前作の "ハリー・ポッターと謎のプリンス" のことを、本ブログで取り上げた
のが1年と少し前、結構早いペースで、最終作の “パート1” が製作された
ものだと思う。

今回も前回と同様、タイ語吹き替え版で観た。 ハリー・ポッター他、全ての
出演者がタイ語で話すのは、かなり奇妙だが... タイ語字幕版
(出演者が英語で話し、字幕がタイ語) よりずーっと分かりやすい。 

それでも、おおよその話の筋はわかるものの、細かいところが分からない。 
後で、日本語版も観て内容を確かめたいと思う。

今回のシリーズは、全体的にハリー・ポッターが、ヴォルデモート率いる
死喰い人の集団に攻められてばっかし... 周りは敵ばかりだ。
私は、本は読んでいないので、結末は、まだ知らず、しかし、
次の最終回でハリー・ポッター側が勝利できなければ、何のために、
これまで戦って来たのか、という感じだ... 

ボグワーツ魔法魔術学校には、あれだけたくさんの生徒がいたのに、
他の生徒はどこに行ってしまったのか。
それと、前回でも書いたのだが、生徒が老けてしまってどうしようもない。
ハリーも、ロンも、敵方のマルフォイも...とても高校生には見えず、
どうみても、パッとしないオッサンである。 俳優の実年齢は20歳
そこそこのはずだが、イギリス人は老けるのが早いようで、もう学生と
言える感じではない。 今回の作品も特撮満載で結構なのだが、
出演者の顔にも特撮が必要な状況である。

(↓エアポートプラザの映画館は、現在、ハリー・ポッターばっかし)
1 H Potter


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

SAME・SAME とは?

大した話でもないのだが、下 (↓) の写真は、チェンマイ・ナイトバザールで
販売されている、“SAME・SAME” Tシャツである。

1-T shirts 001

日本語に訳せば、“同じ・同じ” と言うこのなのだが、ここで
注目しなければならないのは、“SAME” ではなくて、
“SAME・SAME” とプリントされていることである。

何故、“SAME” を2回繰り返すのかと言えば、それは、
タイでは、形容詞/副詞を2回繰り返す習慣があり、タイ語の特性を
真似ているのだ。 

例えば、“良い” をタイ語で “ディー” と言うが、“ディー” だけではなく、
“ディ・ディー” と2回繰り返す。 レック (小さい) であれば、
“レック・レック” と2回繰り返す。 別に1回でも良いのだが、
何故か2回繰り返すのだっ。 

昔々、学校でタイ語を勉強していたとき、タイ人の先生に、
“レック (小さい)” と、“レック・レック (小さい・小さい)” とは、
どちらの方が小さいのか? と質問したことがある。

私としては、2回繰り返す、“レック・レック (小さい・小さい)” 
の方が、1回だけの “レック (小さい)” よりも小さいと
思っていたところ、その先生は、返答に困ってしまい、即答せず、
「次の授業までに調べておきます」、と言って回答はお預けとなった。

が、その先生は、次の授業でも、その次の授業でも答えず、
しかし、このことについて、私が何度も聞くものだから、
最後には怒り出してしまった... このとき、私は、タイ人に、
分からないことを、しつこく聞いてはいけないことを学習したのであーる。

この人は、タイ語を学術的に勉強したかなりハイレベルな先生で、
この先生が答えられないものを、(適当なことばかり言う) 他のタイ人が
分かるはずもなく、それ以来、私はこの疑問を封印している。

この “SAME・SAME” Tシャツを観て、そのときのことを
思い出すのだ。

(↓チェンマイ・ナイトバザールのTシャツ屋さん)
1-T shirts

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する