FC2ブログ

北タイ生活&写真日記

本格運転開始、2008年10月より公開中

ベトナム旅行 〔完〕 ドンムアン空港を経由してチェンマイに帰る


16番ゲートで1時間ほど待って、やっとエアーアジア機に搭乗しました。
帰路のエアーアジアは、往路と違ってやや混み合っている感じ。

( ↓ 帰路も最前列シートに座りました。 後ろのおっさんが凄い顔で
    睨みつけているのが気になりますが... ) 
01A -VND 001

( ↓ 機内から撮影したホーチミンのタンソンニャット空港。) 
01A -VND 001-2

( ↓ 定刻に出発しました。 タイ航空のB777も駐機しています。
    本当はエアーアジアなんかではなく、タイ航空で来たかったのだが、
    つい安さに引かれて... ) 
01A -VND 002

( ↓ 待ち時間もなく、あっと言う間に離陸。) 
01A -VND 003

( ↓ 少々霞んで見えるホーチミン。 再び、訪れる機会があるのだろうか...) 
01A -VND 004

( ↓ なんか知らんけど、ポコッとしたベトナムの山。) 
01A -VND 005

( ↓ 事前に機内食をオーダーしておきました。 本当はスパゲッティを
    オーダーしたはずなのに、勝手に変更されてました... ) 
01A -VND 006

( ↓ 美味しいでもなし、不味いでもなし。) 
01A -VND 007

( ↓ まもなくバンコク・ドンムアン空港に着陸です。 ホーチミンからは
    1時間ちょっとの飛行。) 
01A -VND 008

( ↓ ドンムアン空港に無事、到着。) 
01A -VND 009

( ↓ 2時間ほどの待ち時間で、チェンマイ行のノックエアーに
    乗り継ぎます。) 
01A -VND 010

( ↓ チェンマイ行きのノックエアー、B737-800型機。) 
01A -VND 011

( ↓ 全席奴隷クラス... で、しかも、満席でギチギチ。) 
01A -VND 012

( ↓ ノックエアー機、出発します。) 
01A -VND 013

( ↓ 南に向けて離陸しました。) 
01A -VND 014

( ↓ 離陸後、北タイに向けて右に大きく旋回します。) 
01A -VND 015

( ↓ 旋回中。 右上に小さく見えるのが、さっき離陸したドンムアン空港。) 
01A -VND 016

ということで、長らく掲載しました “ベトナム・ホーチミン紀行”、
今回でやっとやっと... 完結しました。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ベトナム旅行 〔17〕 ホーチミン空港に行く

ここ数日、チェンマイは再び猛暑が訪れ、ウンザリする暑さで、
ブログの更新も遅れ気味だっ (←言い訳...)。 さっさと
ベトナム紀行を終了させたいのだが、何故か進まぬブログの更新...

それはさておき、ベトナム観光も終了して後はタイに帰国するだけ。
こんな感じでタイに戻りました。

( ↓ 朝の8時前、フツーのタクシーに乗って、タンソンニャット空港に
    到着しました。 帰路ではタクシーのボッタくりに会わない様に
    先に現金を使い切っておき、手元に20万ドンしか残金がない状態で
    乗車しました。 運転手がボッタくろうにも、私にお金がなければ、
    支払ができませんからねぇ。 でも、帰路の運転手はまともな人
    だったので、、、ちゃんとメーター通りの金額しか請求してきませんでした。
    ちなみに、タクシー料金は、16万ドン (670円) でした。) 
02 VND 0001

( ↓ 空港の出発フロアー。 )
02 VND 0002

( ↓ バンコク行きのエアーアジアに搭乗する乗客の列ができてます。)
02 VND 0003

( ↓ 私は、ネットでチェックインして搭乗券を印刷してきたのだが、
    その搭乗券をパスポートと照合する書類確認が、ここで必要です。
    タイだとその書類確認作業が省略されているのだが、タイ以外では、
    この作業が必須のよう。)
02 VND 0003 -2

( ↓ 出発フロアーのマップ。 小さな空港です。)
02 VND 0004

( ↓ 出国審査後の手荷物検査。 ここで、私の荷物を、中国人っぽい
    オッサンが持って行こうとしたんだけど、その寸前に私がサッと
    荷物を取ったので、何事も起きず。 油断も隙もあったもんじゃない。)
02 VND 0005

( ↓ 空港内の免税店エリア。)
02 VND 0006

( ↓ ファランのおばちゃんがお買いもの中。)
02 VND 0006-2

( ↓ エアーアジアの出発時間は、9時45分なので、かなり早く来過ぎて
    しまいました... こんなとき、空港ラウンジが使えないのは不便だ。)
02 VND 0007


( ↓ 16番ゲート付近。)
02 VND 0008

( ↓ バンコク行きエアーアジアが到着する16番ゲートに、先発の飛行機が
    まだ駐機しています。 この飛行機は、フィンランドのフィンエアー、
    A330-300型機です。 フィンランドからベトナムへの観光客が
    少なからずいる模様。)
02 VND 0009

( ↓ フィンランド航空機の後ろを通過するベトナム航空機のA321型機。)
02 VND 0010

( ↓ フィンランド航空機、出発です。)
02 VND 0011

( ↓ まもなくして、エアーアジアのA320型機がやってきました。)
02 VND 0012

( ↓ エアーアジア機、16番ゲートに到着です。)
02 VND 0013

次回で、ベトナム旅行記は終了の予定です。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔16〕 “ボンサイ号 ” 出港する

おまたしぇ...
やっと、ボンサイ号が出港します。 夜になるとサイゴン川には多くの
ディナークルーズ船が出港するのだが、HISのガイドさんによれば、
このボンサイ号が一番豪華とのこと。 

他の船に比べてちょっと高いと思ったのだが、でも、これが一番豪華とは... 
他は相当ヒドイ、ということなんでしょうか??

( ↓ ボンサイ号の先頭部です。) 
05 VND 001

( ↓ 雰囲気のある船、という感じ。) 
05 VND 002

( ↓ 記念撮影中。 乗組員の “演者” の皆さまです。) 
05 VND 002-2

( ↓ 乗船中です。) 
05 VND 003

( ↓ まもなく出港。) 
05 VND 003-2

( ↓ 出港しますた。) 
05 VND 003-3

( ↓ 船の中、席がツメツメで、かなり息苦しいです。) 
05 VND 005

( ↓ 食事はビュッフェ。 食事が始まると乗客はいっせいに食事を取りに
    行くので、狭い通路は大混雑。 私は混雑が収まってから、食事を
    取りに行きました。) 
05 VND 006

( ↓ 特に、食べたいものがありません...それでも、まだマシな
    揚げ春巻き。) 
05 VND 007

( ↓ これが一番美味しかったかも。 “ベトナム・キムチ” なんて
    訳のわからない名前が付いているが、要は、「なます」 だっ。) 
05 VND 008

( ↓ 私のお食事。) 
05 VND 009

( ↓ 食事の後、ショーが始まりました。 このオッサンは、ただ、
    通路を歩いて一周しただけ。) 
05 VND 010

( ↓ 踊り子です。 この人たちはフィリピン人だとのこと。
    何故にフィリピン人なのか?? ) 
05 VND 011

( ↓ 貨物船の横を静かに通過中。) 
05 VND 012

( ↓ 宿泊中のホテル、ルネッサンス・リバーサイド (右側) です。) 
05 VND 013

( ↓ 前々回で紹介した “ビテクスコ ・フィナンシャルタワー ” 
    真っ暗の中での撮影なので、輪郭がはっきりしません。) 
05 VND 014

ホーチミン観光はこんなところ、後はタイに戻るだけ。
後1~2回でベトナム紀行は終了します。 続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔15〕 “ボンサイ号 ” に乗る

ホーチミン旅行も最終段階を迎えつつある。
かなりバラバラの写真で収拾がつかなくなってきているが、、、こんな感じ。

( ↓ ホーチミンのショッピングセンター内にあるスーパーマーケット。
    スーパーマーケットが見つからず、やっと捜してたどり着きました。 ) 
9x -VND 001

( ↓ スーパー内の写真を撮っていたところ... ガードマンに制止されて、
    この1枚で終了しました。 )
9x -VND 002

( ↓ 宿泊したホテル近くのコンビニ・サークルK。 コンビニを見かけたのも
    ここ1軒だけ。 全く見当たらない。 セブンイレブンは無いのか知らん... )
9x -VND 002-2

( ↓ ある日のお昼の食事で入りました。 ガイドブックで紹介されていた店。)
9x -VND 003

( ↓ リーズナブルな値段のよう...)
9x -VND 003-2

( ↓ 店内の様子、観光客の割合高し。)
9x -VND 004

( ↓ 注文した豚肉の照り焼きっぽい料理、定食風。)
9x -VND 005

( ↓ 食後のデザート、プリンです。 フツーの味。)
9x -VND 006

( ↓ これもガイドブックに載っていた “CIAOカフェ” という喫茶店。)
9x -VND 007

( ↓ 店内写真、古い店のよう。)
9x -VND 008

( ↓ ティラミスのケーキセット、これも美味しいでもなし、不味いでもなしの
    フツーの味、)
9x -VND 009

( ↓ 本日の夜は、クルーズ船に乗ることにしました。)
9x -VND 010

( ↓ 乗船予定のボンサイ号、上側の船です。)
9x -VND 010-2

( ↓ ボンサイ号の乗り場は、少し先にあるよう。)
9x -VND 010-3

( ↓ 陽が暮れました。)
9x -VND 011

( ↓ これが今回乗船する “ボンサイ号” です。 HISで申し込みました。
    送迎車に乗り、10分ほどで船着き場に到着。 ちなみに、ボンサイ号は、
    “盆栽号” のようだが、なぜ、盆栽なのかについての説明はなし、でした。)
9x -VND 012

続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔14〕 “ビテクスコ ・フィナンシャルタワー ” に行く

お待たたせーっ...
ブログの更新が遅れているが、本日の写真は、2013年の正月であーる。
正月といっても、“新年” で浮かれているのは、日本だけで、他の国は、
年始のカウントダウンが終了したら、どこも静かなモノである。
ここベトナムも同じ、フツーの日となにも変わらないのだっ。

( ↓ お正月は特に何をする訳でもなく、ホテルの近くにある、
    高層の “ビテクスコ ・フィナンシャルタワー ” に行ってみた。
    ここの建物はなんだか目立つ外観で、ホーチミンに来て初めて知った
    場所であーる。 ) 
10x -VND 001

( ↓ 下から見上げると、こんな感じ。) 
10x -VND 002

( ↓ ビルから突き出たところが展望台。 展望台は最上部にありません。) 
10x -VND 003

( ↓ サイゴン・スカイデッキと言うらしい。) 
10x -VND 003-2

( ↓ 20万ドンでした。 日本円で800円くらい。) 
10x -VND 003-3

( ↓ 展望台は49階で、建物は68階建てらしい。 ) 
10x -VND 003-4

( ↓ 49階の展望台。) 
10x -VND 003-5

( ↓ 空中に飛び出ているところ。) 
10x -VND 004

( ↓ 展望台からの景色、ベンタン市場付近。) 
10x -VND 005

( ↓ 左側のデカい建物の右3つ隣にある “白い建物” が、ただ今
    宿泊しているルネッサンス・リバーサイドホテルだっ。 ) 
10x -VND 006

( ↓ 何だか知らんが。、、、 建設中のドでかい建物。
    柱が細いんだけど、大丈夫でしょうかねぇ。 ) 
10x -VND 007

( ↓ いい感じでカーブするサイゴン川。) 
10x -VND 007-2

( ↓ 赤い建物は、歴史的建造物っぽいが、地図見ても、これが何か分からず...) 
10x -VND 007-3

( ↓ 展望台にあるお土産屋だけど、見ただけで、何も買わず...
    というか欲しいモノがない。) 
10x -VND 008

もう既定の枚数になりましたので、本日、ここまで。
まだ続きます、です。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔13〕 “年末恒例の花火を観る”

遅れに遅れてるブログの更新だが、やっと2012年の年末に到達しました...
無料のブログなので、許してね。

ここ何年かは年末に花火を観るのが恒例になっている感じだが、2012年
の年末も、ここベトナム・ホーチミンで花火を観ることができた。

何も狙って花火を観るようにしている訳ではないが、市内の中心を流れる
大きな河では、大規模な花火が打ち上げられることが予想され、今回も、
その予想が的中したのである。 

どこからか事前に情報を得ていたのではない。 リバーサイドビューの
部屋から観た花火はこんな感じだ。

( ↓ 深夜12時の少し前から、始まりました。) 
13 VND 001-2

( ↓ 結構な勢いで打ち上げられます。)
13 VND 003

( ↓ 正面で見れるのかと思ったら、少しずれていました。
    たぶん、1キロ先くらいに打ち上げ場があるよう。)
13 VND 004

( ↓ 連発で打ちあがります。)
13 VND 005

( ↓ まだまだ終わりません。)
13 VND 006

( ↓ 連発で打ち上げると、煙がこもって視界がクリアーではなくなります。)
13 VND 007

( ↓ 花火の撮影は難しい。 とにかくシャッターを押し続けるしかない。)
13 VND 001-33

( ↓ たぶん30分近く続いたかも知れません。 かなり長い花火でした。
    ゲージュツが爆発だーっ。  )
13 VND 008

( ↓ 昼間の花火打ち上げ場です。)
13 VND 009

( ↓ 続いて、クラブルームの宿泊者が利用できるクラブ・ラウンジの写真。
    ここで朝食を食べました。)
13 VND 010

( ↓ ここでの朝食は今一つパッとしません。 )
13 VND 011

( ↓ お馴染みの揚げ物。)
13 VND 012

( ↓ 品数も少ない上に、品切れしている料理も多いです。)
13 VND 013

( ↓ ワタクシのお食事です... )
13 VND 014

( ↓ 別途、注文できるフォー。)
13 VND 015

まだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔12〕 “泥ドロの水辺にホタルが飛ぶ不思議...”

ベトナムのローカルツアーも最終段階にさしかかりつつある。
やや大き目の船に乗り換えて、次の目的地に向かいました。

( ↓ なんという名前の河か分からないが、海が近いことを感じさせる
    雰囲気です。)
14 VND 001

( ↓ 上流に向けて進んでます。)
14 VND 002

( ↓ 来るときに通過した大きな吊り橋が見えます。)
14 VND 003

( ↓ 後ろ向きに撮影。 まもなく陽が暮れます。)
14 VND 004

( ↓ まもなく船着き場に到着。)
14 VND 005

( ↓ ちょっとピンボケだけど、、、ここで降ります。)
14 VND 006

( ↓ もうかなり暗く、光量不足で手振れ発生...
    船を降りて食堂に向かいます。)
14 VND 007

( ↓ ここで出された魚のフライ。 日本語ガイドがこの魚のことを、
    ジャイアントフィッシュとか何とか言っていたけど、これは、
    タイでも有名なプラーニン (テラピア) という魚だっ。
    ベトナムでも食べられているとは思わなかった。)
14 VND 008

( ↓ 揚げ春巻き。)
14 VND 009

( ↓ ベトナムチャーハン。 油でベトベト料理ばっかりです。)
14 VND 010

んで、食事の後は、このツアーの最大の見せ場、“蛍の見学” に行きました。
しかし、周囲は真っ暗なので、全く撮影できませんでした。10枚以上撮影は
したのだが、どれも真っ黒でダメ。

そして、肝心の “ホタル” だが、再び船に乗ってちょっと進んだところの
河べりの樹木に、数匹が光を放っていました。 確かにいましたよ。

でもね、蛍というのは、日本人ならば、多くの人が知っているように、
清流でしか生存できないカワニナを幼虫時に食べて育つもの。 しかし、
この辺りは、これまでに紹介してきたように清流どころか、泥ドロの水しか
ないのですよ。 それともベトナムの蛍は、日本と育つ環境が違うのか...
とも思うが、そんな筈もない。

つまり、これはヤラセであろう... と思う。
しかも、蛍がいるのは1本の木だけ... 至る所で飛び回っているのでない。
フツーに考えれば、観光客が来る数分前に、誰かがこの木に、人工養殖した蛍を
放ったとしか思えない。 まあ、でも、これも証拠がある訳では無く、怪しいと
思いつつも、素直にダマされれば良いのかも... ですね。

( ↓ 蛍の写真。 小さな光の点があるのが分かりますぅーう? 
    白っぽく見えるのは、木の葉っぱ。)
14 VND 010-B

( ↓ 蛍見学の後は、往路と同じバスに乗りました。) 
14 VND 011

( ↓ 後は、バスに乗ってホテルに帰るだけなのだが、本日は、(かなり
    更新が遅れているが...) 年末の大晦日で、ホーチミンの中心部は
    バイクで大渋滞。 大渋滞の中、バスが動けなくなってしまいました...
    渋滞しているバスの中から撮影。 道路は完全にバイクで “糞詰まり”)
14 VND 012

( ↓ 結局、バスを降ろされ、バイクで埋め尽くされた道を30分以上も
    歩いてホテルに到着しました。もうむちゃくちゃな街でした。
    よくもまあこんなにバイクがあるもんだという感じ。 渋滞する
    バイクをかき分けてホテルに戻りました。)
14 VND 013

( ↓ ホテルの部屋から撮影した川沿い道路。 下に見える点々は、
    全てバイク。 渋滞で先に進めなくなり、道路が糞づまり状態
    になってます。 )
14 VND 015

( ↓ 街の中心部の道路がバイクで埋め尽くされた感じ.) 
14 VND 014

続きます。 


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔11〕 “まだ続く現地ツアー”

またまたお待たせ... メコンデルタのジャングルボートの続きです。
こんな感じで、舟は進んで行きました。

( ↓ 最後の舟に乗っており、前の舟からだいぶ離れてしまったのかと、
    思っていたところ... )
15-2 VND 001

( ↓ 前の舟の漕ぎ手のおっさんは、漕ぐのがかなり下手クソらしく
    進むのがもの凄く遅い。)
15-2 VND 002

( ↓ ノロノロ走行のために、だんだん追いついてきて... )
15-2 VND 003

( ↓ それだけでなく、かなり接近して、、、もう追い抜くところまでに
    なったのだが...)
15-2 VND 004

( ↓ 前の舟の漕ぎ手のおっさんは、抜かされることに絶対我慢ならないのか、
    漕ぐのをあきらめ、舟に備え付けのエンジンを始動させて、先に行って
    しまいました。 ベトナム人は、反則ワザを使ってまでも、プライドを守る
    国民性のよう。)
15-2 VND 005

( ↓ 私の乗る舟の漕ぎ手のおばちゃん。)
15-2 VND 006

( ↓ 15分ほどで、船着き場に到着しました。 )
15-2 VND 007

( ↓ 到着した先には、ココナッツ飴工場がありました。 もちろん、
    お土産品の販売所も兼ねてます。 )
15-2 VND 008

( ↓ ココナッツ飴を作る鍋。 )
15-2 VND 009

( ↓ ここで飼われている、今話題の “オセロ” です... )
15-2 VND 010

( ↓ 意味なく置かれている蜜蜂の巣箱。 さっきのココナッツ飴に蜂蜜が
    混ざっているとは、思えないんだけど... )
15-2 VND 011-2

( ↓ 蜂の巣です。 )
15-2 VND 011

( ↓ ベトナムの猫です... )
15-2 VND 012

( ↓ ここからちょっと大き目の船に乗り換えてさらに進みます。 )
15-2 VND 013

( ↓ 大きな河が見えてきました。 )
15-2 VND 014

ローカルな現地ツアーはまだ続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔10〕 “現地ツアーに参加する”

ホーチミン2日目の午後は、現地日系旅行会社・主催の “メコンデルタ・
蛍クルーズ” という訳の分かったような、分からないようなツアーに参加した。

ガイドブックを見ても、ホーチミンの観光スポットはロクなものがなく、
1日ちょっとで時間を持て余す... ことが予想されたので、事前に、
このツアーを申し込んでおいたのだ。

誰がこんなツアーに参加するのかと思ったところ、意外にも10人ほどの
参加者がいました。 こんな感じです。

( ↓ ワゴン車に乗ってサイゴン川の下流に向かっています。 目的地までの
    所要時間は約1時間半ほどでした。 かなり窮屈な車です。
    どうしても、フロントガラスにある “お守り” にカメラのピントが
    合ってしまい、うまく撮影できませんでした。 )  
18-VND 001-1

( ↓ 途中の田園風景。)
18-VND 002

( ↓ 大きな吊り橋を渡って対岸に行きます。 橋の名前は不明。)
18-VND 003

( ↓ 吊り橋横断中。)
18-VND 003-2

( ↓ サイゴン川、もう海が近いです。)
18-VND 004

( ↓ ワゴン車を降りて、雑木林の中を進むツアー参加者。 )
18-VND 005

( ↓ 民家の庭先で少し休憩した後、歌謡ショーが始まりました。
    ベトナム民謡を2曲を歌い、最後の1曲は、“上を向いて歩こう” でした。
    しかも、日本語で歌唱されてました...  こんなところで、坂本九の歌を
    聞きたくないんですけど...)
18-VND 006

( ↓ 熱唱中のベトナムのおばさんです。 最後にVCDの販売もありましたが、
    さすがに、ツアー参加者は誰も購入しませんでした。)
18-VND 007

( ↓ ここでフルーツをいただきました。 食べ散らかした後です。
    食べる前に撮影できると良かったんだけど... )
18-VND 008

( ↓ ベトナムのトイレです。 ここでちょっと用を足しました。)
18-VND 009

( ↓ ここで全ての生活必需品が揃う、地元の雑貨屋です。)
18-VND 010

( ↓ お墓もありました。)
18-VND 011

( ↓ 歌謡ショーの後は、マングローブの森を進むボートに乗りました。
    ツアー参加者の方々です。)
18-VND 012

( ↓ 3~4槽の舟が用意されていました。)
18-VND 013

( ↓ 私は最後の舟に乗りました。 前に乗っているのは、ベトナム人の
    日本語ガイドです。)
18-VND 013-2

( ↓ 前を進む舟。 川の流れが早くてなかなか先に進みません。)
18-VND 014

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 〔9〕 “ホーチミンを歩く”

お待たせ。 2日目のホーチミンです。
2日目の午前中、ホーチミンの街を再び散策しました。 ただ、ホテルの
周辺をブラブラしただけなので、たいした写真はありません。 こんな感じ。

( ↓ 下町といった感じのトンタット・ティエップ通り。 赤地に黄色い星が
    ベトナム国旗の模様です。 手前にある看板があるところは、
    “バイク預かり所”、街の至るところにあります。)
19-VND 001-1

( ↓ バイクの預かり料。 看板に書かれている値段が気になるが、ちょっと
    調べてみたところ... 1日 (=ngày) の預かり料は、4000ドン
    (=17円) のよう。)
19-VND 001-2

( ↓ バイク預かり所に駐車しているバイク。)
19-VND 001-3

( ↓ お洒落な通り... とのことなんだけど、そんな感じがしません。)
19-VND 001-4

( ↓ なにか分からないんけど、スープ売りの屋台。
    写真では分からないが、虫が浮いてます... )
19-VND 001-5

( ↓ アオザイ娘です。)
19-VND 002

( ↓ 少し歩いてベンタン市場に到着しました。 観光客も多く来る市場とのこと。 ) 
19-VND 003

( ↓ 市場前の道路。 交通量が多く、横断するのも命がけです。)
19-VND 003-2

( ↓ メガネ売りのおじさん。 、こんなのは、タイでは見かけません。)
19-VND 004

( ↓ ベンタン市場の中です。 かなりムッとしています。)
19-VND 005

( ↓ ほとんどが、衣類・雑貨の店です。)
19-VND 005-2

( ↓ 食堂もあります。)
19-VND 006

( ↓ オレンジのシャツのおにいさんは、食堂の呼び込みの人です。 外国人も無理なく
    食べれるような雰囲気だが、お腹がすいてなかったので、食べませんでした。)
19-VND 001-11

( ↓ ベンタン市場近くのレロイ通り。)
19-VND 008

( ↓ バイクの3人乗りは当たり前。)
19-VND 009

( ↓ ちょっとピンぼけでだが、5人乗りです。)
19-VND 010

( ↓ さっきまでバイクがビュンビュン走っていた通りで、チンタラと
    自転車に乗るおばちゃん。)
19-VND 011

続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

次郎丸

Author:次郎丸
北タイ在住10年目に突入、怠惰に過ごす毎日をダラダラと日記します。日々の生活で見え隠れする、どうでも良いような問題を取り上げグダグダと語ります..海外生活の面白さ・つまらなさを綴る写真付きブログであります。
旅行、飛行機&マイレージ好きですので、機会がある毎に話題に取り上げたいと思っています。なお、為替取引(FX)は2013年初旬をもって全て終了しました。

なお、ブログ内の掲載記事、オリジナル写真を他のサイト又は媒体に無断転載することを禁止します。ブログのご意見・ご批判はメールにて直接お願いいたします。本ブログはランキング&アフィリエイトには参加していません。また、Twitter,Facebook にも絶対に参加しません。

(メールアドレス)
cnx_jiro@yahoo.co.jp

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん